FC2ブログ

PSVR「ライアン・マークス リベンジミッション」開始!

来た!これは来た!モーションコントローラ2本持ちのVRゲーム「ライアン・マークス」
腰のホルスターに手をかけて、銃を持って撃つ。
肩にかついだマシンガンを取って敵をなぎ払う。
普通に撃ってもなかなか当たらないので、銃を目の高さに合わせて、片目をつぶって照準をあわせて撃つ。
マウスやコントローラでエイムして、緻密にヘッドショットする快感じゃない、もっと子供に戻って「アクション映画ごっこ」ができる楽しさ。

隣の部屋に行くとき、誰もいなくても
「動くな!」
って言いながら遊びたくなる。

頭を下げて攻撃を避けたり、胸の弾薬を取ってリロードしたり、いちいち両手を動かして、世界にふれる楽しさ。
いろんな映画やゲームで「ダクトに潜り込んで潜入」「ピッキングでドアを開ける」をやってきたけど、ぶっちぎりで一番楽しい!ダクト潜入ってこんな!?って「メタルギアソリッド」以来のニヤニヤが止まらんぜ。

「VR酔い」は、完全にないとは言えないけど、
バイオハザード7のVRモードを、体験版すらできなかった僕でも大丈夫なように仕上がってる。
酔う人用に完全対策されたモードもあれば完璧だった。


隠れ家では、銃にパーツを「ガチャっ!」と付けて試し撃ちができる。
手の届くガラス瓶やライターをちゃんと取れる。ガラス瓶を投げて空中で撃ったり、消火器を撃つと爆発したり、ふれたものに反応がある。わかってるなあオイ!

騒ぎを起こすシーンで、警報のボタンがあればいいのにDJの機器があってボタンを操作できるとか、1時間しかプレイしてないのに何度も「わかってるなあ!」ってうなった。

大味なアクション映画の見せ場だけをつないだような展開、リアルに血が出たり悪事で人を苦しめるような後味のわるい描写もない。ポップコーンムービー的。両手ふさがってるからポップコーン食えないけど。
あるいは(今もあるのか知らないが)ゲーセンの、勝手に移動するタイプのガンシューティングの超強化版。

スコアを競うモードでやり込み要素もあるけど、買った日にストーリーモードだけはクリアした人が多いので、相当タイトに、遊べる部分を凝縮しているようだ。

以上、ロンドンから報告でした!
痛って! あっ、また奴らの襲撃だ!一通り片づけたらレビューするぜ!

みんなのゴルフVR体験版

ゴルフゲームのパッティングって本物と違うんだろうなーって、うっすら感じてた。

プロですら腕が動かなくなる症状を引き起こす繊細なところが、ゲームではボタンひとつでポンと簡単に入る手軽なとこになってるなーって、なんとなく感じてた!

「みんなのGOLF VR」体験版が来てました。
今回は「打ちっぱなし練習場」だけ。コースに出るのはおあずけで、操作方法だけの確認。
ゴーグルを通してみるとコントローラの先からクラブが!
フォースに覚醒したゴルファーがブオンとビームクラブを呼び出す感じ。

立ってプレイするスタイルで、クラブの先が地面につくと軽く振動がある。
これで手元からボールまでの距離感がつかめるようになってるんだ! ここに行きつくまでの試行錯誤を想像してちょい感動。上空を飛行機が飛ぶ音がして「む」と振り向いたりしてVRならではの感覚に喜びつつスイングすると…まあ感動するほど…曲がってる!

ナイスショットがボタンひとつでできるのがゲームの楽しさ。
ナイスショットができるようになるまでを楽しむのが現実のスポーツの楽しさ。

サッカーゲームなんかが実写と見間違う映像になって、本物の実況アナウンサーがついたとき以上に「みんゴルVR」は本物に寄った気がした。まっすぐ打てねえ!
そのかわり、アプローチで正確に寄せただけで嬉しい。パッティングで入った気持ちよさは他と比べ物にならねえ!

体験版を出す意味がある。
「絶体買う!」と「これなら今までのでいいや」に別れそうな内容だ。
10年前にwii sportsがやった「実際に動くスポーツゲーム」のもうひとつ次の段階へ、みんゴルって大ヒットシリーズがついに進んだ。

20年ぶりのテトリスの主役は、4つ連なったやつからT字のやつになっていた



禅をテーマに、VRゴーグルで没頭するテトリスエフェクト。中年男の体系にムカついて筋トレを再開したので、イスに座ってVRゴーグルをかけたまま足の筋肉をつけるバンドに縛られ、その姿、サイボーグ戦士の制作過程といっても過言ではない。

僕の姿も衝撃的だがテトリスも衝撃だ。
今さら感があるド定番なのに、ぷよぷよテトリス、新しいテトリス99と、3作続けてアプローチを変えて話題になっているの。

さらに衝撃だったのは、テトリスで一番重要なのが「縦に4つ連なったやつではない」ことだ。
(これから、eスポーツとして追いかけている人には10年遅い話をします)

テトリスはブロックを隙間なく積んで、4つのやつがなかなか来ない、からの、一気に消す!のが醍醐味だったし、やってない人にはそういうイメージで止まってるでしょう。
今は、一番重要なのがT字のやつになってる。主役交代。

衝撃。T-spinというのがあるとは聞いていたが、テトリスは長い歴史の中で研究がすすんで、上手い人たちが「こういうのもできるぞ」と、4段一気に消すより難しいT-spinが美しいものになっていた。
あらかじめT字のくぼみがある積み方にセッティングして、普通に落下させたら入らないT字のブロックを、回転させて、はめ込む。

上級者のプレイ動画を見たらすごかったね。隙間なく積むより難しいし、ぐちゃぐちゃに隙間だらけの壁に、回転したらどう動くかを、ゲームの法則を熟知したプレイヤーがくるくる入れていく。
最初から完成されたように見えるゲームなのに、やりこんだ人がルールを変えていった。

もちろん高等テクを目指さなくても、ある程度自由にアプローチできる。
禅をキーワードにしたテトリスエフェクトは書道にも見える。
右上の墨が刷り上がって来て、正面のフィールドに何を描くか。無の境地に届くか。

「アストロボット」を「マリオみたい」と語られるのが気になってしまう


画面写真見ただけでそう言いたくなるのは、まだ、わからなくもない。
ゲームやらないオカンも、敵を倒すのは「マリオみたいなもん」に見えるだろう。

でも実際に遊んだ人からは当然「違うよ」って口をそろえて言うと思ってたんで、驚いてる。
野球とバスケぐらい違うじゃん。将棋とチェスぐらい違う。肉と魚ぐらい違う。
野球とバスケはボール使って運動するんだから同じもの、という考え方なら、そういう感性の人ならしょうがない。わしの負けじゃ。

パッケージにもある巨大な「おともだち」ロボに助けられるシーン、100回は観たありきたりな場面なのにVRだと感動する。あれをなんか、巨人兵のパクリみたいな言い方する人がいたら、かわいそう。

ダブルラリアットでぶん殴ったり、プレイヤー自身が頭突きでガンガン壁を壊したり、
仲間に「迷惑かけやがって!」とばかりにケツを蹴っとばして救出するアストロボット。蹴っ飛ばしはいかにも海外で受けそうな演出。
マリオに対するソニック、いや、クラッシュバンディクー?
どっちでもいい。もうすぐ終わりそうだ。
敵よりも、まだ終わらせたくないという気持ちが全クリを阻止する。

本編とは別に、僕自身が見つめないといけない「カメレオン」探しや、やりこみ系のミッションもある。
完璧に距離感のわかる3Dアクションだから面白いけど、
水を浴びて驚いたり、暗闇に目をこらして進む面白さとは別なので淋しい。

↑ここまでがラスボスに挑むまえに書いたところ。


今から休憩取って、たぶん最後の面だ…。行くね。
いや、まて、風呂に入って完全に髪を乾かしてから。

酔いどめや気分転換には、グミを冷蔵庫で冷やして硬くすると手も汚れなくてオススメだ。これが甘さ控えめで好きなやつ。リンク貼ろう。


ところでグミってゴムのドイツ語読みって聞いたけど本当かな。よし、風呂。


風呂わかしてなかった。シャワーにする。
さっきまでシャワーを浴びせて「キャー!トゲトゲの敵さんのエッチ!」状態だったのに今度はふつうにシャワーだ。

よし、まだ髪が湿ってるけどゴーだ。
ボスはキングコングオマージュだったりしたけど、5匹目も今話題の映画モチーフ!
これはとにかく楽しい!楽、し、す、ぎ、る、としか言いようがない!
でも本当のラスボスはその次だった。


オープニングでVRゴーグルを奪ったこいつが取り出した、究極の武器は…バーン!!

DpF7f-hUYAAHDXQ.jpg

そうか!それなら五分五分だ!(でもそのグリップ痛くない?)

ゲーム内にハードが出てきて、機能を駆使するのはPSVITAの「テラウェイ」と同じだ。
同じジャンルのゲームで、カメラで自分の姿が登場したり、背面タッチパッドで指がゲーム内に飛び出す「テラウェイ」。
あれも風を起こしたり、ゲーム内のキャラクターが「僕」の存在を知ってた。
トランポリンを使ったアクションは似てるかも。
温かいゲームだったけどセールスは振るわず、VITAも生産終了になった。

アストロボットがマリオに似てると言われたら「うーん?」だけど、テラウェイの精神は受け継いでいるかもしれない。
この凄いハードでみんなを驚かせたい!楽しませたい!と本気で思ってる人が作った感じ。

ラスボスとの戦いは、死闘というにはあまりに楽しくて。
このゲーム自体が、長時間だと疲れやすいVRにあわせて、量よりアイデアをきっちり詰め込んだ感じ。
「プレイルーム」に収録されていた巨大インベーダーゲームを思い出すシーンもあって、意味不明な感動にまみれて、決着。

あー、楽しかった!
スパイダーマンに続いて、PS4pro値下げ直前にいいのが出たなあ。

PSVR「アストロボット」の感想は2018年の今、残さないといけない



PSVR「アストロボット・レスキューミッション」半分くらい進んだ。
進むほど夢中。
テクノロジーがこんな風に進化していくんだから、人類の未来は明るい。
公式ページ

ロボットを操作して、パンチとジャンプで進む。
それを、VRゴーグルをした自分が見下ろしている。

3Dアクションゲームは、キャラクターの後ろからカメラがついてくるのが普通。
だけど、カメラ役の自分はどこを見ててもいい。
むしろ、よそ見をさそうオブジェで溢れている。魚も花もきれい、下には洞窟、見上げれば太陽。
「ステージ開始直後に、本当にうしろを振り返ったら隠し通路」
とか、横道をのぞき込んだら隠れていた敵と目が合うとか、360度見回すこと自体が楽しい。
箱庭好きなら狂喜の空間が広がって、広がった空間の中に自分がいる。

たまに、操作するキャラを見失う。
普通のゲームなら減点だ。主人公が見えなくなるなんて。
でも、「あ!木々に見とれてた、あいつどっかいっちゃった!」ってなって、おお、足元にいたんかい。

この一連の流れも、ペットと共に歩んでいるようだ。
キャラクターを操縦するんじゃない。パートナーと一緒に災難に遭い、冒険していく。

PSVRとセットでついてくるソフトに、これの元になったゲームが収録されている。
面白さ以前に、画面が前にぐっと動いただけできもちわるくなって、
「これがVR酔いかー!」
と、思い知らされた。
あれの完成版なんか…と思ったけど、画面スクロールを調整してかなり酔いにくくなってる。
幾人もの開発者が酔って泡噴いて倒れた結果だろう。ナイスガッツ。

特に、海と空!
自分が操作するロボといっしょに海に潜り、風を錯覚して、高さにビビり、面クリアするたび「未来のゲームだ!」って謎の幸福感が湧いてくる。

この感じは今しか味わえない。
「ジュラシックワールド」や「アバター」に本気で熱狂した人は、リアルタイムで映画館で観た人だ。
このゲームも、世界中でまねされて、何年か後には新鮮味っはないかもしれない。
だから、今やるしかない。今のテンションを記録しておきたい。


プレイ時間が短いぶん、アイデアが凝縮されて次々出てくる。
急に何か飛び出してビックリとかじゃないぞ。もっと品がある。
敵のメカゴリラが吐きかけてくる「つば」が透明だったり、クジラに呑まれても内臓をリアルにしすぎず、気持ち悪くならないよう抑えている。
海中ステージは、子供のころ水中メガネで海を覗いたような感覚で下を向いて、推定6メートル下でちょこちょこコイン集めしたり、イルカを目で追ってたらその間にやられてたり。

奥から波が来るシーンでは、自分の動かしてるキャラが波にのまれて、その後リアルに自分に波が迫ってのけぞる。
「テレビの中のできごとじゃなくて、俺まで巻き込まれるんかーい!」
異常事態に笑ってしまう。
そして、うっとり海中遊泳を満喫して、太陽にむかって浮上したら、俺の頭…!




この後しばらくワカメが垂れた状態で続く。
今の状態これだぞ、とばかりに鏡があって、ロボットになった自分が映ってる。
「しかめ面すんなよ、お前の顔おもしろいぞ!」
って感じでいつの間にか仲間にされてた。
と同時に、ゲーム配信中に自分の部屋が映らない配慮にもなっている。仕掛けがこってるし、センスがある。品があるよ!演出に品がある!

PSVRは外と完全に遮断されるハードだ。
立ち上がって木の上を必死でのぞき込んだり、太陽についつい見入っちゃったり、頭と手先を同時に動かして「2人同時」に戦っているとき、
「いまどきのゲームはよくできてるなあ」
なんて考えない。
「よっ!もうちょい!何かある!やった!楽しい!」ぐらいしか考えられない。
このゴーグルをつけてる間は馬鹿になれる。子供に戻れるのだ。
↑