FC2ブログ

エージェンツオブメイヘム

映画の予告編から全体を思い浮かべるみたいにして作り上げた「ぼくのかんがえたスプラ2」がどうやら、確認していったら、なんか全然違うみたいで・・・、
本物をプレイする機会も機械もない人のみが脳内に生み出した架空スプラの話題をしてしまったが、そんなショックを吹き飛ばす最高のゲームを買ってきたので紹介したい。


これです!
スクエニが販売した「エージェンツ・オブ・メイヘム」!!
最高!!スクエニのローカライズに外れなし!おい!なんで中古1000円切っとんね。

未来の韓国にやってきた巨悪に、荒くれの寄せ集めエージェントたちが立ち向かうのです。
今集まったメンバーが「ギャング」「ヨガの人」「軍人」「ハッカー」「ヤクザ」「フーリガン」。やばそうな職種を適当に選んだようなメンバーから3人選んで、わりとしっかり作ってあるオープンワールドで撃ちまくり壊しまくり事故りまくり。

世界の緻密さでいえば、スパイダーマンやRDR2の半分以下の作り込み。
ただしロード時間は3倍以上サッパリさ。

多彩なメンバーの中から3人、どの組み合わせがいい感じになるか考えて出撃する。そのときは、
「クロノトリガー」のパーティを選んでいるときと同じだ。ぼくはあのゲームで、装備を選んだり、メンバーを決めてテーマソングが流れる瞬間がいちばん好きだ。

広いマップを移動するときはボタンひとつで車を呼び出せる。
インドに関連するキャラだと、車への乗り込みかたが、ぶつかる寸前で座禅を組んで運転席にテレポートするので、その意味の無さに感動する。そんな決めポーズとかばっかりに力を入れて作ってる感じがいとしい。

あと、世界を守るために巨悪と戦ってるのに、市民の運転する車が敵味方の区別なくひいていくのがなんか懐かしい。
昔のアクションゲームでは、巨悪と戦ってるのに工事現場のしかけでダメージ受けたり、車がずっと通ってたりした。
最近ではゲームの中の人も頭がよくなっちゃって、戦ってると警戒するようになった。こんなに遠慮なく車にひかれるのは懐かしい。敵もサイボーグみたいな人なのに配達用の車みたいなのにひかれて倒れてて、かわいい。

「エージェンツオブメイヘム」
全然売れてないようだし発売から1年以上たつから、そのうち100円で配られるような気もするが、すげーするが、R指定だけどグロはないし(口は悪い)遊びやすいオープンワールドでヘンな奴らと撃ちあいしたければ、間違いなくグッチョイス。

もはや主人公が不死でもいい「ジャストコーズ」

我が道を行くオープンワールド「ジャストコーズ4」をプレイ。
1週間ほど遊んで、初めて他のレビューなんかを見て、同じ煮え切らない思いを抱えている人がいるのを知って「ぐぬぬ」と奥歯をかみしめている。
ゲームに最近大当たりがなくて、明後日届く「ライアン・マークス」が頼りだ。

このゲーム、続編が出るごとに火薬の量が増えていく方向に進化してるんです。

80年代筋肉爆破アクションがここではそのまま続いてる。
南国のどっかで独裁者が作った建物をただただ破壊。敵がみんな目立つガスタンクや火薬のそばにいるので、どっかんどっかん爆破パーティ。

それも、強靭なワイヤーでどうにかするのが特徴で、ワイヤーでヘリと壁を組み合わせたらヘリが動けず墜落したり、丸いガスタンクを引っ張ってゴロゴロ転がったり、バグみたいな勢いでオブジェが弾け飛びまくる。

だけど、今回ちょっと小利口になっていて歯がゆい。


思えばパッケージの時点で、「バカを遠くから見ている」絵じゃないか。今回は天候がキーになっていて災害で攻撃できるので竜巻を見ている。


前作のパッケでは「自分がバカ」になっていて、バカとの距離感がちがう。
このゲーム、謎の理屈で飛べるんですね。パラシュートとウイングスーツを瞬時にたたんでいくらでも飛んで地面に激突して死にかけるけど、すぐ回復。乗ってたヘリがミサイルで爆破して生身で地面に激突しても
「痛え」
って言ってからすぐ回復する。
昔のアクションゲームの、人なんだけど人とは思えない感じ。車でポーンってひき飛ばしても罪悪感がわかない。(ていうか前作のパッケ絵最高だな)

80年代アクション映画の能天気さと、
90年代アクションゲームの雑さを、
2000年代以降の技術で再現する。
最高でしょ。

でも今回、前作までにない魅力を持とうとしてややこしくなった部分がある。破壊までの手順が少しかったるい。敵も硬い。

もう主人公、死ななくていいんじゃないか。
ミサイル2発ほど直撃で「死亡」からのリトライになる。

最近の2Dアクションが「残機制」をなくして無限リトライ方式になったみたいに、死なない主人公が無限爆破パーティを続けるだけでもいい。主人公だけはどんな銃撃くらっても死なないお約束に守られてるほうが、昔の大味爆破アクションを思い出させる。

「DAYS GONE」プレイ日記3



いかん!発売日のテンションが下がってきた。
タイミングが悪かったのは「レッドデッドリデンプション2」で、より匂いたつ空間で同じことをしたな…って思うことが何度かあって。
植物採取、指名手配犯を取り押さえて後ろ手に縛る。動物の解体。
意識してないとは思えないくらい、絵的に全く同じ。

ただ、RDR2との「匂い」の濃さの違いが出てくるのが、動物解体のときのカメラワーク。
どちらにも、野生動物を狩って肉にしてキャンプに持ち帰るって要素があるんだけど、RDR2は動物ごとに刃物をいれて解体する手順が違って、毛皮と肉が取れて、毛皮を馬のうしろに積んで帰る。

DAYS GONEでは動物を倒して肉にするとき、カメラがふかん視点から、主人公の顔に切り替わる。
動物によって解体の手順が違って動物のほうをじっくり映すとか、そこまでは作り込んでない。テンポ悪くなるし、動物が死んだところ映してほしくない人も多数いるでしょう。

そこが、それぞれのゲームの「匂い」の濃さがわかりやすいと思いました。
DAYS GONEの悪口じゃなくて、RDR2のほうが異常。あれは異常。

ただ、プレイしながら「これのもっと味の濃いやつを食った後なんだよな・・・」と思ってしまうのと、思いのほか難易度が高くてしんどい。

他に買った人によると、ゾンビが大量に追ってくる場面がキャッチーだったそうだけど、状況によってはゾンビ3体でも普通にやられるのに、大量ゾンビなんか逃げの一手だよ。
火炎瓶でも投げようものなら、気づかれて、走ってバイクに乗ろうとしたところを引きずり倒されて終わりだよ。
いったん、いったんRDR2の感覚が抜けるまで置いとくかな。
「深夜の馬鹿力」で伊集院光さんが、平成最後に取り上げたゲームがデイズゴーンで、面白かったって言ってたの嬉しかった。

「DAYS GONE」プレイ日記2



ガス欠になって押して歩いた。
自転車のパンクでもそうだけど、乗り物を押して帰るときの悲しみ、やるせなさったらない。だって自分の責任だから。動かないバイクに
「お前はどこかでガソリンを補給せず、このまま行けるでしょっつって通り過ぎたのだだだだ(残響)お前のポジティブ精神に似た無計画、最悪の事態を考慮できないあさはかな人間性がこの苦しみになっているのだだだだだ(残響)」
と、乗り物のくせに僕の脳に直接語りかけてくるのでつらかった。

一応レッカーは呼べるようだけど、ゾンビが徘徊している地域で呼んだらいくらかかるかわからないから、自力でガソリン探した。あー、きつかった。

気付いたこと。
「ライフイズストレンジ」に続いて、どうにか脱出したい未来のない土地としてオレゴンが出てくるのは何だろう。田舎町だけど何もドラマがないほど田舎じゃない、使われやすいポジションなのだろうか。日本でいえばどこだろう。

「自分探しの旅」をすると聞いていたが、どうも常に目的があって、ふつうに目的があって北を目指しているのが、予想してたのと違って多少ガッカリだ。
目的は自分探しだろ。自分捜そうよ。

ゾンビに家族もみんなやられて、あー、俺もう生きなくていいかなー、と思った青年がいろんな土地を見て、生存者たちがなんとか作った1杯のスープに涙を流し、廃墟になった観光地を見て、
「自分の足跡も、遥か未来の生き残りが見てくれるかもしれない、今死ぬことはないんだ、って思いなおす。スマホなんて娯楽はなくても、ジーパンの尻ポケに突っ込んだ一冊の本で退屈をまぎらわす。これが自分探しの旅ですよ。若いうちしかできないが、中年になってもそれなりに絵になる。連休とかあったら、僕も行きたいなあ。目的のない旅・・・。
えっ、ゴールデンウィークもう始まってるの?

「DAYS GONE」で崩落世界バイク旅1



バイク旅行には「苦労を楽しむ」側面がある。
車なら屋根がある。雨で転んで心が折れない。
バイク旅行って、金もかかるし体力も使うし荷物の制限もある。目的地を楽しむというより、旅の苦労や制限があることを楽しみと考えられるひとしかできない。
だから憧れるし、かっこいいなあと思う。

じゃあ、より過酷な世界でバイク旅をすればもっと楽しくていいんじゃないか、ってことで出ました。プレステ4の「DAYS GONE」
ゾンビとか野党がうろついている崩壊したアメリカをバイクで旅するコンセプトで、もう超超超期待していた一作です。ゾンビが画面を埋め尽くしているのに「自分探しの旅」とか言ってるの最高!平成最後はこれ!!って絶対決めてたんです。

今の所まだまだ序盤だけど、触った瞬間「傑作じゃー!!」ってなるようなのとは違いますね。
バイクの排気音を小さくしてゾンビに気付かれないよう改造したり、ポリタンクで燃料いれたりするのは面白いけど、メインは戦闘で、気付かれないよう敵に忍び寄ったり火炎瓶で焼き払ったり、楽しいんけどさ、
それが一定の面白さがあるのは知ってるよ!過去に死ぬほどやったから!!

でもバイク旅にゾンビが迫るのは、考えてみると面白い。
ゾンビって映画ではなにかの比喩だったりするわけでしょ?

バイク旅行してたら、そういう若者に否定的な人もいるわけです。
まだ見ぬ土地を進み、風を切る喜びをしらない、自分のように本や映画で旅に憧れても結局原付にしか乗れない、心のくさった人を「ゾンビ」に例えて、積極的にひいていくことで弾薬を節約するという。
そういうことでバイクとゾンビの組み合わせは新鮮で春にぴったり。

↑