フロム・カドカワソフトウェア「NAtURAL DOCtRINE ナチュラルドクトリン」クリアー!


このゲームに関しての悪口は、「荒があるけど忘れがたい作品」に対していろいろ言いたがる、マニア特有の面倒くさいアレだと思ってください。



DSCF1452 (450x236)
2周目は勘弁して下さい!

角川ゲームズ発売、PS4「NAtURAL DOCtRINE」クリアー!
なんとか、「角川」という名の荒れ狂う川を泳ぎ切りました。
前回イージーモードの難易度を更に下げるアップデートがあったけど、全滅に全滅を重ねたのでラスボス戦だけちょっと攻略サイトを見てしまった。最後の何戦かは仲間が欠けてもゲームが続くので、うかつにラスボス前にセーブすると、本当に詰んで最初からやり直しになります。要注意。

ナチュドクはシミュレーションRPGファンが見て見ぬふりをしていた「ムダ」に切り込んだ意欲作。
やたら広いマップとか、数が多いだけの敵とか、興味のわかないストーリーを削った。
1人のキャラの行動に連携して他のメンバーも動けて、互いの位置によって攻撃効果が変わる連携システムは、始めこそ難解に感じたけど、スーファミのFFでアクティムタイムバトルを初めて知ったときと同じくらい感心したし、このシステムを完成させただけで一見の価値ありだと思う。

DSCF1437 (450x260)
どのキャラにも活躍の場がある

弱いキャラを「待機」させて次のターンに回すだけじゃなく、弱いキャラに連携して強いキャラを動かせる。
攻撃力がゼロの役立たずでも、強いキャラに薬ビンを手渡したら、なぜか行動済みの強いキャラがもう一度行動できる。しかもどの位置から薬ビンを投げつけるかで能力が補正される。
敵も同じことをするので、放っておいてもいい作業的につぶすだけのザコ敵がいない。常に位置取りと敵味方の能力を考えていないと勝てない。
疲れるんだけど、プチプチをつぶすような作業的プレイを続けさせられる疲れじゃない。

逆にシステム以外は、ほとんどがツッコミ所でできているといっても過言ではない。
音楽が短いループで繰り返されるのでだんだん洗脳みたいになってくるなど、画面ではわからない苦しみもある。
僕はゲームに派手なアニメ声が入るとどうしても集中できないのでそれも問題だったんだけど、そこはBGM,SE,ボイスごとに音量を設定できる。
画面だけ見るとPS4版を選ぶ必要なさそうだけど、僕は演出を極力地味にして、BGMはミュージックアンリミテッドで渋めのロックとかを流しながら、夜中にじっくり試行錯誤しつつ遊んだ。そういう遊び方がしたかったのだ。

表に出してない設定はありそうなものの、基本的に互いの種族が殺し合いするだけのストーリーは良かった…とは言えないけど、
「○○王国にはこういう歴史があって王と大臣がこうなって対立した国の王と民がこうで…」みたいなやり取りを延々と続けられるよりも、どう駒を動かして美しく敵を倒すかをひたすら考えたかったので、個人的にはこれで充分。

欠点が多くても一か所突き抜けた個性があったほうが、うまいことまとまっている作品よりも印象に残る。誰かと「語りたくなる」タイトルなのは間違いないと思います。

このゲームの印象的だった所を思い返すと、
・あまりにも魅力薄な序盤!
・奥深さを理解する前に多くの人が投げたシステム!
・強敵と出くわしたときの絶望感と倒したときの快感!
・なぜか命を預けてくれる仲間たち!
・特に何も残らないエンディング!

荒い!全体的に荒い!そして同メーカーのメタルマックス4と似てる!最初ボロボロだった評価がジワジワ上がってきたところまで似てる!
こんなの連続で出した上に、フロム・ソフトウェアをグループ化して、まだ尖ったゲームを投げつけてくる気か! 一昔前のエニックスやスクウェアみたいに、これからは角川ゲームスがたくさんの名作珍作を生み出すことを確信しました。

次の「艦これ」では稼ぐことに徹して、パワーが充填されたらまた剛速球をぶつけてほしい。そのときはまた喜んで発売日にキャッチしに行こうと思います。
顔面で受け止めて鼻血出してるかもしれないけど。

何やってんの!「NAtURAL DOCtRINE (ナチュラルドクトリン)」難易度大幅低下パッチ配信


>「アップデートファイル1.03」配信のお知らせ
4月24日(木) 午前0時より、「オンラインマルチモードの追加コンテンツ配信」と、
「シングルモードおよびオンラインマルチモードのより快適なゲームプレイを
お楽しみいただくための品質改良」を行う「アップデートファイル1.03」の配信を開始いたしました。

・イージーモードの難易度を大幅に低減し、より幅広いお客様に、まずは手軽にお遊びいただけるよう調整
・ミッション中のチェックポイントを増加することで、ゲームオーバー後の繰り返しプレイを快適化
・その他敵の思考の高速化等ゲームプレイの快適化を図る各種調整や一部症状の改善




私のドクトリン…難易度低すぎ!?(口元を覆いながら)
これは一個人としての感想ですが…なにしてんの、と。

上の改善要素をよく見てほしい。一見問題なさそうに思えますが。
難易度が高すぎると言われたナチュドクにパッチが適用されて「イージーモード」が大幅に簡単になりました。元々理不尽と言われてもおかしくないようなノーマル、ハードモードの難易度はそのまま。

ということは、おそらく僕を含む多くの人が
「難しめだけどこれがいい」
と選択していた、元々のイージーモードがなくなったってこと!

参った参った。
変な宣伝方法で誤解されてるけど、ナチュラルドクトリンって、遊び方が理解されなかっただけで、決して理不尽なゲームじゃないと思う。
ファミコン時代からサターンまでシミュレーションRPGはいろいろ遊んだけど、タクティクスオウガで仲間を欠けさせずにクリアするぐらいがナチュラルドクトリンのイージーに相当するぐらい。確かに難しいことは難しいけど、発売して間もないころにクリアして2周目の配信プレイをしている人もいた。
システムさえ飲み込めば、大勢のキャラと独特のシステムをコントロールして思うように進めたときの快感は凄くて、荒はあるけど部分的にはファイアーエムブレムも超えた意欲作だったよ。でも、これからどうしよう(苦笑)

難易度の大幅に下がったナチュラルドクトリンって、「微妙なキャラがいろんな部族の間をうろうろする、タイトル画面がきれいなゲーム」だよな…
かといって、ノーマルモードはやっぱり難しいし。

DSCF1438 (450x254)
きれい


難易度は下げずに、しっかりしたチュートリアルステージがあれば大きく評価も変わっただろうから、惜しいことしたなあ。海外進出するときには、ちゃんと評価されることを望む。
日本にもまだ、これだけ骨太なシステムを作り上げるゲーム屋がいるんだぞ。




NATURALDOCTRINE プレイ日記 ミスター初見殺し、トロルにリベンジ!

霊峰に住む竜に合えば力を貸してくれるという、頼りない情報だけを元に旅をする一行。
DSCF1439 (450x260)

途中の洞窟で出会ったのは、ゲーム開始早々で多くのプレイヤーを葬ったであろう初見殺し野郎ことトロル!

うっかり無防備に攻撃をくらうと即ゲームオーバーだが、防御魔法を事前にかけておいて、ゴーレムの波動砲を2発ほど撃てば倒せることは倒せる。

DSCF1443 (450x251)

ただし、このゲームのルールで魔法を使うにはプルトンという原料を使用する。
今パーティー全体で25グラムほどのプルトンがあるけど、防御魔法が一人につき0,5グラム。波動砲一発につき1グラムも消費する。これからの旅にそなえて、ほんの少しでも節約しておきたい。
ここで慎重に相手の行動を読める人と、僕との差が出た。
攻撃をくらわないメンバーにまで「念のため」とか言いつつ防御魔法をかけたりして、うっかり無駄にプルトンを消費しながら突破。

DSCF1446 (450x244)

山にたどりつき、無事に竜とのコンタクトを果たす。
この竜が、ちょっと日本のゲームでは見たことのない雰囲気ある姿。海外のカードゲームに出てきそう。

しかし、力を貸してくれというとなぜか3つのうち1つの武器を選べと言われる。

あ、あの!こっちは人類の存亡がかかっているので3つとも貸してくれませんか!こういうイベント、嫌いじゃないけど!

DSCF1445 (450x245)

ブレイブソードとチキンナイフ…じゃなかった、剣と銃とハンマー(ハンマーってのも何だよ)のうち、無難なのは普通の剣だったけど、珍しい物見たさで、でかい銃を選択。
2連射だったのが5連射になっただけに思えるが、なんか気持ちよく撃ちまくりながら下山。

今月のPSプラス会員への無料プレゼントソフトは「ドントスターブ」

DSCF1275 (550x431)

持っとる!
もう持っとるわ!


氷河期が来たあたりで終わったわ!
頑張って生き延びるゲームというより、頑張ってもせいぜい寿命が数日永らえるだけで、いつか死ぬというのが哲学的で良かった。
これといいレゾガンといいナチュラルドクトリンといい、PS4ソフトは何でまともな遊び方説明がないんだろね。
「魚」を「釣る」って訳してるところがあったし。バツボタンが確定だし。
もったいない。



ナチュラルなドクトリンのプレイ状況
敵の中に一人重要なキャラがいるから、そいつ以外を全滅せよ!
というミッションをクリア。ひどい目に合った。
このゲームの銃の使い手は、敵が射程範囲に入ったら律儀に狙い撃つ習性がある。
殺しちゃいけない敵が通ったときに限って奇跡的なクリティカルを出す、たわけ者がいたせいで(もう何度目か忘れたけど)心が折れかけた。ひどい目に合った。

苦労とご褒美を交互に繰り返しもらえるのがゲームだ。淡々と進めるだけでご褒美だけがもらえるものはゲームとして物足りない!
といっても苦労の分量がちょっぴり多い気がするんですが…

セーブ画面を出すと
「ここから先はセーブデータを分けることをお勧めします」
という謎の注意書きが出た。

すごく嫌な予感がする!
嫌な予感がする!
なにかお前ら、ひどい事をたくらんでいるんじゃないか!?

これまでのRPGでも、ラスボスのいる場所へ行く前は
「もう戻れないかもしれないから、準備は入念にしておいた方がいい」
ってわざとらしく言い出す奴がいたけど、それに近いものを感じる。
何だよ、セーブデータを分けろって…こええよ!

DSCF1436 (450x244)



画面は代わり映えなし。難易度も特に難しいわけではなく、ストーリーが盛り上がるわけでもなく、茶番としか言いようのないやりとりを繰り返しながら北の山へ行くことに。

「ナチュラルドクトリン」オンラインとゴーレムのジレンマ



PS4のオンライン対戦を初めて体験しました!

VITAのユーザーともラグなしで戦えて、映像も滑らかに動いて凄いなあと思ったんだけど、オンラインモードで一気にまだ見てない敵キャラを見てしまってネタバレ気分。
初見の敵と初めての大扉を開けるときにビビるのがこのゲームの大きな楽しみなので残念。

それに、ゲームシステムと僕の性格の問題なんだけど、こっちのターンが延々10分以上も続いてしまうのが申し訳なくって思い切り楽しめなかった。

でかいキャラを少数集めただけのチームなら問題ないんだけど、ぼくはこのゲームの何が好きって、「歩が王を討ち取れる」システムのロマン性が好きなので、できるなら弱い一般兵士をたくさん集めて、ポジショニングを工夫して戦いたい。

同じチームでお互いに制限時間が厳しく決められてるならちゃんと面白い対決になりそう。また今度改めてやってみるか…

DSCF1432 (450x257)

一人用モードは、ゴーレムと操縦者が仲間になってから数ステージクリア。
こわい人に「立ち去れ!」と言われて即立ち去った主人公も珍しい。

他のキャラより段違いで硬くて強くてデカいゴーレムを仲間にしてから、割とかんたんなステージが続いて、あれっゴリ押しで行けてるぞ、と思ってたら、またしても詰まった。

ゴーレムの操縦システムがオモシロモドカシくて、操縦者のメイという女の子の周囲2マスでしか動けない。メイの近くにいれば攻撃も強くて回復力も大きいんだけど、彼女がうっかり頭を出せば敵の集中攻撃をくらって即ゲームオーバー確定の体力の無さ。

そんなわけで、常に敵の射撃が届く線上には置かず、ゴーレムを壁がわりに配置してその陰に操縦者がいるのが理想的なんだと思う。
ただし1ターンに動かせるのはゴーレムか操縦者のどちらか。
ゴーレムを動かして強力なパンチで一網打尽といきたいんだけど、体がでかいということはそれまでに敵の的にされていることが多いし、ゴーレムも死んだら即ゲームオーバーなので念のため回復を選びがちになる。

仲間のターンの連携でメイを動かしてメイのコマンドからゴーレムを動かして。
一撃の破壊力は魅力的なんだけど、もどかしいなあ。

DSCF1430 (450x220)

この、うごく的。
↑