2013年3月の出費と気になるもの。そして拍手100ありがとう!

今月の趣味にかけた出費。

まずは3DSダウンロードゲーム。
3月6日「ハッピーオーシャン」500円 なぜか多くの再生と拍手をいただいた熱帯魚観賞ゲーム
3月13日「怪獣が出る金曜日」800円 ギルド02、始動!快作。
3月19日「虫けら戦車」と「PSプラス」入会。計1300円
3月27日「宇宙船ダムレイ号」800円 
3月28日「砕魂~さいたま~」800円 さっき全クリア。絶賛する方向でレビュー書きます。

車のバッテリーが上がる 5800円
吉木りさのDVD 1200円

石黒正数「木曜日のフルット」2冊で840円

ダウンロード祭りだった。「それ町」を読み返してから石黒正数先生ブームが到来。なんでこんなにこの人のマンガは全てが自分にとって「ちょうどいい」温度で、女の子たちや動物は魅力的なんだろう。
なんで女子高生がメイドでパンチラとかしてるのに品の良さを感じるんだろう。
マンガ雑誌をチェックする習慣がないんだけど、人生で初めて少年チャンピオン買ってみようかな。

今度読みたい本


買おうと思っている物






最近、アクセス数が上がってきたような気がする。
何と言ってもハッピーオーシャンの反応が大きくてビックリだった。
みんながやってることをそこそこのクオリティで書くより、未熟でもオンリーワンの方が価値があるということがよくわかった。

明日はエイプリルフールネタとか皆やるのかな。
突飛なネタに逃げるより、ちゃんと嘘をつくブログのほうが凄いと思う。
うちは毎月1日はガールズモードの日にしようかな。

4月から新生活の方は頑張ってください。
嫌なやつとクラスメイトになった場合は、嫌なやつの過去を想像してみましょう。
嫌なやつになるしかなかった悲惨な環境を背負っていたりして、意外に許せるもんです。

砕魂~さいたま~ ファーストインプレッション

DSCF0359 (500x320)


3DSダウンロードソフト「砕弾~さいたま~」というゲームを買ってみた。800円。
間違えた。砕魂でした。
海外ではすでに去年発売されていて、評判も良いというのは知ってたんだけど、これがメッチャ難しい。

YOUTUBEの海外版プロモーション動画

プレイ動画を観ると雰囲気はすぐわかる。
よくある未来的世界観のアクションゲームだけど、上下2画面が同時に進行するようになっていて、
主人公はジャンプ・ショットの他にLRボタンで実体を移動させることができる。
実体のないほうの画面は攻撃を受けない代わりに、リフトやハシゴを利用できないので状況に応じて上下画面を行き来してクリアしないといけない。

これが自称アクションゲーム上級者の鼻っ柱を砕く高難易度。
普通のゲームだと
「二段ジャンプで、動く足場に飛び乗る」
のでOKだったのが、このゲームだと
「上画面のキャラで移動して、二段ジャンプした直後に下画面に視線を動かして足場を確認して、下画面にしかない動く足場の真上でLRを押す」
という動作を要求される。
基本問題をすっ飛ばして応用問題を解けと言われた感じだ。

これが今までのアクションゲームでなかった感覚で、全く対応できない。
ジャンプすると、ついそのキャラに集中してしまうから、下画面に意識が向かない。
極めつけに、上画面にだけ風がふいていて「上にいるときだけ前に進みづらい中で強制スクロール面」とか、更なる応用問題も出てくる。

そのぶん、上下に移動して難所を突破した快感は凄い。演出は地味だけど機数無制限でリトライ快適、クリアタイムを世界のプレイヤーとオンラインで競う要素もある。

DSCF0357 (361x500)
上画面は水中で、動きは鈍いけど大ジャンプ可能。
下画面にある足場は乗るとすぐに消えてしまう。

ストーリーモードをクリアすると、さらに難しいエクストラステージ全6面が解放されていくんだけど、
エクストラステージ3つ目「動揺+(どうようプラス)」にして、クリアしてネットに繋いだ人が世界で18人しかいない。さっきやってみたけど、開始10秒で落下死した。

アクションゲームの山場だけをぎゅっと凝縮したような構成、
硬派で無駄のない演出、
誰にでもおすすめできるわけじゃないけど、800円ならアクション好きは挑戦してみてもいいと思う。
子供のころにロックマンで味わった、頭をかきむしりたくなるような難易度!落下死に次ぐ落下死!もう一度味わってみましょう。

DSCF0351 (500x399)
容量が大きいのも特徴。なかなか遊べなくて「さいたま遠いな…」と思ってしまった。
しかも隣にある宇宙船ダムレイ号を間違って起動させてしまった。もうダムレイは勘弁してください。

飯野賢治追悼作品みたいな「宇宙船ダムレイ号」を最後に、「ギルド」7作品クリアーレビュー!

「宇宙船ダムレイ号」3時間でクリアー。
完全なネタバレはしない範囲で感想書きます。


プレイ前の宣伝でハードル上げすぎじゃないでしょうか。
何で「驚愕の真実とは!」って凄いオチが待ってるみたいに宣伝しちゃうの!
どっちかというとプレイ感覚も懐かしいし、ホラー要素はちょっとしたビックリ系だし、オチは想像通りだし、特典は反応に困るし、音楽無いし…。


いや待てよ、僕自身が大人になってしまったからそう感じるのかもしれないな。
もし中学生のころの、この手のゲームが初めての自分だったらダムレイ号を神ゲーと認定していたかもしれない。
何だかんだ言っても、グラフィックは結構良かったし、行動範囲が広くなっていくのは面白かったわけだし…。子供の反応はちょっと気になる。

自分は、このゲームを楽しむには大人になりすぎた。
「惑星で採取した異星人が船内で暴れだして乗員が次々と犠牲になっていく」
ってストーリーだけで
「またそういう話かよ!」
って思った。この設定は定番なんでしょうか。
クラス1の優等生がなぜか自分にだけ好意を持ってくれる…みたいな「お約束」なんでしょうか。

一昔前のアドベンチャーゲームが好きな人なら、「そうそう、この感じこの感じ」って楽しめるかも。船内の孤独感とかね。


さて。

これでギルドシリーズ7作品全部クリアーです。
売り上げでは苦戦したかもしれないけど、それぞれクリエイターの味が出ていて面白かったー。
ただ、GUILD02が、プレイ中は楽しいけど繰り返しプレイには向いてない内容ばかりだったので、パッケージを諦めてダウンロード販売だけにしたのも分かる気がする。

7作品ほとんど出来の良さに差は無いんだけど、これから買う方もいるだろうし、あえて個人的にお気に入り順位と一言感想を書きます。


1位「レンタル武器屋deオマッセ」
オリジナリティと、ゲームへの愛情が伝わってくる良作。
製作者が芸人だから許される(?)衝撃のオチとノリのいいBGMも好き。

2位「エアロポーター」
空港で荷物の仕分けをするゲーム。単純なパズルだけにとどまらず、爆弾で機械が故障したら直るまでギルド01の他のゲームでもやってください、と放りだされるなど、変な味もある。単純にスコアアタックだけをさせてくれたら最高だった。

3位「怪獣の出る金曜日」
やりこみ要素は蛇足だった気がするけど、豊かなグラフィックと効果音、ちょっと想像の余地を残した終わり方、ナレーションの存在感など素晴らしい。道に落ちてる物を調べたときに反応がほしかった。

4位「虫けら戦車」
趣味の悪いゲームだけど、個人的には嫌いじゃない(笑)
「ワシの作りたいように作っただけや!悪いか!」という稲船さんの笑い声が聞こえてきそう。

5位「クリムゾンシュラウド」
恐るべき難易度。キャラクターがボードゲームのコマのようになっていて、独特の雰囲気を作りながら製作の手間を省いてある。周回プレイ対応。

6位「宇宙船ダムレイ号」
オチとオマケシナリオが気に入らなかったのでプレイ後の感覚は悪いけど、人によってはこういうの大好き!という人もいるだろう。

7位「解放少女」
アニメやボーカル付きのBGMで盛り上がるし、楽しくなかったわけじゃないんだけど、これを本気で作りたかったのかなあ、と不完全燃焼な気持ちになってしまった。


実際は1~3位はほぼ同率です。全く別の評価になる人もいるだろうし、
ぜひぜひ、興味があれば買って遊んでほしい。
実は、PSVITAが値下げされたとき、3DSも手放してVITA買っちゃおうかなとも思ったけど、ギルドシリーズが楽しみなので3DSを手放しませんでした。
03の発売を心から願っております。こんなマニアしか喜ばない上に面倒な企画を通したレベルファイブと、粗削りだけど味のあるゲームを作ったクリエイターさんたちに敬礼!

10年聴けるアルバム、キリンジ「Ten」



キリンジ「Ten」届く。

1曲目の「きもだめし」から

桜の木の下に埋もれてみるか
君の美貌が吸われてゆくよ


ずいぶん楽しげに怪しげなことを歌いだすので、嬉しくなってくる。
ポジティブな曲はあえてシンプルに。ネガティブな要素は控えめに。17年活動してきたキリンジというデュオの、ひとつの区切りとなる作品です。
このアルバムからは兄弟はバラバラで音楽活動をやっていくそうです。

そんな重要な時期でありながら、皆さんこれまでありがとう的なアルバムではなく、心地よく何度も聴ける作品をさらっと提供してくれました。
実はシングルカットされた曲だけを聴けば前作、前前作はもっとすごかったんだけど、アルバム単位で聴くと疲れてしまうことがあった。
こんどは、一口目はあっさりしていながら、歌詞を読めばまた違う味が出てくる。いいアルバム。

スペシャルサイトこちらから「ナイーヴな人々」のPV観れます。
ずいぶんあっさりしてるけど、飽きはこなさそうでしょ?

ギルドシリーズ7作目「宇宙船ダムレイ号」発進!

DSCF0347 (500x318)

タイトル以外のほとんどが謎に包まれていた「宇宙船ダムレイ号」が800円で今日から配信開始!
ゲームは宇宙船の船内で始まる。
自分は誰なのか、なぜここにいるのか、といった情報が一切無い状態で始まって、手さぐりで進めていくのが特徴だ。
どうやら主人公はコールドスリープから目覚めたばかりで、遠隔操作でロボットを操作して船内を探索していくようだ。

注意することは、
「ホラー要素がちょっとだけある。中一程度の英語力はあった方がいい。常に音楽の聞こえる状態でプレイすること」

これまで宇宙船が出てくるゲームといったら、「エネミーゼロ」「ライブアライブ」「ポリスノーツ」とか…そのあたりしか思い出せないんだけど、ダムレイ号も似た雰囲気で、やっぱりIDカードで入れる部屋が増えたり、船内にエイリアンっぽいものが侵入した形跡がある。

DSCF0346.jpg


画面写真をバンバン貼り付けたほうが興味は惹かれるんだろうけど…ぶっちゃけ画面写真で「面白そう!」って思う人はいないだろうな。渋いというか硬派というか。
ちょっと昔の不親切なアドベンチャーゲームで遊んでいるみたい。
十代のゲーマーなら、「宇宙船を舞台にした脱出ゲームみたいなもんか」って思うかもしれないな。

「今どき流行らないタイプのゲーム」が今後どのような展開を見せるのか、プレイを続けていきたい。



この手のSFゲームで一番オススメなのは、なんといってもポリスノーツ!!
メタルギアソリッドですっかり有名になった小島カントクの作品。
自分にとって初めて「映画っぽい!」と思ったゲームなので思い入れも深い。

基本は画面の気になるところをクリックして調べていくスタイルだけど、合間にアニメがあったり、ガンアクション、ちょっとのお色気、ちょっとのホラーが挟まって飽きさせない。
メタルギアソリッドからの小島秀夫しか知らない人はぜひプレイしてほしい。

ハッピーオーシャンプレイ日記 愛と涙の最終回!!

それでは、ニンテンドー3DSで500円で配信されている、「ハッピーオーシャン」というゲームの更新日記最終回です。
ひたすら長くて何の起伏もないゲームでしたが、こうして最終回となると、名残惜しく…はないし、今までの展開が走馬灯のようによみがえって…来ないです。

最終回「芸能海域」
芸能界をモチーフにした海域で、海外のアイドルグループの解散騒ぎと、応援するファンの魚たちを見守りましょう。海中の話で海外というのがよくわかりませんが、深く考えてはいけません。このゲームについて深く考えるのは非常に危険です。

やることは、3匹の魚によるアイドルグループ「2 FISH」のメンバーたちに何度も何度も話しかけるだけです。3匹なのにそのグループ名?とか考えてはいけません。このゲームについて深く考えるのは…

そのうち
「あなた、何度も馴れ馴れしく話しかけてくるけど、私の好きなもの知ってる?」
とクイズを出してくるので、総当たりで答えを見つけましょう。
これを気が遠くなるくらい繰り返します。
ちょうどプレイした日は休みで雨だったので、ネットの番組観ながらずーっとやってました。

DSCF0330 (500x418)

魚たちの好感度が上がったら、今度はファンの魚たちの好感度を上げましょう。
オバハン魚たちの好みを1時間くらい延々とあてるクイズが続きます。
たまにイレギュラーで選択肢を変えてきますが、間違うと大幅に好感度ダウンなので注意。

DSCF0307 (500x366)
もう魚の名前にも突っ込みません

で、解散寸前のアイドル魚たちはファンの応援でもう一度頑張ることに決めたという、捻りも何にもない展開のまま終わります。
製作者も名前を出したくなかったのかスタッフロールなどはありませんでした。

DSCF0328 (500x360)
終わった……。

トータルプレイ時間12時間…。
なんだろう、どんなくだらないことでも楽しみを見出し、どんな休日の潰し方をしても後悔することのない自分に、かつてない脱力感と空しさがッ!!
もうちょっと何か、どんなに下らなくてもいいから、作り手が面白いと思っているセリフとか表示して下さい!
僕の声は、ただただ仄暗い海の底に消えていくのでした。

はあ~、3D空間で海中を覗きたい、魚が好き、というだけで手を出したらとんでもない目にあった…

いかんいかん!何か楽しいことを見つけないと、ちょっと本気で憂鬱になってきた!
ほらほら、自分! もう春だよ。凍えなくてすむよ。手をのばせば音楽もお菓子も本も、何でもあるよ!

そして、もう宿題みたいにハッピーオーシャンやらなくていいよ!!
ばんざーい!やっほーう!!ハッピーだ!!
そうか、ハッピーというのはこの瞬間のようなことを言うのか。
このゲームが12時間かけて伝えたかったハッピーの意味を遂に理解したよ!
はいっ!無理やりテンション高めて終了!読んでいただいてありがとうございました!

虫けら戦車の多人数モードで参加者を募っていたらローカルプレイ専用だったことが判明

いやー…こんな間抜けなことがありますか。長いゲーム人生でもこのミスは初めてだ。
時代に取り残された老ゲーマーかよ。

通信ミッションってあれ、身内で3DS持ち寄って遊ぶ専用のモードだったんだ!?
ネットで共闘するんだと思いこんでて、誰もいない部屋で参加者を募集したまま放置してた!
そりゃ誰も「参加します」って言ってこないよ!
いたら恐怖現象だよ。3DS持った現代風の幽霊だよ。

いやあ…阿呆すぎる。こんなこと初めてだ。
説明書読まないと、こんな愉快なことが起きるんですね。普通は起きないけど。

もう一つ説明書には、
「虫に気付かれないように弾を撃たずにいることができる」という記述もある。
スニーキング要素ってあったっけ。

ハッピーオーシャンプレイ日記 地獄の学園編

このところ面白いゲーム続きだったんで、ついハッピーオーシャンの存在を忘れていた。
虫けら戦車やってるときも、何かやり残したことがあるような気がしてたんだよ。

そんな8月最後の日の読書感想文みたいなゲーム、ハッピーオーシャン。
歩数計か地味なミニゲームで稼いだポイントでひたすら魚に貢ぐゲームもついに佳境に入り、今回は「学園編」。



まあ、これまでの展開から言って、学園といっても魚の数はすごく少ないんでしょ?









DSCF0300 (500x304)
魚多いなオイ!!

しかも水球が流行ってるって、これまで全く水中っぽい要素が無かったから無理やりぶちこんで来やがった。
それじゃあ、学園というからには、スポーツ少年っぽい魚とか、委員長っぽい魚とか、先生っぽい魚とかがいるのかな。
そして彼らがテストや恋愛のことで悩んでいるのを解決してあげるという展開だろう。

さて…最初の魚さんは…




DSCF0313 (500x330)
え、またタツノオトシゴかよ!



DSCF0312 (500x375)
俺にも状況が理解できないよ!

学園関係無い、
いきなり出てきた大海合戦って言葉がわからない、
魚で陰陽師っていう意味がわからない。

わからないことばかりでどうにかなりそうだが、これがハッピーオーシャンなんだ。
ちなみにこのキャラ、ストーリーを進める上で完全に無視してもかまわなかったので、結局何だったのか分からずじまい。
本編のストーリーも…何か図書委員の魚がどーたらこーたらという内容だった気がするんだけど、
1日経ったら本当に、完全に忘れてしまった。

まあいいんです。
ストーリーを忘れても、ナビ役の長老に聞けば、
「あの魚の有効度をあと24上げたほうがいいじゃろう」
と、具体的にアドバイスしてくれるので。

次回、「ハッピーオーシャン」衝撃と感動のクライマックス!!
「芸能海域編」をお楽しみに。

「虫けら戦車」クリア! みんなが気になってそうなことに勝手に答えます。

GUILD02「虫けら戦車」クリア!
それも、全てAランク以上のクリア!勲章ももらったぞ。
攻略法は、難易度をイージーにしてキングタイガーという戦車をどっかで見つけること。

難易度ノーマル以上だと妙に難しくて、最初の戦車を選び間違えるとその時点でほぼクリア不可能に思えることまであった。ハードでクリアするにはどんな動きをすればいいのか、一度スタッフの模範演技を見てみたい。オンラインプレイはまだ1回もできてません。一度人を集めてやってみようかな…。

では、前回の更新で多少アクセス数が上がったので、これは虫けら戦車を買おうかどうしようか迷っている人が多いのだと解釈してよろしいのでしょうか。
では、迷っている人の背中を押したいので、買う前にひっかかってそうな悩みに勝手に答えていきましょう。


悩み
「虫が苦手なんだけど大丈夫?」
回答
「虫ごときで脅えるとは、貴様それでもドイツ兵か! タイトルロゴのアリの集合を見て悲鳴を上げない人なら大丈夫。クモやカマキリなど、強敵のほうが見た目の嫌悪感は少ないんだよ。」


悩み
「率直に、アクションゲームとして面白い?」
回答
「シンプルシリーズみたいな、粗削りなところも愛せるなら楽しめる。完成度の高いゲームだけ遊びたいなら、レネゲードかソウルサクリファイスでいいんじゃないか。」


悩み
「ゴキブリ出る?」
回答
「出ない。少なくとも一人プレイでは。」


悩み
「今後のギルドシリーズに期待はできそう?」
回答
「もちろん。01のアンケートで、参加してほしいクリエイターに飯野賢治と書いたのが、実現できなくなったのは悲しいけどな。」

GUILD02「虫けら戦車」ファーストレビュー!

DSCF0318 (500x309)

とりあえずイージーモードでスタッフロールまで見たので、現時点での感想です。
プレイ時間は3時間半ほど。まだかなりのミッションや隠し戦車や敵、オンラインミッションも残しています。

はっきり言ってプレイ当初の印象はギルドシリーズ全作でぶっちぎりのワーストワンだった。主人公はなぜか小さくなってしまったドイツ軍の兵士となり、戦車でアリやハチと戦う。
作戦開始時にはPS1をほうふつとさせるグラフィックで、
「こんなに小さくなってしまうとは、連合国の新兵器かー!」
とか、ちょいコミカルなやりとりがあってゲーム開始。

DSCF0324 (500x308)


戦車をスライドパッドで移動して、砲台はボタンで回転させる。
砲撃は自動的にしてくれるし、機敏な動きもできないので、アリ相手に
一歩近づいてドーン!
一歩下がって隠れて…
近づいてまたドーン!
を地味に繰り替えすだけ。

敵はアリ、ハチ、カ。ボス的な存在はクモ、ハチなど多数。
バイオハザードのゾンビよりもグロテスクだとは思わないけど、虫と聞くだけで鳥肌が立っちゃう人は避けた方が無難かも。本気で気持ちの悪い虫は出てこないけど、敵が接近したときのカサカサ…という音とか、気持ちのいいものではないし。マップがずっと同じような感じで迷いやすいのもマイナスだ。

(追記)SEとBGMの音量を別に設定できるので、カサカサ、ブーン、という音を小さくすれば不快感減ります。立体音響に対応していれば仲間のいる方向も推測できるし、虫に囲まれるゾワゾワ感が凄くなって面白そう。


落ちている各国の戦車に触れると、次の作戦から使用できる。車体と砲台、カラーを別々に選べるので、自分だけのオリジナル戦車で戦える。

DSCF0321 (500x319)

序盤最悪だったこのゲームの印象が変わってきたのは、中盤に差し掛かってきてから。そこそこ速い戦車で「カ」や「ハチ」をまとめて一撃で倒すのは気持ちいいし、クモの巣や細い木の上など立体感あるフィールドも面白い。
一連のドイツ軍コントやしょぼい音声もちょっと笑える。

3DSで似た印象のゲームは、スティールダイバーや哭牙だけど、あれが噛んでも噛んでも薄味で物足りなかったのに対して、虫けら戦車は「美味しいわけじゃないんだけどなんか変な味は付いてる!」って感じ。
稲船さんは絶対に失敗できない「ソウル・サクリファイス」を作ってる合間にこっちでやりたい放題やったのかな。(邪推)ギルドシリーズのコンセプトにはぴったり。

ギルド01を持っている人が使える特典、金の戦車は本当にただ金色の戦車で、強くもありがたくもなんともない。
もしかしたら01持ってなくても、徹底的にやりこんだら使えるようになるのかもしれないけど、ここまでしょぼい特典だったら「金の戦車のためにやりこまないと」って思う人がいなくなるから良かった。
「怪獣が出る金曜日」だと、完全クリアすれば特典が見られたせいで、本来やってもやらなくてもいいオマケ要素を無理してやりこんで最終的に疲れちゃう人がいたみたいだから。
「虫けら」のやりこみ要素は超難しい上に特典は超しょぼいので、これだったら皆
「ゲームって好きなように遊んで、好きなところでやめていいんだ」って思うだろう。


ここからは個人的に思ったことだけど、「怪獣が出る金曜日」と「虫けら戦車」に共通するのは、どちらも「男子小学生時代」を思い起こさせるところ。

「怪獣」ではちょっとノスタルジックに思い出補正されたきれいな少年時代を思い出したけど、「虫けら戦車」で思い出したのは、女子が顔をしかめそうなリアルな俺の少年時代。
具体的には、駄菓子屋で買った水あめに飽きたので、アリに水あめを垂らして動けなくして遊んだり、釣りをしていたはずがいつまにかフナムシを踏み潰して遊んでいたことを思い出した。

良くも悪くも、男子小学生に「好きなだけ予算あげるからゲーム1本作っていいよ」と言って任せたらできたようなゲーム「虫けら戦車」。
これが作れる稲船プロデューサーは、小学生スピリットを残したまま大きくなった、やんちゃな大人なんだろうな。


何か買ってもらったり拍手もらうことでしか喜べない、汚い大人になってしまいました。

「虫けら戦車」配信開始! これ、大丈夫か?

「虫けら戦車」プレイ前
HNI_0047_MPO_20130319123609.jpg







プレイ後
HNI_0066_MPO.jpg



店長さんが白髪混じりになっちゃったよ。
まだ序盤、まだ序盤しかやってませんので今の時点での感想だということを強調しておきますが、
先週「怪獣が出る金曜日」で快調なスタートを切ったギルド02の第二弾「虫けら戦車」
…これ、あんまり、おもしろくないんじゃ…。
まだマルチプレイが残ってるので化けるかもしれんが、これまで、荒はあっても駄作はひとつもなかったギルドシリーズで初めての手触りだ。

…やっちまったんじゃねえか?

今のところ、広くてすぐ迷いそうなフィールドを、動かしてあんまり楽しくない戦車でよたよた走り回っているだけだ。
砲台が敵アリの方向だと自動的に攻撃してくれるけど、あんまり気持ちいい感触じゃない。
スキップ可能だけどちょこちょこデモが挟まってテンポ悪し。音楽、印象に残らず。
途中までドイツ語の音声でやっていくのかな、と思ったけど、攻撃されたときに何か裏声で
「カコマレター!」
「モ、モタナイー!」
って聴こえる。
仲間を助けたら
「ダンケ」
ってそれはドイツ語なんだ。

あっ、でも最初のアリがやたら固かったけど、蚊やフンコロガシを一撃で倒す感覚は気持ちいいかも。
みんながクモに捕えられたときの、ちょい気持ち悪いけどどことなく笑える感じとか、味も出てきたかな。
引き続きプレイを続行する。サー・イエッサー!

ハッピーオーシャン界の「神」現る

歩数計で稼いだポイントでひたすら魚に貢ぐゲーム、ハッピーオーシャンをプレイ時間9時間に到達してしまったぞ…。
つーーらーーいーーー。
決して暇じゃない1週間でよくこんなゲームを9時間やったよ。自分で自分を褒めてあげたいよ。
仕事の合間の休憩時間にこっそり進めたからね。
もし人に見つかって「何のゲームやってるの?」って聞かれでもしたら、ささってるソフトはガールズモードだし、ダウンロードしたゲームも、タケヤリマンとか三国志ピンボールとか変な奴しかないし、どう答えていいかわからない。

今回プレイしたのは「昼ドラ海域」
昼ドラっていうか、単に遊び人ふうのサメがいて、彼に遊ばれた過去の女魚たちがずっと恨み言を言うだけのエピソードだったよーー。
つーーらーーいーーよーー(笑)
昼ドラでもなければもちろん楽しくもない。挙句の果てにはもてあそばれた昔の女の子供が出てくるという。毎回新ステージにいくたびに「今までで一番きつい」って言ってるけど、新ステージが出てくるたびにワースト記録を更新していく。
ここまで行くと、最終ステージはどれだけつまらないのか意地でも見てやる。


現在プレイ中なのは「キッサ海域」
喫茶店と、ウエイトレス魚が主人公だ。
平和な喫茶店だったが、あるブロガーがこの喫茶店のことを取り上げたことからファンが殺到し、
ウエイトレスの周囲にストーカーの影がちらつくようになるという話だ。

DSCF0287 (500x301)
こいつがブログを書いた張本人。有名らしい。
うらやましいこった。俺なんか1日100アクセスもないよ。
しかも俺が好きなゲームよりハッピーオーシャンのほうが反響大きかったよ。


DSCF0284 (500x302)

DSCF0290 (500x301)
何じゃこの会話。

今回は登場魚がオタクばかりだ。
自分が3DSを持って500歩あるくごとに、新しいオタク魚が登場して
「新しいアニメ、観てくれたでゴザルか?」
とか言ってくる。

俺が歩いて余分なカロリーを消費するごとに、3DSの中身には余計なデータが溜まっていく。困ったもんだ。


…いかん。ゲームの感想のはずが愚痴ばかりになってしまった。
このゲームの面白いところもちょっと書いておこう。
面白いところは、1日出かけたあとに歩数計がポイントに換算される瞬間です。それが気持ちいい。
その後にはゲーム本編という苦行があるんですけど。

真面目な話、いろんな携帯ゲームに、すれちがい機能より歩数計をつけてほしい。
すれちがい通信なんて日本でもある程度都市部でしか成功しないんだから。
日本より3DSが普及してなくて面積も広い海外なんて、どうなってんだろう。
すれちがい機能を充実されることで、有料DLCを充実されるのと同じくらいもどかしい気分になる人もいるんじゃないかな。

もう少し「怪獣が出る金曜日」の話を続けたい

怪獣に関して全く知らないと書いたけど、実は0,1ミリぐらいは知っていたりする。
「ガリレオ」「秘密」などで有名な推理作家、東野圭吾先生は、
エッセイ「あの頃ぼくらはアホでした」の中で、怪獣マニアであり、特にウルトラセブンの熱烈なファンだと明かしています。



これを読んだおかげで、僕にも多少の怪獣知識はあるのです。

1、「ジャミラ」っていう怪獣はかわいそう。
2、ペンギンの「ペギラ」っていう怪獣は人気があった。
3、「ペギラごっこ」の遊び方は、上着のポケットに手をつっこんでパタパタやりながら、「ペギラやぞー」と言う。

以上が、僕の持っている怪獣知識の全てであ~る。

なんか本当のファンの方に申し訳なくなってきたけど、なんせ僕は昭和版仮面ライダーやウルトラマンが終わって、平成版が始まるまでの間の時期に少年時代を過ごしたので…。
で、僕の予想だと、「怪金」に出てくるこいつって、そのペギラが元ネタなんじゃないだろうか。
DSCF0294 (500x309)
東野先生によると、ペギラは車を宙に浮かせたりした、とある。
そしてカードの右下にもしっかり車が映っている!
完全に一致。
うーん、ペギラ。
2013年のゲームにもしっかり影響を与えるほどのインパクト。恐るべしペギラ。
全部僕の勘違いかもしれないけど、恐るべしペギラ。


もうひとつ、印象に残ったメッセージがあります。
DSCF0293 (500x313)
特定のキャラと話すと出てくるこの言葉。
僕はさいしょに、画像のお姉さんと話したときにこのメッセージが出てきたから、
僕はてっきりこれを、主人公の初恋だと思ってしまった。
怪獣とかカード遊びにしか興味のない男の子が、近所のお姉さんの姿に初めて興味を持ったんだと思ってしまった。

しかも、次に同じメッセージが出てきたのは、同級生の女の子と話したときだったから、
「あ、初恋の相手が、同級生と近所のお姉さんとの間で揺れ動いてる!」と、都合のいいように勘違い。


プレイした人にはお分かりの通り、このゲームには初恋とか全っ然出てきません。
でも、勘違いしたままゲームを終わらせても良かったかな。
「初恋が実るまで」のゲームはギャルゲーブームのときにいくらでもあっただろうけど、
最終的に「初恋の日」ですっと終わるゲームってないような気がする。

高野秀行「謎の独立国家ソマリランド」全ページ・カルチャーショック!

高野秀行「謎の独立国家ソマリランド」を読みました。
長年戦乱が続いているソマリアの隣に、独自のシステムで平和を維持している自称独立国家ソマリランドと、海賊だらけのプントランドという国があるという。
昼間から護衛なしでは外出もできない危険地帯に潜入して、地元民たちとカートパーティーで中毒寸前になり、海賊調査のはずが資金難からあっさりレンタル船とレンタルバズーカを借りて自分が海賊になろうしたり、とにかくハチャメチャで知的な異国の旅が楽しめる。



(以下アマゾン投稿レビュー)
数多くある高野作品の中でも特に力の入った作品。
個人的にはアマゾンやブータン紀行よりもお薦めです。

ソマリアの旅は以前よりも、
「我々の常識が全く通じない異国に放り出された!」
という感じで、序盤では過酷なのにロードムービーを観ているようでした。

町行く人の言動に戸惑いながらもカートを噛みながら旅を楽しむハチャメチャな面白さと、
ソマリの平和を維持している氏族システムを知っていく知的な面白さ、
両方が入ってる。
「破天荒高野」と「知性的高野」によるダブル・カルチャーショック。
予算不足から自分が海賊になる場面では大笑いしました。

しかし、本作は高野作品で最も難解な印象も持ちました。
作品内でもさんざん説明していますが、氏族と土地の名前からして日本人には馴染めず、日本の戦国武将の名前でたとえるという苦肉の策でなんとか分かりやすくしようとしてくれていますが、それでも正直に言うと、(こんなレビューを書いていてなんですが)全ては理解できていません…。

それでも、しっかり問題提起をしつつ、旅を終えた清々しい読後感があって満足です。



次はこんな小説をいただく機会があったので読もうと思います。

「クイックドロウ」
洋書かと思ったら日本人の書いたそれっぽい小説だった。
銃と剣、どちらが速いか!

怪獣が出る金曜日が2時間半で終わってしまった

い、いかん。
つい楽しみにしていたゲームだったので一気に終わらせてしまった。

このことを書くと、もしかしたら買う気をなくす人がいるかもしれないけど、
「怪獣が出る金曜日」はプレイ時間2時間台で終わりでした。
だけど、それがいい出来で。

今、PS4が中古販売禁止になるとかならないとかで話題になってるけど、
このゲームを遊ぶと、「意外と中古をなくした方がいいゲーム増えるんじゃないか?」
なんて思った。
中古で売られる心配がないから無駄なやりこみ要素もない。
やりたいことをキッチリやって終わらせた、気持ちのいい短編ゲームでした。

何やらPSPでウルトラマンのゲームが出て内容がどうのこうの言われてるみたいだけど、少年時代にウルトラマンを見て育った人はこっちを買ったほうがいいと思う。
ヒーローを題材にしたゲームを「作らされた」会社と、「作りたかった」会社の違い。

あとは、子供向けっぽいけど大人のほうが楽しめそうな内容なので注意。
まず、そこそこ難しい漢字にフリガナがふってないので子供が遊べません(笑)

特に「オールウェイズ三丁目の夕日」の西岸良平の世界観が好きな人はマストバイ。
映画じゃなくて原作のほうね。
単なるノスタルジーだけじゃなくて、ちょっとSFが入ってるのがすごく西岸良平っぽい。

前作のギルド01のパッケージを入れて起動すると特典が見れるけど、
本当に背景イラストとキャラの設定イラスト数点なので、前作を持ってなくても面白さを左右されるほどじゃない。
ネタバレになる部分はクリアしないと見れないので、持ってる人も安心。
欲を言えばギルド01にあった「プロデューサーからのメッセージ」があればもっと嬉しかった。
本を読んでも作者のあとがきが好きなので。


てか…終わらせてないゲームがまたハッピーオーシャン1本になってしまった。
明日はPS3で何か買いにいきましょうか。


4つの波紋がひとつに!

GUILD02「怪獣が出る金曜日」スタート!

配信直後にさっそくダウンロード!
私がずっと3DSソフトを買わずにガマンしていたのはこの日のためだ…!
この日のためにずっと「ハッピーオーシャン」という、メインで遊ぶにはあまりにもしんどいゲームだけで我慢していたんだ。

ギルドシリーズは、それぞれ違うプロデューサーが、大作ではないけどオリジナリティある新作を次々と配信していくプロジェクト。
第一弾のギルド01も発売日に買って全部クリアするほどお気に入りだったが、02からはダウンロード形式での販売になる。これが好評だったら逆にパッケージになったりしないかな。しないな。


DSCF0277 (500x303)

ギルド02の一発目は、「怪獣が出る金曜日」800円。
プロデューサーは「ぼくの夏休み」シリーズの人。
実はこれまでの人生で、ぼくなつシリーズも怪獣も特撮ヒーローも全く触れたことがない。
ぼくなつのプレイ動画をちょっと見たことはあるんだけど、あまりにも綺麗すぎて…
家族みんなで一糸乱れぬ姿勢でラジオ体操しているシーンだけで「なんか怖い」と思ってしまう始末。どんだけ汚れてるんだ俺は。


雰囲気は、昔学校を休んだときに見た教育テレビみたいな感じで、それっぽいお姉さんのナレーションでゲームの説明をしてくれる。
昭和の東京に転校してきたクリーニング屋の息子が主人公で、ノスタルジックな雰囲気だけど、金曜日には怪獣が出てくるという一点がアクセントになっててちょっと先がしりたくなる。

怪獣は本当にいるのに脚本家がいたり、本物の宇宙人っぽい言動の人がいたり、
町が不思議だらけなのが、子供の視点っぽくていい。

DSCF0280 (500x309)

今のところ、足跡があるだけで怪獣は出てこないのでその辺を歩き回りながら怪獣カードを集めている。
怪獣カードを集めてカード合戦をすると、勝ったら親分で負けた方は子分にならないといけない。
子分は、親分が呪文を言うとその場で倒れないといけないというオキテになっているようだ。


DSCF0283 (500x308)

ゆっくり長い時間遊べるようにだろうけど、音の使い方がさりげなく凝ってて踏切の近くにいくと電車のアナウンスが聞こえてきたり、川に近づくと川のせせらぎが聞こえてきたりする。
3D表現も目に優しくて、ちょっと手前のオブジェが近くに見える程度なので、これまで3Dを切っていた人でも常に3Dをオンにして遊べそう。

なお、前作のパッケージを持っているといろいろとオマケがある。ぜひどうぞ。↓

ハッピーオーシャンとかいうゲームが苦行な件について

3DSソフト「ハッピーオーシャン」プレイ日記その3。
DSCF0256 (500x297)

100種類以上の魚が待っていると謳っておきながら、ほとんどグラフィック使いまわしでタツノオトシゴばかり出てきたり。
楽しい会話ができると書いておきながら、楽しくも魚っぽくもない会話が延々と繰り返される。
海というよりも果てしない荒野を思わせるハッピーオーシャンだけど、プレイ時間6時間を越えるとだんだん麻痺してきて、たまに他のゲームをやると全てが刺激的に感じられるようになってきた。
ただし素人の皆さんはマネしてはいけません。これは特殊な訓練を受けた私だからできることです。
普通の人がハッピーオーシャン6時間やると、体を壊すおそれがあります。

残った海域は4つ。
前回の「モデル海域」「やんちゃ海域」は辛かった…!
モデルの魚とカメラマンの魚がいて、撮影中に魚体をさわるセクハラ行為があったんだけど、カメラマンの腕は優秀なのでマネージャーの魚はどうにもできない。
そんな感じなので、もはや「魚なのに人間みたいな生活してるよ!」というツッコミすら追いつかない。

やんちゃ海域でやることは不良魚たちの更生。
魚に話しかけるたびにつっかかってきて、その度にこのゲームではおなじみの、サカナ叩きというミニゲームを繰り返す。ワンプレイ15秒だけど、通算100回以上やったと思う。

あと、魚のためにアイテムを調達するのは慣れたけど、わざわざアイテム持ってきても
「遅い」
って怒られたときにはさすがにゲンナリした。

今やってるのは「昼ドラ海域」
さすがに疲れた…。
唯一の希望は、ここにいる金魚のキンさんが、ハッピーオーシャン史上最高に魚っぽい話をしていることだ。

DSCF0276 (500x246)

DSCF0273 (500x258)


「カジキは武器を持っているから卑怯」
そう!そうだよ!
なんて魚っぽい、ちょっとユーモアにあふれた会話なんだ!
俺はこのゲームを買う前、こんな会話がたくさんあるんだと思ってたよ!
これまでどの魚も「ダルい」とか「サプリメントが切れた」ぐらいのことしか喋らなかったのに、初めてこんな言葉を聞いたよ!


「カジキは武器を持っているから卑怯」
このセリフが表示された時が、6時間遊んだ中で最も面白いと感じた瞬間です。

さあ、みんなで声を合わせ、春の澄み切った青空に、高らかにさけぼう。
「カジキは武器を持ってるから卑怯!」




ヒトとしての尊厳をかけた「ARC STYLE: ハッピーオーシャン」プレイ日記

3DSの「ARC STYLE:ハッピーオーシャン」プレイ日記。
現在、1海域1時間のペースでクリアして4時間ほど経過。
残った海域から計算すると、10時間以上はかかりそうだ。


前回は、単調な会話を繰り返し、3DS本体を持ち歩いてハッピーを貯めて、タツノオトシゴのエサを買ってはあげ、買ってはあげ、を繰り返していました。

今回のプレイ模様はこちらです。


DSCF0264 (500x301)
タツノオトシゴに怒られた。


ぐおおおっ…!
俺は人間だ…!ニンゲンなんだぞ…!
なんでこんな連中に説教されなきゃいけないんだ…!
しかもこのゲーム、100種類の魚がいるとかなんとか言っておいて、今まで出会った魚のうち五分の一ぐらいはタツノオトシゴじゃねーか!!


すいません。
癒し系のお魚見守りゲームのレビューなのに、つい興奮してしまいました。
今回プレイしたのは「お茶海域」。

今までも、魚の夫婦ゲンカとかどうでもいい内容だったけど、今回遊んだ海域は今までの中でもブッチギリでダルかった。
年寄り魚の集まるお茶会の準備ということで、ずっとお茶とか柔らかいエサを調達する。およそ1時間。
タツノオトシゴのじじいに話しかけるたびに怒られるし。
ミニゲームは画面タッチで遊ぶ「サカナたたき」を10回ぐらいやったけど、歩数計測で稼げばもっとスムーズに進行できるはず。

魚好きな人が遊ぶゲームというよりも、万歩計にオマケがついたようなゲームと考えれば遊べるかもしれない。昔、たまごっちの延長みたいなやつであった「スライムあるくんです」みたいな。
あとは何か面白い会話があればいいんだけど、このゲームの会話の退屈さは厳しい。

ガールズモードの世間話は、どうでもいい話なのになぜか苦痛じゃない。
ハッピーオーシャンは苦痛。
この差はなんなんだろう。この違いを説明できれば、日常会話もうまくすすめられそう。


さあ、なんとかお茶会も無事に成功。
次は人気モデルとカメラマンがいるという「モデル海域」に行ってみよう!
さて、次はどんなお魚が待っているのかなー!?







DSCF0266 (500x300)
またお前か……


DSCF0267 (500x368)
ロボットでした。 どういうこと?

絶対男が二度見するファッション

春からショップに並んでる水着の有効利用。
HNI_0065_MPO.jpg
こ、この組み合わせがあったかあああ!
インナーに水着、前の空いたベスト、そしてアウターにボレロを組み合わせ、だらしなく開いた胸元を表現するというこのスタイル!
こんな女が歩いていたら絶対二度見する。
でもこんな格好で歩いてる女がいたら絶対ろくな奴じゃない。


HNI_0064_MPO.jpg
これも絶対二度見する。
「…え?あの人、着物来て何しに来たの?お茶会だと思ったの?」

3DSDLソフト「ハッピーオーシャン」購入!きみもタツノオトシゴのパシリになろう!

500円の3DSダウンロードゲーム「ARC STYLE ハッピーオーシャン」購入!
癒し系魚鑑賞ゲームの序盤を遊んだだけなのに、なんだこの疲労感は…。

DSCF0256 (500x297)

ハッピーオーシャンは、海中を眺めながら魚たちとの会話を楽しんだり、ミニゲームで遊んだりする癒し系ゲーム。
会話したり、3DSを持ち歩けば、歩数に応じて「ハッピーポイント」が貯まっていく。
ハッピーを貯めて、プレゼントを買ってあげれば魚たちの好感度が上がり、悩み事やお願いをしてくるようになる。
悩みに答えてあげればどんどん新しい海域に遊びに行けるぞ!


で、このゲームで何をしていたかというと、お使いです。
具体的に言うと、ずっとタツノオトシゴのパシリです。

DSCF0254.jpg

タツノオトシゴの兄弟が「お菓子がほしい」と言うので、手持ちのハッピーを消費してお菓子を買ってプレゼント。
次は「水がほしい」というので(なんでや)ミネラルウォーターを買ってプレゼント。
これを何度も何度も繰り返すと、親密になって、やがてタツノオトシゴが家族の愚痴をこぼしはじめる。
「弟が約束を守らない」とか「主人の口癖が気になる」とか。

DSCF0260 (500x303)
これがゲーム紹介にあった「楽しい会話」だ。


このゲームを買うような人なら、魚の習性にまつわる話でも聞ければ喜びそうなもんだけど、ただひたすら世間話の繰り返し。その中で出てきた悩みを解決するために、ひたすらハッピーをかせいでプレゼントを買う。

ハッピーを稼ぐにはどうすればいいのか。画面をタイミングよくタッチするだけのミニゲームもあるけど、それでも足りなくなったら、歩数をハッピーに換算してくれる機能を使って自分の足で稼がないといけない。

つまり、

魚に「ノドがかわいたなあ。お茶を買ってきてよ」と言われたら、
3DS本体を閉じてスリープ状態にして、実際に200歩とか300歩とか歩いてハッピーを稼いで、それでお茶を買って魚にプレゼントしないといけない。




本当に魚のパシリじゃないか!



まさにハッピーオーシャン。
間違いなくハッピーオーシャンだよ。魚にとっては。
適当に欲しい物言ってるだけでわざわざ人間が苦労してプレゼントをくれるんだから、そりゃハッピーオーシャン以外の何者でもないよ。
ただ、プレイしている人間にとってはちっともハッピーオーシャンじゃないぞ!

DSCF0259 (500x300)

今のところお薦めできるポイントは、金魚のグラフィックが見事…ぐらいかなあ。
海を自由に眺められるように書いてあったけど、それぞれの海域が狭い水槽ぐらいの広さしかないし。
次は魚を撃ち落とす「ダライアス」を買いたくなった。






怒涛のダウンロードゲーム祭り!

気になるニュース。

ワシズ様、えらい目に合う
「アカギ」という麻雀マンガが少し進展したことで、ファンを久しぶりに驚かせています。
主人公が勝つと分かっている麻雀勝負を10年以上連載したあと、対戦相手のワシズ様が対局中に倒れて、
地獄をさまよい、鬼が集まるバーのようなところでもぐらたたきの的にされたりしています。

スプリングマン、必殺技デビルトムボーイ発動する
WEB連載中のキン肉マンが隔週連載になってしまった。
幼少時代に怖くて直視できなかったスプリングマンの必殺技。こういう技だったのか…

怒涛のダウンロードゲームラッシュ
3DSでバーチャルコンソール「がんばれゴエモン」「チャレンジャー」「熱血高校ドッジボール部」配信!ファミコン時代のゲームの売り上げを見ていると、ハットリくんとかが今では考えられないぐらい売れてて時代の流れを感じる。

他にも、ポイソフト新作「マンションパーカッション」や謎の魚鑑賞ゲーム「ハッピーオーシャン」配信。
ポイソフトは、くだらなくても面白そうな題材を考えて低価格で形にする。アマチュア精神とプロの技術を持ってるから好き。
来週からはギルドシリーズ第二陣「怪獣が出る金曜日」が配信開始だぞ。ぼくのなつやすみのプロデューサーの新作が800円。皆の者、準備は良いか!


今からでも遅くない。このパッケージに慣れよ!
なんかレベルファイブという会社が好きになってきた。


PSVITAでは「ゲームキャンパスフェスタ予選通過作品」配信開始。
月額500円のPSプラス会員なら無料らしい。気になる。
ヴィータが今こそ逆襲の時とばかりに進軍してきたな。月額500円で本当に10000円分くらい遊べてしまうので、こっちが心配になってしまう。

PS3のスカルガールズという2D格闘ゲームが大人気で、
新キャラのために寄付を募ったら、1日で目標額を上回ってしまったらしい。
ヴァンパイアシリーズHDリメイクも出るし、こういうゲームを好きな人は今でもたくさんいる。

僕もこの中から2つか3つは購入してレビューしてみようと思っています。

歯医者で幸福なひと時をすごす

ユニコーンを見た者には幸運が訪れるといいます。
座敷わらしを見た者にも福が訪れるといいます。
ぼくは歯医者で、出会った者に幸福をもたらすという幻の生き物に遭遇しました。

「患者の顔に胸を密着させたまま治療してくれる歯科助手さん」

っていう生き物なんですけど。
実はえらいおばちゃんだったとか、男でした、とかベタなオチではないです。

長年、生物学者の間でもそのような生き物は実在しないと言われてきました。
干からびた男性の幻覚であるとか、袖が当たっただけを胸と誤解しているとか、マスクで顔を隠した男であるとか、DVDで観た世界を現実と混同してしまう病気であるとか、さまざまな説があります。

しかし、ぼくは確かに遭遇したのです。

さあ、たまに落ちている幸運に小躍りして生きていきましょう。
春はすぐそこ。

連続ガルモ小説「南里呉服店物語」

ここは、ガールズモールのはずれにある着物屋「南里呉服店」。

だが、不景気と若者の着物離れで売り上げは毎年落ちていく一方。
もう店をたたむしかないと誰もが思っていたが、そこに都会へファッションの勉強をしていた孫娘が帰ってきた。



HNI_0043_MPO.jpg

「わたしが、この店をプロデュースします!」
だが、近所の反応は冷ややかだった。
「あの着物屋、赤字続きなのにまだやってるよ」
「あんな小娘になにができるってんだい」
しかし、新店長になった孫娘は明るく言い放った。
「着物はみんな大好きです! 若い人も、お年寄りも、外国人だって、みんな着物が大好き!わたしがこの店をガールズモール1の店舗にして見せます!」

翌日、店頭に並んでいたのは、姫ギャル向けの着物コーデだった。
バッグにも靴にもピンクの花をあしらい、値段も3万を切る、これまでの南里呉服店には無かった商品だった。

DSCF0243 (500x307)

この商品は、お買い上げ数が「いいね!」を上回る大ヒットを叩き出す。
しかし、伝統を重んじる両親と、若き店長との対立はここから始まるのであった…。



そんなバックストーリーはありませんが、うちのショップにご来店いただいた皆様、ありがとうございます。着物縛りでマネキン3つ並べるのは楽しい。
帽子とバッグとマフラーで何とかセレブ感を出したり、ロリータブーツやおでこ靴と合わせると、たまにミスマッチ感がすごくいい感じになる。つばの広い帽子も合う。うさぎのぬいぐるみ形バッグもアバンギャルドな感じでいいね。




春モードガールズモード

DSCF0225 (500x308)
ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

季節が変わればオシャレライフも変わる。
たまたまガールズモードを再開したら、商品の品ぞろえが一新されて着物や水着が並んでるし、500人以上のお客さんはみんな春っぽい格好してた。
水着をすすめても、寒すぎるからダメとは言われないぞ!春だ!
しかし久しぶりに遊ぶとやっぱり面白いなこのゲーム。


さて、ネット上に展示してあるうちのショップにも手を加えよう。
どうせなら、このゲームで遊んでいる女子中高生の皆さんには絶対思いつかないような店にしてやる!



DSCF0230 (500x307)
「南里呉服店」
オリエンタルテイストの店から、突然着物専門店に模様替えしてみた。
伝統と流行の融合を目指した当店では、ピンクっぽい着物にうさぎのぬいぐるみバッグを持つという高レベルなコーデを提案いたします。いいね!の数が500になりました。どうもありがとうございます。


DSCF0233 (500x299)
珍百景「ガーリーな服」とリクエストしたのに着物を着せられる店



2013年2月のかけいぼ

本屋さんをうろうろうろうろ。
両親に誕生日プレゼントは何がいいかと聞いたらクラシックのCDセットをリクエストされる。
いまも夫婦で楽しそうにCDの貸し借りをしてるんだけど、吹奏楽部の部室かよ! 微笑ましいけどさあ。

DSCF0219 (500x348)


マンガ大賞にノミネートされた「竜のかわいい七つの子」は他者とのかかわりをテーマにした短編集。
人魚が日常にいる町だったり、戦争中の二国だったり、特異体質の息子だったり。
やさしさを感じるすてきな一作だった。

そして、長年ファンの吹石一恵お姉さんが髪を切って掲載されているとの情報を聞いて、アンアンの1ページだけを見るために女性雑誌のコーナーに行った。
そしたら見慣れないジャンルの雑誌なのでなかなか見つからなくて。

「おおっ、いい感じにイメチェンしてる!」
と思ったらそれは「コンカツでいい男をものにするモテカワファッション」のモデルさんだったり、

「おおっ、ずいぶんお若くなられてる!」
と思ったらそれは「春のふんわりヘアー」のモデルさんだったりして、ウォーリーを探すのと同じくらい苦労した。
雑誌自体は、もっと下世話な話も載ってるのかと勝手に想像してたけど、全然抵抗なく読める内容でした。

その後ゲームコーナーに移動して、VITAの高級感あるフォルムをガラスケース越しに見てちょい悩んで、
結局は3月からの3DS配信ゲームラッシュに備えてポイントを購入。これで今月の買い物は終了だー。

DSCF0221 (640x291)

え?スーチーパイのアバターが販売!?よしそれも買おう。
これまではトロの可愛いアバターだったのが、急におっさんオタク臭さ全開になる。
チェリーパイさんの配信も待ってます。

~今月の主な出費~
「エクストルーパーズ」割引クーポン使って1500円
「ブラックナイトソード」1000円
本「沈黙の町で」「謎の独立国家ソマリランド」4000円ぐらい。
何か月ぶりだろう。本に費やす金がゲーム代を越えた。
古本屋めぐりもいいけど、新作を事前情報無しで買ってじっくり読む楽しさよ。





↑