「サマーレッスン アリシア・スノウ」初プレイ

DSCN0638.jpg

コンセントをささないまま置かれている扇風機。

DSCN0637.jpg

「ワァイ!ジャパーニーズピーポー!」な難易度の習字。

DSCN0639.jpg

あえて切れ端を集めてきたようなスイカ。


PSVR「サマーレッスン」シリーズ初プレイ。
ゴーグルを装着すると現実から切り離される。「ザ・日本の庭」で金髪女性がギターを弾いている。
この人に日本を教えるのが目的らしい。

アメリカのシンガーと交流する、という内容はあるものの、ゲーム部分はたまに出る3択から正解を選ぶぐらい。半分鑑賞ソフトのよう。

ちなみに、なぜ話題だった前作の女子高生編に興味がなかったかというと、
現実に女子高生の妹がいた時期に全く彼女の部屋に入りたいと思わなかったからです。
ドアが開いていたのでちょっと見ようものなら、罵倒されるのはもちろん、僕と違って清潔で、部活に恋愛に、青春を謳歌している部屋の空気で落ち込むからです。
女子高生の部屋に入ることは、バイオハザードの吊り天井の部屋に入るのと同じぐらい怖い。



今作は和風の庭で、金髪美女と生け花や習字のレッスンをする。怖くない。
ただ、女子と距離が近い!!って騒ぐテンションにはならなかった自分に老いを感じる。
それより
「現実にあるようなボロい扇風機をわざわざ仮想世界に作り上げた面白さ」
に夢中。ばあさんの家にあったやつだろこれ。風力切り替えボタンがガチャッて手応えあるやつだろ。いろんな角度から覗き込んで眺める。

「習字の授業、室内のほうがよくない?」
「アメリカのミュージシャンが日本人より礼儀正しいって、都合いい設定だなオイ!」
漫画やゲームで都合良すぎる金髪美女を山ほど見てきたことも忘れて、突っ込んでしまう。

これまでのゲームなら気にならないことに違和感を覚えるのは、VR空間だからだ。
ドット絵のゲームなら、スイカの切り方が鋭いな!とかいちいち思わない。
この感じがまた楽しい。


3D映画に慣れたように、いずれVRに慣れたら、この楽しさは感じなくなってしまう。
何年か経てば、PSVRレビューで興奮している記事を読んでも、
「へえ、あれでも発売当時は衝撃だったんだ」
程度の感想しか持てなくなる。
だから、この楽しさは今だけ。

コツも何もわからない1周目のクリアはBランク。1プレイ45分ほど。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

PSVRの「THUMPER」は未来っぽい

金属ハネムシが疾走する。
金属の虫のような何かが疾走する。

DSCN0385.jpg

PSVRで配信中の「THUMPER」は、未来っぽいゲームだ。

1995年に生きる少年に、
「こんにちは!僕は未来から来た2017年の君だよ、証拠にこれが未来のゲームだよ」
とボンバーマンRを出したら信じてもらえず逃げられるだろうが、このゲームを遊んでいる姿を見せても逃げられる。

海外レビュー動画

VRゴーグルをかぶると、レールの上を駆ける一機の昆虫になる。
金属のような光沢の昆虫型のなにかが、凄まじい速さで走る。重低音がずっと響いている。

リズムに合わせて光る床が迫ってくるので、踏むと同時に×ボタンを押す。
カーブする場所では左右にスティックを入れる。
タイミングよく×ボタンを押す、シンプル、かつ超高速、レースのようなリズムゲーム。
超高速で移動するけど、背景がなく、スピードが変化しないのでVR酔いは起こりにくい。


だんだん難易度が上がり、ボタンを押すだけか、押しっぱなしで障害物を突っ切るのか、
瞬時に判断してレールの上を駆けることができるようになる。

反応速度ギリギリでボタンを押す。
限界ギリギリで対処しているところにさらに負荷をかけ、ギリギリのスレスレをいくと、無心になる。

プレイしている姿も、ゲーム内容も「洗脳」っぽい。
まばたきも忘れた機械になっていく快感がある。
金属ハネムシは俺だ。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

突然配信されたPSVR「GNOG(ノッグ)」で好奇心の扉を開けよ開けよ開けよ


宇宙に散らばる我々の頭を開けよ開けよ開けよ(残響音)
DSCN0363.jpg

PS4のダウンロードソフト「GNOG」が予告もなく突然配信された。
VR対応で、ゴーグルをつけてプレイするとよりドラッギー。
パズル要素で疲れてくるかもしれないのでTV画面で普通に遊んでもいい。

「宇宙に浮かぶ箱を開けていくゲーム」。

宇宙人の頭なのか、神の作りしオーパーツか、とにかく箱のようなものが次々と現れる。
メッセージも設定も何もわからないまま、プレイヤーはボタンやスイッチをいじって、
「ここを押すと光るな…」「このツマミがこれで…」
と、手探りで仕組みを解明していく。

ひっくり返したり、ここボタンじゃん!動くじゃん! なんてやって、全ての仕組みを解明すると、
パッカーン!と箱が開いて、なにか薬物中毒者の幻覚みたいなものが一面に広がる。
VRモードだと、より一層臨場感がある瞬間だ。

連想するのは、幼児向けの玩具でボタンとかいっぱいついた、なんていうか、謎のブロック。かたまり。
こういうのあったな…と。

VRモードの「この世にオモチャと自分しかない空間」は、子供がオモチャに夢中になっているときを再現したようでもある。
自分の場合は、小さいころにラジカセや電子レンジのツマミをいじるのが妙に楽しかったのを思い出した。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

PSVRに「360チャンネル」対応!

一応VRゴーグルがなくても映像は観れます。
360チャンネル


イメージとしては、プラネタリウムで観るテレビ番組。
3D映像ではないので、「そこにいる」感はない。

グラビアアイドル系の番組が目立つけど、実際は女の子が超でかく映って、進撃される側みたいになってしまう。
VRとお色気は意外と食い合わせが悪い。解像度も荒くなるし。

第4のダチョウ倶楽部になって、間近でお約束の芸を見るって企画は、
バカバカしさがより際立っていた。
振り向くとスタッフさんが苦笑いしているのも味わい深い。

スピードボールを間近で見たり、左右に首を振りながらテニス観戦したり。
生放送で、実際のスポーツ中継がこんなふうに見れるようになったら、
横の観客見てて得点入れる瞬間を見逃した! とか多くなるだろうけど、それも含めて面白いかもしれぬ。


一押しは「アニマル調査団」

「ゾウの踏んだうどんはコシがあって美味しいのか?」
とか、変な企画をしながら動物の生態もちょっと学べるバラエティ。
普通の動物番組では感じない「動物の不快さ」があった。
正直いうと、近い!臭そう!

全方位映像なので小さい虫とか、ゴミとかも映り込んでしまう。
脱臭されてない動物本来の姿。

アンタッチャブル柴田らと同時にVTRを観るという形式なので、
「右にいる!」「足元!足元!」
とか、声が入ってくる。スタジオのみんなと一体感があってまた面白い。
再生数では、きれいに撮られた猫ちゃんに、圧倒的に負けてるんだけど。

熊本地震の被害を記録した映像。
「前後左右どこを見ても被害」で、ニュース映像とはまた違うショックがあった。
目の前には新しくて無事だった家があり、振り返ると古い家が倒壊してたりする。

レゴランドのリポートでは、話には聞いていた
「子供が楽しめる目線にあわせて作ってある」のが実感できた。
レゴの魚と本物の魚が共存する水族館で、レポーターが本物のサメに一番喜んじゃったのが笑えた。

バイオ7でVR酔いに参る

VR酔いをしている。
認めなきゃいかんのかー。自分は酔いやすいと。
VR体験をめいっぱい楽しめる体質ではないと。

元々ぼくはゲーム酔いを全くしなくて、
3Dのゲームが出始めた時期、多くの人が「酔う」と言っても、意味がわからなかった。

だけど、VR酔いにはてんで弱い。
対策をしてあるバイオハザード7でもダメ。
前に進むと、そして止まるとダメ。脳だけ前に進もうとして、コツンと頭蓋骨の内側にぶつかっちゃう感じ。


ゲーム慣れしてなくてもバイオ7をやってる人がいるので、
いわゆる「ゲーム酔い」と「VR酔い」は別のものらしい。
そういえば心当たりがある。
自分は人より、公共の乗り物や、エレベーターでふわっとなる瞬間が苦手だ!


VR酔いは急停止と旋回で起こりやすいので、バイオは酔い対策として、その場で回転するときにスムーズに視点が動かず、パッ、パッ、と何度かに分けて回転する。
それでも厳しいってことは、視点固定型か、よほど酔い対策が進まないとVRゲーが遊べないってことか…?

今遊んでいる「つみきBLOQ」ってパズルゲームでは大丈夫だが、これは動かずじっとパズルを解くもの。
鳥になって自由に飛ぶことができず、高い機器を買ってチンパンジーの知能テストをしているとは、なんたる皮肉!

いやホント参ったな。VR体験しちゃうと普通のゲームも物足りなく感じてしまうし。
車酔いにはスルメやレモンのグミとかがいいと聞くけど、スルメの匂いがするゲームって嫌でしょ。
クラーケンと戦うときとか、イカ娘VRの臨場感を高める効果しかない。そもそも発売されてない。

「視点固定型だけど、アクションのような緊迫感を出すゲームシステム」
の発明を待つしかないのか。
とにかく、たいていのゲームは楽しめる自信があっただけに、参ったなー、の一言です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

↑