FC2ブログ

「日本のお笑いは劣っている」結局、茂木ツイートに芸人は反論できるのか「世にも奇妙なニッポンのお笑い」


冒頭で茂木健一郎のツイートが紹介される。
「日本のお笑いは欧米のように社会批判の要素がなくて劣っている」
このツイートきっかけで一冊の本ができあがった。


「世にも奇妙なニッポンのお笑い」


チャド・マレーンは、吉本初の外国人芸人で映画翻訳家。

交換留学で知った「ガキの使い」に魅了されて通った、関西のお笑い養成所。
学費が1年分一括払いだった。
今は半年分づつ払える。
「面白い」と言われて入ったほとんどが、本当に面白い人が多すぎる現実に折れて、半年以内に辞めるからだ。


大阪は世界一の芸人密集地地帯。オーディションの制限時間も短い。
2分で、1分で、他の芸人と違うどんな笑いができるのか示さないといけない。
そんな環境でふるい落とされて、生き残ったネタは緻密かつ細分化されている。

欧米のスタンダップ・コメディは、話題は人種、宗教、政治、下ネタ。
ゆったり時間をとって喋るので大人っぽい笑いに見えるが、日本のお笑いを経験して見ると、笑いのバリエーションが少なく感じるらしい。

「ガキ使」は、勝手にYouTubeにアップされて、国境を越えた有名番組になっている。
人気があるのは図書館で声をひそめて罰ゲームをする「サイレント図書館」。
スペインでは毎週この企画だけの番組が始まった。
長寿番組のワンコーナーが、他国ではひとつの番組になる。言葉の壁に阻まれて伝わっていないが、日本の笑いの多彩さ、企画力は圧倒的だ。


陣内智則は、自分のセンスで世界に挑戦したいと、ほぼ日本のネタそのままでロサンゼルス、ラスベガス公演に挑戦した。その意気込みに共感してネタの翻訳をしたのがチャドだ。

「ドライビングシミュレーター」のネタでは、道路の映像が流れて、横で陣内はハンドルを握っている。
チャドは、映像を左右反転させて右側通行にした。
「ジーンズメイト」ばかりの道は、アメリカによくある「J.C.ペニー」ばかりの道になった。

道路を車が横切る。
通り過ぎたので発車しようとすると、今度は長い長いトレーラーが横切る。
それだけで笑いが起きて、陣内のツッコミでもう一度ウケる。

日本版から変えたのは「なかなか売れない犬がいるペットショップ」だ。
ロサンゼルスでは犬猫の販売が禁止されて、ペットショップは里親探しの場所になっている。
「売れない犬」がネタに入るだけで、客は引いてしまう。

ペットショップの場面をカットすることは、客にこびたり、陣内のセンスを曲げることにはならないと判断した。
お笑い翻訳の仕事は、単にネタを英訳するだけじゃない。
「笑わせたい人と、笑いたい人」の
幸福な関係が成り立つように、ひっかかる所を取り除く作業だ。


もちろん日本の笑いを持ち上げるだけじゃなく、アメリカの即興コントの世界、日本ではほとんど知る機会のないようなコメディアンたちが次々紹介される。

世界の笑いを知るうちに、日本と欧米を雑に比較して「こっちはダメ」「こっちがいい」で終わりにするのが、もったいなく思えてきた。

この本は、茂木さんへ噛みつくことなく、もっと多彩な笑いの世界を観てみませんか?と読者に提案するかたちになっているのが気持ちいい。
多様な文化を認め合おう、という今の世界の流れとも一致している。
「ハッ、なんで僕らは、笑いのことでいがみ合っていたのだ!」
と、読後に世界が少し広くなる。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑