「トランスジェンダー女子が温泉に行く」one night, hot springsレビュー

「トランスジェンダー女子が温泉に行く」
1行の説明文だけで「え?」と、スワイプした指がツツツと戻った。

DcsUmNTUQAAA1Cn.jpg

アンドロイドで無料配信している「one night, hot springs」のレビュー、行くぜ!
ダウンロードはこちらから

友達の誕生日に温泉旅行に誘われた主人公は、男性の身体で生まれて、心は女性。
いわゆる多数派の人なら何も考えなくてもいい、周囲の会話で気疲れしてしまう。
選択肢を選ぶことで友達に普段言えなかった話ができる。

DcsUn8XU0AAeDP4.jpg

選んだ答えによっては左上に小さく表示された3つのハートが消えていく。
ハートが何なのか説明はされない。なくなったらバッドエンドというわけでもない。
とにかく選択肢によってハートが「すり減る」。

驚くのは作り込みの丁寧さで、
1周30分もかからない短編なのにメッセージの早送り、英語韓国語への対応、セーブ、スキップ、ギャラリーモードまで備えている。

完全無料で広告なし。金儲けをしようとしてもできない設計になっている。
短編とはいえ、見ず知らずの人の文章を30分読んでもらうのは相当難しい。
だけど、ゲームなら別だ。
これを作った人は、たいへんな金と労力を費やしてでも「何でもない温泉旅館の一夜」を体験してほしかったのか。

ちょっとだけ、プレイ中だけ、自分のような立場になったと思って選択肢を選んでみてください、
どこかで自分と違う人と会ったら、このゲームのことを思い出してください、という静かな迫力を感じる。


「one night~」は、主人公も少数派だけど、ゲームジャンルも少数派だ。
男性名を書かないといけない状況で悩んで、女湯が今なら空いているから、と従業員に勧められて申し訳ない気持ちになって。
ストーリー分岐型アドベンチャーだけど、ストーリーの面白さより、エッセイやブログに近い面白さがある。


自己表現のために、映画を撮ったり詩やブログを書いたり、いろんなジャンルの作品を手掛ける人がいる。
昔ならそこに「ゲーム制作」は無かった。
大人数で、ソフト1本5000円以上するものに、個人のメッセージをたくすのは向いてない。

だけど、ゲーマー以外もゲームができる端末を持つようになり、無料アプリ制作が広まって、ゲームで自己表現できるようになった。
こんな方向性のゲームもありなんだ。

one night, hot springsは、人の多様性についてはもちろん、ゲームももっと多様性を持てることを教えてくれた。

だから何なんだ!「ねえ、AI 本当の事がしりたい」に脱力

「ねえ、AI 本当の事がしりたい」
GooglePlay

thumbnail_Screenshot_20180417-003634.jpg

スマホのAI(たぶんSiri)になって、少年の疑問に答えていくゲームだ。
気になる同級生のこと、お父さんが抱えている隠し事のこと。
質問に答えながら、家族にまつわる真実に近づいていく。
本当のことに近づいていくことは、幸せなことなんだろうか…?
スマホのAIである自分にできることは質問に答えるだけ。見守るしかできない。



このタッチと説明で、切ない話を期待させてからの本編とのギャップ。

最初から最後まで脱力を重ねて「え?」「え?」「だから何だ!?」と崩れ落ちた。

無料アプリ界隈にはいろんなものを作る人がいるなあ…。



アドベンチャーというか、死んだと聞かされていたおじいちゃんにまつわる話を聞きながら、
途中でみんな「しり」のついた言葉をど忘れするので、Siriだけに「何しり」かを答えると、続きが読めるクイズゲームだ。
よくわからないでしょうが実際やっても謎だ。






thumbnail_Screenshot_20180417-003506.jpg

目の下にほくろがある人のことをなんていうのか、ど忘れしてしまった。
なんだったろう…?
さあ、最先端のAIになったプレイヤーは、この文字数で「しり」関係の言葉をつくろう。
何だろうなあ…。しり…目じり…ほくろ…






thumbnail_Screenshot_20180417-003444.jpg

「びじりなところ?」
このように、クイズに間違えても反応があるぞ。だから何なんだ!

AI視点であることは話に関係ないし、スマホのない場面でも平気でクイズが出てくる。
一発ネタにしてはちゃんとした手触りと、適当なような深刻なようなストーリーで「だから何だ」が加速していく。

つかみどころがなくてこれ単体では何とも言えないけど、この作者がどういう人で、何を考えているのかは気になってしまう。

たまに声を出すことは健康にいいらしいので、
「だから何だよ!」と声を出したくなった時にオススメだ。





下ネタともいえないような下ネタや、やわらかいタッチは朝倉世界一さんの作風を思い出させる。
こちらは本気でお薦めだ。

ゲーム専用機じゃなくて、スマホで遊ぶためにきっちり作ったホラーADV「怪異掲示板と7つのウワサ」


チャット形式というか、LINE風に会話で進行するホラーノベルだ。
「ノベル」か?「アドベンチャー」かな?
セリフが上に流れていくから、読み戻すときは下にスワイプして、ところどころ選択肢が出る程度のちょっとした読み物だけど、これが良い。

thumbnail_Screenshot_20180328-225932.jpg

ホラーアドベンチャーって、小説っぽく文章を読むものだと思ってたけど、「スマホラー」はこれでいいんじゃん!これ成立してる!正解だよ!

ストーリーは、高校の新聞部の3人が、書き込んだウワサが本当になる掲示板の真相を解決するというもの。
「下校中に後ろから足音がして、振り向いたら殺される…」的な、大昔からある学校ホラーの定番「7不思議」もの。プラス、スマホや掲示板などのアイテムを登場させてるわけ。

たとえば部員が別行動してスイーツを買うシーンでは、わざわざ場面を切り替えずに、
「画像添付中・・・」
と表示してから、
ドン!

thumbnail_Screenshot_20180329-020521.jpg


場面切り替えて店員との会話をダラダラ読ませるより一発でわかる。
昔からのノベルゲームの常識に縛られずに、画像でドン。これ正解でしょ。
「添付中…」に、怖い絵が急に出てきたらどうしよう、ってちょっと警戒してしまうけど、それも新鮮。

自分がこの手のゲームを作る側にまわったら、自分なりの文学的な文章を入れようとしたり、複雑な選択肢を入れようとして、
「そういうの求めてねーよ」って即消去されてしまう。

いきなり振動して電話がかかってくる演出も、一発ネタだけどスマホだから効果的。
自分はタブレットでやったのでビクッとはならなかったけど、スマホで怖い話を読んでる最中にそれをやられたら、忘れられんわ!
バイオ1の「窓からゾンビ犬」ぐらい心臓に悪い。

ゲーム機としては、スマホはゲーム専用機より不便。
「これがゲーム機に移植されて、ちゃんとしたコントローラで遊べればなあ」
と思うゲームも多い。
だけど「怪異掲示板」は逆に、ゲーム専用機に移植されたらつまらなくなる。

空き時間に遊ぶスマホの無料アプリには、どんな形式がいいかちゃんと考えて、キッチリ仕事をした感じ。
そういう職人魂。ちょっとオススメです。

怪異掲示板 ダウンロード

任天堂からこぼれ落ちたお絵かきゲーム「ネコの絵描きさん」ネコでもまたげる敷居の低さ!

お題にそって絵を描いて見せあう基本無料アプリ「ネコの絵描きさん」が楽しい!
太いペン一本、消しゴムなし。決められた中でみんなが何を描いたのか当てるゲーム。

「ネコのお弟子さん」が他のプレイヤーの描いた絵を持ってくるので、何の絵か当てる。
いくつか答えたら、自分が描く番だ。自分の絵を出品して、1日ほど時間をおくと評価がわかる。
「いいね!」をもらうほど高得点になる。正解率だけじゃなくて、人の目で絵をちゃんと評価される。
「放置ゲー」じゃなくて、待つ間に絵を見てもらってるから、ちゃんと待つ意味があるのがいい。

thumbnail_Screenshot_20180317-013621.jpg
クイズ形式になってるけど、だいたい文字数やヒントで答えはわかる。
答えを考えるより、人によってお題をどう処理したかが違うのが面白い。

「かくざとう」を描くにも、
コーヒーやお皿をさらりと脇に置いて表現している人がいれば、
でっかい四角の上にきったねえ字で「あ ま い」って書いた(たぶん)子供の絵もあった。

thumbnail_Screenshot_20180317-213208.jpg

難しいお題だと
「ますかっと」(1色なのでブドウと区別がつかない)
「たらんちゅら」(クモとの違いをどう表現するのか)
「ぴんち」(なにそれ)
とかを、なんとか描いた。ちゃんとどこかの誰かに伝わったかな?



作者のWAKENさん。ダウンロードもこちらから
元任天堂スタッフと紹介されてたけど、たしかに「エコノミシティ」の秘書は思いっきり見覚えがある。(ニンテンドースイッチに凱旋帰国したら話題になりそう)

DYcydAOU0AA6wlv.jpg

3DSで、友達同士で交換絵日記ができるソフトの案内役だったニッキーじゃないか!
ミーバースにお絵かきを投稿したり、クレーンで景品になっていたニッキー!
交換絵日記がいつの、どんな内容だったかだいぶ忘れてしまったけど、たしか使い方に問題のある人がいて、急に配信中止になった記憶が…。
さてはあれか。ニッキー、不遇時代にしずえ人気が高まるのを見て、秘書になって生まれ変わったか。天然を装ってやるときはやる女だと思ったが…と思ったらコノミさんという別人だった。

WiiUが思うように広まらず、描いたものを見せあえる「ミーバース」もなくなって、「絵心教室」みたいなゲームも最近見ない。
ニッキーの役割というか、「絵を描く」ゲームって、最近なくないか。
ゲーム機にタッチパネルが付いてて絵も描ける!とかで誰も驚かないし、
ニンテンドースイッチは、なんていうか、他の機種でも出ているガチなゲーマー向けタイトルか、直接友達と会って遊ぶタイトルが多いし。

「絵を描いて見せあう遊び」
今のゲーム機から切り捨てられた遊びを、元ゲーム会社の人が拾って形にしたのは、考えてみれば面白い話だなあと感心した。
感心したところで、ネコの絵描きさんの取っつきやすさと、シンプルな楽しさを前にすると忘れてしまうんだけど。



にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

陶芸アプリ「let's create! Pottery(作ってみよう!陶器)」レビュー

ゲームを始めると、ステラおばさんなる人物から「いい趣味だ!」と、メールが届く。
各国のコレクターから
「ギリシャ陶器のキクラデスとミノアの壺のようなものを作ってほしい」
など、依頼と写真が送られてくる。

thumbnail_Screenshot_20180309-034321.jpg

「let's create! Pottery(作ってみよう!陶器)」は陶芸ゲームだ。
アンドロイドで450円だったが、機能を制限された無料バージョンもある。
配信はこちらから

さあ、いい趣味に没頭しよう。
指先で、タッチペンで、土をこねよう。
力の加減でぐにゃっと台無しになるシビアさはない。ぞんぶんにのばし、くぼませ、ふくらみを作る。かすかに鳥のさえずりが聞こえる。

thumbnail_Screenshot_20180309-032446.jpg

いい感じになった。窯に入れよう。光の「照り」やざらっとした感触まで想像できるバーチャル壺が焼きあがる。
このまま回して見るだけでうっとりするようなグラフィックだが、色を塗って、模様を付けると、さらに美しい。
コレクション、SNSで披露、ゲーム内で売却して柄や素材の購入ができる。

依頼人に写真通りの壺を送ってあげると、次々とケルト柄を愛する人や、アフリカの息吹を感じたい人など、依頼が増える。
適当に形を作って、柄をつけてあげるだけで楽しい。これはアステカ文明。

thumbnail_Screenshot_20180309-194637.jpg

陶芸って妙に渋いイメージか、焼きあがるたびに「こんなもの失敗作だ!パリーン!」の偏ったイメージもあるけど、このゲームでは最初から
「陶芸はいい趣味だ!」
と強調される。
リクエスト通りに作ってあげると
「なんて素晴らしい作品だ!コインを振り込みます!」
と返事が来る。作ることは楽しいことに決まってるじゃん、と当たり前に肯定してくれる。

余計な要素を入れてないぶん、グラフィックはかなり上質。タブレットの画面1枚隔てた向こう側に「ある」壺のさわり心地を想像できる。
すべすべ、てかてか、ざらざら。

制作会社の「インフィニティードリームス」の作品群を見てみると、普通のタワーディフェンスでキャラだけクレイアニメ風だったり、リアルな水の表現にこだわっていたり、ゲーム内のものの質感をウリにしているメーカーらしい。
そこを極めて陶芸に行きついたわけか。
デジタルなゲーム作り以前に粘土とか模型とかを作る楽しみと、手触りの喜びを知っているスタッフがいるんだと思う。



実際に3Dプリンターで、作った壺を指先サイズで出力できるようだ。
案内ページに入ると英語になるので詳しいことはわからないが、未来を感じる。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
↑