FC2ブログ

PSVR「ライアン・マークス リベンジミッション」開始!

来た!これは来た!モーションコントローラ2本持ちのVRゲーム「ライアン・マークス」
腰のホルスターに手をかけて、銃を持って撃つ。
肩にかついだマシンガンを取って敵をなぎ払う。
普通に撃ってもなかなか当たらないので、銃を目の高さに合わせて、片目をつぶって照準をあわせて撃つ。
マウスやコントローラでエイムして、緻密にヘッドショットする快感じゃない、もっと子供に戻って「アクション映画ごっこ」ができる楽しさ。

隣の部屋に行くとき、誰もいなくても
「動くな!」
って言いながら遊びたくなる。

頭を下げて攻撃を避けたり、胸の弾薬を取ってリロードしたり、いちいち両手を動かして、世界にふれる楽しさ。
いろんな映画やゲームで「ダクトに潜り込んで潜入」「ピッキングでドアを開ける」をやってきたけど、ぶっちぎりで一番楽しい!ダクト潜入ってこんな!?って「メタルギアソリッド」以来のニヤニヤが止まらんぜ。

「VR酔い」は、完全にないとは言えないけど、
バイオハザード7のVRモードを、体験版すらできなかった僕でも大丈夫なように仕上がってる。
酔う人用に完全対策されたモードもあれば完璧だった。


隠れ家では、銃にパーツを「ガチャっ!」と付けて試し撃ちができる。
手の届くガラス瓶やライターをちゃんと取れる。ガラス瓶を投げて空中で撃ったり、消火器を撃つと爆発したり、ふれたものに反応がある。わかってるなあオイ!

騒ぎを起こすシーンで、警報のボタンがあればいいのにDJの機器があってボタンを操作できるとか、1時間しかプレイしてないのに何度も「わかってるなあ!」ってうなった。

大味なアクション映画の見せ場だけをつないだような展開、リアルに血が出たり悪事で人を苦しめるような後味のわるい描写もない。ポップコーンムービー的。両手ふさがってるからポップコーン食えないけど。
あるいは(今もあるのか知らないが)ゲーセンの、勝手に移動するタイプのガンシューティングの超強化版。

スコアを競うモードでやり込み要素もあるけど、買った日にストーリーモードだけはクリアした人が多いので、相当タイトに、遊べる部分を凝縮しているようだ。

以上、ロンドンから報告でした!
痛って! あっ、また奴らの襲撃だ!一通り片づけたらレビューするぜ!

丸山ゴンザレス「世界の危険思想 悪いやつらの頭の中」



ラスベガスの地下には、精神疾患に苦しむ元軍人が住む空間がある。
砂漠にできた空洞に、アメリカンドリームと薄皮一枚へだてた場所に、アメリカの闇が息をひそめている。

「クレイジージャニー」で検索すると「普段バラエティを見ないけどこれは別」って鼻につく書き込みがでる。それだけファンの多い番組だけど、その中でも特別この人の危険地帯ロケは、誰かに話さずにいられない。

世界の危険地帯を取材するジャーナリスト、丸山ゴンザレス「世界の危険思想」。
番組関連本はいくつも読んだけど、これがいちばん番組そのものから抽出している闇汁100パーセント本だ。

薬物中毒者など訳ありの人が集まるマンホールに入る。何者が待つかわからないトンネルに踏みこむ。悪習と害虫で壁が見えない下水に入る。
そのたび、友達にさそわれて乗ってしまったジェットコースターが上昇していくようで、
「待て待て待って!ヤバイって!」と怖すぎて笑ってしまう。

作者も語っているが、海外では命と金の関係がシンプル、かつ残酷だ。
観光客にとって楽園であると同時に殺人も多い、東南アジアの殺し屋取材。
バンダナで顔をかくした、やせて一見なんでもない殺し屋の目には感情がなかった。
番組で見た覚えてないけど、男は、そのときかかってきた電話を後回しにした。
つまり「殺しの依頼」がそのとき来ていた。

フィリピン人は運転が荒い、らしい。事故が多くて次々と割り込まれるのに、人をひいて殺したら賠償金が約22万円。
高級車にぶつけたら300万円以上の請求もある。
命が安い。命を10個あつめても車が買えない。
命と金の関連性がシンプル。
人をひいて、半殺しでずっと賠償金を払う状態にしてしまったら、トドメをさしたほうが得になるように法で決まっている。

ボリビアのドラッグの運び屋は、1回で平均月収の10倍のカネをもらえる。そのかわり捕まったら懲役8年。
先が見えなくて、病気の家族がいれば、やる人も出てきそうな額だ。
日本人でもやるんじゃないか。巨大リュックを背負って運びきったら給料10倍。職務質問されたら8年。

タイの刑務所では、犯罪者たちの悲惨な生き方も見る。
新大統領が犯罪に厳しく、犯罪に少しでも関与していれば銃殺するから、みんな「外にいたら殺される」と自分から懲役をくらいにきた。刑務所が汗だくの男で満員。


つぎつぎ紹介される異世界にクラクラするが、本作で一番印象的なのは、作者ゴンザレス本人。
同情の余地があるスラムの人たちに密着して、同じメシを食って、売春で生きる少女や老婆を見て、それでも入れ込むことなく紹介していく丸山ゴンザレスの姿勢。
作家として、ジャーナリストとしての姿勢が過去作より厳しい。番組でいじられがりなあのカワイイ目で、今回はキッとにらまれた気がした。

ぼくは小さいころ
「アジアの恵まれない子供たちにくらべて、豊かさな日本人は大切ななにかを失った」
「アフリカの子供たちはご飯を食べられないんだから給食を残すな」
みたいな、型通りの説教をよく聞いた。アジアというのは日本じゃない貧しい国なのかと思っていた。

ゴンザレスさんは、世界中にどうしようもない現実があると知ってしまいながら、
「それはそれ」的な。
スラムのこと考えて我々まで憂鬱になっても前に進めないだろう、とばかりに、ドライな態度。
貧しい身上の彼らを説教のダシに使わない。
何も足す必要がないほどのを見て、紹介するだけに撤する。
無駄な感情をそぎ落とした、刃物のような一冊だった。

もはや主人公が不死でもいい「ジャストコーズ」

我が道を行くオープンワールド「ジャストコーズ4」をプレイ。
1週間ほど遊んで、初めて他のレビューなんかを見て、同じ煮え切らない思いを抱えている人がいるのを知って「ぐぬぬ」と奥歯をかみしめている。
ゲームに最近大当たりがなくて、明後日届く「ライアン・マークス」が頼りだ。

このゲーム、続編が出るごとに火薬の量が増えていく方向に進化してるんです。

80年代筋肉爆破アクションがここではそのまま続いてる。
南国のどっかで独裁者が作った建物をただただ破壊。敵がみんな目立つガスタンクや火薬のそばにいるので、どっかんどっかん爆破パーティ。

それも、強靭なワイヤーでどうにかするのが特徴で、ワイヤーでヘリと壁を組み合わせたらヘリが動けず墜落したり、丸いガスタンクを引っ張ってゴロゴロ転がったり、バグみたいな勢いでオブジェが弾け飛びまくる。

だけど、今回ちょっと小利口になっていて歯がゆい。


思えばパッケージの時点で、「バカを遠くから見ている」絵じゃないか。今回は天候がキーになっていて災害で攻撃できるので竜巻を見ている。


前作のパッケでは「自分がバカ」になっていて、バカとの距離感がちがう。
このゲーム、謎の理屈で飛べるんですね。パラシュートとウイングスーツを瞬時にたたんでいくらでも飛んで地面に激突して死にかけるけど、すぐ回復。乗ってたヘリがミサイルで爆破して生身で地面に激突しても
「痛え」
って言ってからすぐ回復する。
昔のアクションゲームの、人なんだけど人とは思えない感じ。車でポーンってひき飛ばしても罪悪感がわかない。(ていうか前作のパッケ絵最高だな)

80年代アクション映画の能天気さと、
90年代アクションゲームの雑さを、
2000年代以降の技術で再現する。
最高でしょ。

でも今回、前作までにない魅力を持とうとしてややこしくなった部分がある。破壊までの手順が少しかったるい。敵も硬い。

もう主人公、死ななくていいんじゃないか。
ミサイル2発ほど直撃で「死亡」からのリトライになる。

最近の2Dアクションが「残機制」をなくして無限リトライ方式になったみたいに、死なない主人公が無限爆破パーティを続けるだけでもいい。主人公だけはどんな銃撃くらっても死なないお約束に守られてるほうが、昔の大味爆破アクションを思い出させる。

メロウ・リバー

エッセイマンガ「メロウ・リバー」
キンドルで配信されている短い漫画です。いまのところ無料です。



ぼくは無料でものが配信されることがあまり好きではありません。
音楽もゲームも映画も安いのは探すんだけど、無料でもらえるのが当然で金のかかるものに身構えてしまったり、作者に文句を言う権利があって当然、のようになるのがいや
金がかかって失敗しても困り顔で、苦笑いで人生のいい思い出として処理したい、できれば後で思い出したりしたい、まあ文句は言うんだけど。

ただ、こういう無料だからこその力の抜けたマンガが流れるように配信されてくるなら、それはそれで無料の世界も悪くないな。
と、思いました

過去の僕の用に誤解している人がいるかもしれませんがキンドルは専用端末じゃなくても何でも読めるので。

みんなのゴルフVR体験版

ゴルフゲームのパッティングって本物と違うんだろうなーって、うっすら感じてた。

プロですら腕が動かなくなる症状を引き起こす繊細なところが、ゲームではボタンひとつでポンと簡単に入る手軽なとこになってるなーって、なんとなく感じてた!

「みんなのGOLF VR」体験版が来てました。
今回は「打ちっぱなし練習場」だけ。コースに出るのはおあずけで、操作方法だけの確認。
ゴーグルを通してみるとコントローラの先からクラブが!
フォースに覚醒したゴルファーがブオンとビームクラブを呼び出す感じ。

立ってプレイするスタイルで、クラブの先が地面につくと軽く振動がある。
これで手元からボールまでの距離感がつかめるようになってるんだ! ここに行きつくまでの試行錯誤を想像してちょい感動。上空を飛行機が飛ぶ音がして「む」と振り向いたりしてVRならではの感覚に喜びつつスイングすると…まあ感動するほど…曲がってる!

ナイスショットがボタンひとつでできるのがゲームの楽しさ。
ナイスショットができるようになるまでを楽しむのが現実のスポーツの楽しさ。

サッカーゲームなんかが実写と見間違う映像になって、本物の実況アナウンサーがついたとき以上に「みんゴルVR」は本物に寄った気がした。まっすぐ打てねえ!
そのかわり、アプローチで正確に寄せただけで嬉しい。パッティングで入った気持ちよさは他と比べ物にならねえ!

体験版を出す意味がある。
「絶体買う!」と「これなら今までのでいいや」に別れそうな内容だ。
10年前にwii sportsがやった「実際に動くスポーツゲーム」のもうひとつ次の段階へ、みんゴルって大ヒットシリーズがついに進んだ。

20年ぶりのテトリスの主役は、4つ連なったやつからT字のやつになっていた



禅をテーマに、VRゴーグルで没頭するテトリスエフェクト。中年男の体系にムカついて筋トレを再開したので、イスに座ってVRゴーグルをかけたまま足の筋肉をつけるバンドに縛られ、その姿、サイボーグ戦士の制作過程といっても過言ではない。

僕の姿も衝撃的だがテトリスも衝撃だ。
今さら感があるド定番なのに、ぷよぷよテトリス、新しいテトリス99と、3作続けてアプローチを変えて話題になっているの。

さらに衝撃だったのは、テトリスで一番重要なのが「縦に4つ連なったやつではない」ことだ。
(これから、eスポーツとして追いかけている人には10年遅い話をします)

テトリスはブロックを隙間なく積んで、4つのやつがなかなか来ない、からの、一気に消す!のが醍醐味だったし、やってない人にはそういうイメージで止まってるでしょう。
今は、一番重要なのがT字のやつになってる。主役交代。

衝撃。T-spinというのがあるとは聞いていたが、テトリスは長い歴史の中で研究がすすんで、上手い人たちが「こういうのもできるぞ」と、4段一気に消すより難しいT-spinが美しいものになっていた。
あらかじめT字のくぼみがある積み方にセッティングして、普通に落下させたら入らないT字のブロックを、回転させて、はめ込む。

上級者のプレイ動画を見たらすごかったね。隙間なく積むより難しいし、ぐちゃぐちゃに隙間だらけの壁に、回転したらどう動くかを、ゲームの法則を熟知したプレイヤーがくるくる入れていく。
最初から完成されたように見えるゲームなのに、やりこんだ人がルールを変えていった。

もちろん高等テクを目指さなくても、ある程度自由にアプローチできる。
禅をキーワードにしたテトリスエフェクトは書道にも見える。
右上の墨が刷り上がって来て、正面のフィールドに何を描くか。無の境地に届くか。

「瑠璃と料理の王様と」の表紙を見ると感動する



タイトルが全てなんですが、良くない? ねえ。ねえ。ねえ。
筆文字とリアルな料理とデフォルメきつめにきかせた顔で、和服はバッと華があって。
この表紙を書き上げるまでに長い間絵を描き、多くの人がセンスを結集させたんだろうなあ、って勝手に感動するんです。

内容は、今の尖りまくった作品だらけのグルメマンガ界では、正直飛びぬけて推したいほどではない。男性キャラやシチュエーションがちょっと「好きじゃないほうの古さだなあ」と思ってしまうんだけど、本屋さんにこのシリーズがずらっと目立つところに置いてたら、むしろ今のエッジーでカオスなグルメマンガじゃない、昔からの漫画好きは手に取ると思うんだ。
Amazonに久しぶりにお薦めされて、ああっ!いい!って思いました。令和。
↑