今週の「新スター・トレック」感想とティーパックマン

シーズン3 
16話「アンドロイドのめざめ」

いやー、ぶっ飛んだ。「新スタートレック」シーズン3。
これまでアンドロイドのデータ少佐の「人間になるため人間がやってることを体験するシリーズ」はあったけど、

人間らしく楽器をやってみよう、
人間の笑いを学んでジョークを言ってみよう、
人間の感情を知るためシェイクスピアを演じてみよう、と来て。いきなり

スクリーンショット (11)

部屋で勝手に作ったこの子を連れてくる。

「なぜ事前に相談してくれなかった」
「子供をつくるのに、事前に艦長の許可を取っている人間はいません」


ジョークも、絵を描くことも、子育ても。
「人間が人生を充実させるために行うこと」で同じように認識していた。
全ての生命は子孫を残そうとするから、自分もアンドロイドなりに「子供」を作りました。
過去の経験からいって、健康な子供ができた報告をすると祝福されると予想していたようだ。

また、子供の異形感がすごくて感情移入しづらい!
「お人形」だったらほほえましい話で終わるんだけど、人間とアンドロイドの違いをデザインで「ドン!」と突き付けてきた感じ。
ロボットと友達のようになろうって物語はたくさんあるけど、こいつ愛せますか。

外見と役割を作り直して「介護ロボット」なら共存もできそうだけど、このまま子供が子供を製造していったら、ぶっちゃけ厄介。
人間は醜くても働いてなくても、殺していい理由にはならない。でもアンドロイドのスイッチ止めることには、それほど罪悪感がわかなそう。普段考えないことを考えさせられる。
アンドロイド親子の愛情のようなものを見つつも、じわっと恐怖も感じる。

子供はこのあと、自分で自分の外見と性別を選ぶ。
ゲームの主人公設定みたいに、無難に人間目線から感情移入できそうな人間の女の子を選んで、学校やバーを体験していくけど、やっぱりお父さんと同じで、人間より有能だけど人間になれず、生後何週目か何か月か、そのぐらいでもう生きる意味や自分の限界にぶつかってしまう。

スクリーンショット (12)
左側にいるのは、初期シリーズで黒人女性が主要メンバーになったのを見て大喜びした(らしい)ウーピー・ゴールドバーグ。


他にもデータ少佐回は印象に残るものが多くて、宇宙の悪徳商人に「モノ」として奪われ、現存する唯一のベースボールカードといっしょにコレクションされかけたり、

テレパシーで全ての思考を読み取ってしまう男に、「気持ちが入ってこない。静かで落ち着く」という理由で気に入られて、とてつもなく危険な旅に同行することになったり。

今、スタートレックデビューしたばかりだけど、数カ月前の自分に「アンドロイドつっても、単に白塗りの人が演技してるだけやん!」って笑われたらちょっとムッとする。




今週のキン肉マン「スペイン茶会事変!!」の巻
タイトル(笑)

こちらから無料で読めます

人気が盛り上がってからの新シリーズで闘う一人目がこいつって、やっぱり勇気ある展開だなあ。

今回はスノボを思わせる動きを見せるんだけど、この超人が初登場したとき、作者もデザインした子供も、スノーボードの存在を知らなかったはずだ。
今の時代までねばった。
ティーパックマンが、というかゆでたまご先生が。

スノーボードのまま突っ込むんじゃなくて、ワンクッション置いて新技に移行し、出尽くした感じで来週はお休み。
まだ沸騰するのか。出涸らしなのか。
インドが紅茶の国でもあるので、カレクックと共に、頭上に食いもん乗せてる奴同士の友情が見れるものと思っている。
関連記事

コメント


トラックバック

↑