NETFLIX「ハノーバー高校落書き事件簿」ネタバレ感想

語りたいんだから語らないとしょうがないな!

前回に引き続いてだけど、NETFLIX独占配信の「ハノーバー高校 落書き事件簿」今回はネタバレ有り感想。
前は「アメリカを荒らす者たち」と紹介したけど直前でタイトルが変更になっていたようです。

自分は事前情報なし、ハードル思いっきり下がってた状態なので最高の環境だったけど、まだ観てない人は観てから読むとか、
目を覆うとか画面を割るとかしてください。



2016年アメリカ。ハノーバー高校の教職員27台の車にスプレーでペニスが落書きされた。

作品のトレーラー(英語)

普段からイタズラ動画をネットにあげていた「ウェイバック・ボーイズ」のリーダー、ディランが容疑者として退学になるが、本人は容疑を否定。

ディランが普段投稿しているイタズラ動画は、ベビーカーに乗った赤ちゃんにオナラをして母親の反応を撮影するとか、そんなもの。
周囲の反応もとことん悪く、口を揃えて犯人はディランだ、あいつはバカだからやりかねないと証言される。
そんな中、同級生のピーターは真実を確かめるため、カメラ片手に聞き込みをしてドキュメンタリーの撮影を始める。

不良ユーチューバー「ディラン」と、映画監督気取りの優等生「ピーター」、
スクールカーストを越えた動画制作者同士の友情だ。


ピーターが聞き込みを続けると、目撃者の生徒は、過去にもクラス1の美女に誘われたとウソをついていた。
また、授業を妨害されたことでディランを嫌っていたスペイン語教師がいることもわかる。

この二人が口裏を合わせて、ディランを落書き事件の犯人に仕立て上げていたのでは、と疑惑が生まれたことから、
撮影途中のドキュメンタリーはネットで大きな騒ぎになる。

ディランの素行が悪いのは別にして、本人は落書きを見たことすらないと言っているのに有罪になるなんて、あってはならない。

事件と直接関係ない家まで「特定」され、迷惑電話が止まらない。
ディラン家には励ましのペニスが描かれた手紙がドサドサ届いた。
ディランのサービス精神というかバカさ加減も凄くて、人生を左右する時なのに手紙に描かれたモノを1個づつ批評し始めるのだ。


実際にNETFLIXで配信された「ハノーバー高校落書き事件簿」は、ピーターの作成した映像そのままではなく、

・事件を報道したニュースの映像
・ウェイバック・ボーイズらが動画サイトにあげたイタズラ動画
・生徒たちが提供したプライベート画像やメッセージ
・監視カメラ映像
・作品のために新たに作られた再現CG


これらの映像を組み合わせて見やすく整理されている。
特に魅力的でぞっとするのは、アメリカ高校生たちのプライベート動画の生々しさ。
イタズラの品の無さ、女生徒のアプローチの大胆さ。パーティー会場で一気飲みを強要されてつぶれる生徒。
おとなしくインタビューに答えていた生徒のウソが暴かれていく様子が、生々しく記録される。








そして、どうやら、この作品はモキュメンタリー。
つまりドキュメンタリーに見せかけて全部フェイクだったと。

…あの、これはアレだ、俺はまんまとやられたっぽいぞ、オイ!

モチーフになった事実はあるかもしれないけど、
架空のイタズラ集団、架空のニュース映像、架空の生徒と教師によるインタビューを組み合わせたドラマだったと。

冒頭のニュース映像、放送局によっては落書きにボカシが入っているところから演出だった。
日系のマエダ先生が授業中に生徒の電子機器を取り上げたって話、いかにも昔の日本の教え方を引きずってるっぽいじゃん!あの人の存在で事実だと確信したんだけど、創作!!


この作品のテーマは、ウソや偏見でなく自分の目でジャッジする大切さ。
なのに俺は「この発言ないわー、アメリカ人のイタズラこんなんばっかりやなー」とか安全圏でわかった気になっていたのです。

その結果が前回の記事ですよ!あえて消さないよ!まんまとドキュメンタリーと信じてレビュー書いてるんですよこの大マヌケは!
あれだけ作品内でヒントを発してたのに!


実は、観ながら、引っかかる部分はたくさんあった。
「これに顔出しした生徒や先生は大丈夫なの?許可取ったの?」とか。
でもかすかな違和感を、
「文化も違うし、高校生とは顔出しの抵抗感も違うし、ネット配信の作品は型破りなのが多いから、特別に許可取ったのかな…」
と、いつのまにか自分で自分を納得させていたんです。

振り込め詐欺の被害者になるときは、こんな感じなのか。

架空のイタズラ集団「ウェイバック・ボーイズ」の存在だって、ちょうど日本で、もっとひどいユーチューバー騒動があったから全く疑いもしなかった。


うっかり信じちゃって、友達に教えたり、拡散したあとで、恥をかいたことに気付いて「うぎゃー」と頭を抱えるところまで含めて「ハノーバー高校落書き事件簿」は完璧な形で決着した。

逆に、映画に詳しくて、
「このパターンか」と感づいてしまう人は、ここまで見事に騙されないし驚きも味わえない。

「俺は完璧に事実だと思って騙されたんだぜ!」
って自分のマヌケさを自慢したいような、不思議な気持ち。
忘れられない一作になった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑