TVerで配信中の「勇者ああああ」クイズ・クロスフェードを応援したい。

「勇者ああああ」という番組のワンコーナー、クイズ・クロスフェードをもっとやってほしいので宣伝を書く。
こちらから公式配信中!
公式配信サイトTVer


登場したソフトを、プレイステーション2本体発売「前」「後」に分けるクイズコーナー。
回答者はスリムクラブ真栄田とハリウッドザコシショウ。
企画はゲームマニア寄り、キャスティングがお笑いマニア寄りだから絵面が濃い。

「ブシドーブレード」
「ブシドーブレード弐」
「裏技麻雀」
「ザ・マエストロムジーク」
「激走!トマランナー」
「シンプルシリーズ THEスナイパー」 


今回はこの初代PSソフト6本をPS2発売より前か後かに分ける。
「格闘ゲーム」「麻雀」「低価格ソフト」「珍周辺機器」
プレステの定番を全方位抑えたチョイス!


「ブシドーブレード」は、攻撃されたら一発で決着がつく武器格闘ゲーム。
3D格闘ゲームが大流行して、「リアルさ」を売りにしつつ相手の身長よりジャンプしたり、女子高生が空中コンボ決めたりしていた時代に、
本当のリアル、本当の緊張感はこれじゃあ! とばかりに発売された。
足を攻撃されたら転がって移動するしかなくなって見苦しい戦いになるんだけど、そこがリアルに感じたり、ときに滑稽だったり。


「THEスナイパー」は、ナレーションの豪華さとシンプルな本編のギャップでよくネタにされるんだけど、
今思えば「メタルギアソリッド」でスナイパーと戦うシーンを体験して以降「スナイピング需要」がゲーム好きの間にあった気がする。
メタルギアは他にも強烈な要素が多くて忘れがちだけど、主人公の視点で照準を合わせて、限られた弾数の緊張感があって、振動機能で手の震えまで再現されたスナイピング体験は衝撃だった。

よく見るとパッケージの
「シンプルシリーズ Vol~」
と、何作目かの表記が隠されていて、後期の作品とわからないようにしている。
出題者(GCCXの岐部さん)細かい!
そして、こんなニッチなジャンルは定番のスポーツが出た後だと推理するザコシ。鋭い!
そこに気付けるかどうかがこの問題のポイントだ。


「マエストロムジーク」は体温計みたいな指揮棒をピコピコ振るゲーム。
オーケストラを指揮する優雅さも何もあったもんじゃない! けど、ふしぎ周辺機器が集まる感じが懐かしい。

6本に共通するのは、あれこれ詰め込むんじゃなくて、コンセプトがはっきりしたところ。
超名作!と太鼓判を押されたわけじゃない、
「そういえばあったなー」
程度のゲームを思い出すことで、美化されてない当時の雰囲気を思い出す。

ネタとして扱われることも多いPS時代のゲームを、初めて見た人から「面白い!」って声が出たのが新鮮だった。
初めてネットのレビューを見たときは、いわゆるクソゲー・奇ゲーとして紹介されてて笑ってたけど、そういうの、もうやりつくされた感がある。
「面白い!」
の一言は、作る側をリスペクトしたストレートな感想で気持ち良かった。




ケンシロウが奥のエリアに移動するときのモノマネは完コピです。
あのゲームで印象に残るのは、爆散するザコ敵のはずなんですけど、何故そこを。

「アルコ&ピースのDCガレージ」ファルコン脱退事件のような超くだらない騒動が、世界から「おもしろ」を殺す

「ファルコン脱退スペシャルプチ炎上事件」という意味わからん騒動が、深夜ラジオ好きを怯えさせ、番組のコメントに「笑いながら泣いた」と書かれるまで。


「アルコ&ピース」という、中堅お笑いコンビの「DCガレージ」というラジオがあります。



ここ何週かは、アメコミヒーローものの映画話をしていました。
気に入ったのは「ファルコン」という男。
スーパーヒーローではないが、機械仕掛けの翼と銃で戦う。アイアンマンやスパイダーマンに比べると情報もない、グッズも少ない。存在感ある割にすぐ退場する、こいつは何なんですかと、リスナーも交えてファルコン最強説、不要説でわーわー言ってたんです。「出たけどすぐやられてんじゃねえか」とか、深夜のファミレスの会話的に。

思えば、昔から「カッコイイけどなんか不思議な人」をいじることが多いラジオだった。
ディーン・フジオカ、織田裕二、マンウィズアミッション。



こいつがファルコンだ

その流れで、特別企画として、「ファルコンを脱退するよう説得している音源」「かわりにアベンジャーズに入りたい人」を募集した。

「最強説」に期待して出演作を観ても、すぐ退場していくファルコンを不憫に思うあまり、みんなでファルコンを引退させようと呼びかける、要するに、素人に
「ファルコン!僕とハローワークで次の仕事探さないかい」的なコント音源を募集するという、超リスキーで頭のおかしい企画。
それをプロの構成でまとめて、何らかのオチに向かっていく展開を用意していたんだろうけど、

「ファルコンをアベンジャーズから脱退するよう説得!」
という字面は、にわかアメコミ好き芸人が騒いでいるようで、アメコミファンがカチンとくる感じになってしまっていた。

自分も詳しくないなりに映画は好きだけど、まさかこのアメコミ大好きラジオが、同じアメコミ大好き民に敵対視されるなんて想像もしてなかった。
レンタルショップで「ファルコン」の単独作品を探しても出てなかった話とか面白かったのに。

これまでどんな話しても無反応だったネットニュースがピックアップした。
「ファルコンを脱退するように呼びかけて、賛否が分かれている」
賛否って、否の声はなさそうだったが(というか、こんな意味不明な企画に賛否も何もない)。
「賛否を呼んでいる」と書くと、中立の立場で伝えたように印象付けられるのね。

いわゆる軽い「炎上」騒ぎになり、リスナーが声を送る企画だったけど、巻き込まれるかもしれないので企画はつぶされた。

このやり方が許されるなら、TVラジオはもちろん、漫画やゲーム、何でも切り取って良識派に「殺させる」ことができる。
一時、マンガのエロ、暴力描写が規制されるんじゃないかって騒ぎがあったけど、上の人が手を出すまでもない。

深夜の芸人に良識を求めて謝罪させますか。
ファミレスの馬鹿話まで監視しますか。
野暮じゃないですか。
それより、生の本番どうなるんでしょうか。


本番当日。
どうなるかと思ったが、冒頭に「さーせんでしたあ!」と謝罪。
のあと、突然シンガーの土岐麻子さん登場。
番組内で曲紹介したとき、軽くいじったことがあったので、またも「さーせんでしたああ!」

その後、急遽、土岐麻子さんの新曲「ブラックサバンナ」の解釈を送るよう呼びかける。
訓練されたリスナーの瞬発力も恐るべし。すぐ
「この曲は自分のことを歌っています」
「ビュッフェの春雨サラダの孤独を歌っています」
と、次々同じ曲でも変に解釈したネタメールが届く。

そして最後に「言葉は人によって解釈が異なるんですね」と、騒動をまとめた。
曲も放送も、実際に聞いてほしい。
聞かずに語ると、本当のところからずれていく。

ファルコンと同じく、番組でいじられた土岐さんが笑っていたので、ギスギスした空気は柔らかくなるし、生放送のネタ募集に即反応したリスナーと、出演者、スタッフ一同による生放送1度限りのナイス着地。

なんとか無事に終わりそうと思いきや、次の放送のため待機していた爆笑問題が乱入。
太田光が、俺が騒いだ方がネタになるんだろ!?ほれ書けよ!とばかりに騒ぐ。
「お前らアベンジャーズ好きなんだろ!?謝る必要ねえよ!」
太田は、インターネットが一部の人の物だったころに、何度も死ね死ねと書かれ続けてきたのに、まだこんなことを言う。

いつ取り壊されてもおかしくない遊び場を、大人たちが一生懸命考えて、声を張り上げて守っている。

借金1000万芸人,岡野陽一の夜明け

もし自分が学生で、ラジオ好きな友達がいれば、この放送について寝てない頭で必死に語り合えるのに!
ネットでしか体験を共有できないのは物足りない。

「借金1000万芸人」岡野陽一の「オールナイトニッポンゼロ」にひっくり返った。
深夜放送のオールナイトニッポンよりさらに深い、新聞配達のカブの音が聞こえる時間帯。一夜限りのお試し放送で喋るのは元「巨匠」というコンビの芸人、岡野陽一。

子供時代は神童と呼ばれたが、大学入学のころから一気に堕落して筋金入りのクズになり、バイトもせず金を貸してくれる宿主を変えて生活。
「大学4年で単位ゼロ」
「学生ローンのおじさんに、このままだと首吊ることになるよと警告された」
「パチンコ屋に行きたいあまり、土地勘のない彼女をまいた」

芸人にも高学歴化の波は来てるのに、こんな人がいるのか。
ラジオ内のフリートークは、金借り視点で語る、優良な債権者の見分け方。
嫌な債権者は、いつ返すんだと何度も聞いてくる人。

あまりに何度も聞いてくるから、
「若いころは、その人の目を見ながら寿司を食ったこともありました…」

もう意味がわからない。善悪も理屈もない。でも開き直ったようでもなく、ヘコヘコとリスナーにも低姿勢。
健全な中学生とかが聞いたら、将来なりたくない汚い大人ランキング1位だと思う。
挫折も屈折も知らない、借金も芸人も嫌いな人が聴いたら吐き気のする男だと思う。

ただ、明け方&生放送の特殊な環境もあって、意味のわからなさは許容範囲を越え、爆笑していた。
気持ちよかった。なんでだろ。型破りな人への憧れ? 自分はまだマシだという安心感? 
自分は、現実で犯罪をおかさない分、映画やゲームや妄想の中では破壊活動もする。
「いい子」でないといけない社会より、ずっと岡野の闇空間の方が心地よかった。ずっと一緒はカンベンだけど!

最後は、払い終わるまで待ってくれる大口の債権者さま3人と仲良くトークして、ラジオ好きな債権者さんが喜んでくれるのが嬉しい、と何度も繰り返し、「債権者の方のリクエスト曲」ゆずの「夏色」をさわやかに流し、
「ちょうど4人なんで麻雀行ってきまーす!」
と、幸せそうに番組を終えてしまった。

ラジコの停止ボタンを押すと、自分だけがポツンと「いい子」だけの世界に取り残された。
少し寝てから、またいつもと同じ生活を送って、普通に生きるんだと思うと寂しかった。

「シャーロックホームズ 悪魔の娘」をクリア! 馬車がリアルだった。

PS4「シャーロックホームズ悪魔の娘」をクリア!

謎のミニゲームがことあるごとに挟まれるので、そこを欠点としてあげるのは簡単だけど、面倒ならスキップできるし、なんか、憎めないっちゃあ憎めない。

ネタバレ無しでこのゲームのいいところを。
いいところはズバリ、「馬車が細かい」ところである!マジで。
内容に別に絡んでこなくても、二輪馬車と、座席が部屋みたいになっている四輪馬車がちゃんとある。
このゲームのいいところは、そういうところ。出てくる写真や本がリアル!

この時代の英国の細かいアイテム描写。タバコの形とか、時計とか、銃とか。今とは違うアイテムが容疑者の持ち物として出てきて、新事実が出てくる。それだけでワクワクできて、ここをおさえてあればOK!

しかし「ホームズ」をゲーム化するうえで問題なのが、
プレイヤーは華麗な推理を期待するのに、ホームズを操作するのは自分だから華麗な推理はしないこと。
じゃあワトソン視点ならいいのか。
「君がワトソンになれる!」それもキャッチーじゃないな。

水曜日のダウンタウン「濱田祐太郎 箱の中身はなんだろな最強説」で障害とバラエティの垣根を軽く飛び越える

前にタブレットを買ったとき、これで音楽も映画もYOUTUBEも見れるので、もうテレビいらなくなりますよ、と接客されたが、まだテレビは必要そうだな!

「水曜日のダウンタウン」は盲目漫談家、濱田佑太郎にフィーチャーした企画「箱の中身はなんだろな最強説」。

以前にも、
「クイズ王が箱の中身~をやったら当てられるんじゃないか」
と検証企画をやっていた。
クイズから離れてリアクション芸披露の場になっている「箱の中身は何だろな」を、一回りして真剣にやってもらう企画だ。
この番組はバラエティを一通り見てきた人が作ってるし観てるから、当たり前の企画にもうひとひねり加えてくる。



濱田と勝負するのは歴代R-1ぐらんぷり優勝者の、アキラ100パーセント、ハリウッドザコシショウ、じゅんいちダビッドソン。
あらためて揃うとすげえ絵面。それぞれが、穴から手だけを突っ込んで箱の中身を当てる。

濱田「(スタジオの松本人志に)松ちゃん見てる~?」
松本「お前は俺を見たことないやろ」


1回戦で箱の中にあるのは皮をむいてない「タケノコ」
いきなり難易度の高い案件。これに濱田が30秒で正解。
ガッと手を入れる。日常でやってること。なんなら箱もいらない。最初の躊躇がない。

2回戦。箱の中にアキラが手を入れる。
最初がタケノコだったので、番組の構成としては、気持ち悪いものかと思ってリアクションとらせて実はプリンとか、もしくはヘビとかが来てもおかしくない。手を入れる段階でビクビクしつつ、中身は電動ヒゲ剃り。
「リモコン?」
いい所までいくけど、これも濱田の完勝。

3回戦の相手はハリウッドザコシショウ。
箱の中にいるのはイグアナ。個人的には好きな非常に興味ある&飼ってみたい(飼育代を調べたこともある)生き物だが、
しっぽがヘビのようだし、顔もさわっただけでは難しいし、手だけで当てるのは超コワイ。かつ至難の技。
これに、ザコシショウは喚きながらも正解。

続いて濱田が箱に手を入れる。躊躇なくさわる。
だが、答えが出ない。
ガッツリ触っている。どんな形の生き物かもわかっている。
なのに「イグアナ」が出ないのだ。イグアナを見たことがないから。


「見える人」は、爬虫類や両生類の姿にドキッっとする。記憶に残る。
けど、見た目情報のない濱田に、たとえばネコとトカゲの差を聞いたらどうなるんだろう。

身体の硬さや動きの速さとか、「見える人」と違う情報でネコとトカゲの差を認識しているんじゃないか。
猫の方がひっかく、危険な生き物と認識してもおかしくない。
ていうか、あの人にとってヘビ、怖いのだろうか。

普段意識しないけど、
「知ってると思ってる物」の中には、普段使ってる物と、映像で知った気になったけど実物はよく知らないものがある。
盲目の人には、映像でなんとなく知った気になれる物は「知らないもの」なんだ。

濱田の「箱の中身は何だろな最強説」は、イグアナという「映像で見る機会はあるけど日常的に接したことのない物」を当てられず、説立証ならず。


イグアナが、もしヘビぐらい特徴があったら、この結果は出なかったかもしれない。しかし結果的にこのコーナー、説教臭さなしで
「見えない人は、世界を違う見方でとらえているんだ! もっとこの人たちのことを知りたい」と思える企画になっていた。

また、R-1ぐらんぷりで濱田祐太郎が「自己紹介」をすませた状態になっているので、スムーズにコーナーに入れたのも良かった。賞レースでチャンピオンになってもスターになれない実情はあるけど、面白い番組作りの土台にはなっている。
やっぱり、テレビは面白い。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑