レベルファイブのキャラクター人気投票のメンツがひでえええ!!

昨日から始まりました、レベルファイブの3DSダウンロード配信ソフト半額キャンペーン。
皆さんは何か買いましたか?
レベルファイブといえば、ゲーム好き少年たちにとっては、もはやスクエニよりカプコンより大きな存在。
大人のユーザーにもタイムトラベラーズやギルドシリーズなど、ゲーム専用機に新作をどんどん発売してくれる勢いのあるメーカーです。この機会にぜひ何かダウンロードしてみましょう。

半額キャンペーンと同時に始まった企画は、
「半額ソフトのキャラクター人気投票! 上位10名の壁紙が配信されます!」というもの。
僕はよく知りませんが、昔もポケモンやイナズマイレブンで似たような企画やってて、わざと人気のないキャラに投票する愉快犯が出たりしたことで騒ぎになっていたやつと同じかな?

しかし、レベルファイブ全キャラじゃなくて、半額キャンペーンのタイトルからなんて、レイトンやファンタジーライフはともかく、ギルドシリーズなんか誰が出てるんだろう…?

そう思って、候補者一覧ページを見てみましたよ。

レベルファイブ人気投票ページへGO!


ええと…

「レンタル武器屋オマッセ」より「武器屋のオヤジ」
このゲーム、他にいろいろ可愛いキャラいましたよね?
まあ、まあいい。主役的存在だしな。

「エアロポーター」より「タイトル画面にある飛行機」と「ポーターさん」
苦しい。あまりにも苦しい。
まあ百歩譲っていいとしよう。壁紙にしたら意外と見栄え良さそうだし。
他にキャラクターらしきものもいないし。

「虫けら戦車」より「虫けら軍団」
いらねえええ!
虫けら戦車に出てくる虫って、要するに普通のアリだよ。
わざわざ配信しなくても、道路にはいつくばってアリの写真撮ってれば壁紙できるんじゃないか?

「宇宙船ダムレイ号」より「スペースリーチ」
アホかーーーーーーーッ!!
なんでこんな、理科の実験のときに顕微鏡で観察した微生物みたいなやつを壁紙にする必要があるんだ!
「ダムレイ号に潜む何か」までノミネートされてるけど、これが老若男女に愛されているレイトン教授らと同じ条件で戦わないといけないんだから、苦戦は必至だ。

投票は1日1回できるそうなので、みんなもプレイしたあとはお気に入りのキャラに1票を。

ギルドシリーズ全品半額!! オウガバトルの説明書の思い出

DSCF0478 (450x229)

レベルファイブのDLソフトっていうかギルドシリーズ全品半額!!
レベル5特設ページ

ブラボーでファンタスティックでマーベラスなセールが開催されますよ。
レベルファイブのダウンロードソフト全品半額!
ギルドシリーズ継続のために、みんなで買おうレベルファイブ。

ギルドシリーズ全部発売日に買っていい部分も悪い部分も大いに楽しませてもらった私ですが、ぶっちゃけた話、今から買っても100パーセント楽しめるかどうかはわかりません。

情報も出尽くして半額セールで買うゲームなんて、スーパーで割引シールを貼られた賞味期限ギリギリの弁当ですよ。もしくはパックの寿司。(どっちでもいいか)
食えることは食えるけど、発売日にでき立てホヤホヤを事前情報無しでむしゃぶりつく楽しさは味わえません。
ドラクエ3を一番楽しんだ人は、お買い得セールで100円で買った人じゃなくて、発売日に行列に並んで買って速攻家に帰った人ですよ。

けど、今から買うとすれば、やっぱりオマッセは小さい容量内にキッチリアイデアを詰め込んだ感じでいいなあ。衝撃のラスト(FF13-2と同じといえば同じ)とマリブさんの可愛さだけで元が取れる。
DSCF0476 (450x267)

DSCF0480 (450x256)

あとは老眼の人以外はエアロポーターとクリムゾンシュラウドあたりの合わせ買いでもいいかも。エアロポーターは牛丼の脇にある紅ショウガみたいなもんだから単品ではちょっとね。



~そういえば~
「伝説のオウガバトル」時代から、クリムゾンシュラウドを作った松野さんって人のファンだったんだけど、この方はこれ一作でレベルファイブを移籍したみたい。今後どうなるのかなあ。

スーファミの「伝説のオウガバトル」ってシミュレーションゲームは本当に難しいんだけど、このゲームの説明書に、主人公たちの序盤の行動を描いたマンガが描いてたんです。
ためしにゲームでもマンガの通りに、一度通過した街に戻ったりして行動してみたら、マンガと同じ展開になってちょっと珍しいアイテムや仲間が見つかって、メチャクチャ嬉しかった。
img_1471968_45479830_2.jpg
このマンガと同じ場所に隠された都市があったのを見つけたときの嬉しさといったら!
てか、ゲーム全体のアートワークは美麗なのになんでこのマンガだけこんな感じの絵なの(笑)


最近徘徊していたブログで、ゲームの説明書がなくなりつつあるという話題があったのでふとそんなことを思い出しました。

飯野賢治追悼作品みたいな「宇宙船ダムレイ号」を最後に、「ギルド」7作品クリアーレビュー!

「宇宙船ダムレイ号」3時間でクリアー。
完全なネタバレはしない範囲で感想書きます。


プレイ前の宣伝でハードル上げすぎじゃないでしょうか。
何で「驚愕の真実とは!」って凄いオチが待ってるみたいに宣伝しちゃうの!
どっちかというとプレイ感覚も懐かしいし、ホラー要素はちょっとしたビックリ系だし、オチは想像通りだし、特典は反応に困るし、音楽無いし…。


いや待てよ、僕自身が大人になってしまったからそう感じるのかもしれないな。
もし中学生のころの、この手のゲームが初めての自分だったらダムレイ号を神ゲーと認定していたかもしれない。
何だかんだ言っても、グラフィックは結構良かったし、行動範囲が広くなっていくのは面白かったわけだし…。子供の反応はちょっと気になる。

自分は、このゲームを楽しむには大人になりすぎた。
「惑星で採取した異星人が船内で暴れだして乗員が次々と犠牲になっていく」
ってストーリーだけで
「またそういう話かよ!」
って思った。この設定は定番なんでしょうか。
クラス1の優等生がなぜか自分にだけ好意を持ってくれる…みたいな「お約束」なんでしょうか。

一昔前のアドベンチャーゲームが好きな人なら、「そうそう、この感じこの感じ」って楽しめるかも。船内の孤独感とかね。


さて。

これでギルドシリーズ7作品全部クリアーです。
売り上げでは苦戦したかもしれないけど、それぞれクリエイターの味が出ていて面白かったー。
ただ、GUILD02が、プレイ中は楽しいけど繰り返しプレイには向いてない内容ばかりだったので、パッケージを諦めてダウンロード販売だけにしたのも分かる気がする。

7作品ほとんど出来の良さに差は無いんだけど、これから買う方もいるだろうし、あえて個人的にお気に入り順位と一言感想を書きます。


1位「レンタル武器屋deオマッセ」
オリジナリティと、ゲームへの愛情が伝わってくる良作。
製作者が芸人だから許される(?)衝撃のオチとノリのいいBGMも好き。

2位「エアロポーター」
空港で荷物の仕分けをするゲーム。単純なパズルだけにとどまらず、爆弾で機械が故障したら直るまでギルド01の他のゲームでもやってください、と放りだされるなど、変な味もある。単純にスコアアタックだけをさせてくれたら最高だった。

3位「怪獣の出る金曜日」
やりこみ要素は蛇足だった気がするけど、豊かなグラフィックと効果音、ちょっと想像の余地を残した終わり方、ナレーションの存在感など素晴らしい。道に落ちてる物を調べたときに反応がほしかった。

4位「虫けら戦車」
趣味の悪いゲームだけど、個人的には嫌いじゃない(笑)
「ワシの作りたいように作っただけや!悪いか!」という稲船さんの笑い声が聞こえてきそう。

5位「クリムゾンシュラウド」
恐るべき難易度。キャラクターがボードゲームのコマのようになっていて、独特の雰囲気を作りながら製作の手間を省いてある。周回プレイ対応。

6位「宇宙船ダムレイ号」
オチとオマケシナリオが気に入らなかったのでプレイ後の感覚は悪いけど、人によってはこういうの大好き!という人もいるだろう。

7位「解放少女」
アニメやボーカル付きのBGMで盛り上がるし、楽しくなかったわけじゃないんだけど、これを本気で作りたかったのかなあ、と不完全燃焼な気持ちになってしまった。


実際は1~3位はほぼ同率です。全く別の評価になる人もいるだろうし、
ぜひぜひ、興味があれば買って遊んでほしい。
実は、PSVITAが値下げされたとき、3DSも手放してVITA買っちゃおうかなとも思ったけど、ギルドシリーズが楽しみなので3DSを手放しませんでした。
03の発売を心から願っております。こんなマニアしか喜ばない上に面倒な企画を通したレベルファイブと、粗削りだけど味のあるゲームを作ったクリエイターさんたちに敬礼!

ギルドシリーズ7作目「宇宙船ダムレイ号」発進!

DSCF0347 (500x318)

タイトル以外のほとんどが謎に包まれていた「宇宙船ダムレイ号」が800円で今日から配信開始!
ゲームは宇宙船の船内で始まる。
自分は誰なのか、なぜここにいるのか、といった情報が一切無い状態で始まって、手さぐりで進めていくのが特徴だ。
どうやら主人公はコールドスリープから目覚めたばかりで、遠隔操作でロボットを操作して船内を探索していくようだ。

注意することは、
「ホラー要素がちょっとだけある。中一程度の英語力はあった方がいい。常に音楽の聞こえる状態でプレイすること」

これまで宇宙船が出てくるゲームといったら、「エネミーゼロ」「ライブアライブ」「ポリスノーツ」とか…そのあたりしか思い出せないんだけど、ダムレイ号も似た雰囲気で、やっぱりIDカードで入れる部屋が増えたり、船内にエイリアンっぽいものが侵入した形跡がある。

DSCF0346.jpg


画面写真をバンバン貼り付けたほうが興味は惹かれるんだろうけど…ぶっちゃけ画面写真で「面白そう!」って思う人はいないだろうな。渋いというか硬派というか。
ちょっと昔の不親切なアドベンチャーゲームで遊んでいるみたい。
十代のゲーマーなら、「宇宙船を舞台にした脱出ゲームみたいなもんか」って思うかもしれないな。

「今どき流行らないタイプのゲーム」が今後どのような展開を見せるのか、プレイを続けていきたい。



この手のSFゲームで一番オススメなのは、なんといってもポリスノーツ!!
メタルギアソリッドですっかり有名になった小島カントクの作品。
自分にとって初めて「映画っぽい!」と思ったゲームなので思い入れも深い。

基本は画面の気になるところをクリックして調べていくスタイルだけど、合間にアニメがあったり、ガンアクション、ちょっとのお色気、ちょっとのホラーが挟まって飽きさせない。
メタルギアソリッドからの小島秀夫しか知らない人はぜひプレイしてほしい。

虫けら戦車の多人数モードで参加者を募っていたらローカルプレイ専用だったことが判明

いやー…こんな間抜けなことがありますか。長いゲーム人生でもこのミスは初めてだ。
時代に取り残された老ゲーマーかよ。

通信ミッションってあれ、身内で3DS持ち寄って遊ぶ専用のモードだったんだ!?
ネットで共闘するんだと思いこんでて、誰もいない部屋で参加者を募集したまま放置してた!
そりゃ誰も「参加します」って言ってこないよ!
いたら恐怖現象だよ。3DS持った現代風の幽霊だよ。

いやあ…阿呆すぎる。こんなこと初めてだ。
説明書読まないと、こんな愉快なことが起きるんですね。普通は起きないけど。

もう一つ説明書には、
「虫に気付かれないように弾を撃たずにいることができる」という記述もある。
スニーキング要素ってあったっけ。
↑