あなたはカレーのために安定した職を捨てることができるか! 水野仁輔「幻の黒船カレーを追え」

インドで発祥したカレーは、どのルートで日本に伝来したのか。
サラサラだったカレーに誰がとろみをつけ、いつタマネギは飴色に炒められたのか。
そして、ヨーロッパでは根付かなかったカレーに、なぜ日本だけが反応し、独自のカレー文化に進化させたのか。

DSC00122.jpg


仕事の傍ら多数のカレー本を出版した「カレー博士」の作者によると
「カレーの父はイギリス、祖父はインド」
イギリス人が、植民地化していたインドからカレーを持ち帰って、日本に伝えた。

インドから日本に伝える途中で、どうやらイギリス人はカレーに「ひと手間」くわえている。
カレーを気軽に作るためスパイスを混ぜて、カレー粉を発明したのだ。
だがその後、ヨーロッパ各地にカレー文化は根付かなかった。日本で「欧風カレー」という商品があるが、欧州に日本人が唸るようなカレーは存在しない。


では、日本にやってきたのは、どんなカレーなのか。日本最古のカレーレシピ「西洋料理通」から再現する。
まずい。絶望的にまずい水溶き小麦粉ぶっかけ飯。

まずくても当時の日本人がうまいと思ったのならいいが、具材に

<海老、鯛、赤蛙等ノモノヲ入テ…>


とある。
エビ、タイ、カエルなど。
日本人が初めて口にしたのはシーフードカレーなのか?
どうしてもこれが日本人の心をつかみ、150年間愛されることになる最初の一皿とは思えない。

カレー博士が明らかにしたいのは、「正しいカレー史」

ノーカレー・ノーライフの人生だった。カレーが多くの出会いをもたらし、人生を深みとコクのある味わいにしてくれた。
カレーの歴史が正しく描けないのは、自分が何者かわからないくらい我慢ならないことだった。

もし「西洋料理通」のレシピが、本当に日本に伝わったカレーなら、イギリスの古いレストランや高齢者もこれに近いメニューを知っているかもしれない。

周囲に無理を言って、ヨーロッパ各地でカレーの残り香を追う旅が始まる。
150年前の日本カレーのルーツとなる一皿のために。
(奥さんもいい迷惑である。)


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

こんばんわ! #-

よくもまあ興味深い本、見つけますね。感服です。

肉の件、日本に牛や豚を食べる文化が根付いたのは近代と聞いたことがあります。色々読んでおられるので釈迦に説法かも知れませんが、もしかするとそんなところも関係あるのかなと考えたりしました。

それでは今後も楽しみにしております。失礼します。

2017年09月09日(土) 22時17分 | URL | 編集

南 光裕 #-

Re:

> よくもまあ興味深い本、見つけますね。感服です。
>
> 肉の件、日本に牛や豚を食べる文化が根付いたのは近代と聞いたことがあります。色々読んでおられるので釈迦に説法かも知れませんが、もしかするとそんなところも関係あるのかなと考えたりしました。
>
> それでは今後も楽しみにしております。失礼します。

おお、興味深く思ってもらえれば嬉しいです。作者の方はカレー好きの間では有名人だそうで、いろいろ自分の知らない世界があるなーと呆れたり感心したり。
クラーク博士が給食にカレーを取り入れて北海道にカレーを広めた説とか、読むとナゾばかり増えていきますよ。

2017年09月12日(火) 00時26分 | URL | 編集


トラックバック

↑