PS4「レゾガン」2面スコア世界7位。日本の旗を表示することができた。国旗を立てに行くのが登山みたい

DSCF1646 (430x258)
レゾガンのシングルステージスコアランキング、2面ベテランモードで唯一日本勢の意地を見せることができた。こういう瞬間を配信できたら面白いんだけど、間違いなく無言だな。
全モードトップにいる凄まじく上手いカナダ人とイタリア人がいるんだけど、何か特殊な教育を受けた人かな?

「文字パズル ことだまーる☆」100万点への道

500円で配信中の3DSダウンロードソフト「ことだまーる☆」のスコアアタックは熱い!

DSCF1184 (299x400)

文字が書かれた「コトダマ」を並べ替えて、一度に3文字以上の単語をできるだけ作っておいてから「こうげき」をタッチすると、完成していた単語が全てコンボになる。普通に3文字だけで消してもほとんど得点にならないけど、ヒントを頼りに「ボーナスワード」を完成させたり、4文字、5文字の単語でコンボを作ると、スコアは加速度的に上がって一度に最大99999点まで入る。

1回消すごとにひとつレベルが上がって、残り時間が減る速度が少し速くなるんだけど、大量コンボを出せば残り時間は回復する。
3文字消して100点でも、20連鎖して99999点でも、どちらにしてもレベルは1段階しか上がらないのがポイントで、
ゆっくり考えられる序盤はとにかく単語を詰め込みまくって大連鎖を狙わないといけない。

たとえば「しようがい」と言葉を並べると、
「小」「ショウガ」「うがい」「洋画」「障害」の5つがカウントされて5コンボになる…という感じでどんどんつながって、序盤に大量得点できると熱い!25個の文字でいろんな言葉を考えているうちに時間がどんどん過ぎていく。
ストーリーモードは肝心のストーリーがアレだったり、チュートリアル的な3文字×3文字のステージが全くもってアレだったりするんだけど、買った人はぜひエンドレスモードにふれてほしい。

自分なりのコツとしては、何もないところから単語を作ると浮かばないので、まずボーナスワードを探して左上に作る。
そこから、ボーナスワードを頭文字にする4文字5文字の言葉がうまくみつかるとラッキー。

DSCF1195 (280x400)
こうしてから、「す」「ず」「め」を頭文字にする言葉を探すとやりやすい…というのが自分なりのセオリーなんだけど、それより「胆汁」という言葉が先に完成してしまって、
「たんじゅう」を崩したくない!と思って他の単語が作れなくなるという、ことだまーる☆あるあるに陥っている。

子供のころ、しりとりで「る」のつく言葉が少なかったことを覚えている人は多いだろう。このゲームでも、「る」「ー」「ん」が一番上か左の列にあると、単語になりにくい。
「ん」は4文字の2,4字目に置くと、あとは適当に並べているうちに「かんたん」「こんとん」「へんかん」という具合でいつのまにか完成してることが多い。
長音っていうのかな?「ー」があると面倒で、バーンとかオーブとか、なんとなく言葉を作って処理してるんだけど、4文字以上にはなかなかなってくれない。かといって、中途半端なコンボ数で妥協してしまうと、ほとんど時間が回復しないままレベルだけが上がって、追い詰められていく。

現在スコアランキングは不具合で使えなくなっているんだけど、使えていたころは100万点に達したプレイヤーが2人だけいた。
僕もついさっき100万点に到達したけど、オンラインが復旧したときには150万点とか200万点とかに到達している人がいそうでコワイ。今のところミーバースにそのような報告はないけど…

そういえば、ミーバースはこういう規模の小さいゲームと相性が良いのもうれしい発見だった。
子供たちがこぞって買うようなゲームのコミュは荒れやすいし、上手い絵もすぐ流れていくけど、マイナーゲームコミュで集まって、だれも興味持たないようなプレイ状況を語り合えるのは面白い。

…で、いつ復旧するんだろうね?

「パックマンCEDX」世界14位!

DSCF0842 (450x215)

なんかこう、無心になってゲームしていてですね…
疲れてきたなー、と思っていたはずなのに、ふいにふわっと体から力が抜けて…、
しばらくのあいだ疲れも苛立ちもない、ただただ宇宙の意思と一体になれたんだなあっていう喜びだけが自分の中にあふれてきまして…
はっと気が付いたらわけのわからないスコアが出ていたんです。

ということで僕なりに編み出したパックマンCEDXの攻略法。
「宇宙意思様が自分の中に降りてくるのを待つ」
でした。参考にしていただければ。


…え、パックマンの新作が近いうちに出るの!?マジで!?

パックマンCEDX「スパイラル」世界33位!

いつまでやってんだ!まだやってたのか!
ゲームの話といっても、みんなが求めているのは次世代のゲームマシンや、現代社会に適応した新しいソーシャルゲームの形の話だろ!

DSCF0821 (450x241)

どのくらい凄いのか分かりづらいパックマンのハイスコアとか、そういうのはもういいんだ!
えーと、PS3のコントローラのバッテリーがすぐ切れるようになったのと、海外のニュースではまさかのPSMOVE等、周辺機器が継続して使えるようだということなので、PS4も買ってしまうかもしれません。人生初のゲームハード発売日買いとかあるのかな。

………

今日で8月も終わりですね。

夏も終わりですけど、今年はシャレにならないほど熱かったせいか
「暑い夏にあえて熱い茶を飲むことで涼しさを得るのだ」
とかいう、おかしなことを言いだす人が周りにいなくて非常に良かったです。

自分の母親がなぜかその思想が好きで、子供のころから、わざわざアピールしながら熱いものを口にしているのを見ては、なんやねんそれ、とずっと思ってました。
たしかに冷たいものばかりは体に良くないけど、じゃあ雪山で遭難している人にあえてガリガリ君を差し出すことで熱を与えるのかと。

本当に暑いときに熱いもので涼が得られるんなら、自分の個室で豚キムチ鍋でもやればいいのに、わざわざ人にアピールしながら熱い茶を飲んだりするじゃないですか。
あれが「寝てないアピール」よりも嫌いなんですよ。

寒中水泳している人を見るのとかは好きです。
「熱い」「痛い」は見ているだけで不快さが伝染するのに、「寒い」のは笑って見られる。不思議。
だからバラエティの罰ゲームでも、滝に打たれたりする「寒い系」が多いんでしょうか。

9月の方針としましては、これまで以上に好きなもののことしか書きません。
たぶん涼しくなるにつれ、マンガ熱が引っ込んで小説熱が復活します。
ブログデザインやタイトルをいじったり、コメントいただいている方たちと一気にリンクを増やしたりするかも。
今後もよろしくね。

総プレイ時間9時間の死闘!「たまご大冒険」全レシピ開放!

今回の記事には3DSソフト、たまご大冒険のネタバレが含まれます。最後のレシピまで自力で見たい方は閲覧をご遠慮下さい。

DSCF0425 (450x278)

たまごの主人公がやられるたびにタマゴ料理にされるのが面白いというだけで買ってしまった3DSソフト「たまご大冒険」。
見た目通り、序盤は大した難易度ではないと思われた。いや、クリアしても大した難易度ではなかったなと思った。
ただ、たまご料理の一覧を見ると、最後のひとつだけが空欄のままだ。

全ての敵の攻撃をくらったはずなので、あとひとつの料理を見る条件としては、おそらく隠しアイテムの「ゴールドエッグ」を全て集めるか、全ステージ全難易度でのクリアだろう。
「せっかくここまできたんだし、完全制覇してやるか!」
これがトータルプレイ時間9時間越えの死闘になるとは、想像もしていなかった…。


まずは、これまでのプレイで得たポイントを注入してタマゴの固さやスピードを強化!
最初は「ふれたら割れる級」だったタマゴが、最大限まで固くなって得た称号は……


DSCF0443 (450x209)

バキュラ級
たしかに、ダイアモンド級より固いものはこれしかあるまい。
わからないみんなはゲーム好きのおじさんかお父さんに聞きましょう。



DSCF0452 (450x274)

さあ、バキュラ様が通るぜ!どんな攻撃も通じまい!!



DSCF0449 (450x274)

グシャッ。
うぎゃーーーーっ!!


DSCF0440 (450x272)

突然の死


これぐらいでくじけてはいけない。
説明書によると、各ステージにある「ゴールドエッグ」を探せば何かがあるということなので、ひたすら探した。
あやしい穴があれば落っこちてポーチドエッグになり、登れそうな壁があればぶつかってオムレツになり、どうにか全ゴールドエッグ獲得。難易度は関係なかったようだ。助かった。

全ステージでゴールドエッグを取ると、隠しステージ「スカイガーデン」が現れた。
名前でイメージする通り、動くリフトを乗り継ぎながら進んでいくアスレチックステージなんだけど、クリア自体は30分ほど試行錯誤すればなんとかなった。

だけど、それでも最後のたまご料理がオープンされない。まだやってない死に方なんかあったか?と思いながらステージを観察すると、リフトから落ちる途中に、最後の最後のゴールドエッグが画面端に見えた。

あったぞ!!あれを取れというのか!!

そこからはひたすら悪戦苦闘。
タマゴは、最高速でダッシュすれば「雲」に乗れる。

DSCF0452 (450x274)

この場面では、ジャンプでも行けるし、ダッシュで雲の上を走っていくこともできる。
雲の道をひたすら進んでいけばゴールドエッグのあった場所に行けそうだ。
だが、その前に大きな問題がある。最高速まで加速するための平坦な道が無いのだ。

ならば映画BTTF(バックトゥザフューチャー)のラストシーンのように、空中で加速すればいい。
BTTFのタイムマシンは車型で、加速するための道が必要になるが、ラストで未来からやってきたタイムマシンは空を飛んで加速していたのだ。

あれを応用して、たとえ平坦な道がなくても、空中で加速すればいい。
短い道しかなくても、道の端からジャンプ→勢いを止めずに壁蹴りしてまた同じ道に戻ってくる→また短い道を走る→最高速まで加速できる。
名付けて「BTTF式たまごダッシュ」の誕生である。


本当はそこからも、なぜか雲の道の途中にチェーンソーがあって錦糸たまごにされたあげくスタート地点まで戻される地獄が待っていたんだけど、ここでは多くは語るまい。
とりあえず、最後のゴールドエッグを取って、最後のレシピも出した。




DSCF0445 (450x270)

究極のたまご料理は、みんな大好きなこの料理。
子供のころ読んだクッキングパパで、年配の人が思い切ってオムライスを注文して照れるシーンは今でも覚えています。
東南アジアにある、孵化寸前のヒナが入ってるやつが出てきたらこのゲームは伝説になる…とひそかに期待していたんだけど、さすがになかった。
↑