「スタートレック」はこういう話だ!と言わんばかりの「移民の歌」エピソード


これは、NETFLIXで始まる新シリーズを楽しむために「新スタートレック」から観始めたら、
昔の特撮が思った以上にいい味で、より最近のシリーズに馴染めない気がしてきた人間の物語である。

1993年作品とあるけど、それはおそらく7シーズン終了時のことで、実際にこの話がアメリカで放送されたのは80年代だった。そりゃ時代感出るわ。



今日はシーズン3の2話「移民の歌」。
1万5千人の人類を抹殺しようとする宇宙人「シャリアック」を説得するエピソードだ。

人類をはるかに超えた科学力の「シャリアック星人」が開拓しようとした星に、なぜか1万5千人もの人間が住んでいる。
3日後に全員を「駆除」する気のようだが、その前になんとか対処しなければ。


惑星にいた人間たちは、90年前の宇宙船事故で漂着した人間の末裔だった。
砂漠に水を引き、かすかな希望をつないで作り上げた町。
「実はこの星は、100年以上前からシャリアックって連中の領土なので、すぐ逃げないと全員殺されます」
と説明しても相手にしてくれない。

34cec42b438d03ea33b75581cd5a3781_400x400.png
心がわからないのに説得役を任されるデータ少佐。ジョークを理解しようとするとき「ふむ…」と表情を変える。名演技。


「シャリアック星人」は、命を奪うことをなんとも思わない。だが「悪」とも違う。
宇宙連邦の法律にそって、領土に不法滞在している生き物は排除してもいい、と記述の通りに人間を殺そうとしている。
見た目は完全にモンスターだけど、
「宇宙連邦の法律の第何条にこういう記述がある」と話せば、相手がどんなに無力でも話を聞く。

理屈で行動する宇宙人と、理屈では動かない人間たち。
価値観が違う2国間の説得にまわらないといけない。

こう聞くと面倒くさそうだが、実際は未知の惑星探索で美女との出会いもある。

通信に応じてくれたシャリアック星人に、なんとか開拓を延期して人類を救ってくれないか、と情に訴えて説得した途端、
話にならんとばかりに強制シャットダウン!
対応を間違えるたびに破滅が近づく。

シャリアック星人に開拓を延期してもらうため、議論に使える条約がないか調べるシーンが新鮮!

異文化の衝突・法律の解釈・機械と人間の違い。
これだけの内容を含みつつ、エンターテイメント。
「スター・トレック」とはこういうドラマです!
と宣言したようなエピソードだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑