スリーピングドッグス 香港秘密警察 クリアレビュー

PS3「スリーピングドッグス」をクリアしたぜ!

DSCF0965 (420x237)

プレイヤーは香港の敏腕刑事「ウェイ捜査官」になって悪の組織に潜入する。
刑事という立場を隠してうまく幹部と近づいたウェイだが、組織にいる幼馴染と冷酷な警察の上司の間で揺れ動く…というストーリー。

システムはGTAそのもので、一般市民を相手に大暴れするもよし、悪の組織を壊滅するためにメインミッションだけに挑戦してもよし。ストーリーだけを追っていくとすぐに終わるけど、街中で服やクルマを集めたり、決まったポイントに行くとレースゲームになったりする遊びもある。

…といっても、レースゲームになるということで驚かれなくなるぐらい、最近のオープンワールドのゲームは大規模になっているんだけど。
それこそGTAの最新作とか、スカイリムとか、龍が如くとか、WiiUのレゴシティとか、スケールの大きさやプレイ時間でいえばスリーピングドッグスはこれらに手も足も出ない。(と思う)

ではこのゲームならではの部分はなんですか、というと当たり前だけど「香港である」というのが大きい。

DSCF0895 (430x242)



このゲームは最初に追いかけっこから始まる。それもカーチェイスなんかじゃなく、自分の足でゴミゴミした街並みを走って、壁を乗り越えて違う建物に飛び移り、食べ物の並んだテーブルや驚く市民を押しのけて敵を追いかける。
そのあとはもう一つの売りになっているカンフーアクション。ボタンを連続で押すだけで気持ち良く技が決まって、つかんだ相手を冷蔵庫や車のドアでバンバン攻撃したり、敵を店の入り口に押し倒して、ひょいとジャンプしたかと思うと、そのままシャッターをつかんで、敵の体をはさんでガッシャーン!と閉店完了。

「あっ!ジャッキー・チェンの映画でこういうの見た! このゲームはこういうことをやりたいんだ!」

というのが一発でわかる。音楽もいい。中国語ラップはやたらノリが良く耳にも新鮮。元々ある曲なのかゲームオリジナルかは知らないけど。

「人の顔がいい」というのも書いておきたい。


DSCF0927 (440x254)
実際にいそうな悪役。


DSCF0917 (400x223)
いそうな市民。


DSCF0905 (430x236)
美川憲一似の女刑事。



ロード時間は意外と短いし、アクションゲームとして気持ちよくて大満足!

だったのに、残念ながら終盤に向かうにつれ勢いがなくなっていく。
これを買った人はこういう方向性のドラマを望んでないんじゃないかなあ…
味のあるキャラたちはいつのまにか退場していって、漂っていたユーモアはなくなり、暴力描写が増えてくる。

危険な任務になっているわりに、ウェイ捜査官はいつのまにかターミネーターみたいに強くなっていって緊張感は無い。
序盤は素手での格闘中心だったため、刃物を持った敵が一人いるだけで怖い、でかい奴がいるのが怖い、というのが新鮮だったんだけど、後半は走行中の車から車に飛び乗るし、ショットガンを至近距離でくらっても肉まん食ったら体力全開になるし(笑)ナイフで何回か切り付けられただけで倒れていた人間味のあるウェイさんは何処に。

この手のゲームで一発撃たれるたびに死んでたらゲームにならないからしょうがないんだけど、武装ギャングに取り囲まれようが車が爆発しようが、

「どうせこのあと助かるんだろうなあ」

と考えてしまうと、ちょっと冷めてしまうね。毎回、都合良く隠れる場所が用意されてるし。
せっかく序盤で「アメリカと違ってここでは銃を見ない」といった会話があるんだから、銃の扱いにもっと慎重になってもいいのにと思った。敵が武装して凶悪になっていくほど安心してしまう。   

どうも、終わりに近づくほどイマイチな感じがしてきたのでクリア直後は消化不良だったんだけど、実際にはこのゲーム、海外の「もっと評価されるべきゲームランキング」で上位にあげられるほどだし、トータルで見れば楽しんだ時間のほうがずっと長いので、それはきちんと書いておきたい。

GTAの最新作がすごいことになっているけど、中にはあのボリューム感が苦手で、
「もうちょっと小規模で変わった味付けのものを食べてみたい」
という人もいると思う。そこでスリーピングドッグスですよ。これを選ぶ価値は充分にあると思う。







スリーピングドッグス プレイ日記4

DSCF0964 (420x240)
どうもこんにちは。香港秘密警察に所属するウェイ捜査官です。(左側)
右側にいるのは、妙にインパクトがある通りがかりのおじさんです。


えー、やばいです!スリーピングドッグスという香港版GTAですが、もう終わりそう!
ろくにプレイ内容を書かないうちに、ギャング同士の抗争が一区切りつきそうな雰囲気になってきた。
前回から新たに加わったのはガンアクションとカーアクション。車から車に飛び移って、反対側のドアから元の運転手を無理やり下して乗り換える「スタントジャック」がアクション映画っぽくて面白い。
何度も前の車に飛び移って、現金輸送車をそのまま乗っ取って、隠れ家まで運転して現金に換えるという荒業も会得した。

ガンアクションも、「銃撃」と「カンフーの蹴り」の威力が大して変わらない、というすごいゲームバランスで大満足だ。
ふだんは障害物の影にかくれて相手を狙い撃ってたんだけど、
「途中で障害物を横っ飛びで乗り越えると、画面がスローになって、その間にヘッドショットを狙える」
という演出がある。
「ヴァンキッシュ」って近未来のゲームの主人公も全く同じ技が使える。未来のパワードスーツを来た人と、現代のカンフーの達人が同じ力を持っていることが驚きだ。カンフーを極めるとこんなことができるようになるのだ!

運転中に銃撃も出来る。
多少操作は複雑になるけど、追跡してくるポリスカーのタイヤを狙い撃ってクラッシュさせて逃げる楽しさ!
正直いって本編よりこっちが面白い。というか、中盤からのストーリーがずっとギャング同士の利権争いだから、カンフー映画っぽい痛快さとか、ベタな笑いとかがなくて個人的には不満。


DSCF0958 (420x229)

じゃあ今日は捜査の合間に、カラオケバーに行っちゃおうかな。
海外のカラオケは、日本でのカラオケと意味合いが違って、踊ったり酒を飲んだり、ホステスをはべらせて歌をうたうキャバクラ的な場所だったりするんだよ。
普段は硬派な俺も、ダンスホールで踊っちゃうぜ!イエーッ!





DSCF0956.jpg
「ちょっと通りますよ・・・・・・」
うわあああ! 誰だよお前!



気を取り直して、カラオケでもやろうか。
有名曲が流れてくるのに合わせてスティックを動かす、音ゲー的なものがはじまった!
きっとクリアすると、店の女の子がサイコー!って言って盛り上げてくれるに違いない!








DSCF0953 (420x243)

何だこのマスコット!(困惑)




スリーピングドッグスプレイ日記 3回目

DSCF0942 (420x241)
流れ流れて…うわさのポケモンジムと呼ばれる場所についた…。
ここには、どんなライバルが待っているんだろう?



DSCF0941 (420x248)
「さっそくバトルだ!まずは、ショットガン早撃ち対決!」
「おいおい、ポケモンバトルをどう解釈したのか知らないが、ここでは、お互いが育てたモンスターを戦わせるんだぜ?」



DSCF0937 (420x239)
いけっ!黒龍号!
コケーッ!コケーッ!
殺っちまえー!目だ!目を狙え!



DSCF0939 (420x233)
コ・コケ~~ッ!
「ぎゃーっ!負けたー!」
「バカヤロウ!お前にいくら賭けたと思ってるんだ!」
「からあげくんにしちまうぞ!」




DSCF0905 (430x236)
「ポケモンは金もうけの道具じゃないのよ。はい、復唱」
「ポケモンは、金もうけの道具じゃありません」
「あと、そろそろ本編を進めてくれる?」
「ソロソロ、ホンペン、ススメマス」

眠る犬の生活

DSCF0917 (400x223)

DSCF0913 (400x270)


おじさんがパックに入った焼きそばみたいなのを熱心に食ってるのを観察したり、闘鶏を観たり。
このゲーム…もしかして、メチャクチャ面白いんじゃないか?
スリーピングドッグス ―香港秘密警察―2日目 

やりすぎで気が付いたら昼過ぎだよ。基本的には街をうろついて車を奪ってドライブしたり、チンピラと闘ったりしてるだけだけど、まずカンフーアクションがいい。
基本ワンボタンで戦える。□ボタンを押せばパンチで、長く押せば回し蹴り。何回かポンポンと押して長押しすると、師匠に教わった連続技が出る。

それより面白いのが○ボタンで相手をつかんでからの攻撃。
相手をつかんだままじりじり移動すると、周囲に光るオブジェがある。電話ボックスとか水槽とか。そこまで移動すれば、相手をオブジェに叩き込んで大ダメージ!電話ボックスだと、敵を電話に向かって投げ飛ばしたあと、コードがついたままの受話器を取って敵の頭をバンバン殴る!痛そうだけど笑えるんだこれが。他にも落ちてる買い物バッグで殴ったりする武器格闘ができる。
いずれ銃も手に入って、物陰に隠れながら撃ち合いをしたりするようになるみたいだけど、そんなのは他のゲームでやりたいなあ。

あと笑ったのが、ちゃんといかがわしい店ではパチモンの服を買って装備できるところ。
普通は現実ではできないから、せめてゲームの中で憧れの車に乗ったり、理想の恋人を探したりしてるのに、何でわざわざゲーム内で架空のブランドのニセモノなんか着てんだと。

「スリーピングドッグス」買ってきた!

PSVITAを買うかどうか悩んで、結局は3DSに装着するグリップ買って「これでいいや」と自分自身に思いこませて帰ってきました。
さて、浮いた分で買った、超久々のPS3のパッケージソフトがこちらです。


DSCF0912 (371x400)
スリーピングドッグス 香港秘密警察


DSCF0909 (425x233)
オープンワールド!香港!港にたたずむ革ジャンの後姿!
昔セガが出したなんかのゲームを思い出す。


舞台は広大かつ緻密に作られた香港。
香港警察のウェイ捜査官は、犯罪組織「トライアド」にスパイとして潜入するのだ。
言ってしまえば舞台を東洋に移した「GTA」だが、人ごみの中を駆け抜けるチェイスや、つかんだ敵をゴミ箱にぶち込むなどの香港映画っぽいアクションが楽しめる。


DSCF0895 (430x242)
現実とはまた違うんだろうけど、ハリウッド映画の日本みたいな明らかな違和感は無い。


DSCF0902 (425x237)
右側のいい顔の兄ちゃんに信頼されるため、まずは悪の手先として、地元の店にみかじめ料を取り立てにいくのだ。


DSCF0896 (430x237)
この八百屋のおっさんを脅して金をいただくぞ!

「おい!うちのリーダーの命令だ。ここで商売したけりゃ金をよこすんだ!」

これに対して、八百屋の主人の口から出た言葉は……?




DSCF0897 (450x250)
ケツにチンゲン菜でも刺せって伝えとけ


意味がわからない。


↑