クーロンズゲートVR体験版で思い出す、ゲームをなかなか渡せなかった店員さん

YOUTUBE「クーロンズ・ゲート」オープニング

プレステで20年前に発売された「クーロンズゲート」がVR専用の新作になって帰ってくる。
体験版を遊ぶと、前作の記憶が蘇ってきた。薄気味悪い路地をうろつくアドベンチャーゲームだった。

ゲームの目的はダンジョンを攻略して風水を正すこと。
街の商売は異常に分業化されていて、「ねじ屋」がいる。
「双子」は離れていても意志が通じ合ったりできて神秘的な力を持っているので、双子の力を研究する「双子センター」があった。
ゲームオーバーになるとモノに変えられる。ゲームの序盤で好きな家電を聞かれて、敵に負けたらその家電になってしまうのだ。
僕の場合は扇風機だったので、敵に負けると古い扇風機がカラカラ回っている映像が流れて


「あなたは扇風機になりました」

VR機能で顔の向きを感知すれば、首振り扇風機にもなれるな。


ディスクも4枚組で、「朱雀ディスク」「白虎ディスク」とかだった。

買った中古ゲームショップのレジですでに、このゲームがなんかとんでもない気がした。
お金を渡しても、店員さんがなかなか渡してくれない。

見てみると、設定資料を集めた冊子が厚すぎるのか、ケースに入らないようだった。
前の持ち主が読みすぎてふくらんでいたのか、なんとか入れても、ケース全体につける「スリーブ」が入らなくて店員の兄ちゃんは四苦八苦しているのだった。

なんとか入ったけど、家に帰るとこんどはギチギチでスリーブがとれなくて開かない。
ディスクケースから表現欲がふくらんで弾け出しそうになっている。
やる前から「えらいものを買ってしまった」と脅えた。


uuu.jpg

アマゾンの商品写真見たけど、やっぱりみんなケースが破損しかけてる、ていうかこんな怖い箱に入れなくても。



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑