ケータイとタブレットの2台持ちになる。

ケータイのパーツが弱っているので機種変しに行きました。
そろそろスマホだろう。

時代に抵抗して反スマホでいたのは
「難しそうだから」
ではない。
「使いこなし過ぎそう」だからだ。

文字が読めるようになったとき、
自由にゲームが買えるようになったとき、
ネットが通じたとき、
忙しくなったとき、
動画がストレスなく観られるようになったとき、
そのたびに自分と娯楽との付き合い方は変わった。
NETFLIXと契約して、CDやDVDも買わなくなった。お手軽パズルゲームに何千円も出してたころが思い出せない。

その次は、
「ゲーム買わなくても無料のやつで充分」
「本を持たなくても電子書籍でいい」
の時期が来る。

けど、自分は昔、どん詰まりの精神的引きこもり期があったのね。その時期にゲームと本に慰められて過ごしたから、このふたつとの付き合い方だけは変えたくない。
出先で分厚いハードカバー読みふけってる人がどんな見られ方してるか知らないけど、そうしてきた。


…とかいろいろ思ってた割に、電子書籍に適したタブレット買ってきちゃったんだけど。

会話しないでネットだけ使う人は、スマホじゃなくて「ケータイ+タブレット」の2台持ちにしたほうが月々の料金ぐっと安くなるって言うんだもん!ショップのお姉さんが!専門家が!
ハイそうしますと素直にサインしてこうなった。

まあ、今のところ、
「逆に本の重みすげえ」「コントローラって気持ちいい」ってなってる。逆にね。逆にね。
人間そんな簡単に変わらないもんだな。

名前だけ知ってた任天堂のスマホアプリや、ガチャで美少女出すゲームが、一気に目の前に解き放たれた。
猫育てたり、かえるに旅させたり、パズルボブルみたいなのとか、いろいろ、アンドロイドでできることはタブレットでできます。
ゲーム序盤は易しかったのが急に難しくなったり、キャラクターに突然ゲームの評価を聞かれたり、ハードが変われば内容も変わる。
いわゆる3マッチパズルでも「猫のニャッホ」とか凄いクオリティで、目がぎゅーって疲れるまでやってた。

thumbnail_niagho_1517930154805.jpg
パズルをクリアして部屋を豪華にしていく

スマホと違って片手に収まらないので、カードやキャラクターを集めるゲームは「手に入れた感」がなくて、
やってみればハマるんだろうなと思ってたものは、「ふーん、こんなもんか」だったりして、いろいろ面白い。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント


トラックバック

↑