FC2ブログ

「ドキュメンタル」と「二段階目の味わいかた」の話

アマゾンプライムで配信中の、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」を観た。
予想していたのと違う。お笑い番組というより人間観察番組だ!

腕に覚えのある芸人や、テレビで活躍できない事情をかかえた芸人たちが、それぞれ参加費100万円を用意して部屋に集まる。
そこで笑ってしまった者から退場して、最後に残れば1000万獲得。

放送コードを気にせず、密室で何やってもいい環境に置かれた芸人は、ふつうに漫才やギャグを披露するだけではダメと最初からわかっている。
互いに手の内を知っている間柄で、コントが自然発生したり、何気ない会話で空気がおかしくなったり、異常な空間を観察する。
笑いの量だけでいえば他に見るものはある。
あくまでもこれは芸人モルモットの実験動画で、出演者たちの交友関係や過去を知っているとぐっと面白くなる。

他のレビューで散々言われてるけど、膠着状態を変えようと全裸になって「テレビでできないこと」に暴走し、見るに堪えない状況になる。ラジオで「こんなに知的だったのか!」と好きになった芸人をもう一度
「やっぱこの人ら、ついていけんわ」
と思い直すことも。

さいわい、シーズン5は過去最高に評判がいい。
ハリウッドザコシショウの、何度空振りしてもフルスイングの芸風が番組にマッチ。
助っ人の後輩「チャーミング」のじろうちゃんが、死ぬほど下らない宴会芸で、油断していた「成功者側」の芸人に一刺し。負け犬のクリティカルヒット。最高。不祥事で露出を控えていた加納英孝の空回りも好感度大だ。


「勝ち負けを見る娯楽」ってあるじゃないですか。
スポーツはもちろん、アクション映画とか特撮とか、お笑いでも採点で競うものがある。
最初は「どっちが勝つかな?」って興味だけで見てるんだけど、そのうち出演者の過去とか、スタッフの情報とか、会話の意図とか、監督の心理とか、勝ち負けより深いところを味わうようになる。
楽しみ方が「二段階目」に入るのだ。
アイドルなんてくだらねえ、プロレスなんてくだらねえ、と、よく味わう前にバカにしてしまうと、二段階目を知ってる人に怒られたりする。表面では勝ち負けを競っているようで、その奥を観ているんだ、と。

「ドキュメンタル」にもそういうところがある。
単純に金の取り合い、笑わせあいじゃなくて。
一見みんなおだやかに話をしつつ、「絶対にここで何もできずに帰れない」と、各々が何を言い出すか注意している異常な密室。
そこに、笑いとは関係ない食べ物やおもちゃを置くと、人は何を始めるのか。
その化学反応を観る「二段階目」の面白さがある。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブラッドステイン Bloodstained イージーモードクリア時点レビュー

PS4他多機種で「ブラッドステイン」が配信された。
特性の違う4人のキャラを交代させながら戦うアクションゲームだ。

DeC71KXV4AMrqsn.jpg

PS4 Bloodstained: Curse of the Moon 紹介ページ

1人目はリーチが短いが使い勝手はそこそこの「刀」 昔のファミコンの「忍者龍剣伝」みたい。
2人目は「悪魔城ドラキュラ」「キャッスルヴァニア」シリーズそのものの「ムチ」。射程は長いが連射がきかないので、動きの速い敵にはタイミングをあわせないと。
3人目は攻撃力も低くリーチも短いが、ポイント使用で強力な魔法を使い、難所を突破可能な錬金術師。
4人目はドラキュラ的な人で斜め上に攻撃できて足元がお留守。コウモリに変身して飛べる。

万能な奴がひとりもいねえ! 4人の切り替え、4人の動き、4人の特殊武器。さらにルートも分岐するため攻略パターンが増える。
「最初の敵をムチで片づけ、切り替えて魔法で炎をまとい、切り替えて足場を飛んで…」
と、プレイヤーごとに突破法が変わる。

「ようするにここはこうすればいいんだね」
と簡単に正解にたどり着けない。
さらに、メンバーが欠けてもそのまま継続。相性の悪い武器なりの攻略法を見つけないといけない。

最先端の映像で「敵が上にいるのに横に剣を振る人」がいたらおかしいけど、ファミコン風の絵だとなんか納得する。
「こいつらができることは限られてる!俺の操作でなんとかするしかしょうがない!これはしょうがない!!」と思わされる。
あえて快適なゲームとは切り離された、限られた行動パターンでどう進んでいくかを死にながら模索していくストイックでマゾ的な喜び。

今時の横スクロールアクションで主流の、シンプル操作で派手に敵をけちらして進む快楽はここにない。
高いところからモノ投げてくる敵に届かねえ!
小さい足場で攻撃されたら吹っ飛んで即死!
ボス戦で死んだらわざわざ手前からやり直し!
ムチを振るっているのは自分なのに、こっちがムチで撃たれている気分だ。
ありがとうございます! 適度に痛気持ちいい仕置き、ありがとうございます! 足場からコウモリに突き落とされ、今までの苦労が水の泡。この苦労を越えたら、進めたときの喜びも増すという配慮ですね!ありがとうございます(?)

そしてボス戦と背景美術は、これはもう、俳句みたいな制限の美学。
グラグサ刺されてくたばる直前の巨大な敵が今、力を振り絞って相打ちにしようと攻撃してきたのね!それをあえて制限された色使いで表現しているのね!っつう、プレイヤーの想像力も借りたドット絵博覧会。お近くのテレビの大画面で(携帯機の緻密な映像で)ただいま開催中。

これは「あのころ」感じたゲームのむつかしさだと思ったよ。
昔難しいと感じたゲームをやってみると、ゲーム経験値が増えたのかあっさり攻略できたりするんだけど、そのゲーム経験値の増えた自分がもう一度苦しむくらいの難易度。
自分はスーファミの悪魔城ドラキュラ2作はクリア済みだけど、イージーモード以外はクリアできる絵が浮かばない。

これ作った人は、1000円のドット絵のゲームだからこんなもんでしょ、ってサクッと喰えるお手軽ジャンクフードみたいなもん作れるほど器用じゃねえな! ガンコ職人だ。恐れ入りまりがとうございます。

昔のゲームって、箱絵がドット絵と化学反応を起こしてるやつあったよね、的な話

キンドルで進められた桜玉吉の「漫玉日記」シリーズを、なぜかブックオフでまとめ買いしてしまう。
ファミ通で長年「読もう!コミックビーム!」と小っちゃい四コマを描く玉吉。
ポップな絵からウツ状態の墨絵まで、大胆にタッチが変わって、切なくておかしい。
DdZ6GmpVMAA6_7A.jpg
本の間に「サンサーラ・ナーガ」のチラシが挟まっていた。


「サンサーラナーガ2」は、当時ゲーム屋でスーファミ版の箱を手に取った記憶があって、裏面は女の子キャラの全く同じポーズの絵があった。


商品画像を撮影した人も印象的だったのか、わざわざ4枚も写真を載せてる。

スーファミの箱の裏面って、どれも、
「手に取ったってことは興味持ったってことだよね!!そのままレジに持ってって!」
とばかりに売り要素を並べるものだけど、これはどっちが表かわからないようなシンプルなデザインで「粋!」と思ったのは覚えてる。監督は押井守。


同じ人のデザインとは思えない「ピキーニャ!」


振り返れば、レトロゲームはパッケージに「漫画家力」を見ることが多かった。

今のように、ゲーム中に漫画のキャラそのまま出てくるんじゃない。けど
そばに置いている箱絵のイメージが、ドット絵に乗り移って化学反応を起こすというか…。
あるよね。ぱっと名前をあげられないけど、映画のポスターみたいに、「ゲームの箱絵力」ってあった。


昔のドラクエって、ゲーム中の主人公を見ても「鳥山センセイの絵だ!」とは絶対思わないのに、
箱や攻略本の絵が記憶に残るだけで想像を膨らませる手助けになっている。

ファイナルファンタジーの天野絵になると、ドット絵の人と箱の人が同一人物だと思えず、子供心に
「なんで関係ない絵が描いてあるんだろう…」と思っていた。



魔訶魔訶、イデアの日はゲーム内容にも相原コージが染み込んでいた。
こいつは…普通じゃない!パッケージだけで取り合えず手に取らせちゃう力は凄い。


「オホーツクに消ゆ」新井清和氏は今見ると「この絵この絵!」って思うんだけど、昔はなんとも思わなかった。
「天空のレストラン ハロープロジェクトバージョン」は、思い切った感じ。


「ラングリッサー」当時のゲーム売り場でこんなに目がキラキラした人たちはいなかったので超目立ってた。
地味なシミュレーションゲームに華を添えるどころか、白米にチョコレートをかけたみたいに、ゲームがうるし原味に染まってしまった。内容もしっかりしていて大好きだったけど、PS2あたりでなんか変わった。

「ライブアライブ」プレイしながら、どのシナリオも戦闘システムが同じなことや、原画が出てこないことがわかってきてちょっとガッカリしたけど、箱絵が豪華スタッフが関わった証拠みたいになっていて、買って家に帰るまで胸が躍ったのをいまだに覚えている。


「超魔法大陸WOZZ」は、説明書が樫本学ヴの漫画だった。
ゲームに手を貸しただけじゃなくて、作者の刻印がある感じ。コロコロ読者には本編と同じくらい貴重。

「冷静にゲーム画面だけ見たら全然違う絵なのに、箱のイメージで補完されてた!」パターン。

昔のゲームの中身だけ販売しても、昔みたいにテンション上がらないのはトシ取ったから…というか、単純に今のゲームのほうが平均点が高いからだけど、
箱絵とか、手に取った箱とお年玉を交互に見比べてレジに持っていく瞬間とか、その帰り道とかまでは移殖できないというのもある。

「シャーロックホームズ 悪魔の娘」をクリア! 馬車がリアルだった。

PS4「シャーロックホームズ悪魔の娘」をクリア!

謎のミニゲームがことあるごとに挟まれるので、そこを欠点としてあげるのは簡単だけど、面倒ならスキップできるし、なんか、憎めないっちゃあ憎めない。

ネタバレ無しでこのゲームのいいところを。
いいところはズバリ、「馬車が細かい」ところである!マジで。
内容に別に絡んでこなくても、二輪馬車と、座席が部屋みたいになっている四輪馬車がちゃんとある。
このゲームのいいところは、そういうところ。出てくる写真や本がリアル!

この時代の英国の細かいアイテム描写。タバコの形とか、時計とか、銃とか。今とは違うアイテムが容疑者の持ち物として出てきて、新事実が出てくる。それだけでワクワクできて、ここをおさえてあればOK!

しかし「ホームズ」をゲーム化するうえで問題なのが、
プレイヤーは華麗な推理を期待するのに、ホームズを操作するのは自分だから華麗な推理はしないこと。
じゃあワトソン視点ならいいのか。
「君がワトソンになれる!」それもキャッチーじゃないな。

「トランスジェンダー女子が温泉に行く」one night, hot springsレビュー

「トランスジェンダー女子が温泉に行く」
1行の説明文だけで「え?」と、スワイプした指がツツツと戻った。

DcsUmNTUQAAA1Cn.jpg

アンドロイドで無料配信している「one night, hot springs」のレビュー、行くぜ!
ダウンロードはこちらから

友達の誕生日に温泉旅行に誘われた主人公は、男性の身体で生まれて、心は女性。
いわゆる多数派の人なら何も考えなくてもいい、周囲の会話で気疲れしてしまう。
選択肢を選ぶことで友達に普段言えなかった話ができる。

DcsUn8XU0AAeDP4.jpg

選んだ答えによっては左上に小さく表示された3つのハートが消えていく。
ハートが何なのか説明はされない。なくなったらバッドエンドというわけでもない。
とにかく選択肢によってハートが「すり減る」。

驚くのは作り込みの丁寧さで、
1周30分もかからない短編なのにメッセージの早送り、英語韓国語への対応、セーブ、スキップ、ギャラリーモードまで備えている。

完全無料で広告なし。金儲けをしようとしてもできない設計になっている。
短編とはいえ、見ず知らずの人の文章を30分読んでもらうのは相当難しい。
だけど、ゲームなら別だ。
これを作った人は、たいへんな金と労力を費やしてでも「何でもない温泉旅館の一夜」を体験してほしかったのか。

ちょっとだけ、プレイ中だけ、自分のような立場になったと思って選択肢を選んでみてください、
どこかで自分と違う人と会ったら、このゲームのことを思い出してください、という静かな迫力を感じる。


「one night~」は、主人公も少数派だけど、ゲームジャンルも少数派だ。
男性名を書かないといけない状況で悩んで、女湯が今なら空いているから、と従業員に勧められて申し訳ない気持ちになって。
ストーリー分岐型アドベンチャーだけど、ストーリーの面白さより、エッセイやブログに近い面白さがある。


自己表現のために、映画を撮ったり詩やブログを書いたり、いろんなジャンルの作品を手掛ける人がいる。
昔ならそこに「ゲーム制作」は無かった。
大人数で、ソフト1本5000円以上するものに、個人のメッセージをたくすのは向いてない。

だけど、ゲーマー以外もゲームができる端末を持つようになり、無料アプリ制作が広まって、ゲームで自己表現できるようになった。
こんな方向性のゲームもありなんだ。

one night, hot springsは、人の多様性についてはもちろん、ゲームももっと多様性を持てることを教えてくれた。

フリープレイで配信中PS4「シャーロックホームズ 悪魔の娘」をプレイ中。

フリープレイで配信中PS4「シャーロックホームズ 悪魔の娘」をプレイ中。 現在2つ目の事件だ。
DdBGwoTU8AAxeJj.jpg

たまたま、海外ドラマのシャーロックにはまった後だった。作り手によってアレンジされる、ホームズというキャラクターの違いが面白い。ワトソンも。
日本で何度も織田信長が題材になるみたいに、基本イメージが固まってるキャラは強いね。

ゲーム版ホームズは顔や演技が冴えない気がしたけど、外に出るともう、街作り、通行人、小物ひとつの存在感にまで、うっとりですよ!
ドラマ版は現代に置き換えてるから、当時のイギリスは出てこなかったから。


事件のひとつは、高価なコレクションを保有するボウリングクラブの参加者が背後から殺害されるというもの。
関係者に会うと、画面が止まって、顔色や服装の乱れ、装飾品を観察して人物像を割り出す。
初対面の相手は「な、なぜそれを…?」と戸惑う!
DdBGt6mU0AAFWRV.jpg

これこれ。ホームズさんお得意のやつ。これだけでも、事件と全然関係ない通行人相手にひたすらやってみたいぐらい。

関係者や、一見関係ない手掛かりがある程度集まると、それぞれを結び付けて、また違う仮説を立てていく。
そして、これは特に海外アドベンチャーゲームの最近の流れかもしれないけど

「ベストエンディングがひとつじゃない」

日本のアドベンチャーは(最近やってないので知ったかしてんじゃねえよ、と言われたらゴメンだけど)ベストなエンディングと、その他の結末が用意されてるイメージ。

最近の海外アドベンチャーは、どれがベストエンドとは言い切れない、どれも苦い思いをする終わり方から、自分なりの最善の結末を選択するイメージ。
流れにまかせれば万事解決するわけじゃないぞ。


合間のアクションとミニゲームが、本当にとってつけたような感じで、みんな序盤でつまづくと思うけど、
ボリュームを水増ししないといけなかったのかな。面白さと硬派な世界観がいきなり水割りにされた。どばどば希釈された。
しょぼいアンチャーテッドみたいな一本橋渡りは笑うしかなかった。
2つ目の事件では捜査に集中しているので、このまま余計なサービスなしで行ってくれ!
俺はもっと初対面の人を一瞬で見ぬき、関係なさそうな事柄をひたすら線で結び付けたいんだ!



セール中に買った「バウンスレスキュー」酷かった。

セール中にもう一つ買った「aegisディフェンダーズ」
一発目のイラストが素敵。
Dc8fL_hVAAEmpxt.jpg

タワーディフェンス&2Dアクション。
自分には難しい。
クレームブリュレの表面に跳ね返されて、確かに甘くて美味しいとこがあるのを感じるのに、そこまで匙が通らない感じ。申し訳ない。


PS4インディーズゲーム大量セール! んで過去のレビューを振り返る

PS4でインディーズゲームの大規模セール開始!
ゲームは芸術なんだ!と思い知らされる秀作から「ゴミかよ!!」と叫びたくなる怪作まで!


明日は遊ぶ。
今年は面白いとこを沢山書くつもりだったのに忙しくて…。ヤバイよ。仕事人間になっちゃうよ。つまらない大人になりたくない!と叫んだあの日が遠い昔だよ。

セール中のものでオススメはPSVR「tethered」
一見地味だけど、酔いもエロもグロもないVR空中庭園作り。素敵だよ。日本語で遊べるのにタイトルに(英語)って書いてて大損してる。

難しめの2Dアクションいけるぜ!って方なら、(今や2Dアクションだいたい難しいけど)
フリントフック、ネクスマキナ、エンターザガンジョン。

「フィンチ家の奇妙な屋敷で起きたこと」
は、次々怪死する一族の最後を追体験するゲーム。
客観的に見れば悲劇でも、主観だから最後に感じたことが恐怖とは限らないことがわかる。
しかし、一族が次々と美しい幻覚に誘われて死んでいったら、それはやはり奇妙なことではないのか…。
主観視点だからこそ、自由に解釈できる。

「クロッシングソウル」「ルイナー」
あたりは、優れたとこと、そうでもないところが極端で、絶賛!というわけにはいかないけどこの値段でハードル低い状態で遊んでほしい。

「ファイアウォッチ」レビュー

火薬の量を間違えてる「ネクスマキナ」レビュー

世界3大ブロッコリー戦士が出てくる「キュウリナガの復讐」レビュー。金返せ(小声)

「THUMPER」は、未来っぽいゲームだ。

他にも感想書いたやつがあったはずだけど、ざっと見つけた限りではこんな感じ。
あえてセールしてない新作に突っ込むかもしれないし、さて、どうしましょうかね?

水曜日のダウンタウン「濱田祐太郎 箱の中身はなんだろな最強説」で障害とバラエティの垣根を軽く飛び越える

前にタブレットを買ったとき、これで音楽も映画もYOUTUBEも見れるので、もうテレビいらなくなりますよ、と接客されたが、まだテレビは必要そうだな!

「水曜日のダウンタウン」は盲目漫談家、濱田佑太郎にフィーチャーした企画「箱の中身はなんだろな最強説」。

以前にも、
「クイズ王が箱の中身~をやったら当てられるんじゃないか」
と検証企画をやっていた。
クイズから離れてリアクション芸披露の場になっている「箱の中身は何だろな」を、一回りして真剣にやってもらう企画だ。
この番組はバラエティを一通り見てきた人が作ってるし観てるから、当たり前の企画にもうひとひねり加えてくる。



濱田と勝負するのは歴代R-1ぐらんぷり優勝者の、アキラ100パーセント、ハリウッドザコシショウ、じゅんいちダビッドソン。
あらためて揃うとすげえ絵面。それぞれが、穴から手だけを突っ込んで箱の中身を当てる。

濱田「(スタジオの松本人志に)松ちゃん見てる~?」
松本「お前は俺を見たことないやろ」


1回戦で箱の中にあるのは皮をむいてない「タケノコ」
いきなり難易度の高い案件。これに濱田が30秒で正解。
ガッと手を入れる。日常でやってること。なんなら箱もいらない。最初の躊躇がない。

2回戦。箱の中にアキラが手を入れる。
最初がタケノコだったので、番組の構成としては、気持ち悪いものかと思ってリアクションとらせて実はプリンとか、もしくはヘビとかが来てもおかしくない。手を入れる段階でビクビクしつつ、中身は電動ヒゲ剃り。
「リモコン?」
いい所までいくけど、これも濱田の完勝。

3回戦の相手はハリウッドザコシショウ。
箱の中にいるのはイグアナ。個人的には好きな非常に興味ある&飼ってみたい(飼育代を調べたこともある)生き物だが、
しっぽがヘビのようだし、顔もさわっただけでは難しいし、手だけで当てるのは超コワイ。かつ至難の技。
これに、ザコシショウは喚きながらも正解。

続いて濱田が箱に手を入れる。躊躇なくさわる。
だが、答えが出ない。
ガッツリ触っている。どんな形の生き物かもわかっている。
なのに「イグアナ」が出ないのだ。イグアナを見たことがないから。


「見える人」は、爬虫類や両生類の姿にドキッっとする。記憶に残る。
けど、見た目情報のない濱田に、たとえばネコとトカゲの差を聞いたらどうなるんだろう。

身体の硬さや動きの速さとか、「見える人」と違う情報でネコとトカゲの差を認識しているんじゃないか。
猫の方がひっかく、危険な生き物と認識してもおかしくない。
ていうか、あの人にとってヘビ、怖いのだろうか。

普段意識しないけど、
「知ってると思ってる物」の中には、普段使ってる物と、映像で知った気になったけど実物はよく知らないものがある。
盲目の人には、映像でなんとなく知った気になれる物は「知らないもの」なんだ。

濱田の「箱の中身は何だろな最強説」は、イグアナという「映像で見る機会はあるけど日常的に接したことのない物」を当てられず、説立証ならず。


イグアナが、もしヘビぐらい特徴があったら、この結果は出なかったかもしれない。しかし結果的にこのコーナー、説教臭さなしで
「見えない人は、世界を違う見方でとらえているんだ! もっとこの人たちのことを知りたい」と思える企画になっていた。

また、R-1ぐらんぷりで濱田祐太郎が「自己紹介」をすませた状態になっているので、スムーズにコーナーに入れたのも良かった。賞レースでチャンピオンになってもスターになれない実情はあるけど、面白い番組作りの土台にはなっている。
やっぱり、テレビは面白い。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安田大サーカスが好きだ

安田大サーカスが好きだという人をあまり聞かないから、ちゃんと言っておきたい。


「ジ・アウトサイダー」で映画デビューした安田大サーカスのHIROが、朝のラジオに出演していた。

安田大サーカスは、「団長」が、「クロちゃん」「HIRO」デブキャラふたりを操縦しているトリオだったが、
ある日HIROは涙が出てくるほどの頭痛に襲われ、気が付いたら病院のベッドに縛り付けられていた。

脳出血。
HIROが意識を取り戻したときに見た光景は、
家族の涙、どんな過酷ロケでも弱音を吐かない団長の涙と、パチンコがいい感じだったのに連れてこられたクロちゃん。
少し判断が遅れたら、連絡したマネージャーが移動中ならアウトだった。

それまでの体重は180キロ。
相撲部屋でも体を思うように動かせないから食事を野菜スープだけにされたり、首周りの肉がじゃまで疲れるからしゃべれなかったという逸話の持ち主は、「団長を泣かせたくない」と生き方を変えることに決めた。

体重二桁になったHIROは、シュッとして話し方もおだやか。だけど目には怖さもある。
それまでマスコット的な存在が急に自分のことを喋りだしたことも含めて、ちょっと人を越えたような独特の雰囲気がある。
一方、クロちゃんも「水曜日のダウンタウン」で、掘っても掘っても出てくるゲス野郎っぷりを明かされて謎のブレイク中。


ベッドから意識が戻ったときのことを聞かれたHIROは、
「クロちゃんは、友人が生死の境にいてベッドに縛られているのに時計を気にしてた」という。
それだけでクロちゃんの「らしさ」炸裂で、やっぱあいつダメだヤベエ、と思うんだけど、

大事なのは「それでも3人は仲間割れしそうにない」ところだ。

クロちゃんはベッドに縛り付けられて意識不明の親友を見たあとでも、平然と食事制限したと嘘ツイートをする。
ツイートに嘘をまぜるのはあるけど、長年いっしょにいた親友の、その姿、生き方を見て抵抗なくツイートをしていたと思うとちょっと怖い。
生死の境にいるのに放っとかれてパチンコ。ふつうの友情なら断裂だ。

でも、HIROの口調に、クロちゃんを怒っている印象は受けなかった。
「ああいう人です」
菩薩みたいだった。このつながりは、家族に近い。困った末っ子のいる3兄弟。

そもそも本気でお笑いを目指していたわけでもない、出会うはずのなかった3人が、ひょんなことから一蓮托生。
HIROには講演や執筆の依頼も来るだろう。そのとき、ダメ人間代表のクロちゃんといるメリットは無くても「安田大サーカスのHIRO」だ。
「安田大サーカス」が名字で、名前が「HIRO」だ。

クロちゃんに生き方を変えてほしいわけじゃない。
まじめ3人になったら息が詰まる。
これからも、団長とHIROは説教して、クロちゃんは他人事みたいに聞き流して生きてほしい。
それぐらいの関係が想像できるトリオでいてほしい。



↑