思うように動かせんぞ系アクションの新鋭「スプラッシャー」お薦めとバグの話


PS4ダウンロードソフト「スプラッシャー」をクリアした!
ちょっと珍しい操作感覚と快感があるゲームで、お気に入りだったんだけど、最後の最後の、クリアだー!!って、一番出ちゃいけない場面でのフリーズ報告が自分以外にもあって…。うーん。
(自分は2度目は何事もなく通過)

何でもアプデしろアプデしろ言う人、超嫌いだけどこれに関してはレイニーフロッグさん!
他のゲームがセール中で皆が気を取られている今のうちにアプデしろ!アプデしろ!


昔から感づいてはいたのだ。
アクションゲームは主人公を動かしやすいやつと、動かしにくいやつがある。
だけど、「動かしにくいやつ」の中には、わざと動かしにくくなっていて、慣れるほど、キャラと自分が一体化したような上達の快感があるのもある。

「スプラッシャー」は特殊なインクを発射して駆け抜ける横スクロールアクション。

粘着力を持ち、塗った部分を走れる「赤インク」

踏み入れるとバウンドして大ジャンプ「黄インク」

それぞれを洗い流し、攻撃にも使える「水」

の3種類を地形にあわせて撃ちながら走り続ける。
DSC00188.jpg
つまりこの絵ができること全部。


赤インクを塗って壁を走りながら、足元に黄色を塗って逆サイドに大ジャンプ!
テクニカルに即死トラップをかいくぐって進める。

DSC00187.jpg

ぶつかる壁に、先に赤インクを塗って接着するとか。
足元に黄色インクを塗っておいて、そこに踏み込むことで大ジャンプとか。
いろいろ横スクロールアクションをやってるけど、ちょっと味わったことのない操作感と歯ごたえ。
スティックを倒す角度、移動ルートを見極めて、自分のプレイを改良し改良し…落ちて死んでまた走って…ストレスをたっぷりためさせてから、気持ちいい場面はとことん気持ちよくなっていて相殺。

めったに敵が出ない構成なのに、敵を連続で倒したときや特定の場所の足音とか手がこんでる。
水中に落ちちゃう!って直前で水中からリフトがバシャアッと持ち上がって助かる場面とか、ほんのちょっとした演出の気持ち良さ。


後半では、センサーがはられた場所に入ると
「ピ。」
って音がして、2秒ほどじっとしたままだと爆殺という、容赦ないトラップが登場して心を折りにくるんだけど、

DSC00185.jpg
縦にはった水色のセンサー上で立ち止まると即死!

何本センサーが張られていても、立ち止まらずに通り抜ければ大丈夫だから、
センサーがはりめぐらされた場所を走り抜けると、
「ピピピピピっ」
と感知した音だけが鳴る。
ギターの弦をポロロロロンと鳴らしたみたいに、気持ちよく無傷で通過。
即死トラップミュージック!

人を選ぶけど面白いアイデア詰め込んでるなあ、と感心したので、クセモノアクション好きは
「スプラッシャー」!このタイトルを覚えていて損はないぞ多分。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

インクぶち撒き疾走アクション「スプラッシャー」購入!

イギリスで大人気のアクションゲーム「レイマン」シリーズのプロデューサー、初のインディーズタイトル「スプラッシャー」!
PS4ダウンロードソフトで1500円。
開発者コメント

DSC00182.jpg

謎のインクをぶちまきながら、制御できるかできないかのギリギリの速度で駆け抜ける。
「スプラッシャー」はスーファミ時代のアクションゲーム好きには、まさに伏兵。
ムズイだろ!ぐぐぐ!やってられっか!理不尽だ!
と怒ってコントローラをたたきつけても、すぐもう一度始めちゃう、そういうゲームだ。


壁に貼り付ける粘着インクや、それを洗い流す水をまける主人公が、ひたすら駆け抜ける。

その速さ!
アクションゲームでたまに「ジェットコースター」ステージがあって、猛スピードで滑って滑って気持ちいいー、みたいな場所があるけど、最初から最後まで「あの速さ」。

スピード感に身をまかせ、そのまま酸の海みたいなところに突っ込んで死にまくるんだけど、明らかに、上達すればノンストップで駆け抜けることができるように設計されてるステージ。

DSC00183.jpg
足場を作ると同時に壁を走り抜ける。オンラインタイムアタックが本編。

敵を倒したときの感触もなんか気持ちいい。スタッフは有名アクションゲームに関わってきたそうだから、そのへんのノウハウは重ねてるのかな。
惜しいことにPSストアの大規模セールとモロかぶりしちゃって、1500円でも高く感じてしまうけど、序盤の手ごたえはすごくいい。「めっけもん」の香りがする。

ムキになってコントローラを投げては拾って投げては拾って…の日々が始まりそうだ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

WiiU版のデキが相当いいと聞く。

実在の精神病院を舞台にした「the town of light」中国からの刺客「隠龍伝説:影の追跡」配信開始!


ニンテンドースイッチとマリオオデッセイの同梱版が普通に売ってて、うっかり買いそうになったぜ。普段3万円も持ち歩いてないんで買わなかったけど、どっかで品薄情報に踊らされているみたい。
これは貴重なものだ!みんなが並んで買ってるものが、たまたま見逃されている!ってわわわっとテンションが上がった。

それより、こんな時でなければ買っていたであろう2本がひっそりPS4で配信された。
001_20171028074455800.jpg

「いんりゅう」だと思ったんだけど変換で出ねえ!
「隠龍伝説:影の追跡」2400円!

古代中国ファンタジーな世界観で、横スクロールコンボアクション。配信はオアシスゲームズ。多国籍で活動している企業で、海外版ナルトにも関わっている。
現代でも古代でも、中国という国をちゃんとゲームで見てみたい。
日本人がファンタジー世界のゲームを作るように、自分の国は魅力的に見えないものだけど、中国の都市部の日常会話や食事をリアルに再現するだけで、外国人には興味深いところが出てくると思う。


もひとつ。
実写と3Dグラフィックでイタリアの廃病院を再現した「the town of light」
2700円から今だけセール中で10%オフ。
jp0186cusa08588_000000000000000000_s01.jpg

精神病院を探索して患者の少女の記憶をたどるアドベンチャー。面白そうつらそう面白そうつらそう、心がメッチャ揺れている。ちょっと昔の実写アドベンチャーの空気もあるなあ。

ジャンルは「ホラー」だけど、むやみに怖がらせたり驚かせたりするのが目的ではなく、実在の事件から当時の精神医療を取材して、興味本位で精神病院を扱うのではなく、現在の医療へのメッセージも込められているとか。

ケガ人がゲームに出るように、ごく身近に実はいる、ふつうの精神医療で通院中の人がふつうにゲームに出てきたら。そのときはゲームも一歩進んだな、と思える。


プレイ動画は廃墟マニア必携の雰囲気であった。
これぞインディーズゲーム精神!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

4Kテレビとゲーム遅延でオロオロ

ミニスーファミも素晴らしいし、ニンテンドースイッチも素晴らしい。
なんならアイフォーンヌかて素晴らしい。改良をやめないPSVR素晴らしい。

でも今回買ったのはアクオス。
40インチ4Kテレビを購入した!

DSC00140.jpg

大きすぎた。出入り口に干渉しとる。


大型テレビは金持ちの家にあるもの!って刷り込みがあるから、なんか身の丈に合わないのが来てしまった感じ。
リモコンに「YOUTUBE」「NETFLIX」のボタンがあるのに「へえ」と思ってからPS4を…起動…っ!





遅延で!!
ゲームに!!
ナラネエエーーーッ!!


映像は超クッキリだけど、メニュー選ぶだけで「もたっ・・・」と動く。
ブラウン管から地デジに移行したときに、液晶遅延が騒がれていたのは知ってたけど、4Kになってまたそんなことになってたの?

設定をいじってみる。前は日立のWOOOで「ゲームモード」にすれば処理が軽くなったけど、そんな項目はない。
それに、ネット上の説明書によると、より色合いを鮮やかに表現する「HDR」機能が使えるとあるのに、そんなのねえぞ!


いやはや。頭抱えた。

アマゾンでも同じ商品名のテレビに「HDR」が売りみたいに書いてあるのに…?
よーく読み返すと、小さく「HDR機能が有効なのはHDMI端子1のみ」とあった。


スクリーンショット (18)
映像対応(注1)がおわかりいただけるだろうか


その後、画質音質をいじりながら、これ格安で家族に譲れないもんか、自分は遅延のない36型でいい…
とか思っていたら、ミラクル起きました。

画質設定で、柔らかい画質の「映画」とかメリハリの効いた「ダイナミック」とかあるけど、
画質を「ゲーム」に設定すると、処理が軽くなって遅延が少なくなるのです。
説明書熟読したんだが…。

そんなこんなで映像もバシーッと鮮明になった。
音も、前のテレビがこもっていたのがよくわかった。

ブラウン管からハイビジョンになったときの衝撃はないし、4Kの恩恵は50型くらいにならないと実感できないと思うけど、
もう文字の小ささに悩まれずにすむ!レトロなフリークもいい。携帯機もいいが、僕はパワフルなほうを選びます。
快適である。結構結構。



正直、ふつうのPS4と36型がコスパいいし、集中できて文字も読みやすい最良の組み合わせかなー。

ゲームから馬鹿がうつります。PS4「フラットアウト4」購入!

馬鹿要素に追突事故をおこされてプレイヤーの脳が汚染されるレースゲーム「FLATOut4」。
シリーズの名物要素が「衝撃を受けるとドライバーが車から飛び出す」ということで、馬鹿レース大好きな自分には無視できない一本。

最近、スカッと気持ちよく遊べるレースが少なくなった。
トレンドは「シミュレーター路線」と「オープンワールド化」。もしくはマリオカート路線。
車ごとの挙動や排気音の再現をされても自分にはわからないし、広大な場所を走れることでコースがわかりにくくなったりするのは、気持ちよくない。

そこで破壊系レースゲームの遺伝子を継ぐ「フラットアウト4」
「クレイジータクシー」とか「バーンアウト3」とか、超名作馬鹿車ゲーほどではないものの、充分気持ちいい。
急ブレーキを踏んで外に飛び出たドライバーでカーリングをやるとかの一発ネタに目がいくけど、ちゃんとレースが面白い。
コース中の壊せそうな壁や障害物はバキバキ壊して、派手なことをするほど「ニトロ」が貯まって高速走行。
追撃されて方向を見失っても、ボタン一つで復帰。

DSC00119.jpg
これがオイラの相棒だ。エンジンかかるかな?


DSC00118.jpg
いっしょに走ってくれるおともだちだ。仲良くなれるかな?


ツメの甘さを感じるのは、1レースが長かったり、売りのドライバー飛び出し要素の見せ方がいまいち。
フロントガラスが割れる音もしないし、いつのまにか車が人になってたみたいで。そこは、激しく衝突したら相手ドライバーが「黒ひげ危機一髪」みたいにポーーーッン!!で、飛距離のぶん特大ボーナスがもらえるぐらいにイキきってほしい。このシリーズのアイデンティティなんだから。

それでも、欠点を補ってお釣りがくる豪快なスピード感、やかましいロック、そして自然。
砂漠や森林を走り回ると、砂嵐とガレキのあとにキラキラした木漏れ日が迎えてくれる。
悪質な暴走をしながら自然の美味しいところだけ独り占め。ゲームでしか許されない快感。

DSC00117.jpg
水面シパーッ!気持チィ!

自然の中を走るゲームはロードが長くなりがちだけど、かなり抑えられてる印象。
ヘッドホンで大音量で遊ぶと、快楽物質と馬鹿が脳に注入されていきますどくどくどくどく。危険キケン!
子供を進学校に行かせたいお母さんは買い与えてはいけません!

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

↑