4Kテレビとゲーム遅延でオロオロ

ミニスーファミも素晴らしいし、ニンテンドースイッチも素晴らしい。
なんならアイフォーンヌかて素晴らしい。改良をやめないPSVR素晴らしい。

でも今回買ったのはアクオス。
40インチ4Kテレビを購入した!

DSC00140.jpg

大きすぎた。出入り口に干渉しとる。


大型テレビは金持ちの家にあるもの!って刷り込みがあるから、なんか身の丈に合わないのが来てしまった感じ。
リモコンに「YOUTUBE」「NETFLIX」のボタンがあるのに「へえ」と思ってからPS4を…起動…っ!





遅延で!!
ゲームに!!
ナラネエエーーーッ!!


映像は超クッキリだけど、メニュー選ぶだけで「もたっ・・・」と動く。
ブラウン管から地デジに移行したときに、液晶遅延が騒がれていたのは知ってたけど、4Kになってまたそんなことになってたの?

設定をいじってみる。前は日立のWOOOで「ゲームモード」にすれば処理が軽くなったけど、そんな項目はない。
それに、ネット上の説明書によると、より色合いを鮮やかに表現する「HDR」機能が使えるとあるのに、そんなのねえぞ!


いやはや。頭抱えた。

アマゾンでも同じ商品名のテレビに「HDR」が売りみたいに書いてあるのに…?
よーく読み返すと、小さく「HDR機能が有効なのはHDMI端子1のみ」とあった。


スクリーンショット (18)
映像対応(注1)がおわかりいただけるだろうか


その後、画質音質をいじりながら、これ格安で家族に譲れないもんか、自分は遅延のない36型でいい…
とか思っていたら、ミラクル起きました。

画質設定で、柔らかい画質の「映画」とかメリハリの効いた「ダイナミック」とかあるけど、
画質を「ゲーム」に設定すると、処理が軽くなって遅延が少なくなるのです。
説明書熟読したんだが…。

そんなこんなで映像もバシーッと鮮明になった。
音も、前のテレビがこもっていたのがよくわかった。

ブラウン管からハイビジョンになったときの衝撃はないし、4Kの恩恵は50型くらいにならないと実感できないと思うけど、
もう文字の小ささに悩まれずにすむ!レトロなフリークもいい。携帯機もいいが、僕はパワフルなほうを選びます。
快適である。結構結構。



正直、ふつうのPS4と36型がコスパいいし、集中できて文字も読みやすい最良の組み合わせかなー。
関連記事

コメント


トラックバック

↑