「ファイナルファンタジー15 エピソードプロンプト」にモヤモヤ


FF15のキャラクターの一人「プロンプト」を操作する追加コンテンツが配信された。
ツイッターでは「バイオハザード:コードベロニカ」みたいとあったけど、俺は「メタルギアソリッド」みたいと思った。ちょっと昔の日本のゲームっぽい。

本編の途中で敵の基地に捕らえられたプロンプトの視点で進んでいく。

FF15をベースにしたシューティング寄りの操作。
今のゲームは、引き金をひいた感覚に似てるから、L2、R2ボタンで銃を撃つ。だいたい世界標準。

だけどFF15の操作性を引き継いでいるから、見た目はオーソドックスなんだけどR1で銃を撃つ。
似た感じのゲーム経験がある人ほど不思議な感じになりそう。

高台に上がると
「ここでっせー!」
という感じにドラム缶にカメラが寄る。撃つと爆発して周囲の敵を一掃。お約束!そこそこ楽しい。

ミニゲームのスノーモービルは、単品のレースゲームとはさすがに比べ物にならないけど、タイムアタック要素もちゃんとある。そこそこ楽しい。

プロンプトはセーブポイントに着くたびにウジウジ独り言いってた。
ちょっと昔の和ゲーっぽいと思ったのは、ゲーム内容もさることながら、「美少年の独り言」シーン。
自分の生まれがどうこう悩んで、最後は「俺は生きていく!」みたいな…そういうの何度目だよ!
そういうのばかりだからJRPGダルい、って言われてたんじゃないの。
その「ダルさ」をぶち壊して、「かったるい話は抜きだ!」って高らかに宣言したのがFF15じゃなかったの。
まさか追加コンテンツでひと昔前の感じに戻るとは。

発売して時間が経っても、まだまだ配信される追加コンテンツ。
だけど、シューターもレースも、こんなに作りこんでいるのに、素直に「超面白い!」って思う人は少数だと思う。
これだけのものを作る力があれば、小粒でいいからスクエニの新作が遊びたかったり…そんなに簡単にいかないか。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

次回は「2020年スーパーベースボール」を絶賛するぞ

「サマーレッスン」隠しイベント「ネコ探し」でVR技術にもて遊ばれる

「サマーレッスン アリソン・スノウ」3日目。

繰り返しプレイするごとに、授業内容と衣装が増えていく。育成・鑑賞ゲーム。

DSCN0642.jpg
NINJA

日本に関するテストで、合格したら滞在期間が増えるってストーリーだから、
「ケンダマは日本の武器です、近距離の痴漢は突き刺すこともできます」
って教えたら彼女は強制送還される。

ていうか、ずっと引っかかってたけど、契約の厳しいアメリカの芸能界から、勝手に日本に来ちゃう設定に無理がある!

若手セレブが旅へ出る「ウルルン滞在記」みたいな番組の企画って設定にするべきなんだ。
それなら、生け花とかけん玉とか「ザ・日本」を次々経験していくのも不自然じゃなくなる。

エンディングでは海外のTVスタジオで「ニッポンはどうでしたか?」と聞かれて、こんな人がいました、って答えてるシーンで締めでしょ。そうすれば彼女がアメリカに日本の思い出を持ち帰った感じが出る。
現状のストーリーだと、勝手に本国に帰っちゃう助っ人野球選手と変わらん。

DSCN0643.jpg
俺も覗き込もうとした。縁の下を。

たまに珍しいイベントが起こることがある。今回は「ネコの声がする」。
床下あたりからにゃーにゃー聞こえて、音源は移動してる。

つい、ネコいるの?っていっしょになって探すんだけど、アリソンさんも授業を中断して縁の下を覗き込んだあとで、猫に「ふられた」と報告される。プレイヤーからはネコの鳴き声しか聞こえない。
VRゲーだから、鳴き声と逆方向を一瞬ネコが横切ってたりしたら、すごく面白いと思うんだけど、たぶんゲーム内にネコの映像はない!鳴き声がするだけ! でもかすかな可能性にかけて毎回キョロキョロしてしまう。

登場する小物があまりにも作り込まれているから、もしかしたらいるんじゃないかと(笑)
もし猫がいたらスクショ撮る。女子か、俺は。
このイベントはVR技術にもてあそばれている感じがして面白い。


なんで女の子の衣装(だいたい色違い)をこっちに選ばせるんだろう。不意に珍しい服で出てくるほうが面白いじゃんとか、繰り返し遊ぶには不満もある。
何かひとつ、ゲームとしてやり込める要素があればなあ。
このプレイ形式で遊ぶゲームとして相性がいいのは「あっち向いてホイ」だと思うけど、プレイしてる姿を見つかったら死にたくなるから、それも困る。



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

「サマーレッスン アリシア・スノウ」初プレイ

DSCN0638.jpg

コンセントをささないまま置かれている扇風機。

DSCN0637.jpg

「ワァイ!ジャパーニーズピーポー!」な難易度の習字。

DSCN0639.jpg

あえて切れ端を集めてきたようなスイカ。


PSVR「サマーレッスン」シリーズ初プレイ。
ゴーグルを装着すると現実から切り離される。「ザ・日本の庭」で金髪女性がギターを弾いている。
この人に日本を教えるのが目的らしい。

アメリカのシンガーと交流する、という内容はあるものの、ゲーム部分はたまに出る3択から正解を選ぶぐらい。半分鑑賞ソフトのよう。

ちなみに、なぜ話題だった前作の女子高生編に興味がなかったかというと、
現実に女子高生の妹がいた時期に全く彼女の部屋に入りたいと思わなかったからです。
ドアが開いていたのでちょっと見ようものなら、罵倒されるのはもちろん、僕と違って清潔で、部活に恋愛に、青春を謳歌している部屋の空気で落ち込むからです。
女子高生の部屋に入ることは、バイオハザードの吊り天井の部屋に入るのと同じぐらい怖い。



今作は和風の庭で、金髪美女と生け花や習字のレッスンをする。怖くない。
ただ、女子と距離が近い!!って騒ぐテンションにはならなかった自分に老いを感じる。
それより
「現実にあるようなボロい扇風機をわざわざ仮想世界に作り上げた面白さ」
に夢中。ばあさんの家にあったやつだろこれ。風力切り替えボタンがガチャッて手応えあるやつだろ。いろんな角度から覗き込んで眺める。

「習字の授業、室内のほうがよくない?」
「アメリカのミュージシャンが日本人より礼儀正しいって、都合いい設定だなオイ!」
漫画やゲームで都合良すぎる金髪美女を山ほど見てきたことも忘れて、突っ込んでしまう。

これまでのゲームなら気にならないことに違和感を覚えるのは、VR空間だからだ。
ドット絵のゲームなら、スイカの切り方が鋭いな!とかいちいち思わない。
この感じがまた楽しい。


3D映画に慣れたように、いずれVRに慣れたら、この楽しさは感じなくなってしまう。
何年か経てば、PSVRレビューで興奮している記事を読んでも、
「へえ、あれでも発売当時は衝撃だったんだ」
程度の感想しか持てなくなる。
だから、この楽しさは今だけ。

コツも何もわからない1周目のクリアはBランク。1プレイ45分ほど。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

トライアルズ、のちサマーレッスンの予約済み!

あと2時間でPSVRを通じて留学生が来るらしいんだけど、最近再ダウンロードした「トライアルズ:ブラッドドラゴン」が面白すぎてもう寝そうだ。

今さらトライアルズをもっと評価したい。
Rボタンのアクセルと体重移動だけでばっこんばっこん段差を乗り越えていくシンプル操作。

なんだけど、わずかな力の入れ加減で全く結果が変わってくる。
バイクはちゃんと後輪駆動になっていて、どう着地するかでだんだんわかってくる。あれ、これ深いぞ。めちゃ深い。
のに、ある程度適当でもオーケー。

DSCN0634.jpg


本物のレースでは、連続するカーブを、
「ひとつめのコーナーにこの角度で入ればこう出るから、次のコーナーにこう入って…」
とレースを組み立てていく。(たぶん)

トライアルズシリーズは、それを「縦」にしたものだ。
ひとつめの坂であえてスピードを落とすことで、次のジャンプであえて高さを抑えることができ…」
とレースを組み立てている。

すっごい緻密なことをやってるのに、それを全部バカ要素で塗り固めて、細かい部分はわからなくても笑える。
ゴールに爆弾があって吹っ飛ぶとか、力業で笑いを取りにくる。
「ブラッドドラゴン」は番外編なのでシューティング要素とか、いらんもんがたっぷり添加されたけど、本家シリーズのマゾ路線よりも好き。シリーズファンのほとんどが怒ったストーリー要素をかばいたい。手が痛い。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

Netflixで童貞文学と耐久勝負!「みうらじゅんDS」配信開始


30話構成の長期戦「みうらじゅんDS」配信開始。2009年作品。
思春期のころにみうらが書き溜めたマンガやポエムを、大御所声優が情感こめて読み上げる。
みうらじゅんの書籍は好きで、図書館でちょっと借りるのにいい分量だった。映像作品で触れるのは初めて。

ノートに書いた「十字忍者」に野沢雅子がナレーションを入れる忍者マンガとか、
イマジンに着想を得た「暇人」、中学の卒業式の偽善に怒る「メランコリーマンを撃つな!」
書いた本人に記憶がない「俺ら(おいら)のマドンナ」シリーズ、初めての入院生活で書いた日記…

男子校ではぐくんだ友情や大人たちへの怒り。男らしさへの憧れ。森田健作みたいな人への憧れ。
高校の違いでバラバラになってしまった仲良し「三人トリオ」の思い出。

最初こそ、あ、これダラダラ聞いてるのにちょうどいいや、と思ったけど、だんだんクラクラしてきた。
思春期の少年の持っている「何か」が果てしなく、終わりなく、延々と出てくる。

英語の授業がいやになった経験から、日本には日本の良さがあると主張する「ENGLISH NO!」とか、
わかったよ!お前の主張はわかったからもう勘弁してくれ!
と思うんだけど、途中でやめたら負けた気がするからこっちも大人の意地で観てやる。
まだ半分もいってない。疲れた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「箱開けて、説明書読んで、ゲーム」の流れ、来い。再び。

3DSの「アライアンス・アライブ」、もうけにならないのに「箱・説付き」らしい。
今のゲームは、紙切れ1枚の説明とディスクか、あるいはマニア狙い撃ちの超豪華特典のどちらかだ。

意地でも「説明書」をつけたがる時代遅れな仕様にする人はどんな人なのか。

子供のころ親にゲームを買ってもらって、車の中で待ちきれずに箱開けて説明書読み出しちゃったり、ゲームをやる時間を制限されてるから夜中に説明書だけ読んでごまかしたり、そういう原体験を持ってる人だと思う。
ぼくもそんな経験済みだ。
「箱開けて、説明読んで、ゲーム」の流れ、来い。再び。

配信版のほうが安いとかいうのは、ヤボである。
スター・ウォーズEP1は、公開一番乗りになるために、映画館の前で何カ月もキャンプした人がいた。
僕は同じ作品を100円で観たけど、その人より得したとは思わない。





「ハイパーライトドリフター」これも箱説明書付きだ。撃って斬って避けて、の繰り返しだったけど、敵にちょっとした知能を感じるのが良かった。
全面ドット絵で、荒い荒い絵なんだけど。アラアラなんだけど、距離があるときと追い詰められたときは違う行動をとる。
そんな敵と戦っていると、敵ばかりでなくゲームの開発者と会話をしているような気分になる。

探索型アクションで、何気なく通ったルートにちょっとしたアイテムが隠されていたりするのを見つける。得した気になる。
ストーリーをベタベタ語らないのも好き。設定は半分こちらで考えるぐらいでいい。

優れたゲームで、絶妙なバランス、凝った構成、そんなものと出会ったとき、開発者と手を繋いだような気になる。
「あんたの表現したかったこと、俺にはわかったよ!他の連中は知らんが、俺には届いたよ」って。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

怖い妖怪ウォッチを断然応援する! お前を車でひいて、ともだちとか抜かすニンゲンを祟れ!

久しぶりにアニメ映画を観たいと思った。

新作妖怪ウォッチのコンセプト見ましたか!舞台は30年後で登場キャラ一新。
まだ詳しいことはわからないし、実際は元のかわいい顔に戻るのかもしれないけど、
あの顔を見て、なんだか、すごくうれしくなった。

妖怪ウォッチは好きなんです。
アニメで人気が出るまえに3DSでやって、こんなに楽しくて、ドラえもんや鬼太郎へのリスペクトもあって、すごく好きだなあ、と思っていたけど、
「ジバニャンが車にひかれた猫の霊」って設定だけ引っかかった。

コロコロ編集部やレベルファイブには動物好きな人いないの?
車にひかれた猫にドキッとしたりしたことないの?
車にひかれた猫をギャグにして、人間と「ともだち」はないでしょう。

鬼太郎か平成狸合戦ぽんぽこだったら
「おのれニンゲン末代まで祟るにゃ~」でしょ。


そこにあの顔。あの顔。まだ可愛いとか言われることもできるのに。
ジバニャンが化け猫になっている。

DCVKhAsUQAA7_zl.jpg

ジバニャン! やっぱりお前、怒ってたんだな!
自然を開拓し、車でひいた人間たちに怒ってたんだな!
そうだ!水木しげる先生の妖怪もみんな怒ってた!
今からでも遅くない、さあ、一生もんのトラウマを植え付けてやるがいい!

スラッシャームービーを観にいく人の気持ちってこんなんだろうか。
クーッ、いいなあ。

PS4PROに買い換え! セーブデータ管理、正直な感想など


箱を開けたら真っ先にデータ移行の手順が書いてある。
起動したら自動的に前使ってたPS4を探しはじめた。かしこい子。

発売日から酷使したPS4から、PROモデルに買い換えました。
そろそろ動作音が気になって、小型にするのもなんだか寂しくて、ちょっと無理したぜ。
PRO+PSVRなんて貴族の遊びを、俺のような貧民がしていいのか。

期待していた清音化も、なかなか静かになった。夏場に暑苦しくなくていい。

「ほぼ無音」って噂も聞いたけど、それはウソだった。
なんだそれ!

DVDを再生すると、コトっ、てたまにドライブから音がするのだけ気がかり。
映画はネトフリ、アイドルならDMM、DVD観る機会も減った。ブルーレイがどうなるか未確認。



本当に静かで電力消費も少ないのは、小型化したもうひとつの本体の方だった。


PSVRは少し鮮明になった。だけじゃなくて、演出自体が追加されてる。
前はなかった、ちょっとした自然光のキラキラ演出が嬉しい。ヘッドギアを外した瞬間の、現実に戻る感じも好き。
「FFは絵だけ」の雑音を吹っ飛ばす快作「15」のVRコンテンツ「釣り」も発表されたので楽しみ。ファイナルフィッシング!

DSCN0595.jpg
VRでまず遊んでほしい「テザード」
ゲームプレイそのものには影響しないけど、PROでは金属から伸びる光が美しい。
PSVRは、久しぶりに映像で驚けるゲームハードだ。


一個だけやらかしたのは、旧PS4からのデータ移行。
効率よくしようとして、うっかり2つほどセーブデータ初期化しちった★ いたたた。

安全なのは、LANケーブルで丸ごとPS4同士をつないで丸ごとデータを持ってくるやり方。
ケーブルがなくても、時間はかかるが無線LANでも可能。
ていうか、そうするように手取り足取り誘導してくれるので従ったほうがいい。


僕の場合は、もう起動する可能性が低いゲームのデータはあらかじめ全部消した。
ディスクのあるゲームのデータも、オンライン上にセーブデータだけ保存してくれる
「オンラインストレージ」って機能があるから大丈夫だろうと思って全部消した。

これが間違いだった。
自分はこの、オンライン上のセーブデータを、自動的に上書きする設定にしていた。

新しいPS4PROで、セーブデータをダウンロードする前に「ニューゲーム」を起動して、
オンラインストレージ上のセーブデータをいちばん最初のものに上書きしてしまった。


最初にオンラインストレージからデータ持ってこようとしたら、「ゲームデータがありません」と拒否されるから、
ゲームデータをインストール後、プレイする前にセーブデータをダウンロードしないといけなかった。


普通のテレビでの画質や処理速度は、思った以上に変わらん。わからん。
薄型テレビに買い替えたときみたいに、4Kテレビに買い換える日も意外と早く来るのかなあ。

コントローラは昔のタイプよりボタンひとつづつがガッチリした感じ?
特に方向キーがしっかり。バッテリーも新品なのでよく持つ!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


E3の発表会、良かった。
アメリカの任天堂ファンが楽しそうだった。
ゲームが子供に与える影響はいろいろあるだろうけど、白人も黒人もアジア人も、いけてる奴ももてなさそうなデブもみんな楽しそうだった。
彼らは戦争もゲームの中でやるだろうし、外国人ともゲームの話で仲良くなるだろう。

【お知らせ】吉田勝次「洞窟ばか」について書きました。

クレイジージャーニー伝説の男、唯一の著書。
情熱大陸に出演したのでこのタイミングで。

アオシマ書店「洞窟ばか」

番組ではふれられない環境問題への取り組みとか、マジメな一面も。
洞窟の奥をライトアップして写真を撮ってから、地元の人が「足元にあったもの」の美しさに気付く話が好き。
書籍版のオビは「あの隙間にもぐる変な人」。

情熱大陸見逃し配信

こうして久しぶりにライターとして活動できるとやっぱり嬉しい。
あの人やあの人のように活躍はできなくても、たまに、こう、助っ人外国人みたいに打席に立てると嬉しい。
(それにしても映画レビューって、どうやって書いてるんだろう。あやふやな部分を見返せないの、不安にならないのか。暗闇でメモを取るんだろうか)


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

衝撃的だった登場回が収録。最悪、動画サイトで探してでもいいので見てほしい。

「バッタを倒しにアフリカへ」の驚異の世界

おひさしぶりです。
おひさしぶりに、本を読んで、感想書いて、直して、書いて、直して、書いてました。

エキレビ! 前野ウルド浩太郎「バッタを倒しにアフリカへ」の凄み


エキレビ!には1年ぶりの掲載。ちょっと長めのトンネル入ってました。


前はコレだった。
どちらも題材は珍しいけど、新しい世界を知る楽しみがあって、好奇心のままに世界へ出る作者の姿があって、とにかく元気が出る。
少年ジャンプなのに囲碁や将棋が題材、みたいな感じ(?)

この世には虫が超嫌いな人がいますが、主人公は人間。
虫の話は、(超苦手な人が楽しく読めるかどうかは疑問だけど)思ったほど出てこない。研究発表との兼ね合いで本には載せられなかった事情があるみたい。

電波少年ばりに過酷な環境でも楽しくてしょうがない感じとか、
序盤、金持ち外国人としてぼったくられたのが、後半では地元民と駆け引きをしていたり、人間として図太くなっていく成長も楽しい。
終盤に「クマムシ先生」って人も出てきて、「なんかまた説明が必要な新キャラ増えた!」って笑ってた。

超大ヒットするようなタイプの本ではないと思うけど、ちょっとでもお手伝いしたい、と思ったのです。

というわけで、ぜひ読んで、欲を言えば拡散していただけると跳びはねて喜びます。そう、バッタのように。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
↑