FC2ブログ

出会うはずのなかった男たちの禁断の友情「11-11 Memories Retold」レビュー

Dric0MOU4AA0n_m.jpg

PS4ダウンロードソフト「11-11 Memories Retold」をクリア! 2700円。
舞台はつい先日、終結から100年になった第一次世界大戦。
カナダ人の写真技師ハリーと、行方不明になった息子を探して入隊するドイツ人、クルトの2人を交互に操作するアドベンチャーゲームだ。

ハリーの家にはカメラやワイン、そして地球儀がある。
世界への好奇心と、男らしい軍服姿で彼女の気をひきたい、と若い考えで入隊する。
パリに着いたときのテンションから、軍人より芸術家気質なのかな?

もう一人の主人公クルトは、消息を絶った息子の部隊を追って入隊し、行く先々で情報を集める。マッチョな愛国者ではないけど、息子のためなら前線に出ることもいとわないお父さん。

Dric1BJVYAA4BeU.jpg

序盤でふたりが入隊を決めたとき、
「あっ、やがて敵同士として出会ってしまうんだ」
と、ストーリーは予想できる。
その瞬間は思ったより早く来る。わずかな間、父は言葉も通じないカナダ人青年に息子を重ねる。
その後どうなるのか。

同スタッフが関わった「バリアントハート」も第一次世界大戦だったけど、
両方とも、わかりやすく気持ちいいシーンは少ない。製作者の理念が「反戦」だから、戦闘シーンがあって、プレイヤーがそこを楽しいと思ってしまったらダメなわけだ。

なので、戦争ゲームなのに、戦闘をしないという縛りで作っている。
ハリーもクルトもやることは後方支援と。砲撃から逃げ、井戸から水をくみ、ラジオを調整したりしながら、合間に寄り道をして写真撮影ができる。

「ポケモンスナップ」「零」「AFRIKA」「夏色ハイスクル」
ゲーム内主人公がカメラを使うゲームはたくさんあるけど、ハリーはカメラが使えることが存在意義で、写真は新聞に掲載され、新たな志願者を呼ぶ役目がある。カメラが重い。

Dric1XuV4AILiNG_2018111304333571a.jpg

油絵のような映像は、見た目のインパクトだけでなく、直接的に血や死人が描けないので、苦手な人への配慮にもなっている。
写真を撮ると縦横比が変わって、急に「当時の資料」みたいになるギャップはおもしろいし、
フランスに着いたときは油絵タッチとのあまりの相性の良さに、
「本物のフランスよりフランスだ!」って感じがした。

また、家族と何度か手紙のやりとりがあるが、そのときに写真を同封できる。
鳥や、仲間の陽気なインド人とかを撮影して、家族を不安にさせないようにすると、返事にも反映される。
家族の反応まで想像できる人には忘れられないゲームになる。

DrklpF0U0AEOO9b.jpg

実写に近づけて「痛いから戦争はつらい」ってメッセージで終わらせず、
あえて油絵タッチにすることで、最後はプレイヤーの想像力にまかせた。
ハッピーに終わるはずのない過酷な状況で、登場人物の表情、家族の心情を想像する。

あの場面、あの場面、ふたりは緊張していたのか、ほっとしていたのか、
怒っていたのか、涙を浮かべていたのか。

遊んだ人の数だけ、ハリーとクルトの表情は違うはずだ。






読もうコミックビーム。

「THE QUIET MAN クワイエットマン」 2周目クリア!

地味バトルと無音実写ドラマでげんなりさせた後、1週間後に音ありの2周目が配信される「クワイエットマン」2周目が配信!
なんか、思ったより良かったんだけど、良くなると思ってなかったから、思ったより良かったと思ったのであって、
ええい、ややこしい!

まず、無音で想像していたストーリーの真相が明らかになるのはもちろん、
音が付いたぐらいじゃどうしようもないだろ!と思った格闘シーンが、わりと「どうしようもある」ぐらいは化けていた。
配信直後は「戦闘シーンに音、あんじゃん!!」ってぐらいテンション上がった。そんなんで盛り上がれるのはゲーム人生初だ。

それに一周目が練習になっていたのか、やっぱり細かいことはわからないのに「全方位ファイナルファイト」的にバシバシ拳を交えることができた。

DrqvToHVsAAddl-.jpg
白黒になったり光が出たりするの、いまだにわかってない。

2周目になると「ここで実写から暗転せずに戦闘シーンに切り替わってる!」って場面に気付いたり、環境を利用した技も出せた。車のボンネットに敵の頭を叩きつけるフィニッシュ。
1周目は「コントローラは振動するとき音がする」ぐらいしか気づかなかったから驚愕の進歩だ。

というか、僕だけなんだけど、1周目のエンディングで歌が流れた時点で意表をつかれてグッときてた。
みんなを虜にする歌声が流れると無音になって、みんなが盛り上がる様子を映すことで
「映画内には素晴らしい歌声が流れています」
ってことにするんだと思ってた。実写版「BECK」スタイル。
歌姫が、歌ってる!


仮面をつけて大暴れするクライマックス。アメコミヒーロー映画のようだった。
アメコミヒーローって、キテレツな格好で、ぱっと見では
「マジメにこんな格好で戦ってる奴いないだろ!」
と思うんだけど、実際に映画を観ると成り立ちがシリアスだったり、ヒーローマスクの制作過程があったりして、
「こういう姿で戦う人が、実際に存在しうるかもしれない」
と、ほんのちょっとでも思えるからワクワクする。


そして、作り手が意図していたかはわからないけど、
苦労して発売されたゲームが一夜でばーっと解体されて、
発売直後、あるいは出る前なのに
「どうやらクソゲーらしい」「そうかそうか買わなくて正解だった」って決めつけられるような風潮に一石を投じることになった。
1周目は、つまらないけど投げ出すほどでもない絶妙なラインにして、低評価認定を誘ってた。

「これどうなの?」
「敵どうやって倒すの」
「あの人どういうこと?」
SNSを眺めながら楽しむのは、学生時代のゲーム談義とか、雑誌でゲーム情報が小出しにされてくる感じを思い出した。


このゲームで最初に出た感想が
「昔のスクウェアの尖った感じが戻ってきた!」
最後も結局この感想に戻って来た。

スクエニ新作「the quiet man」に漂う過去のゲームの香り。あのころのスクウェアの香り

DrHE7exU8AAR5Ty.jpg
やられると、たまに姫様が面白い顔をして生き返らせてくれて得した気分になる。

PS4のダウンロード専用ゲーム「The quiet man」をクリア。
無音の映画を眺めるだけのような実写パートと、直接操作する格闘パートで進行していき、後日アップデートでセリフが明らかになる意欲作だ。

ストーリーはよくわからなくていいんだけど、肝心のアクションも、チュートリアルで文字を使わない縛りのためよくわからない。
この、昔のスクウェアの「独りよがり感」!懐かしい!まだこういうゲーム作れるのか!そして何食わぬ顔で配信できるのか!
ゲームの作り方が定まってなくて試行錯誤していた、プレステ1、2の時代を思い出す。


ストーリーは、鳥の仮面をかぶった男にさらわれた幼なじみの「歌姫」を、耳の聞こえない男が救い出す…。
といったふうに推測できる。
耳の聞こえない人が歌姫に惹かれているのは、他人と違って歌以外の、人間的な面での魅力を感じ取っているからだろうか。

ところどころに過去のFF、特にPSクラシックにもスマブラにも参加できない「ファイナルファンタジー8」っぽい要素が散りばめられているのは何だろう。

DrG0xmCUUAU9Bf6.jpg

髪の長い、革ジャン、無口な男がヒロインに振り回され、悲劇に遭って叫ぶ。
このへんはいかにもFFっぽい。

ヒロインの「歌姫」設定も、FFが一時期、作品ごとに印象的な女性シンガーを取り上げてテーマソングを歌わせていたのを思い出す。
また「お姫さま」を助けることは、古典的なゲームへのオマージュにも思える。

実写映像と、アクションシーンのクオリティに差があるところは、
ムービーと操作できるシーンが別物だった初代プレステ時代のゲームっぽい。

コツは、ムービーの緻密な印象を頭に叩き込んで、ポリゴンモデルの荒い箇所からはできるだけ目をそらすこと。
自分からフィルターをかけていく。
すると、ゲームが終わったあとに、本物よりきれいなモデルを動かしていたように錯覚する。
粗を探すのではなく、自分から好意的に見ていく当時のゲームの遊び方を今に再現している。
DrG0wezU8AEZV9t.jpg

中盤からは「33」なるギャング集団(?)に誘われ、歌姫をさらった敵のアジトに乗り込む。
悪のたまり場なのに、なぜか並ぶレトロゲーム機は、ゲーセンが元気だった時代の象徴だ。

33という数字を調べてみると、今年はファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」33周年。
黒と緑のギャングはザコ敵。無論「XBOX」カラー。
このギャング集団は、過去の栄光にすがるライバルゲーム会社の隠喩とでもいうのだろうか…?
彼らを蹴とばし、ときに相手の力を利用して叩きのめす。

極めつけは、火事になった建物から逃げ出すシーン。
ファイナルファンタジーシリーズは、焼け落ちる建物から逃げ出すシーンがお約束だ。
FFがもう一度映画化したらこんなふうになるだろう。

DrG0vg3VYAEM2Ij.jpg

問題は、最も印象的な「鳥のマスク」。
なぜ鳥なのか。
鳥の骨。赤い鳥のマーク。
もしかして、死して炎の中で生きるフェニックスをイメージしているのか。

過酷な世界で生きるため、主人公はクライマックスで、あえてフェニックス(エニックス)と一体化することを選ぶが、マスクの下には不器用で情熱的な精神を隠している。


「the quiet man」の、最新ゲームの割には不親切で爽快感に欠ける戦闘。
かっこよく見せようとして滑っているような絵作り。
一見うまくないように見える。
だが、すべて、ちょっと昔のスクウェアの感じを再現するため、わざとやってたとしたらどうだろう。

ミュージシャンがあえて今レコードを出すような、なんていうか、こう、よく言えば初期衝動?
ざらついた手触り、荒さやバグを残して、思いつきみたいなアイデアも入れて、
「よくできたゲームばかりじゃない、こういう面白さもあったよね?」って思い出させることが目的だったら。

クワイエットマン(声なきスクエニ社員)は叫んでいる。
どうだ、このゲームの荒削りさ!
PSクラシックを買ってないのに、あのころに戻ったようだろう?
俺たちはまだ、荒削りで、ワクワクさせるゲームを作れる。今後も期待してもらっていいぞ!

スクウェア黄金期を知るゲームファンに向けて忍ばせた、声なきメッセージ。
俺にはちゃんと届いたぞ。

システムだけで「勝ち」なゲーム PS4「キャンドルちゃん」レビュー。

DpsO4knW0AAC7Mz.jpg

キャンドルちゃんは真っ暗な道を歩く。
どこがカベで、どこに穴があるのか見えない。
10秒までなら自らを燃やせる。命を溶かして、周囲をてらして進んでいこう。

PS4に突然配信された中国のインディーズゲーム「キャンドルちゃん」
ロウソクの台に足がはえた子を動かして、大きな光を放つ灯台に行くのが目的だ。
細くて頼りない道を歩く。真っ暗だ。簡単にとびこえられそうな動く床に乗れずに落っこちてしまった。

ゲームだから、落ちて死んだら「やり直し」だけど、
やり直すと、前に自分を燃やした場所に白くロウが落ちている。
真っ暗な中に、白くロウが落ちている。
前回のプレイで立っていた場所だから、そこは足場があるということだ。
ミスしても無駄にならない。しかも主人公がロウソクという設定が生きる!

どんだけステージ構成が粗くても、このシステムだけで一見の価値あるゲームだ。

Dp0-TnhU4AACrRU.jpg

(暗闇の中でキャンドルちゃんが輝く)
これがステージ名。
条件を満たすとさらに一文が加わる。
(けれど進む道はぼんやりしたまま)

キャンドルちゃんは原題が「キャンドルマン」。
「ちゃん」づけにしたことで、今にも消えてしまいそうな、小さい、幼いイメージになった。
小さな彼が、命の灯を燃やしてけなげにすすむ感じだ。
多言語対応なのに、翻訳の「ちゃん」ひとつまで丁寧。


ステージの作りはそこまでうまくない。中盤より序盤がムズイ。
だけど、場所によって足音が変わったり、暗闇で光を当てた瞬間にぱっと花が咲いたり、毎回いろんな見せ方をしてくる。

Dp-v8rZVsAA-V2Z.jpg

暗い河を流れる花の上をロウソクが進む。なんかお仏壇のCMみたいだけど、東洋的で新鮮。
はっとする絵が何面かに一度あるだけで、お、買ってよかった!と思う。

強烈に世界を照らす灯台に会って、キャンドルちゃんは何を思うのか。
「灯台は、人生における何を意味しているのか?」と、ちょっと考えさせる内容にもなっている。

ボリューム、爽快感、アクションゲームの歯ごたえ、どこをとっても他に優れたゲームはたくさんある。
だけど、攻略にも、ストーリー全体も「光」をテーマに統一して美学を感じる。

こういう記憶に残る拾い物がたまにあるから、未知のインディーズゲームに手を出すのはやめられない。何度ひどい目にあっても。

PS4ダウンロードソフト「ザ・ビデオキッド」レビュー



海賊版ビデオを配達して金を稼ぎながら、公園で待つジェシカに会いに行こう!

左右移動とジャンプで、わんさか迫る80年代オマージュの敵を避けつつ、ビデオを投げまくって点を稼ぐ。
500円で1面限り。
画面構成は「ペーパーボーイ」のオマージュで、どこかで見た敵たちからは、作ってる人の楽しんでる感じが伝わってくる。

ぐちぐち欠点をあげようと思えばいくらでもある。
ジャンプで越える対向車と、よける車がわかりにくく、やたら難しい。
対処法がわかれば今度は簡単すぎて永遠に続く…。

ビデオ投げで物を壊せばスコアになるけど、数に制限がないので、最初からボタン連打してればいい。
投げまくれるので、ポストに投函したときの達成感も弱い。

クリアすると全く同じ内容で2周目がふつうに続く。
得点が上がっていくのなら、同じステージ構成でも緊張感が増していくけど、そういうのもない。


「レトロ風味で今風のアレンジをしたゲーム」はたくさんあるけど、これは本当に80年代の子供がノートに書いたゲームが、そのまま商品化されたみたい。

ただ、そこが憎めない。
軽い。
「見てみて!こんなの作ったぜ! 500円!」
って、童心のぶちかましを食らった気分。
システムもキャラもパクリなのに、なんか憎めない。

初見は
「ムズいな何だコレ…」

回を重ねると
「まー、でも、なんか悔しいからもう1回」。

そのうち、
「この理不尽さ、惜しさ、大らかさ。わざとアラを残して昔のゲームをやってる感覚を丸ごと再現する狙いなのでは…!?」
と、だんだん応援したくなってきた。


500円という値段設定も絶妙。
キッズにとってワンステージ500円だとちょっと高いけど、
80~90年代を通過してきた元・少年少女にとっての500円は絶妙。
100円や200円の、見るからにやる気のないゲームもあるけど、それよりは本気。
壮大で完成度の高いゲームじゃないけど、まあ大目に見れるかな、値段分は満足したかな、と思える。

適度なボリューム。軽さが適度。肉料理にそえられたサラダ!
サラダ続きは飽きるけど、大作の濃い味続きに弱った胃腸には、この軽さがうれしい。次はまた分厚い肉をガッツリいけそうな気がする。



↑