映画「くもりときどきミートボール」感想


ついに観れたぞ!
ライムスター宇多丸が最大級の掘り出し物として絶賛していた映画!
日本では無名な児童向け本が原作。
あんまり面白そうじゃないタイトルとビジュアル。
これでこの内容をいきなりぶつけられたら、そりゃテンションも上がるわ!



主人公のオタク博士が、
「変人のまま、自分のままに生きよ、その個性を伸ばせ」
みたいな母親の教えを信じて、ついに水を食べ物に変える機械を発明!

資源が乏しい島で、好きな食べ物を降らせることができるようになって大成功!
バカにしてた周囲の奴らを見返し、ヒーローになった彼は、越えてはならない一線を越えてしまい、過剰オーダーで機械は暴走!!

「空から食べ物が降ってくる」
という子供が考え付いたようなアイデアをもとに、観たことがない映像が広がる。

最初はお菓子がキラキラ降り注いで、子供たちがわーっと大喜びしたり、アイスで雪合戦したり、屋根のないレストランで皿の上に料理がポンポン落ちてきたリ、夢のような空間。

それが、落ち方とメニューが変わることで悪夢に変わる。
マスタードとミートソースがびちゃびちゃと街中にぶちまかれて、排せつをイメージさせる巨大ミートソースが降り注ぐ。
世界遺産が次々と巨大化した食べ物を浴びてグチャグチャにされる。

責任を取るために主人公が、機械を元に戻すためのメモリースティックを差し込みにいくというクライマックス。
スパゲティ竜巻の中、サイケデリックな色彩の中で意思をもったくまちゃんグミが無言で迫り、首のないチキンに包囲される。

これを見に来たガキに一生忘れられないトラウマ植え付けてやるぜ!という監督の叫びが聞こえる。

快活な美人お天気キャスターが、「ありのままの姿」である本来のダサいメガネオタクになる展開も(シュレックが先に似たことをやったこととはいえ)捻りがきいてて面白い。

不愉快にならないギリギリで止めた映像と、ストーリーの基本がしっかりしてるから、やりたい放題の部分も楽しめる。

この映画のヒットで、監督はもう一つの傑作「レゴムービー」に抜擢されるけど、あれは後半の展開は完璧だったものの、少々詰め込みすぎの気がした。個人的にはこっちの方が好き。

「スト5」感想。 子供時代、なぜスト2に食いついたのか?

SSCN0040.jpg
初昇格の瞬間!

スト5は面白い。面白いが勝てない。
最高の1戦を得るために5試合ぐらい同じような負け方でストレスをためることもある。

だけど凄いのは、このゲームがちゃんとスト2の魅力の原点に戻っているところ。

格闘ゲームをやって面白いと思った理由は、
「駆け引き」「コンボ」以前に
「変なキャラがいっぱいいる」ことだった。

SSCN0039.jpg

子供時代にスト2をやったことがある人は、ちゃんと思い出してほしい。
スト2のどこがよかった?
「ダルシムの腕が伸びるところ」でしょう!

あれだけ強烈なインパクトを残すやついないでしょ!
そこから、技を出して逆転勝ちした爽快感とか、相手の戦法にどう立ち向かうか、とか、もっと深い面白さに触れていったはず。

スト5で「原点に戻った」と感じたのはそういうことろで、基本的に全員「変なやつ」で、パンチひとつ出すにしても大げさに体をひねったり声を出したりする。
でかくて変な奴らが動くから楽しい。原点の原点。

SSCN0038.jpg

ストーリーモードは書下ろしのイラストで話が進んでいく。短くて難易度も低いのは、このモードが格キャラの自己紹介モードだからだ。こういうキャラですよ。こういう理由で戦ってますよ、と。

そこから、お気に入りのキャラと格ゲーライフに入るために、自分含めた初心者はちょっと苦労することになる。
リュウ、ケン、ケン、リュウ、ケン。
同じキャラに延々やられる毎日。
この期間を脱するのに、ある程度練習がいる。
思えば、スト2を初めてやったときも同じ技ばかり出す相手に勝てなかった。

「ブロフォース/カクタス/アクションヘンク」PS4ボートトゥプレイ3作ざっと感想。


PS4の会員向けサービス・ボートトゥプレイ。
3作のゲームから投票して、1位になったゲームが無料サービス。残り2つも後日割り引き販売されるというもの。

今回はなんだか垢抜けないというか、正直(わざとだけど)、なんだかだっさいゲームが揃ったなあと。

70年代風オモチャキャラのレース「アクションヘンク」
80年代アクション映画キャラの「ブロフォース」
90年代ジャパニメーションの影響を受けた「アサルトアンドロイド カクタス」

ブロフォースPV
投票ではブロフォースのPVがうけて圧勝だったけど、箱を開けてみると、ヘンクとカクタスは相当頑張ってた。

SSCN0029.jpg

カクタスは、「東方」大好きな(たぶん)オーストラリアの制作会社による全方位シューティング。
激しい弾幕を避けながら撃ちまくるゲームということは予想通りなんだけど、ガンガン変化しまくるステージと、何度ミスしてもバッテリーがなくならない限り死なないルールで投げ出さずに遊べる。
キャラクターも、強気娘とかメガネとか、一見日本アニメ風なんだけど、ちょっとはみ出した(マネできなかった?)個性があって新鮮。

SSCN0027.jpg

シイタケ。
オプションで大胆にゲーム性が変わって、特に主観視点で遊べるモードがあるのには驚き。


「アクションヘンク」は、古臭いオモチャが走る横スクロールレースゲーム。
SSCN0028.jpg

いや、第一印象は「なんだこりゃ」だけど、実際に見ると1周回ってオシャレな店に飾ってありそうな愛きょうがあるキャラクター。

段差のあるコースをばたばた走って、下り坂ではL2でお尻スライディング。×でジャンプ。基本それだけ。

なんだけど、
下り坂を滑ってガーッと加速してその勢いで上り坂も通り抜けるとか、
最低限のジャンプで段差を越えて下り坂で滑って加速とか。
無駄のないコース取りができたときの快感がある。

リトライも瞬時で、コンマ1秒を削るタイムアタックが熱い。キャラとは裏腹の繊細な操作が必要。面によってはワイヤーアクションもあって、きれいな放物線を描いてライバルを追い抜くのは最高に気持ちいい。

終盤ステージは難しすぎて爽快感に欠ける気がする。大きな段差を越えれず落ちまくった。
「ジャンプする直前にスライディングから普通の姿勢に戻ったほうがいい」
と知っていただけでだいぶ違う。ぜひご参考に。

今回はPVで圧倒的に面白そうだったブロフォースよりも、あとの2つが意地を見せた感じ。ゲームはやってみるまで分からないという、いい意味の裏切りだった。

15日ごろから本格的に復活!する予定!

大したことない細かい仕事と、大したことない体調不良と、遊ぶことと。
トータルで見て忙しいので更新できずにいます。

15日ごろに、気になる本やゲームがいろいろ出るので、それが僕の手に負えるものかによって、今後の予定が分岐していきます。作品のひとつは、「A子さんの恋人」2巻です。

買ったものを一人で楽しむか、感想もブログに書き殴るか、エキレビ!掲載に向けて書くか。

今後はエキレビ!レギュラーメンバーとしても活動できそうです。
レギュラーになっても何か変わるわけではないけど、
学生時代から知っていたプロライターやゲーム作家の皆さんと同じページにプロフィールが掲載されます。それがなんか嬉しくて。

これまでより人目にさらされることが多くなるので、プロフィールやアイコン画像をいったん整理しないと。
(うちのラクガキをアイコンに使ってもいいよっていう活動してる人を知りませんか? 男の人の絵を探してます。拍手やコメントで教えていただければ幸い)

今後の目標は、エキレビ!には一か月に2つぐらいのペースで投稿したい。
広く浅く再生数重視のやつと、ニッチでディープなやつと。
誰が買うのかわからない3DSダウンロードソフトとか、ゲームを知らないと意味がわからないようなディープな話題はブログで書いて…いつか、ゲームしたことのない人でもひきつける本当に価値のあるゲームレビューや、自分の一部になっている作家さんの魅力を伝える文章が書けるようになりたい。

ツイッターは更新方向程度で控えめにします。言いたいことは貯金しておいて、長文で発散する。

PS4の今月のダウンロードソフトが良かったこと、
「変なキャラが画面狭しと動く楽しさ」の原点に戻ったスト5を絶賛するレビューとか、いろいろ書きたい。
書きたいけど今はあえて寝る!ああ。

ザコシR-1優勝と、他に気になる動画

最近YOUTUBEでよく観ていたハリウッドザコシショウが「R-1ぐらんぷり決勝進出」ということで、
「エキレビ!」
に記事を書きました。こちらです。

いつもは何度も書きなおしして、ようやくいい感じにまとまった!と言えるころには1週間くらいかかってたんだけど、今回のは数時間。あっさり。
お笑いファンの多いエキレビ編集部の皆さまに、いいサムネまでプレゼントしていただいて。
(自分の文章に絵を添えてもらうのも人生で初)

サムネイラストは一時的に力を貸してくれる護符みたいなもので、記事の再生数のスタートダッシュもバン!と加速した。

再生数より内容が重要とは思ってるんだけど、そろそろスマッシュヒットをひとつ出しておきたいなあ、と思っていたところなので、本当に全て幸福な記事だった。書きたいと提案して良かった。

R-1当日は用事があって遅く帰ったら、その自分の記事がランキング再浮上してるんですよ。
まだ結果みてなかったけど、それだけで
「あ、さてはザコシ、やりやがったな」
他の理由で上がっただけかもしれないのに、なぜか優勝を確信して、やっぱりその通りだった。

バイきんぐが一夜でヒーローになったときのように、20年くすぶっていても、変わるときは一瞬。
奥様は双子を妊娠中ということで、本当にあの3分でうけるかうけないか、が人生を決めるかもしれなかった。

まだ読んでないかたは、チャーミングじろうちゃんのザコシと家族についてのマンガを読んでみよう
こちらから

ザコシは以前の白ブリーフからプロレスの黒いパンツに変えていたけど、ここはマジで大きい。
ブリーフで叫ぶ芸人はきわものだけど、レスラー姿で叫ぶのはOKだろう。
バラエティ番組などでもレスラーが何か叫んでいる絵はある。
長州力とか、蝶野とか、聞き取れないけど叫んだり、独特の動きをしたりする。それも「彼らの世界では意味があることなんだろう」とか、視聴者が受け入れている。

記憶を消して生放送でR-1を観たら笑っただろうなあ。もう遅い。
ネタは生もの。動画サイトでぶつ切りにされてコメントもついたのは、回転ずしでベタベタに他人が触ったあとのネタ。まずさもうまさも本来のとは別物。

すでに手の内を知られている芸人の、次の一手をどうするか、という面白さもあった。厚切りジェイソンは厳しいかな。
ゲーマーとしては「ジャパニーズピーポー!」より、
一二三、と書いたあとの
「パターンパターン!見えてきたよー!」
が気に入っている。

印象的だったのは、別番組で披露された
「悪魔に体を乗っ取られて、人間であるうちに殺してくれと志願する安村」

解説の中川家らが戸惑うんだけど、この演技力のいるネタが彼の本来のスタイルらしい。

女の嫌な部分を詰め込んださわわの歌も、要注目である。

「ハリウッドザコシショウR-1決勝進出!」記事を書かせていただきました!

エキレビ!さんに掲載されました!
ハリウッドザコシショウがR-1ぐらんぷり決勝進出!
この素材で、絶対的な閲覧数を持つ朝ドラに勝負を挑むという、戦車VS竹やりみたいな構図だ。下剋上だぜハンマーカンマー!

といっても今回の記事は、本人とイラストの力がすごいので、ぼくの文章はそれに添えた感じというか。
注意した点は、変にハードルを上げないように
「凄い」「面白い」というフレーズを消して、ひたすら馬鹿であると強調したぐらい。

あらびき団のザコシは本当に、ツボに入ったときは呼吸困難になるぐらい笑う。
特にトーマスと目玉おやじは、もう…。気になった人は検索してみよう。
↑