サバクのネズミ団!プレイ日記

前回の日記のあと、砂漠の途中で巨大エイリアンに沈められた一行。
奴を倒すため、最大級のサバクフネに乗り換えた。

WVW69jnyJLIenXF69Y.jpg

でけえ!
移動式ディズニーランドみたいになってっけど、でかさで敵を蹴散らす!

前に戦ったとき、ネズミが銃の前でウロチョロして何もしない現象があった。
あれは弾をリロードしてないのに「そこでなんとかしろ」と命令したのが原因だった。

持ってる弾に応じて(今の段階では一番弱い武器に限られる)リロードしておいて、
新しい武器の材料が落ちてないのでひたすら数で勝負。
マシンガン4基搭載の巨大車両になった。

ネズミのテンションを上げる「サルーン」で音楽を流して行動速度を上げて、
料理とクリニックも完備。
これでさすがに行けるだろ!と巨大エイリアンに再戦。

総勢8匹に増えたネズミ団が撃って撃って撃ちまくる!

「ズガーンッ・・・」
砂が舞い上がった。

ついにやったか?
これからエイリアンが沈んでいく予兆か!?


と思ったら、移動中、ランダムで発生する
「地雷を踏んだ」
というイベントが発生しただけだった。
戦闘中にもあるのかそれ!

倉庫とマシンガンを往復していたネズミがケガで動けなくなるアクシデント。
だがその後も、船体を穴だらけにされながら、かろうじて、本当にかろうじて敵を撃退!
買い集めた弾薬はなくなる寸前。
リペアキットの生産も急ピッチだ。
ボロボロだけど大きな壁を越えた気がする。

敵襲!『サバクのネズミ団!』プレイ日記3 

敵襲!敵襲!

順調に旅を続けていたネズミ団に、これまでにない敵が襲い掛かる。
WVW69jnjRJAhUzFknU.jpg

これまで本当のピンチに陥ったことがない我々はフネを穴だらけにされ、犠牲者まで出してしまった。
その後すぐにメンバーは増えたけど、今回の犠牲は大きい。

司令官である僕が武器を増やしておくなり、すぐに全員の仕事をキャンセルして迎撃に向かえば被害は最小限ですんだのに…

もし僕が総理だったら、この対応の遅れは相当叩かれる。
「総理!見知らぬ敵への油断がこの結果を招いたのです!」
「フネの修理費、リペアキットのの材料を拾うための時間と燃料はどこから捻出するのです!?」
「ゲーム進行度の割に、まだ一番弱い武器しか持ってない。遅くないですか!?」

すいませんすいません。全て私の責任です。
食事を満足に用意せず、空腹に耐えかねた団員が倉庫の中のチーズをあさって食べる、ブラック労働環境。

きちんとした食事を用意して、植物を配置して疲れをやわらげる環境にした。

敵と戦うときに銃を撃たずに、武器の部屋に誘導しても部屋の前でうろうろしてるだけ…
みたいな状態もあった。
これもネズミの行動パターンを把握してなかった私が悪い。

だが、これだけ無能な司令官に苦しめられたにも関わらず、ベッドでは
WVW69jnjCtsyH4LHob.jpg

「グースカピー」

平然と寝ている団員の姿が!
過去の被害にこだわらず、今日は寝て、明日の風を待つ、それがグースカピーの精神。
グースカピーを見習っていきたい。
犬はワン。猫はニャー。ネズミはグースカピー。

窮鼠噛まれる!「サバクのネズミ団!」プレイ2日目!


砂漠を駆けるネズミたちの前にエイリアン(?)出現!
スクラップからネジを抽出していたネズミと、炉でガラスを作っていたネズミが、急きょ作業をキャンセルして、
WVW69jm_DcoHL97Rd8.jpg

「マジカヨ」
「ウソーン」

2匹で、かわるがわるマシンガンで迎撃&リロード。


サバクフネに穴があき、ケガネズミも出てしまったが、なんとか撃退。
獲得した虫は、加工して布になって、布はその後服やマクラになってネズミ団の生活を潤すのだった。
(マクラをひとつ作ったけど、これでネズミが増えるわけじゃない…?)

穴の開いた船には、リペアキットを作っておけば勝手にネズミたちが使ってくれる。
「シュウリチュー」
ケガをしたネズミは、看護ロボット付きホスピタルで治す。ここだけやけにハイテクだ。

そんな感じで、
1日当たりのプレイ時間が「メタルマックス4」「妖怪ウォッチ」に続く、3DS歴代3位になった「サバクのネズミ団!」
字とペンが大きければ、3DSLLだったらもっといってた。
目の疲れには「アイレッシュ」って回復ソフトがあるけど、回復力が追いつかない。

WVW69jnEL5QeqUH0FU.jpg

チキュージンから、大きなフネを買い取って、とりあえず一通りの施設は整った感じがする!
どこにどの部屋を置くかで悩むところ。
あんまりキチッとしても面白くないし、エンジンルームの隣にベッドルームとかも、気になるだろうからやめてあげたい。
(別にゲームとしては隣り合っても大丈夫だけど)

どんな食事なら効率がいいのか、とか、わかってないところもいっぱいあるけど、シビアなようでも無理しなければ死ぬことはない。
とりあえず運転要員と調理要員で2匹取られてるから、ネズミを増やさないことにはどうにもならん!

3DS「サバクのネズミ団!」プレイ初日


3DSにて800円で配信されたネズミ団。
いかしたセンス。緻密な内容。文字が小さいのは球にキズだけど久々に来たでしょ。名作。

昔から、お店を作るゲームとか、建物を作るゲームはあったよ。
決められたスペースにいろんな施設を配置して、従業員に決められた給料を払って、だんだんコンビニなり遊園地なりを栄えさせていくゲームはあった。
それを、「マッドマックス的世界観の戦車内部」に置き換えてしまうセンス。

社員に給料を払う必要はないけど、砂漠を進み続けるガソリンを補給していかないといけない。
地域によってリッター何円かも変わる。

WVW69jmwWKEjbihg_f.jpg

WVW69jmwWEAV1NWnni.jpg


ネズミたちはかつて「チキュージン」が放置していった戦車を操縦して、はるか彼方の黄金興を目指す。
戦車の中にエンジンルーム、寝床なんかを配置して、街から街へ移動する。
道中でスクラップを拾っては、加工して売ったり組み立てて新たな設備を作っていく。

腹が減ったら勝手にチーズを食うし、ねどこで寝て、ベッドに余裕があれば勝手に増えていく。
細かいこだわりが見えるテキスト。
全く新しいルールじゃないはずなのに新しく感じる。
世界に優しいBGM。たくましいネズミたちの旅が始まる。
↑