チュンソフトの新作として! 「カセキホリダー ムゲンギア」クリア後レビュー

新型3DSの登場でわが身の最期を悟ったのか、3DS本体のボタンの効きが悪くなってきた!
生きろ!生きるんだ3DS!
「カセキホリダー ムゲンギア」のストーリークリア後のやりこみ要素を終わらせる日までーーッ!!

そんな感じで、カセキホリダーが面白いです。プレイ時間が「妖怪」以上「メタルマックス」未満になった。これはもう、3DS有数のオモシロRPGで、値崩れ気味なのが何かの間違いとしか思えない。

DSCF1812 (400x236)
観察したときの爬虫類の肌の質感もすごい


最近のRPGは、クリア後が本番と言われるくらいに、ラスボス(っぽい人)が早めに出てきて、あとはずっとやりこみ要素で遊べるのが主流。
僕も昔の感覚で、本編が終わったんだからせいぜいもう一人隠しボスがいる程度だろうと思っていたのに、何人も新しい仲間や敵が出てくる。
それも、ストーリーに全く関わってこないのに主人公たちより濃い連中が次々と登場しては、やれ一緒に大会に出てくれとか、珍しいアイテムを探してくれとか頼みごとをしてくる。(マンガやアニメ版のキャラかな?)
序盤の展開がイマイチだったから、お前ら本編に出てやれよ!と思うんだけど、もはや「スタッフロールが出るまでが本編」という考え自体がなくなっているのかもしれない。


このゲームの人間キャラクターの説明からしよう!
メインターゲットは子供のゲームだから、出てくる少年少女はわりとしっかりしている。
DSCF1805 (400x248)

それに、サポートする天才科学者が小さい子供という、ちょっと変わった設定になっている。

それなのに、大人になるほどニンジャとか覆面レスラーとか自由すぎる人たちが増えてくる。
ニンジャといっても、戦闘は恐竜まかせなので、忍者らしい行動といえば煙とともにドロンと登場、退場するのと、1回だけ風に乗って移動をショートカットしただけだ。
レスラーは、単に覆面をして車を運転しているおじさんだ。
このゲームの仲間たちの特徴として、どう考えても問題のある人を
「本当はやさしいお兄さん」
とかいう説明文一行入れただけでOKにしてしまう傾向があって、アブナイ人でもみんな仲間になる。


ニンジャ、レスラーときて、もう「お馬鹿キャラ」は出尽くしたな、と思ったらその上を行くお方が現れた。
肉食男子タイラントさんだ。
こいつはすごい。急に出てきて、叫んでるだけで会話が成立してないし、ストーリーにも関わってないし、何が目的なのかよくわからないのに仲間になるし、戦闘中はずっとこんな感じだ。

DSCF1813 (400x238)

DSCF1799 (400x240)

バトルが始まったときの
「うおおおお!かわく!かわいてるぞ!俺様は!」
はともかく、ステータス異常をおこしたときの
「こんらん!? ずるいぞおおおおおお!!」
は普通に笑ってしまった。お前の最終学歴はどこだよ!

どう見てもまだ子供のキャラが、ステータス異常には、
「毒か…なんとかしないと…」
ぐらいのちゃんとしたリアクションをしているのに、タイラントさん!(笑)
メンバーの中でも年長に見える人が「特殊攻撃はずるい」って、ある意味新鮮だよ。


DSCF1808 (400x250)
ちなみに、もうストレートな「熱血キャラ」枠も「お馬鹿キャラ」枠も、すでにメンバーにいるからね!
ていうかこいつ、名前といい髪型といい主人公っぽすぎるだろ!
マンガ版では目立つキャラだったりするのかな。

DSCF1790 (380x237)
ついでに言うと、「初対面でウンコをくださいとお願いしてくる美少女」枠までうまってる!
もちろん恐竜のフンの化石という話だけどな。化石じゃなかったら大問題だ。
ミーウルさん、俺は今後の人生で「ゴールデンウンコ」という言葉を使うことは二度とないと思う。
ゴールデンウンコ…。
小学生男子だけが使うことをゆるされるようなその言葉を、中年にさしかかった俺に使う機会を与えてくれてありがとう。


キャラクター以外にも、レースの気持ちよさと探索の面白さを両方持ったマップなど、いいところはたくさんある。
後半で開放されるチャレンジルートは、レアな化石にたどりつくまでのレースになっていて、もう少し見やすいコースなら、ちょっとしたレースゲーム並みに楽しめると思うのでもったいないところだ。ドリフトも簡単で気持ちいいし。

だけど競争相手が「化石をかじってダメにしてしまう恐竜」なのは謎だ。
人間にとってはレアな化石でも、お前にとってはそれって、ご先祖の遺骨じゃないか!!そんなもんかじってどうするのだ。ヤクザ映画で兄貴分の死を悔やんで遺骨をかじる人じゃあるまいし、単に「ナワバリに入ったから追いかけてくる恐竜」と競争する設定の方が自然だ。


それと、戦闘の奥深さに注目してほしい。
バトルでは、あらかじめ使える技を登録しておいた恐竜を、最大3頭づつ選んで闘う。それぞれの技には特殊な効果や相性がある。
そこまではよくあるシステムだけど、技を選んで相手にヒットするまでの一瞬の間に、主人公の車からサポートができる。
この「サポートガン」システムが、レベルの高い人間相手の対戦だと重要になってくる気がする(対戦やったことないけど)

サポートガンは、1回の戦闘で
「攻撃力アップ20回」
「回復5回」
など、あらかじめ4種類登録できるようになっている。

回復アイテムをのんびり選んだりはできず、敵か味方が攻撃する一瞬の間にしか使えない。
だから、大きい動きでのんびり噛みつき攻撃をする恐竜などは、ダメージを与える前にパパッと回復された上、連続で防御力アップを重ねがけされて対処されるのだ。

それを見越して、どんなに防御を上げても1発で倒せるぐらい強力な噛みつきなら倒せる。
逆に防御側は、「これはいくら防御力アップをかけても防げない」
と、一瞬のうちに判断して「回避アップ」をかけて攻撃をかわせば助かる可能性がある。

これが、ほんの2~3秒の間にちょっとした駆け引きを生んでいる。それがわかるまではずいぶんテンポの悪い戦闘だなと思ったんだけど。
動きの速いツメ攻撃なんかは、モーションもほんの一瞬なので、あらかじめ
「次は回復しよう」
と思ってボタンに指を置いて準備していればなんとか回復できるぐらい。
「えーと、相手のダメージとこっちの体力を考えたら…」
なんて悠長に考えているヒマはない。

もちろんこんなややこしい駆け引きをしなくても、発掘!レース!バトル!それだけでこのゲームは楽しめる!
というか、バトル画面のステータスが見づらいとか、技の登録はどこからするのかわかりにくいとか、欠点のほうが先に目につくから、その時点でやーめた、ということになりそうで心配だ。

ちなみにこのゲーム、発売は任天堂だけどタイトル画面には開発担当「スパイク・チュンソフト」の名前があるし、スタッフロールには、初期ドラクエ、サウンドノベル、不思議のダンジョン等の名作をてがけた中村光一氏の名前もある。

僕は同世代のゲーマーに比べるとドラクエにはまったこともないし、サウンドノベルも「街」以外はほとんどやったことないけど、それでもこの人の作るゲームは一見地味だけど凝ってるなあとか、色物と思われていた実写ゲームに社運をかけて挑んだりする精神はとがっていてカッコイイなあと思っていた。

PS2になったころから、
「あのチュンソフトがどうしちゃったんだ」
という評判のゲームも出てきて、さすがに今は中村光一さん本人が直接しっかり関わってゲームを作ってるんじゃないだろうけど、
「一見わかりにくいけど、理解すればするほど味が出てくる」
中村イズムのようなものがしっかり継承されたゲームに出会えて嬉しかった。以上ッ!

(ゲームレジスタンスを読んだ直後で、普段よりやや勢いが強くなっております)


カセキホリダー ムゲンギア




ハクスラを越えるのはハックスラだ! ハックツ&スラッシュゲーム「カセキホリダー ムゲンギア」レビュー!

ダンジョンに潜っては敵を狩ってアイテムを集める「ハック&スラッシュ」のゲームが人気らしい。
しかしぼくに言わせればそんなものはもう古い。
これからは「ハックツ&スラッシュ」の時代である!ダジャレである。


DSCF1766 (380x224)


3DSソフト「カセキホリダームゲンギア」はスパイクチュンソフト開発のRPG。
主人公はライドキーパーズという部隊の新人隊員。
車に乗って山を走り、化石を発掘して、取り出した化石から恐竜を実体化させることができる。

DSCF1765 (380x223)

化石は頭、足、手、体のどれかで、どれかひとつでも発掘できれば味方の恐竜として使うことができる。
また、体のパーツが揃うほど使えるワザが増え、きれいに発掘するほど技を使うためのポイントが少なくてすむ。
言ってみれば「恐竜版のかわいくないポケモン」
あるいは「遊びの少ない妖怪ウォッチ」
なんだけど、もちろんこのふたつにない魅力もある。


DSCF1775 (380x225)

まず、移動が車。
車を選んで、重量制限の中で、走り重視の装備にしたり、発掘のときに岩を壊しやすいように強力なハンマーを積んだり、戦闘で有利になるように能力を上げるサポートガンを積んで、出発!
アクセルだけじゃなくて、Rで簡単にドリフト、ABを押しながら左右でその場で転回できるなど、移動だけならシビアじゃないけど、レアな化石をゲットするには他の恐竜と追いかけっこになって、これだけで安いレースゲーム並みのクオリティがある。

化石が埋まっている場所に近付くとレーダーが反応するので、さっそくタッチペンを取り出して発掘!
X線で化石の場所が表示されるので、ハンマーでガンガン叩いて、細かい部分はドリルで削る。土がパラパラはがれる音やリアルなグラフィックなど、こだわりを感じるし、このゲームで一番面白いところだ。(もしかしたら戦闘よりも面白いかもしれないのが問題なんだけど)
スライドパッドだけでなく、ボタンでも画面移動ができるので左利きにも対応。前作で好評だった「息で砂を吹き飛ばす」をあえてカットしたのも個人的には歓迎。

DSCF1744 (400x245)

ゲームがある程度進むと、チゼルという針のようなアイテムが買える。
これを地中に撃ちこんで、ハンマーでコンコンと叩いていくと、ボロッと大きく岩がはがれる。このリアルな気持ちよさには驚かされた。ちょっとでも位置を間違えば化石に大きな傷をつけてしまう。

「化石だけは傷つけないダイナマイト」みたいなテキトーなアイテムを出すんじゃなくて、あえてリスクのあるチゼルというのがいい。
発掘した化石が、「こんな生き物でした!」と実体化して図鑑がうまっていくのは楽しくて、これは
海中から地中に場所を変えた釣りゲームと言えるかもしれない。


DSCF1746 (400x258)
携帯機ゲームといえば共闘。
もちろんこのゲームでも、ソフトを持った友達で集まって共同発掘作業ができる。
ただでさえ妖怪の影に隠れて、存在自体が化石並みに珍しいカセキホリダー派のお友達が集まって、それも対戦じゃなくて
「みんなでティラノの足を発掘しようぜ!」
の一言を合図に、席を寄せ合って無言で硬い岩をコツコツ…ドリルでウィーン…という、そんな美しい光景があるのだろうか。見てみたい。

みんなで発掘した化石は傷がついてるかもしれないけど、そこから掘り出した友情に傷がつくことはないのです(適当)


DSCF1762 (380x231)

さて、問題点は戦闘画面だ。
敵にぶつかると、手持ちのリバイバーと呼ばれる恐竜から一匹選んで戦闘が始まる。
1ターンごとに攻撃するためのポイントが貯まるので、ポイントを消費して攻撃する。

ツメ攻撃だと30ポイントだけど大技だと200ポイント消費とか決まってるんだけど、技の種類は手や頭といった化石を発掘することで増えて、どれだけ丁寧に発掘していたかどうかでポイントの消費量が決まる。
丁寧に多くの化石を発掘することで素質が決まって、強くするには戦闘で成長させないといけないイメージかな。

ダメージ量は、よくある風火水土の属性のほかに、攻撃をしたり、くらったりするごとに体勢が変わって後ろ向きだと効果が大きくなるとか、攻撃をしてブーストゲージが貯まると必殺技が出るとか、独自のシステム盛りだくさんで、とにかくわかりにくい。
奥が深いのは間違いなさそうだけど、大ダメージを与えても、何が良かったのかわかりにくくて爽快感を減らしていると思う。
攻撃が当たるまでの一瞬の間にサポートガンで支援や回復をするシステムは面白い。
超高レベルの対戦になると、モーションの小さい攻撃で相手にサポートする隙を与えないなどの作戦もあるのかな。

けど、何度も相手に回復されてストレスになる場面のほうが多かった。
そして戦略を練って、体勢をくずした敵に大技を叩き込もうと思っても、主人公以外の仲間はオートで行動するので勝手にポイントを消費する技を使われて(ポイントは仲間全員で共有)こっちはサポートガンで支援するしかなかったりする。

このような、ややこしいシステムをゲーム序盤でまとめて説明される。

車の移動も発掘も人によっては慣れるまで面倒だろうし、ストーリーも最初のほうはありがちな感じなので、正直、ふつうの子供だったら第一印象で
「めんどくさい」と思われるだろう。
これを選ぶ子供って、昔だったらFFよりも俺屍を選んでたような変わった子だと思う。

でも慣れてくると、でかい車で駆けて化石をガンガン掘り出すのは楽しいし、ストーリーも、子供たちはまともなのに大人たちは忍者とかカンフー使いとか、自由すぎる連中がどんどん出てきて、いいストーリーかどうかは置いといて面白くなってくる。
DSCF1747 (400x241)

覆面ホリダーと対決するくだりのくだらなさは最高だった。


今のゲームは、可愛いキャラクターとバトルの面白さを中心にたくさんの遊びを詰め込みまくるのが主流だけど、カセキホリダーは移動と発掘がメインで、それ以外はオマケ。
これは褒め言葉なんだけど「ちょっとヘン」なゲームだ。
そしてぼくは王道から離れた「ちょっとヘン」なやつこそ応援したくなる。



発売直後のレビューにある「発掘途中で割りこまれる」なんてほとんどなかったけど、修正データで変更されたのかな?

ケンダマクロス 玉・おぼえていますか

昨日は「ポケモン」「妖怪ウォッチ」がぼくらの世代でいうコロコロ派で、ヒーローバンクやカセキホリダーはコミックボンボンの連載マンガみたいな位置づけなのかな、と勝手に想像して書きましたが、ちょっと調べて見たら全部コロコロで連載中でした。

コミックボンボンで連載していたのは、3DSで発売直前の「メダロット」のほうでした。
こういうのを改めて振り返ると面白い。
僕の周りではボンボン派がいなかったのでコロコロに大きく差を付けられていたような気がしていたけど、ウィキペディアによるとSDガンダム全盛期はコロコロを上回る勢いだったらしい。ほほー。

ボンボンは残念ながら雑誌ごとなくなったけど、ゲームのメダロットシリーズは続いていて、もう8作目!?マジか!
どういう人が買ってるんだろう。子供のころにファンになった人がずっと買ってるのかな。
それとも、ドラクエをいきなり10からやる子供がいるみたいに、8からでもいきなり買う子がいるのかな。

ていうか、今度はコロコロでけんだま流行らせようとしてて笑った。いろんなものにカスタマイズ要素を加えて、新たなヒット作を出そうと頑張ってるんだなあ。




ベーゴマをアレンジしたベイブレードは、興味ない大人でも名前は知ってるぐらい売れたけど、そのず~~~っと昔にも、たしかコロコロは一度けんだま流行らせようとして、それはあまりうまくいかなかったはず。
あまり覚えてないけど、タイアップで連載したマンガが、けんだまの玉を相手にぶつけて戦う格闘マンガになっていたのが失敗の原因かもしれない。

カセキホリダー進行中

カセキホリダー記事が好評だったので「大人だけどキッズ向けRPGを遊ぼう」単独カテゴリになりました。

「同級生は妖怪ウォッチを子供にねだられて買ってるのに、俺だけ自分用に買おうとしてるって、どうなんだろう」
…などという迷いにも負けない、強い心を持つぼくが、
子供目線で、たまに大人目線で、キッズ向けRPGを遊ぶコーナーです。
当分はカセキホリダームゲンギアで遊ぶよ。

しかし年齢はおっさんなので、小学校でこれがどのくらいの人気なのかがわからない。

自分が子供のころだと、ミニ四駆とかゲームとか、スポーツとかの流行は全部コロコロコミックが発信してた。
コミックボンボンというライバル的な雑誌もあっていろいろがんばってるんだけど、ほとんど話題になってなかった。

もしかして今は、コロコロコミック的に妖怪ウォッチがどーんとあって、
カセキホリダーとかガイストクラッシャーとかヒーローバンクとかは、ボンボンみたいなもので、クラスでもほとんど話題になってないんじゃ…

まさか、持ってるだけで
「え、なんでそれ買ったの?」
って言われるような少数派のゲームなんじゃ…

だとしたら、少数派の子にはぜひ少数派を貫いてもらいたい。
妖怪ウォッチの話をしているやつの前を
「おれだけガイストクラッシャーという面白いゲームが遊べて幸せだなあ」
と堂々と言いながら歩いてほしい。

キッズ向けRPGで大人も遊ぼう!「カセキホリダームゲンギア」

子供のころは勉強ばっかりしてたのに、今になって子供向けのRPGをやってみたらすごく面白い。細かいところもよく出来てるし、キャラクターだってヘタな大人のオタ向けゲームより共感しやすかったりする。
妖怪ウォッチも良かったけど、今遊んでるのは3DSソフト「カセキホリダー ムゲンギア」です。

昔のRPGと今のRPGをくらべて、変わったなあと思うのは、
「大事な宝をぬすんだやつが○○どうくつに逃げこんだらしい」
って会話があれば、その後に

「○○どうくつに行こう!」


という感じで、
次の目的をまとめたメッセージが表示されて、マップにも目印が出て、つねに迷わないようになっているところ。

昔だったらこういうのは「おつかい臭が強い」とかいわれてダメなゲームとされていた。西に敵がいるらしいという情報があっても、本当に西に行くかどうかは自分が決めて、自分が道を切り開いているように感じるのが良いRPGとされていた(ような気がする)。
おかげで、うっかり会話を聞き逃したり、地名を忘れただけで詰んだり、何度も敵とランダムエンカウント(敵がフィールドで見えない、今では嫌われがちなシステム)して、苦労して行った先で何にもなかったりして、クリアしないうちにデータが消えていやになることがよくあった。

そんな不便さを現代のキッズ向けRPGは徹底的につぶしているんですよ。
大人が少しづつプレイするにも、行き先忘れても平気だから便利でしょう?



やっと本題。
今回遊んだのはカセキホリダームゲンギア。
前作までは全く知りませんでした。発売は任天堂だけど、開発にスパイク・チュンソフトの名前があってちょいビックリ。

最初にゲームシステムを一気に教えられる、移動がレースゲームふう、戦闘画面が見づらいなど、ちょっととっつきにくい部分もあるんだけど、慣れるとあらまあ面白い。
アマゾンで調べてみたら不満を書いているのは前作のファンで、前作から変わった部分を書いている人が多い。今回から遊んでる人は楽しんでいるんです。
移動が車なのも、これから入った自分にはワイルドなポケモンって感じですごくいいと思ったんだけど、前作からのファンや小さい子供には確かに、レースがちょっと難しかったり、マップが複雑と感じるかもなあ。

じゃあ、いい所を紹介しよう。

DSCF1717 (400x298)

恐竜好きにとって嬉しいのは、まず一番大事な発掘シーンへのこだわり。ハンマーと細かいドリルを使って、化石を傷つけないように削っていく。土がはがれる音がリアルでこだわりを感じる!
中盤からは、特殊な注射針みたいなアイテムが出てくる。針をうちこんで、上からコンコンとハンマーで叩くと、ボロッと硬い岩が一気に崩れる。そのはがれる感じがすごくリアルで気持ちいいんで驚いた。
掘れた化石は実体化して仲間になる。腕、足、とパーツがそろうごとに使える技がふえたりレベルが上がったり、ダブリは即、金に換えられる。

DSCF1702 (253x400)

恐竜好きには「ずかん」モードも嬉しい。
リアルな化石のグラフィックと、「本当はこんな色で、こんな戦い方なんじゃないか」という想像の部分でできてるのが面白い。

DSCF1704 (400x244)
ここはスタッフの想像です


DSCF1715 (400x240)
恐竜を使ったバトルは、オーソドックスで悪くはないけど、無駄に表示がややこしい。
属性と体勢と…ポイントを使う技と必殺技的なやつと…攻撃するまでの一瞬の間にサポートと…もっとシンプルでもいいと思うんだけど、こだわる人になるとすごいこだわるみたいだから、こ難しいシステムもいれないと納得しない人がいるのかも。

DSCF1708 (275x400)

主人公以外は好きな仲間を選んでオートで戦ってくれるので、オートまかせでもいいける。恐竜と美少女キャラの融合!

発掘システムにこだわったカセキホリダー。
戦闘システムにこだわった妖怪ウォッチ。
全て高レベルにまとまっているポケモン。
どこへ行くのかヒーローバンク。

どれを選んでも失望はしないぞ!子供向けと見くびるんじゃない。
こんな面白いものを大人がやらない手はないのだ。


↑