スタートレックの合間にZガンダムも観てみたりする


ネトフリで「新スタートレック」シーズン2の終盤まで鑑賞。

この世界では、人間が使う武器は基本的に1種類。
体術以外は超強力な「フェイザーガン」を装備していて、撃てば敵はだいたい消滅。ちなみに、レジで「ピッ」てやるあの機械に似ている。
そういえば惑星を調査するときに「フェイザーをマヒにセット」って言ってたのは、超強力な武器を、あらかじめ「麻痺」レベルに弱めて探索しに行こうってことか!おお、今、新規ファンにしかわからない楽しみを味わっている!

僕がSFドラマで面白いと思う瞬間がわかってきた。会話の中から
「あの道具はああやって使うのか」
って、ぼんやり未来のシステムが理解できていくのがおもしろい。


何といっても、毎回出てくる異星人の文化レベルの差が新鮮。
こちらを一瞬で壊滅させられる科学力の持ち主がいきなり現れるとか。

一瞬で殺されるかもしれない相手と話し合うとき、一応武装するべきか、相手には攻撃してくる理由がないから丸腰で会いに行くほうが誠実なのか。

何世紀も宇宙を漂ってきた、20世紀末の漂流物を拾ってしまう話とかも、わくわくすると同時に、この時代は現代と繋がっていて、自分も家族もとうに死んでることに気付いてぞっとする。


観ている番組の傾向からSF好きと判断されたのか「Zガンダム」も候補に出てきてちょっと観た。
画質が良くなってるのかテレビが違うせいか、
「え、この年代のアニメって、こんなに絵のクオリティ高いの?」ってぐらい綺麗。冒頭で通る通路が無重力になっているのが新鮮!ゼロ・グラビティ!
新スタトレは無重力表現がなかったから、思わぬところでアニメの強みを観た!

だけどガンダムに「人型だ…コストかかったろうなあ」と余計なことを考えてしまう。

ガンダムが人型であることが気になってたら話に集中できそうにない。
いったんスタトレが一段落ついてから本格的にガンダムも観てみようかなあ。いつの日になることやら。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント


トラックバック

↑