FC2ブログ

クドカン大河の主役で箱根駅伝の父、金栗四三「消えたオリンピック走者」


日本初のオリンピック選手(マラソン)
2019年大河ドラマ「いだてん」の登場人物(監督は宮藤官九郎)
グリコの箱のランナーのモデル(諸説あり)
金栗四三の生涯を語る一冊。(名字の読み方、カナグリ、カネクリ説等あり)



1912年ストックホルム五輪に、短距離の三島弥彦とともに出場した日本初のオリンピック選手。
また、日本で初めて世界の壁を知って絶望した選手。

世界の舞台で大和魂を見せつけてやるつもりが、国の支援を受けている欧米選手と違って、宿泊施設がない。競技場までタクシーがつかまらない。用意してきた足袋は、硬い舗装道路に耐えられず穴があいた。
最終的にレース中に気を失った金栗は、棄権の手続きをしないで帰国してしまい、記録上は50年以上走り続けている「消えた日本人」として現地の有名人になってしまった。

帰国後「根性無し」と罵られつつ、4年後に向けて涙ぐましい努力を始めたが、25歳で参加するはずだったベルリンオリンピックは、世界大戦で中止。
敗北すら許されなくなった金栗は、日本でスポーツイベントを開催して、次世代の日本人に走ることの楽しさを伝えることに決める。


当時の日本人にとって走ることは鍛錬で、わざわざ趣味で走る人はいなかった。
欧米人は楽しむために走る。女子もショートパンツ姿でスポーツをする。

ストックホルム五輪の惨敗で道ばたに倒れこみながらも、
日本は世界に遅れをとっている、スポーツは楽しくて、感動を与えるものだと感じることから始めなくてはならない、と。
その思いだけはストックホルムから持ち帰ってきた。


そして思いついたのが、壮大な風景の中をタスキで繋ぐ「アメリカ横断駅伝」。
この偉業を達成したら、日本中が感動し、走ることに興味を持つに違いない!
いっぺん海外で大失敗したのに、こりずにもっと無茶な計画を立てている。
今でいえば新庄剛志やアントニオ猪木のような、
「ちょっとぶっとんでるけど、何か面白いことをやらかしてくれる人」だったのだろう。

年齢とともに、選手としては衰えても、日本に長距離走が根付いたら、やがて自分の思いを受け継いだ日本人が、オリンピックで勝てるようになるかもしれない。

アメリカ駅伝はさすがにスポンサーがつかなかったが、国内で、ロッキー山脈のように険しく、風光明媚なコースを検討した。
候補地のひとつが箱根。

初のオリンピックで敗退した悔しさが、ずっと繋がって、現在につながるイベントの形になっていく。
第1回箱根駅伝の号砲を鳴らしたのが、金栗四三だった。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

作者の方が研究をするうちに元気がうつってしまい、ランニングシューズを買ってしまう展開にちょっと笑みが。
関連記事

コメント


トラックバック

↑