「メタルギアソリッド5」で核兵器をつくる。

いやしかし。いやしかし。ここまで面白いかね。
最初だけやって「やーめたー」って言おうとしてたのに、プレイ時間が100時間を越えた「メタルギアソリッドⅤ」。

小島秀夫作品の中では、高校生のころに遊んだ「ポリスノーツ」が1位で、それも元ネタっぽい映画がたくさんあることを知って、その後はちょっと触れるたびに、やっぱこの人は合わない!と思ってたんだけど、これだけはハードルの遥か上空を越えてった。


戦場に出かけて資源や人材を手に入れて、自分の基地を拡大していく。
動植物を保護して、科学者を保護して、少年兵を保護。
基地は自分を慕う兵士だけが集まる独裁国家みたいになってくる。
基地は拡大。銃を作り、ミサイルを作り、武装ヘリを作り、防衛システムを作り。

DSC00180.jpg

核兵器の開発ができるようになった。

アメリカ映画なら核はミサイルの強力版だけど、本作では「別枠」。

育成した基地には、オンラインで他の人から侵入されて資源を奪われることがあるけど(めったにない)、核を保有していれば安易に侵入されない。
個人を「大統領」にたとえると、
わざわざ他国に挑発(荒らし)行為をする大統領からも、ちょっかいを出されずにすむ。
つまり「抑止力」。
莫大なプレイ時間を費やして「他のプレイヤーになめられないようになる」アイテムだ。



世界中で売れてるゲームだから、必ず核兵器を作るやつは出てくる。
そいつに対抗するように、他のプレイヤーもひとり、またひとり、核兵器を作る。
核のない世界も目指せるけど、その行為の割に合わないこと!

遊んでいただけなのに、気が付いたらこうなっていた。
最初は銃がリアル!映画みたい!と喜んでいたら、厳しいアフリカ情勢の話があって、
「うわあ、やっぱり戦争は嫌だ」
と、思ったはずなのに。
気が付けば自分で核兵器を作るところまでいってしまう。

単に戦争はよくないですよーと言うわけじゃなくて、遊んでいたら、いつの間にか悪夢的な戦争のサイクルをゲーム上で再現していた。
争いが簡単には終わらないことを自分で証明させられていた。
ああ、これはすごいな、すごい次元のゲームだ。




次回作は外伝「メタルギアサヴァイヴ」
人気シリーズの名前を使ってゾンビ要素を加えた安直な企画だ!と批判されそうだけど、
DSC00181.jpg

本家メタルギアにも思いっきりゾンビ兵が出てくることは言っておきたい。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑