FC2ブログ

キングオブコントようやく観れたー

2018キングオブコント、半分リアルタイムでないけど一応見た!
今年はファイナリスト当日発表制。
登場するときに初めて誰が出てくるかわかるシステム。ちゃんと本番まで誰が出るか、秘密が漏れなかったのがすgすgええ!(混乱)

たとえばVTRで登場した伊集院光は、生のラジオで起こったことを毎日話している。
そのときに、番組アシスタントをしていた「だーりんず」が決勝に行ったことを、うっかりにおわせたら終わりなんだよ。
関係者みんなが、決勝進出者のヒントになる部分をぼかして、本番まで誰にも推測させなかった。これはすごい。
ただ、落ちた人が、わざわざその日のスケジュールに言及できないなど息苦しかったので来年はカンベンな!


コントも良かったなあ。録画で見るとあの面白さがすうっと消えていくんだけど、
「ハナコ」の、飼い犬が、ただ人の着ぐるみになるコント。
気配を感じて飼い主を待って、何なのかわからないけどドッグフードが止まらない。犬を擬人化してることに誰も突っ込まず、シュールと温かさが混じって、得点が出る前から
「なんかこれは、爆笑起きてないけど高得点出る」
ってわかった。好き。

チョコプラの、「デスゲームらしきものが始まったけど、参加者がうるさくて、ルール説明を全く聞いてくれない」コント。
漫画や映画にこういうのが乱立していることを知ってる前提だけど、
いろいろルールを考えて変装までしてるのに全く聞いてくれない司会者の、うっかり素が出ちゃう瞬間とか、笑う。

「ザ・ギース」のサイコメトリー能力で凶器の分析をしようとしたら、包丁職人の思いばかりが浮かんでしまうコント。
「マヂカルラブリー」の、どうでもいい場面でタイムリープから抜け出せなくなるコント。
漫画アニメのルールを現実に持ってくるような作品、増えた!?

普段、画面演出や声の主張が激しい番組は苦手で、日本のバラエティやアニメは見れなくてっている自分でも楽しめた。
この番組を見たことない人にこそ、感想を聞いてみたくなる大会だった。

平成が終わって、アイドルが一般人になって、キムタクだけが人間を越えていった

キムタクは凄い。
アホみたいに言うけど、キムタクは人気があるなあ。

先日のPS4新作発表会、デッドオアアライブとファイナルファンタジーの新展開があったのに、みんなキムタクのことしか言ってねえ!
俺たち、最初からいるべき場所間違えたんじゃないか!?
ジャニーズのコンサートに行った方が幸せになるんじゃないか?

ゲームをしない人が、普通にジャッジアイズ1作のためにPS4本体買うとツイートしてて感動した。
うわー、そういう存在なんだ。

「よーし、私はこのために4万出して買ってやるぞー!!」
って感じでもなく、自然に、ほしいものが見つかったから手に取る感じで。

アイドルに限らず、何かの熱狂的なファンって、外から見ると滑稽なところがあるじゃないですか。
ジャニーズじゃなくても、長渕剛とか阪神タイガースとかガンダムとか。
門外漢から見ると「なんだあれは」と思ってしまうけど、ファンの人たちも自分らがどう見られているかわかってて、それでも、水分ぐらいに大事。

次に動かしたい有名人は、松本人志とタモリだな。ゲーム版ブラタモリ。
実在の街をゆっくり歩いて、博物館とかを案内してもらうゲーム。ゲームかそれ?

さくらももこさんと会った話を、爆笑問題と伊集院光がラジオで喋っていた。 爆問は深夜。いじゅさんは朝。

「ちびまる子ちゃん」は食事の時間だったので見ていた時期があって、
エンディングテーマがかわるたびに軽い違和感があった。

電気グルーヴの「ポケットカウボーイ」や、たまの「あっけにとられたときの歌」。

アルバム通して聴いて「ポケットカウボーイ」は前後の曲の流れがかっこいいのを後に知ったけど、単独でキャッチーな曲でもないし、まるちゃんと関係ない。西城秀樹みたいに時代性が重なれば納得するんだけど。
「国民的アニメのタイアップにしてこの曲を売ってくぞー!」って大人の思惑もなさそう。

爆笑問題によると、さくらももこさんはバンド好きで、自分の好きな曲をエンディングに流すことにこわだったらしい。
「おどるポンポコリン」が大ヒットしたから、CDを売る側はなんとしてもあそこで流したい曲はあっただろうに、そこは譲らなかったと。

同世代の太田光の、さくらももこさんの印象が「小さい人」なのが面白かった。
普段から小さい相方を見ているのに。


最近はラジオを聴く時間がどんどん増えて、聞いたことのない人の話までタイムフリーで流しっぱなし。朝の伊集院いいよ。
ゲスト・間寛平を迎えて「木登りをして大けがした話」を聞いたけど、めっちゃ良かった。

ふと童心に戻って木に登った。枝の感触、家を見下ろした気持ちよさ、ちょっとしたくぼみの水たまり、そこに集まる虫たちが描写される。

木の上からの風景をツイキャス配信して「最初にこの木を見つけた人に3万円」って賞金出して遊んでいたら、配信中に落下して、ろっ骨を何本も折る大けが。

まともに声も出ない痛みの中、救急車に運ばれながら、子供が「3万円…」って言いながら付いてきた。

テレビで「間寛平の話術」を意識したことも無かったけど、
自然との出会いと気持ちの昂ぶり、最新ガジェットもちらっと出てきて、そこからのオチまでの話の自然な上手さ。口調も温かくて、ガチガチに構成を練った感じがしない。
和田アキ子回でも思ったけど、こりゃ絶対周りに人が集まるし、聞き入ってしまうわなーと、テレビで長くいるわけがやっとわかる。

深夜(というか明け方)1時間だけ与えられた、無名芸人のチャレンジ枠みたいな深夜放送もいい。自分だけが聴いている感じもいいし、Twitterで常連のラジオネームさんと一緒に聞くと、ちょっとした隠れ家的ライブハウス感覚だ。


あと1週間ほど忙しそうだけど、今日配信されるゲームを何か買います。
ちょっとだけYouTubeで配信してみようかと思ったけど、何やらサーバーに繋がらなくて、こういうのホント弱いなあってガクーン。

心身ともに不調でぼやいている

いかん。なんだか気分が落ちてきている。
やたら暑いのにくしゃみ連発したり、体も混乱している。

休日まるごとベッドの上で病人みたいにすごして、夜中にそのこと後悔しながら虫みたいにお菓子をガサガサほおばる。
こういうときの、楽しめないけど時間だけ使うゲームは良くない。
「外に出て遊びなさい!」って言ってくれる人も友達もいないし。


そんな中、NETFLIXで観た「ナイスガイズ!」は面白かった。問題のある探偵コンビが行方不明の少女を探すうちに、大きな陰謀に巻き込まれていく話。
不謹慎ギャグと、映画のお約束をふまえた笑いが次々出てくる。

主人公コンビが敵に銃を突きつけられた場面で、不意にコーヒーをぶっかけて
「あ!熱湯で驚いた敵の銃を奪って、危機を脱する展開だ」
と思ったら、コーヒーはもう冷めていたとか。何度も見る側の裏をかいてきて飽きない。
70年代が舞台で車や音楽もイカス。携帯電話のない時代に大切な人とすれ違ってしまう感じも新鮮だ。


アンガールズのコントDVD「俺…ギリギリ正常人間」も面白かった。
いろんな種類のヘンタイが出てくる。

あくまでも生活のために、女性が捨てようとした家電を譲ってもらおうとするんだけど、どこか様子がおかしい男。

わざと物を盗まれる隙を作って、犯罪の瞬間と人の醜さを見ることに命をかける大金持ち。この男は泥棒に「説教」をやらせるのがキモイ。偉い人は、つまらない説教をして満たされたいのだ。

脚本も演技もこなす天才でありながら、ビジュアルが天才部分を凌駕しているアンガールズ田中の、本気の部分が観れた。あ、こういう才能があって、こういうことをやってる人なんだ。怖い。

水曜日のダウンタウンの、ペットとドミノする企画良かったなあ

「ドミノで感動させようとする企画」への皮肉みたいな企画。
「水曜日のダウンタウン」の、ペットと同じ部屋でやるドミノが超面白かった。

具志堅洋行とボクサー犬のグフマン、
デヴィ夫人と、服着せられた小っちゃい犬10匹、
猿回しの猿、
ちょっと前のバラエティ「ココリコ黄金伝説」のオマージュで、かつて同居したココリコ田中とニワトリ。

この4組がドミノを完成させるというんだけど、作り手が期待してる映像は、
「うちの子はカシコイですから、ホホホ」
って言ったはずのデヴィ家の犬たちがドミノにじゃれて、苦労が水の泡になって「キイイーーー!!」ってなるところじゃないか?

エゴの押しつけとされ、最近見なくなった「犬に服を着せる」を平然とやってる、金持ちババアのヘコんだ顔を見ようぜ!
あとは、具志堅・グフマンの珍騒動見てほっこりして、昔のバラエティへのオマージュも捧げようぜ!
俺たちの観たい絵いっぱい撮ろうぜ!ってことだと思う。


始まってみると、ニワトリ・田中ペアのニワトリが羽ばたいて、風圧でドミノが倒れていくのに吹く。
ドミノって直接攻撃で倒すものだけど、遠距離攻撃もあるんだな!

一方、夫人の犬たちはきちんと固まって見守ってる。
猿回しのサルも人間と協力して並べている。
ドミノの並べ方や、トラブルの対処の仕方に人間性が現れるし、ペットの態度にプライベートでの飼い主との関係が見える。
夫人がえらい目にあうのを密かに期待してたけど、芯が強くないとあの役回りはできない。ペットのしつけも本当にきっちりしていたのか、小さい犬がまとまって隅でドミノを見守っている。


具志堅・グフマンは遊びたすぎて動き回ったり、伸びをしてドミノ倒してたり、かなり危険だが、
何度も何度も崩されては並べて、最終的には2時間もかけて、ほぼ並べ終わる。

ドミノが角ばったS字で並べられている。階段を上って倒れていくギミックまでちゃんとある。
あと少しで完成。
そこで、グフマンが「これから動きそう」になる。
犬猫が何かに飛びつく直前の、目標を定めて足がかすかに浮いた、あの感じ。
これはバッシャーン!ジャラーン!と行っちゃうやつだ!苦労が全て終わるやつだ!!

期待していたはずなのに、実際に4人の疲れた顔を見ると、うわ…!とまれっ!と息をのむ。グフマン、待て!

ところが次の瞬間、グフマンは並べられたドミノの間を華麗なステップで避けて、具志堅にすり寄るのだ。
「憎めない、ちょっぴりバカ犬」と思ったけど、この2時間で
「これを倒したらご主人は落ち込んでしまう」と学習したのだ。
ドミノが蛇行しているのに、ちゃんと4本の足全部が、空いてる地点を飼い主譲りのステップで辿っている。

「ドミノで感動」とか「犬で感動」は安易でくだらない企画だと思う(ぐらいには僕は性根が腐っている)し、作り手もさせる気ないだろうに、
グフマンステップと、決定的瞬間を逃すまいと追い続けるカメラマン、やり終えたみんなの顔に「本当」が見えた。

悪意でもハプニングでも、
作られたバラエティの中に「本当」が見えた瞬間は、やっぱり、引き込まれちゃう。
たかがテレビのお笑いと、なめちゃいけない。

次はクレイジージャーニースペシャルのために生きるぞ。絶頂時代を知ってる人では少数派かもしれないが、
サポートに撤して的確に攻めたコントをする今のダウンタウンの方が好き。


↑