なんで映画館で?と思わせてからの素敵ロードムービー「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」

太川、蛭子、女性ゲストの3名で、まったりと、時に駆け足で目的地を目指す「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」映画版。

元々「池の水ぜんぶ抜く」みたいな小規模番組だったけど、有名になることで周囲が親切になり、無礼な蛭子発言にも一般人がやさしく接してくれるようになり、番組の緊張感は失われていた。
が、映画では舞台を台湾、ゲストに三船美佳を迎え、これまでのぬるい空気感を一旦リセット。
さらに、台風直撃、確認が不十分だったため高速道路に入るルール違反で足止め。序盤から苦しい展開になる。

バス車内で雨漏り、やや潔癖の気がある蛭子さんが本気で地元の民宿を嫌がるなど、
「親切にしてもらってるのにこの人はもう!」と口に出そうになる展開。
序盤はずっと豪雨の中で立ち往生。その中でなんとか地元の人たちに串焼きをもらったりして楽しみを探す。

日本なら文字情報や駅員さんの対応(親切ではなく)だけで旅ができそうだが、間違いなく「人」がいなければ初めから行き先がわからなくなる旅。

傘があっと言う間にひしゃげる豪雨の中を歩き、疲れが見える面々の前に、日本語ができる年配の女性が現れる。
「エビス!」と顔を見ただけで笑われ、僕らどう見られてるんだろう、と苦笑い。
そして三船美佳を紹介するのだが、
「三船敏郎、知ってますか、三船敏郎の娘です」
と聞いた瞬間、笑顔だった女性が目を輝かせる。

知ってる!台湾の人、みんな知ってるよ!

三船美佳は「三船敏郎の娘なのに、こんな感じ」のタレントだ。
彼女が有名になるほど、「ミフネ」の名は、邦画史に残る大スターの一族というより、親しみやすい、ちょっと軽い感じになりつつあった。
だけど、三船の名を出したとたんに、台湾のおばちゃんの反応が変わる。
不慣れな土地で散々な目に遭っている娘を、亡き父の威光が照らす。

好きなのは、精巧な純金の像が展示されているのを見るシーン。
天井まで精巧な金細工の部屋に太川、三船が圧倒される中、蛭子さんだけが像の前に「アメ玉」が籠に盛られているのに気付く。
「このアメは取っていっていいやつなのかな…?」
と思うところだが、蛭子さん、解説の人にろくに確認もせず口にいれて、
「ひとかたまりの金より一粒の飴」
なんか名言っぽく言ってるけど、なんだそれ!

日本と距離感があることで、より自由に悪口を言える蛭子や
3人を知らなくても純粋に親切にしてくれる人たちが印象的。ちゃんとテレビとは違う見ごたえのある、映画になっている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑