3DS「ブレイブリーセカンド」レビュー

正月セールで中古品1500円で売られていた3DSソフト
「ブレイブリーセカンド」

WVW69ix1MmYQ8su5h0.jpg


「あの日のRPGの面白さ、再び!」
が合言葉のゲームが増えてきた。

「あの日」っていつだ。
おそらくスーファミから初代PSあたり。
和製RPGの技術力が凄いことになっていた、FF5,6,7,ロマサガ、クロノトリガー、あたりかな。

今見ると、初代PSゲーは
「えええっ!こんなにショボかったっけ!?」
「戦闘に入るたびこんなにロード時間長かったのか!」
って、ムービーの美しさでかき消されちゃった欠点がしっかり見えてつらいんだけど、
それでも、かつて遊んだ世代が作り手に回って、厳しくなったゲーム業界で。
「俺たちの作りたかったものはこれだ!」
と出したこと自体がドラマだし、応援したくなった。

そんな思いを抱かせてくれる前作にくらべて、ブレイブリーセカンドは「おふざけ」に見えてしまうシーンが多い。
ジョジョネタ、秒速で死語になるネットスラング、世界の危機なのにパーティ同士で仲良くお弁当。お団子。温泉。
囚われのお姫様は敵の本丸の中で「栗ようかん」食ってました。

だけど、それらを吹き飛ばすくらい磨き上げられたシステム。
3DS最高レベルのグラフィックにも触れないわけにはいくまい。

WVW69i8Jytgq9Xn3lB.jpg


昔のドラクエなんかだと
「味方の攻撃」「敵の攻撃」
を交互に繰り返したけど、本作では「ブレイブ」で次のターンの行動権利を前借り。
1度に2回攻撃する変わり、仕留めそこなえば次のターンで無防備になる。
逆に「デフォルト」で行動権利をためておいて、ここぞというときに一気に攻撃や回復をまとめて行える。

戦闘不能の仲間は、懐かしの「フェニックスのお」で復活。
けど、復活してもすぐまたやられるかもしれない。
「ブレイブ」を使えば
「フェニックスのお」「ハイポーション」「かばう」などの連続行動できっちり回復できる。
敵に「こいつを攻撃しないでくれー」と祈るだけじゃなくて、戦略的に戦える。

「敵を何回1ターンで倒したか」を競う連続チャレンジもよくできてる。
ザコ敵が次々と出てくるんだけど、みんなでブレイブして一方的に攻撃したら次のターンに誰も行動できないから、
ちゃんと弱点を突いて、次の敵も連続で来るので攻撃力のある誰かが次のターンにすぐ動けるようにしておいて…
とかやりながら勝って、経験値が倍加されていく。

WVW69i5SeTMS7VTBpt.jpg

ユニークなところでは、クッキーメーカー的なミニゲームとBGM視聴モードが合体している。
音楽を聴きながらぬいぐるみ作りのバイトをするもので、なんでこのゲームのノリはここまでゆるいんだろうと苦悩したけど、意外にダラダラ遊んでしまうから侮れない。

街もダンジョンも美しく、立体視も自然。
召喚獣なんか、3DSってここまでできるんだ!って美しさ。
ロード時間なしで古びたフィルムのような映像になり、戦闘機のシルエットが現れたと思ったら鳥に変化して攻撃! 美しい。
出会った敵のイラストと膨大なコメント、本体スリープモードにして基地成長やすれ違い要素による「並行世界の勇者召喚」。
至れり尽くせり。

スーファミやPSのRPGを再び!どころか、ここまで進化したかと驚けるぐらいのシステムと絶妙の難易度。
叩こうと思えばいくらでも叩けるようなゲームだけど、評価できるところは評価されてほしい。

「このハードでここまでできるんだ」
という、スクウェアが「あの日」に与えてくれた驚きをもう一度味わえるゲームだから。



レビューに点をつけるのは怖い

このブログテンプレ良すぎだろ!
鳥とふくろうが好きな自分のために作られたようだ。

ふくろう様を飼うことは、けっこうな資金と、マウスをさばく度胸を持った一部のフクロウエリートにしか許されないことなので、僕はせいぜい動画サイトで見るしかできない。
さすが森の賢者。


スト5対戦熱い。
気に入ったマイキャラが一人できてからが熱い。ララさんが熱い。新キャラ同士の戦いになるとバシッと目が覚める。
一歩的にボコボコ攻撃当てて、
「あれ?もしかして初心者いじめみたいになってる?」
と気を緩めた瞬間、一気に盛り返されて焦ってコマンドミスってぺったんこに逆転負けした。目が覚める。

スト4を初めてやった日に比べると、あの次から次へと対戦を申し込まれる感じはないんだけど、静かな盛り上がりを感じる。
みんなで一斉に初めて、動かす楽しさを味わいながら、次の追加要素も待つ。
スプラトゥーンの盛り上がりを体験できるのは実はこのゲームだった。


前回の「エキレビ!」の名探偵ピカチュウレビューはしくじった。
もたもたプレイしてレビュー書き直しているうちに完全に旬を逃してしまったこと。
それも、今ならまたポケモン20周年で盛り上がっているのに、その直前の一番落ち着いた時期に掲載されてしまった。

それと、レビューを書くために何度もやりなおすと、
本よりもゲームの方が苦痛に転じるのが早い気がした。

本の場合は繰り返し読むほど発見があるけど、ゲームの場合は印象的なシーンを確認するために移動する必要がある。
しかも、言葉だけで説明すると、印象的なシーンもさほど伝わらなかったり。

ファミ通のクロスレビューなんて、よくあれやってゲームが嫌いにならないもんだと思った。
会社の存続がかかったような大作に低い点つけれるわけないし、
面白いと感じて素直に書いてもステマ扱いされるし。八方ふさがりですよ。地獄だ地獄。

作品レビューを書いたり読んだりするのは楽しいけど、得点や★の数で評価するのは難しい。
「俺は話題作をズバッと斬る辛口レビュアー!」
気取りができるならいいんですけど、まず点をつけるって行為自体が「偉そう」と思われがち。
自分には怖くてできない。

海外版ビフォーアフター「スクリーン・マシーン」1話感想


TSUTAYAやPS4で配信されたばかりの海外バラエティ
「スクリーンマシーン」(2015 英)
凄腕オタクメカニック集団が、映画に出てくる車を実際に作ってしまうという番組だ!


第一話は、「スカーフェイス」に出演していたコメディアンからの、劇中に登場したキャデラックを作ってほしいという依頼。

巨大で、内装が全てトラの毛皮柄という、一度観たら忘れられない超インパクトカーを、限られた期間で仕上げることはできるのか!

登場するメンバー連中も映画っぽくて、
強面だが奥さんに頭が上がらないボスとか、色の感覚には絶対の自信を持つキャラとか、繊細で完璧主義なやつとか。

彼らの仕事っぷりなんだけど、
ボロボロの廃車寸前キャデラックを見つけて交渉してから、なんとかレストアできそうな手ごたえが出てきた時点で、ボスは部下を連れてひとっ走り。

射撃場に行って、荒野に置かれたスイカとかをバーン!パアーン!ガガガガガ!ヒャッホー!
みんなで銃を撃ちまくる!

仕事が終わったあとにカラオケとか、本当は面倒なのに付き合いで忘年会とか、そんなんじゃだめだ!
「スカーフェイス」はギャング映画なんだから、銃を撃ちまくってギャング気分になってから仕事をするべき、というボスの判断だったのだ!

さて、マシンガンも撃ち尽くしたことだし仕事しようか、
とガレージに戻ったメンバーだが、ここで思いもしなかった事態に直面する。
ボスの奥さんが「なんで私も連れて行ってくれないの!」と怒りだした上に、締め切りまでわずかなのに射撃場で1日つぶれてしまったのだ!なんてことだ!

そこから色を決めたり、エンジンを動かしたりして着々と車を完成させ、お互いに粋なプレゼントをして終了。

仕事はちゃんとできる人だった。しかし楽しそうに働くメンバーを見ているだけでなかなか気持ち良かった。


だけど、ボスが普段乗っている車が「バックトゥザフューチャー」のデロリアンだから、どんな依頼が来てもインパクトで負けてる。

ストⅤで変わったのは、かりんの顔よりキャミイの脚

PC版もあるせいか、日本以外のアジア制との闘いが多い。

ただステータスに国旗を表示するだけなので、やりたければどの国籍でも偽れるんだけど、自分としては世界中のライバルたちと戦っている気分でいる。

DSCN0019.jpg

強いわ速いわかっこいいわでよく出てくるキャミイ。
勝利ポーズのときに、ほっそりしていた脚がバキバキに仕上がっているのがわかる。
それも、触ったら弾力がありそうな春麗の脚とはまた違う鍛え方。
女性ボディビルダーのような、他の競技の人とは違う脚にまで削ってある。

ザンギエフは人間からほとんどロボに近づいた。
今回はダブルラリアットを逆に回転して相手を吸引する技が使えるんだけど、もうそれはロックマン2に出てくるエアーマンと同じ技だ。
今回のこいつ、完全にロボだよな…?
エアーマンの技を使っていいのはロックマンだけなのに、お前がラーニングしてどうする。

昔は、ゲームの中に住んでる女のひとは、まばたきや口パクをするぐらいだった。
だんだん髪や胸が動くことをアピールしはじめ、
最近では足の筋肉の質感の違いにまでこだわり始めた。

ストⅤのキャラクターは製作者のほとばしるフェティシズムみたいなものが凄くて、簡単にキャラを追加してほしくない。
昔のキャラを取りあえず投入したり、色違いみたいなのを増やすよりも、一人一人じっくり、フェチ心がひたひたに詰まったキャラクター造形を見てみたい。

「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」レビューが掲載されました!

エキレビ!さんに書かせていただきました。
ああ…やっぱり読むときはあっという間だあ!

エキレビ!は書籍レビューと番組レビューがほとんどで、ゲームと音楽についてはランキングに上がってこない。それ以前に誰も書いてないから、何か挑戦してみたいと思ったんです。

ピカチュウの変化以外はあまり書かれてないし、ジャンルが変わったことで重要性の増したミノムッチで書きたいと。
行ける気がすると。
そこから2,3歩踏み出したところですかね…「セーブデータ1つでオートセーブ」という落とし穴の深さを知ったのは。
「名探偵ピカチュウ」よろしくお願いします。


クレイジージャーニーのDVDを買う。

スト5は1勝できました。1日でこんなに世界中の人から殴られたのは初めてだ。

クレイジージャーニーのDVDも買いました。男らしい並びだね。
SSCN0010.jpg

「エキレビ!」でこの番組関連のことを書いて、人生で初めて文章を書いてお金をもらうという経験をして、それを還元したような。そんな感じです。
文章が伝わらないのは論外な上に閲覧数が少なくても失格という、これまでより一段厳しいフィールドでしたが、何とか閲覧数も合格ラインのようです!
ありがとうございます!

その後に書いた「暗闇ダンス」はちょい厳しめ。
何か書きたいものがあったら自分から手を挙げる方式なので、書くなとは言われないけど、力量不足を感じる結果に。

キラー7や、花と太陽と雨との関連性もあったようです。気付けなった。キャラは覚えてるけど須田作品の人名は覚えてないなあ。

そんなこんなで買ったDVD.
テレビ番組のDVDを買うのは「爆笑問題のススメ」以来だからもう何年振りか…
観たことある人は絶対忘れられない「洞窟の人」収録ですよ。
その後のアラスカの絶景とか世界の廃墟の凄さが薄れるぐらいものすごい意味のわからなさなんですよ!洞窟の回!

神秘的な美しい洞窟内の写真が出たあとに、
本当にちっちゃい穴に頭からもぞもぞ、虫みたいに入り込んでいく人のVTRを観たときの、
あの出演者一同の「なんか違う」ってリアクションに絶対笑ってしまう。

詰まって死にかけたとか、水がひたひたで先が行き止まりかもしれない穴に入って死にかけたとか、そんなエピソードばっかり話したあとに、
「こんな楽しいこと、なんでみんなやらないんだろう」
って衝撃の一言が出ますからね。誰もやりたがらない理由はさんざん自分で説明されたじゃないですか!

スト5購入!

SSCN0017.jpg


何年ぶりかは知らんがシリーズ完全新作のストリートファイター5買ってきて、壮絶な負け、負け、負けを重ね、1ラウンド取ってようやく光が見えたかと思いきや負けという泥沼にはまりつつ、まだ負けるうううう!

心の中の俺が語り掛ける。
最初はリュウ使おうよ。使いやすいし勝てるし、さっきから初心者はみんな使ってるよと。

ボタンを押す俺が答える。
完全新作で、異形の連中が次々集まっているのに、おなじみのキャラを使うのか?
一体何のために完全新作を発売日に買ってきてんだと。

だから俺は誰も使ってないこいつを選ぶぜーー!
ってレインボーミカ完敗!
すいません、ミカとファンとバルログは今の自分には無理っす。なんでミカこんなキャラなのにテクニカルなんだよ!

とりあえずフリーマッチではかろうじて勝てたけど、まだ真剣勝負のランクマッチでは1勝もしてない。あと、一撃が届かない。
まだみんな手探りらしく、ダルシムの新技で地面を焼いて、ジワジワダメージを食らってるのに気づいてから露骨に焦った動きをする人がいて面白い。
その後ぼっこぼこにされたから向こうも面白いと思ってくれているだろう。満足だ。


数少ない欠点としては、今のところ振動機能に対応してない?
まだまだ「ショップ」なんか準備中だし、ストーリーモードではまだ使えないキャラがチラホラ見える。

次なる挑戦者の乱入が告げられる。
俺もこの世界では挑戦者の一人だ。

バッジとれ~るセンターで紹介せいていただくも、バイト先輩に間違ったコメントをさせてしまう大失態!

ワイは…デコリストとして失格や…!
先輩に方向性の違うツッコミをさせてしまった…!


3DS「バッジとれ~るセンター」では、ホーム画面を飾って投稿すれば、バイトのウサギがコメントをつけてくれます。


今回はサンリオが提供してくれたキャラと土管でこんな感じ。
WVW69iu-3lMwwrhE46.jpg

WVW69i2lsVcQpcs_bu.jpg

アザラシが縦のパイプを登っていく、有名な水族館を再現しているというのも伝わっている。
「北海道にある水族館ッスね?ジブンも行ったことあるっスよ!」
デコりかただけで意思が通じる。これぞ一流デコリス…



ち、違う! そのコメントは間違っている!



お気づきだろうか。

WVW69iu-3lMwwrhE46.jpg

アザラシを見ている左側のキャラはサンリオの「はんぎょどん」なのだ。

だから、ツッコミとして正しいのは
「むしろこっちが展示される側っス!」なのだ。


それを…俺はあまりにもさりげなく、はんぎょどんを配置してしまったために、バイト先輩のツッコミをつぶしてしまい、
そればかりか、毎日バイトで北海道なんか絶対行ったことない先輩に
「自分も行ったことがある」
などと気を使わせてしまったのだ!!

なんという失態。
はんぎょどんの後ろに、つかまえる動きをしているキャラを配置すれば、
「展示される側になっちゃうッス!」
というおもしろコメントも引き出せただろうに。



バイト先輩…どうやら俺、一流デコリストへの道はまだ遠いみたいです…。





おまけ
「5円で売ってくれ」


WVW69iyQ-MgyfGHFl4.jpg

須田剛一×竹谷州史の漫画「暗闇ダンス」レビューが掲載されました!

こちらです!

エキレビ!「暗闇ダンス」レビュー
本当は掲載直後に拡散しないといけないんだけど、眠りの世界へ落ちてしまいました。


WVW69i2swXAe2C7eOo.jpg
ピカチュウ先生も納得!




先月初めてエキレビ!でクレイジージャーニーについて書かせていただいて、なかなか苦労したんだけど…
喉元すぎれば熱さ忘れる感じで、普段より多い反響や関係者の方に読まれた喜びですっかり喉元が熱くなるのを忘れちまって、すぐに次のレビューを書きたくなったんです。

しかも今回は、作品チョイスから、見出し文、どこを太字にするかのチョイスも自分で!
なんか、ライターって感じがする!

…そしたら一週間ぐらいかかってしまった。

「一週間もかけてあの1ページだけ?」
と思われそうだけど、普段の生活があって、寝る前についネットを見たりするムダな時間をレビュー書きにあてたんです。
1週間ぶっ通しで書いたわけじゃなりません。

気に入ったマンガだったから助かった!
もし仕事から帰って疲れた状態で、つまらない作品のレビューを延々と書いて直して…が続いたら心が折れる!


ライムスター宇多丸の映画レビューってご存知ですか。
ラジオで映画一本30分で語るために、原作関連本も全部読んで原稿作って生で喋るやつ。
あれが、初期はわざとつまらない作品をけなしまくって話題になったけど、最近は話題作の真っ当なレビューが多くて。

「実写化作品をボロボロにけなすのが面白いのに」
「宇多丸は業界の圧力に屈して、悪口言わなくなった」
なんて声もあるらしいんですよ。

それは怒られるからじゃなくて、「そうしないと無理」なんじゃないか。

嫌いな映画をわざわざ繰り返し観て、悪い点をピックアップして叩く。
それが楽しいときもあるけど、延々とそんなことをしていると、映画に対する姿勢が歪んでしまう。





「最近の須田ゲーはちょっと…」
と、思っていたのに新作が出ればやっぱり気になる。
ゲーム好きにとって須田剛一という人物は厄介で、失望しても期待することを止められない。
これって・・・恋?

そんな方に、ちょっと昔の須田の切れ味再び。

2月3日のPSプラス情報!「3本の内1本は無料提供!vote to play」再び!


プレイステーション4の月額会員向けセール情報!
2月3日はQ-GAMES最高傑作のノムノムギャラクシーと、前回非常に楽しかった「ボートトゥプレイ」が再び!

これすごい好き。3本の候補作のPVを見て、みんなで投票して一番人気の作品は後日無料で配信され、ほかの2本も割引価格で提供されるというもの。


エントリーナンバー1!
「アクションヘンク」

子供部屋のようなセットのレースゲーム。ソニックの影響もあるけどもっと頭の悪さを全面に出してある。海外ではすでに発売済みで、なかなかの高評価のようだ。


エントリーナンバートゥー!
「アサルトアンドロイドカクタス」

だいぶ古いトレイラーが出てきた。
見おろし型弾幕シューティングで一人プレイかローカル協力プレイのみ。この手のジャンルをコンシューマ機の大画面でプレイできるのも貴重だし、ちょっとやってみたい気はする。


エントリーナンバー3!
「ブロフォース」

あ、もう決まっちゃったかなあ。これは決まりかなあ。
コマンドー、特攻野郎Aチーム、ターミネーター、マトリックス、キルビル、ランボー、マクガイバー、エイリアン…

アクション映画の主人公をモデルにしたキャラクターたちが活躍する2Dアクション。プレイ中のゲーム画面はかなり地味に見えるけど、このPVが流れた瞬間にもう勝負がついたような気がする。
これも海外先行配信だけど評価も高いし、仮に低くてもそれはそれで見てみたい。
↑