80年代カルチャーへのドット絵ラブレター PS4「crossing souls」レビュー

80年代カリフォルニアに不穏な嵐。
雷が落ちて、クリスは親に隠れて進めていたNES(海外版ファミコン)を中断するはめになった。

DWGaNpcUQAALGI2.jpg

ビデオテープ風のノイズが乗ったカートゥーンで始まり、
主人公の部屋には、パックマン、スライム、マイケルジャクソン、インベーダー。
祖父は軍人、ママは「ハウルの動く城」らしき作品を執筆中、パパは元プロ野球選手。
ちょっとしたオブジェを調べるとしっかりコメントが用意されていて、左上の顔グラフィックも細かく動く。

おいおい、マジか。この作り込み。

父の魂であるバットを振り回しながら、天才科学者の血をひく友達、アル中の父とワゴンで暮らす女の子、バスケ選手に憧れる黒人少年ら、仲良しメンバーが夏休みの冒険に出かける。
つまり、スタンド・バイ・ミーで、バックトゥザフューチャーで、グーニーズで、ゴーストバスターズで、
町にはダイ・ハードっぽい人がいて、ポルターガイストで苦しむ家庭があって、ゲームセンターではコナミコマンドやコーラの起源の話。

あのころ愛した作品たちへのドット絵ラブレターが、画面いっぱいに広がって圧倒される!

DWGaQcqUQAAMIok.jpg
たぶん、背景のポスター全部に元ネタがある。

同じ本でも、キャラクターを切り替えて調べると違う反応をしたり、放置してたら退屈そうにボールで遊びだしたり、一人づつやられモーションがあったり。音楽も、楽しい夏休みの予感しかしない。
お堅い校長、パントマイマー、カンフーの達人風アジア人、秘密がありそうなホームレス。
戦うのか和解するのか?紫ジャケットの不良少年たち。
みんな手足長めでよく動く。日本ゲームの可愛くて緻密なドット絵キャラとは違う文化圏のドット絵キャラたち。

80年代の楽しいもの全部入りの町。開始直後のワクワク感なら年間ベスト級ゲームだ。

DWGaMdLVwAAoAAr.jpg

そして、仲良しグループは世界を脅かす秘密を知ってしまい、旅に出る。
強大な軍隊を持つ大人達を出し抜いて、仲間を思う気持ちと、それぞれの特技で戦う。

シュワちゃんやランボーのそっくりさんネタを連発するだけでもファンは喜びそうだけど、ストーリーは意外とシリアス。
ヌルいパロディに頼った楽しさより、
「ガキが世界を救う物語」を照れずにやっているのがいい。

アクションは評価の高い「hyper light drifter」と同じ制作ツールなのか、感触がそっくり。チマチマ系だけど、敵を倒した感が気持ちいい。

DWIfcNDU0AAsCLj.jpg

そして、ここから若干落ちることに触れざるを得ない!
この「80年代へのラブレター」。愛情はこもっているが、ここぞって場面に限ってスベってる気がする。


中盤で、僕も大好きな「バックトゥーザフューチャー3」のオマージュがある。
一定のスピードになると起動する車型タイムマシンに乗り込んで、線路で加速する名シーンだ。
充分に加速して時空を越えなければ、そのまま途切れた線路に突っ込んでしまう!

そこで唐突に「車をボタン連打で加速させるミニゲーム」が始まる。
なんか…センスを感じないというか(ボタン連打は80年代かもしれないけど)
盛り上がる場面で微妙なミニゲームを入れてくる。

グラフィックや音楽に比べて、ゲームの醍醐味である謎解きやボス戦のクオリティがそこまで高くない。
豪華食材を見せられたあとで、これからどんなメインディッシュが!?と待ってたら、サラダだけ出てきたみたいな。
配信直後だからか、地形に引っかかって進行不能とかしょぼいバグも何度かあった。

そして、賛否両論ありそうなストーリー。
個人的には評価したいけど、
冒頭の楽しさでテンション上がって、この町楽しい!ずっと見ていたい!と思うぐらいだったけど、本当に最初がクライマックスだったような。この気持ちをどうしてくれる。一旦好きになっちゃった登場人物たちの行方が気になるぞ。あいつも、あいつも、あの人も、あの人も。




にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント


トラックバック

↑