一度きりの、至福のひととき。「パペッティア」クリアレビュー


「パペッティア」が売れてない。
発売数か月後に突如、PS3本体とセットにした数量限定パックが販売されることになり、よっぽど在庫が余ってるんじゃ…と勘ぐってしまうぐらいに売れてない。

DSCF1057 (420x248)

「パペッティア」は、人形の少年クウタロウとお供のピカリナを操作して月の征服をもくろむクマのぬいぐるみ、ムーンベアキングと戦う「舞台」というゲーム。
クウタロウの武器はカリバスという魔法のハサミで、これで敵でも背景でもシャキシャキ切り刻みながら進んでいく。リアルな布や煙が、ハサミを向けた方向に細かく切り刻まれていくのが快感である。

DSCF1068 (430x260)

オブジェを細切れにするだけじゃない。たまに出てくる「切り取り線」を切ると、そこからレールの上を自動的に進んでいく。
スイスイ進んで、障害物が見えたらジャンプする。やってることはスーファミ時代のアクションゲームと同じなのに、緻密な背景を切り取りながら進むだけで気持ちいいんだからしょうがない。

そして単純に見た目がすごい。
実写に近いだけの凄さではなくて、和と洋の入り混じった世界観と、自分だけが気付いたと思わせる細かいキャラの動きで、ラスト周辺なんかただ口を開けて見てた。グラフィック以外にも、音楽は素敵だし、喋りまくるピカリナさんはじめ声優陣の熱演と圧倒的なグラフィックで、ファンサービス満点。

メキシコをモデルにしたステージや宇宙ステージも良かったけど、このゲームならではの見どころは、序盤の神社や竜宮城といった和洋折衷エリア。
神社は一見、日本人スタッフだけでも作れそうな気がするけど、鳥居が一気に汚されて改造されるシーンは、欧米人の血が入って初めて生まれたものだろう。

DSCF1067 (430x248)

そして竜宮城では、人形浄瑠璃やディズニーから影響を受けたといいう、海王と人魚が登場する。
「これを作った人の頭はどうなってんだ!」と思わず笑ってしまった。

それでも、パペッティアは売れてない。
僕は、竜宮城にディズニーテイストを持ち込む人たちがもっと評価されてほしいし、次に何を生み出してくれるかを見届けたいのに。

不満点もある。過剰なまでのサービス精神は、やりごたえのある2Dアクションゲームを求めていた人から見れば不要なのだ。
2Dアクションの面白さは、敵の攻撃にだんだん適応していって乗り越えたときだったり、自分なりに効率のいいルートを発見したときに感じられるものなのに、このゲームでは難所にさしかかると、迷うよりも先にピカリナさんが正解を教えてくれる。
ボスが登場するとすかさず
「あれをジャンプでかわすんや!」
「あそこを狙うんや!」
と全部アシストしてくれる万能秘書。

ちょっとでも退屈しそうな移動シーンになるとすかさずピカリナと進行役によるお話が始まるし、最後までプレイヤーを飽きさせない。
悪く言えばゆとり向け?雰囲気ゲー?
でも、こっちは劇場に足を運んだお客様なんだから。

ケーキがあるなら、一番甘いとこだけスプーンで運んで口に入れてもらえばいいじゃない。
たまには甘いクリームの部分だけ舐めさせてもらって、奥のほろ苦い部分は捨てたっていいじゃない。

DSCF1056 (420x238)

ゲーム自体がまるごと劇場という設定なので、
ラストの盛り上がりのあとの
「クウタロウは演技力に難があって、セリフを削られてしまった(このゲームは主人公は喋らない)」
とかいう設定が出てきたのは蛇足だった。ナレーターが一人で盛り上がる、主人公置いてけぼりの場面も。
これが大人向けのメタ的なジョークですと言われても納得いかん。
並のゲームならちょっとしたお遊びですまされるけど、ここまで壮大で素晴らしい世界を一言で台無しにするような要素を入れてほしくなかった。




てな感じで、10月最後のゲームレビューは「パペッティア」でした。


いやあ、クライマックス良かったなあ。明日はまとめて本を売りに行って、なにか面白そうなものを探してきます。

「パペッティア」おかしな森のおかしの家

PS3「パペッティア」で一足お先にハロウィンに遭遇する。ごろごろ転がってくるカボチャを避けたり爆破したり、逆にカボチャに食べられたり。

DSCF1046 (440x251)


不思議の国のアリスをモチーフとしたエリアでは、ウサギがまき散らしたカードを切りつつ先へ先へ。
実はちょっと前にプレイしたミッキーマウスのゲームも同じようなシチュエーションだった(劇場内という設定でアリスがモチーフで、お菓子を足場にするステージがあった。海外のゼリーってあのぼこぼこっとした山型のが定番なのね)
あれも充分きれいだったけど、パペッティアはそれを軽く越えてくる。

DSCF1048 (440x245)

森ステージの木が、わさわさ集まって背景になって、画面が切り替わるときにささっと退場していくとか。
キャラクターも全員「出演者」の設定なので、ラスボスのクマがコスプレして「今は別のキャラです」って出てきたのも笑った。
だけど、劇場内って設定が鼻につくことも多くて…。見とれるような美しい世界を片っ端からナレーターが解説したりして、素晴らしい世界観をわざわざスケールのちっちゃいものにしていく。
海外のホームコメディであるような、観客の「わっはっはっは」って声が聞こえる演出はオフにした。
ナレーションもオフにできるというのでやってみたら、キャラボイスも完全にオフの無言空間になったので、やっぱりオンに戻した。美しい世界だけど、序盤で僕がほれこんだ竜宮城みたいな、和風洋風がたたみかけて出てくる奇想天外ワールドはもう出てこないのかなあ。



スリーピングドッグスPS3ネット配信決定!

パペッティア ファーストインプレッション

強大な力を持った石、ムーンストーンを探して荒野に降り立ったクウタロウとピカリナだが、指名手配されて警察からは追われる身になるわ、ボスに気付いてもらえないわで、すっかり自信を喪失して疲れ果てていた。


DSCF1033 (440x244)

クウタロウは人形で、ダメージを受けると首がコロッと取れちゃうんだけど、その変わり近くにあるいろんな物を首として利用できるというキャラクターだから、顔写真で指名手配しても意味はないんだけど…。

DSCF1034 (440x243)

なぜか警察にはバレていた模様。
こんな感じで、疑似見下ろし画面みたいになっているのがこのステージの特徴。



ここから画面上のキリトリ線をハサミでつたって、本当の見下ろし画面のレースゲームみたいになって、よくまあこんな仕掛けを次から次へと出してくるなあと思わされるんだけど、実はグラフィックが凄いこと以外は、昔からあった強制スクロールのアクションゲームから変わってないような…という気もチラホラしてきた。

実は気づいてしまったことがある。
このゲーム、初回プレイは超楽しいけど、2回目以降は超疲れるということに。
ナレーターとピカリナのやりとりがノンストップで続くのと、アクション自体はあんまり極めがいのないシステムなので、最初に一通り仕掛けを見たあと、あっという間に中古屋行き…になるかもしれない。

クウタロウは何十種類もの頭をすげ替えることができるけど、星のカービイみたいに「頭によって攻撃方法や移動手段が変わる」わけではない。
特定の場所に、決められた頭で行くとルートが変わったり、ボーナスステージに移動できるようにはなっている。
だけど、繰り返しプレイして全ての仕掛けを見ようと思ったら、
「このステージではこの頭が必要だから、このステージで頭を取ってくる」
というふうにメモして、ステージを切り替えるたびに長い長いお話を聞いて、頭を取ってこないといけない。

そのかわり、そもそもゲームをしゃぶりつくす気なんてない、ちょっとした現実逃避として1回きり楽しくプレイさせてくれれば充分、という人には強くオススメできる。
2Dアクションゲーム史上最高クラスのグラフィックと、次から次へと出てくる凝った仕掛けで、携帯機でチマチマ極めるのとは違うぜいたくな時間を味わいましょう。

タッチパネル向けの操作もあるので、VITAで出ればミニチュア感も含めてすごくいい感じになると思うんだけど、ここまでPS3の性能を駆使しているのと、売り上げが振るわなかったことを見ると厳しいのかなあ…。




パペッティア海中ステージへ

PS3のアクションゲーム「パペッティア」の海中ステージ。

DSCF1025 (430x256)


海賊船から落っこちた主人公クウタロウがたどりついたのは竜宮城だった。
そこにある巨大な二枚貝から現れたのは、海王様。
ねぶた祭りのデザインを取り入れた海王と人魚のミュージカルによると、奪われた伝説の槍「トライデント」を取り返してほしいらしい。
クウタロウは、ジェット気流を出すイカに乗って、迫りくる寿司と戦うのだった。

DSCF1027 (430x239)



DSCF1028 (430x233)



現時点での感想は、この世界観にひたすら浸っていたい。それだけ。



パペッティアがもっと注目されないのはおかしい

いやいや…驚いたよ…まさかこれほどの出来とは…。



この時代になって2Dアクションにここまで驚かされるとはね…







DSCF1012 (400x249)
まさか「改造町人シュビビンマン3」にボイスが付いてるとはね。
PSプラス会員に無料配信中なので、ぜひ起動して「ほー」って言ってから他のゲームに移ってほしい。


さて、もっと驚かされたのが先日買ってきた「パペッティア」だよ!
ハサミを持った主人公が悪いクマを退治しにいく物語だけど、このなんというか、豊かな、イマジネーション溢れる世界観にさっそく魅了されました!
和のテイストが入っていると聞いたんで、ちょっとサムライっぽいキャラが出てくるとか、そのくらいかなと思ってたんだけど…

DSCF1017 (430x259)
序盤のお城から、


DSCF1019 (430x249)
放り出された先が竹林で、


DSCF1021.jpg
鯉のぼりの由来をお勉強しつつ…


DSCF1022 (430x264)
満開になった桜。このあと、花は急速に姿を変える。
全部のオブジェが紙や木の作り物っぽくできてて、場面が変わるごとに驚かされる。

人形劇ふうの演出なので、竹林でナレーターが「かぐや姫」の話を始めて、それにピカリナというお姫様のキャラが
「うちみたいなお姫さまや」
なんて反応して、ナレーションに出演者が反応しないでください、とたしなめられたり。声優さんはしゃべりっぱなしで、アイテムひとつ見つけるたびに「なんやそれ!趣味悪い!」とかひとつひとつ反応してくれる。

お話を聞いている時間が長いので、とにかくアクションをやりこみたい人には向いてないけど、アクションパートの出来が悪いわけじゃない。
ハイスピードで展開するところは、ソニックを分かりやすくしたみたい。
このゲームが売れてないのは、作ってる人にとっちゃガッカリだろうなと思うよ。すごくリッチな内容の据え置き機用新作なんだから。


↑