FC2ブログ

NETFLIX「ネバーランドにさよならを」と、ノーナリーヴス西寺郷太さんの生配信を観た。

「ネバーランド~」は、マイケル・ジャクソンに性暴力を受けたと告発した男性と家族らの番組。
かばう側だった男性が、
「当時はマイケルにされたことが愛だと感じたので嘘をついた」
本当は性暴力を受けていた、とするもの。
ドキュメンタリーというにはマイケル側の言い分は出さないので、
映画というよりは「告発」。死してなお各国で議論になっている。

マイケル知識がない僕からすると、正直「なんかやってるのかな」とは思ってた。
根拠はと言われると、顔とか、立場が、なんか隠してそうな・・・。
事実と食い違う点があるといわれても、たとえば子供のころのいじめっ子に具体的に何されたかを語ろうとすると、ああなるよ。むしろ記憶を振り絞る勇気を褒めてほしい。


そんな作品の公開を受けての、ノーナリーヴス西寺さんがニコ生で放送してるのを観ました。マイケルをはじめ海外のポップスを研究しまくった大ファンが、あの告発にどう発言するのか。

「ネバーランド~」が一方的な作りだったので、詳しい人なら反論はできるんだろうなと思っていたけど、それ以上に、
うっかりあの映画を見て暗い気持ちになった人に
「その気持ち、背負う必要なかったのかもよ?」
と言いたくなるものだった。


放送でざっとマイケルの人生を振り返ったんだけど、うさんくさい人に声をかけられては、たかられ、お金とられての連続で、ふつうにかわいそうな人だ!
大人にむしられ、子供たちと「高度なうたのお兄さん」みたいになったら、今度は「うちの子供が性的なことをされた」という人が現れ、無罪だったのに悪いイメージだけ残ってしまう。

権力で逃げ切ったような無罪じゃなくて、FBIに盗聴されてメディアに監視されて、つねに人目にさらされて、出せる情報は出尽くしてもなお「やってない証拠」はないだろうと訴えが出てくる。
内面になにを抱えてか知らないが、どんどん顔が人工的になっていく。

西寺さんがうんざりしていたけど、無罪が決まったときの証拠音声とかは、マイケル側じゃない人が勝手にYouTubeにあげている。
「マイケルってあやしいよねー」って人に限って、探せばネット社会、かんたんに出てくる証拠は見てくれない。俺のことか。


少年がどこまで触られたとかは、たぶん永遠にわからない。生々しい話もあった。性欲と愛情どっちもあったのかもしれないし、嫌だけど有名になりたかったかもしれない。


一夜明けた。
冷静になった。

そもそも何を議論していたんだっけ。
これはマイケルが「無罪or有罪」って話なのか?

ここからは僕の個人的な感想ですが、番組で語られる行為は、たしかに「うわあ」とブルーになる話だった。
なぜブルーになったのかを解体してみると、マイケル個人のことじゃなくて、世界中で暴力があることを想像して「うわあ」なわけで、
マイケル・ジャクソン個人が子供と一緒に寝たかどうかなんて、そういう規模じゃない。

中には「スリラーよく聴いてたのに!裏切ったな!」って人もいるだろうけど、
番組を観て「マイケルは犯罪者だ!」と怒ってる人は、個人ではなく
力のあるものが弱者に口封じできる世界に対して怒っているのではないか。

暴力夫がたまに愛してると言うと妻も訴えづらくなるような、見えにくい暴力が世界中にある。見てはないけど、あるだろう。
そのやるせなさに番組が点火した。

マイケル側のファンも、100%彼を善良と信じてる人ばかりじゃない。
だけど、証拠もない、事実はわからないのに、愛する人を名指しで性犯罪者扱いされて反発する。

どっちがわも、じつは結論が出ないのはわかっている。
なら、せめて罵りあうんじゃなくて相手の考えを想像することが、映画の役割だと思うし、マイケルの歌詞の内容にもあっている。

無職のヒモ男がリラックマの比喩で出てくるNETFLIXの「リラックマとカオルさん」

「どーもくん」制作チームの新作が「リラックマとカオルさん」。
日本から世界に向けて本気のカワイイやつをぶっ放すと思いきや、「レンタネコ」の荻上直子成分が濃かったのか、なんか…へんなもの観た。

イケメンと付き合って癒されることばかり願っているアラサーOLのカオルさん。
彼女の心の疲れにつけこみ、リラックマの着ぐるみを着た無職のヒモが転がり込んでくる。
(この解説には勝手な解釈が含まれています)



「カオルさん」の家に住み着く、クマの着ぐるみって設定はもともとあったもので、それを映像化したらこれだー!って突きつけられた感じで。主人公のカオルさんは会社での仕事ぶりも失敗してるようではないし、見たかんじも悪いようには見えないけど、自己評価がきびしくてすぐウジウジ言い出すOL。そのわりにイケメン見たらすぐ惚れる。
さびしさのあまり、夢にもイケメンが2人出てきて、
「夢の中でも選べなかった」って朝から落ち込んだり、だいぶ休みが必要。カウンセリングが必要。

この人が落ち込んだところをリラックマに癒されるんだろう、と、思うでしょう?
ところが、なぐさめようとするリラックマに対して、お前じゃねえ、私を癒すのはイケメンとの結婚であるという態度を崩さず。
リラックマも泣いちゃって大きい鍋を持ってきてその中に入って、
「せめて私をクマ鍋にして食べてください」と、お箸を差し出したりするし。

笑うべきなのか狂っているのか、戸惑うシーンが多くて、全然ゆったり見れない。
クマ鍋にしようにも、リラックマって謎の着ぐるみなのに。

「この場面をよく見ると、背中にチャックがある?」
ってチラ見せするんじゃなくて、クマの皮を脱いで洗濯を頼んだり、はっきり「中に何かいる奴」として出てくる。
だから、心が弱ってる女性にこいつが近づいてきた時点で、何も考えずに癒されるのは無理なんだけど。サイコックマ、単にかわいい生物として見れます?

思ったのは、いつの間にか居ついてしまった毛深いヒモ彼氏の比喩としてリラックマを使っているのでは、という観かた。それなら意味が分かる。
背中にチャックがあるキャラに癒されてるってことは、こう見えてるんだぞ!って大人にも深読みできるようにしたのでは。

女子高生の幽霊が出てくる話で、彼女が動物園にクマを見に行こうとしたら交通事故で死んで化けて出たことを知ると、
「クマに恨みがあるだろうから、せめて一発蹴りなさい」
ってカオルさんがリラックマを羽交い絞めにするシーンも、軽めの動物虐待に見えるけど、ゴロゴロしてるだけでガタイのいいダメ男だったら笑える。

リラックマにはそうして中の人の表情を想像すれば楽しめるようになったけど、カオルさんが見てて疲れる。彼女自身も特に会社で失敗した様子はないけど疲れてる。

どーもくんなんて超狭い洞窟みたいな所にいたけど、あいつら狭い場所でも自由だった。
カオルさんは精神的に閉じ込められているようで、観ていてつらい。
コマ撮りの映像は凄すぎるレベルで、むしろ普通にCGアニメみたい。

ダーマのDLCをインストールしながら「じゃじゃじゃじゃ~ン!」を推す

今日は日付が変わったと同時にスパイダーマンの追加コンテンツ発売!開始!

と見せかけて、通常通り昼まで待たないと配信されず!
遊べるのは仕事から帰ってきた後!
遊びから現実へ!
まさに現実の厳しさを叩き込まれている急転直下の現実落とし!ヤベエ!パねえ!

やることがないので、NETFLIXで「バーフバリ」観る!
ウゴウゴルーガの精神的後継番組「じゃじゃじゃ~ン!」をリピートして観る!!


強烈に印象に残るこの2作は、どちらも「その国じゃないと作れない感じ」が出てるという共通点がある。バーフバリはインドのスケール。精神。道徳心。多少作り物っぽかろうがCGが丸わかりだろうが堂々としていて、笑いが出るまで異文化でぶん殴られる。盗賊とか牛の群れとかの人数がいちいち人数が多い。
船を操縦するシーンとか、船の操舵をぐるんと回すと、ファイナルファンタジー5みたいに船が飛空艇に変形して光射す雲海の中を飛んでいく。
暴力シーンがダメな人にはすすめないが、合う合わないかはともかく圧倒的な「何か」ではある。



デジタル洗脳麻薬系TV早朝こども番組「じゃじゃじゃじゃ~ン!」
無料視聴サイトティーヴァーのページにリンク

パンダの着ぐるみを来た子供とAIが、イケメンや応援団と話をしている。
とりあえず「はやってるからパンダとAI」みたいな節操のなさがいい。番組全体のリズムがいい。
そういえばゲームの「リズム天国」のセンスにも近い。

子供番組らしくダンスのコーナーもあるんだけど、そこの歌詞が
「しろいじゃ~~ん」
「しかくじゃ~~ん」
「とうふじゃ~~ん」

って感じで、意味はない!
それと、ぜったい子供が考えた歌詞じゃない。

大人の考えたおもしろい言葉を、心底たのしそうに声に出す子供。
おとなとコドモのコラボ感。
子供がダパンプの「USA」を歌うけどサビしか知らないところなんて、「うわ!リアルに子供っぽい!アドリブだ!」って、嬉しくなる。

大人の理想にあてはめた「よいこ」に「正しいこと」を言わせるんじゃなくて、
これ面白いんじゃないか、こういう変なキャラ、ちょっと気持ちわるいキャラを本当は子供が喜ぶんじゃないか?って、大人はひたすら場を用意する。進行はお笑い芸人と、ある程度子供の自由なアドリブに任せる。
幸せな光景。
そして大人が観ても単純に楽しい。次回はリアルタイム視聴を目指すぜ。4時台だっけ…

今のNETFLIXお薦め番組は「グッド・コップ」と「ヒルダの冒険」


イギリスのコミック原作のアニメ「ヒルダの冒険」をずっと見てた。
夕暮れ時のムーミンみたい。終わっても、どこか遠くで彼女らの生きる世界がある気がする。

主人公ヒルダは、トロールやエルフのいる荒野に住む女の子。
外を駆け回り、興味あるものはスケッチブックに絵を描く。
この子が町に引っ越して、町の子と価値観のズレや、ファンタジー感あふれる生き物が毎回騒動を起こす。

とにかく動く動く。でっかいブーツで走る走る。
頭がかゆいから調べたら、髪からノミみたいにちっちゃいネコがニャーニャー出てきて、
「シニャミ」ね、ってお母さんが普通に取ってくれるんだけど、え、何その生き物、自然に受け入れてるけど何!って、他のファンタジーもので見たことない感じの生き物が毎回出てきて新鮮。話に絡んでこないモンスター?を見るだけで楽しい。

ヒルダの「田舎の子」描写もいい。
アニメの田舎の子って、異常に純朴で心優しい子に描かれたりするけど、もっと自然。
見た目も行動もどちらかというち街の子より都会的。
大人の言われるままに「きちんと」行動できる街の子より理知的で、自分の意見を持ってるから浮いてしまう。

お母さんが、街に越してきたばかりのヒルダに、
「公園で遊んでる子たちにあいさつにいってきなさい」とうながす。
その子たちは結局あまりいい子じゃなかったので「仲良くしなかった」と報告すると、お母さんは
「そう、じゃあそんなあなたを誇りに思うわ」と自然に言う。
「今日はいい天気ね」ぐらい当たり前に言う。あー、この親子好き。この子の成長を見ているだけで幸福。





実写ドラマでは「グッドコップ」
主人公はマジメすぎる警官。父親は年を重ねても悪ガキ感が抜けない。
対称的な親子の変則コンビものみたいな。

まわりも、マイペースを崩さず、容疑者が逃げても絶対追わない刑事、
敏腕でアクティブな女刑事、
ハイテク機器を操るオタク刑事ら。癖はあるけど憎めない面々。

彼らがわーわーと一致団結しないまま、なんか事件が解決してしまう1話解決型ミステリー。
コメディ要素はあるけど、大げさな笑いはない。品がある。軽い。

おl気に入りは、みんなでボーリング大会に出るの巻。
ニューヨークの警察はそんなのどかな毎日送ってるはずないんだけど、大学生みたいにみんなでボウリングしてキャッキャいって遊んでいる。ワルめのお父さんだけが、ヤンキーが祭りに夢中になる感じでボウリング大会に本気。

そんな中、ピンを倒したので、レーンに入って次の白いピンが補充されるのを待っていると、血に染まった赤いピンがゴトンと並ぶ。
裏の、ピンを補充する機械を整備したりするところで従業員が死んでいた。
誰に襲われたのか?
手がかりは、普段仕事をしている中でふれていた貸しシューズやボール、ゲームコーナーに隠されている。

一方、主人公の超マジメ刑事は、10歳のとき以来のボウリングでミラクルショットを連発。
マジメの度がすぎてるので、捜査よりもプロボウラーへの転職を考えはじめる。

こんな展開、現実ではありえないだろ!って言い出すのがヤボ。
ふざけた展開を、しっかりと予算をかけて、出演者みんなで優雅に楽しんで作ってる。


2作見て思ったけど、NETFLIX限定配信といって、地上波ではできない過激さを売りにするのはとっくに終わったね。
たっぷり予算を用意して、作り手が本当に好きだったものを素直に作っている。

「水曜日のダウンタウン」で空手家が蹴り折ったスポーツ用品は「廃棄予定」


今週も「水曜日のダウンタウン」を見ているわけです。

「100歳以上のヘビースモーカーを探す」企画。
ご長寿スモーカーたちを探して、タバコのうまさと、自分がどれだけ健康かを語らせる。
戦争の苦労話を聞いて平和のありがたみを考える…番組じゃないので、
「地上波のバラエティでタバコを映そうぜ」
から始まった映像にも思える。

みんな高校生じゃあるまいし法律に違反してないぞ、
貧しい時代にせめてもの楽しみが食後の一服だった、人生の大先輩にやめろと指図できるのか?病気にもなってないぞ、
と反論の準備をして、
最後は、なんとなくいい話のように、視聴者を煙に巻いてしまった。


もう一つが問題企画。
「プロVS空手家のスポーツ対決 ただし空手家が一発道具を蹴ってから」

本物の空手家がバット、ゴルフクラブ、剣道、カヤック、ビリヤードの道具を蹴りで折る。
青春をかけた人たちがいる道具を次々と折る不愉快な映像を、それでも凄くて見てしまう。

剣道の竹刀を蹴りで折って、それを相手に持たせて試合をする。
折れた竹刀を使うのは危険だと苦情もあった。
だが、折ったのが芸人だったり、道具を使ったら苦情はそれどころじゃなかっただろう。
折った空手家の鍛錬と、演武の「バット折り」はどうなんだ、という言い分が苦情を抑え込んだ。


ダウンタウンはその昔、バラエティ番組でわざと食べ物をグッチャグチャにして、絶対捨ててるのに、
「のちにスタッフがいただきました」
と、これ書いとけばいいんだろ?とばかりに、表示するようなことをしていた。
物を壊したり、食べ物で遊んだり、やってみたいからやる。

「水曜日」スタッフはダウンタウンを見て育った世代で、昔の番組企画をリスペクトした内容をやったりしている。
今回、スポーツ用品を次々と蹴りで折る場面を流した後、
「折った道具は廃棄予定のものを使用しました」
と説明があったんだけど、本当かな。
その言葉の意味、二通りないですか?

「剣道場から、捨てられる前の竹刀をもらって、折りました」
なら廃棄予定の道具を使っているけど、

「撮影したあと捨てるつもりで、新品の道具を買いました」
でも、廃棄予定の道具を使ったといえる。
↑