「ヘビーレイン 心の軋むとき」に責任を感じさせられる

PS3から4へリマスターされた「HEAVY RAIN 心の軋むとき」クリア!

次々と殺人を犯しては、現場に折り紙と花を置いていく「折り紙殺人事件」が発生。
最新の調査ツールでデータを収集していくFBIの刑事、アナログな手段で1人づつ犠牲者の家族にアプローチする探偵など、複数の登場人物が犯人を追う。

主人公も、大切な息子をショッピングモールの人ごみで見失ってしまう。
DSC00054.jpg
選択肢が焦りで揺れて、時間とともに変化する。


メジャーな映画だと、序盤で大男がヒロインに襲いかかっても、
「なんだかんだで死なずに、機転をきかせて逃げるんだろう」とか、過去のお約束から、安心した上で観ていられる。
悲惨な展開になっても、それは作り手がそうしたもので、観ている側が責任を感じることはない。

ヘビーレインは「ゲーム」だ。
ぼくらはゲームを信用していない。どんな救いのない結末に分岐するかわからない。
自分のミスのせいで犠牲者が増えるかもしれない。
用意された何通りかの中から選ばされただけにも関わらず、
「こうなった責任が自分にある感じ」が確かにあって、嫌悪感でたまらなく、それでも途中でやめられなくなる。

DSC00046.jpg


たとえば、映画でよくある、互いに銃を突きつけ合うシチュエーションになる。
相手は興奮状態。どうやら情報を持っている。いつ撃たれるかわからない。こちらもいつでも発砲できる。

なだめる、怒る、駆け引きをする。選択肢が出てきて、つぎつぎ選ばされる。
相手が落ち着いてきた。このままなら無事に終わりそうだけど、まだ何をしてくるかわからない。
そこに、他にも武器になりそうなものが視界に入ってしまう。

さあどうする?どうする?これなら?それで正しかったか?
次々とゲームに問い詰められる。

容疑者から暴言を吐かれる。暴力で返すか、我慢するかを問われる。
我慢。
すると相手はどんどん侮辱を重ねてくる。
むしろこいつには手荒な行為でやり返した方が、最終的には子供たちの命を救うことにつながるんじゃ…と、思わせるところまで来る。迷っていると選択肢が消えていく。

DSC00047.jpg

実際に凶悪事件の捜査ってこんな?とか、思うことはあるけど、とにかくプレイヤーの焦らせかたが上手い。
その質問、事情聴取、急に答えられるわけないじゃないってところを鋭く突いてくる。

自分のせいでまずい展開になってない?なってない?とプレッシャーがきつくなってきて、息苦しくなったところでゆるめられ…の繰り返し。
クリア後には「あそこどっち選んだ?」と、生還者たちといろいろ語りたくなる。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

折り紙の違和感!「HEAVY RAIN 心の軋むとき」


半額セールで、以前より気になっていた「ヘビーレイン」開始!
「PS3の変な操作のやつ」の、追加要素を含めたPS4リマスター版。
DSC00044.jpg

物語は主人公が目覚めるシーンから始まる。
表示の通りにスティックを倒して、体を起こして、向いている方向にR2で移動する。
冷蔵庫を開けて、コントローラを振って軽くジュースをまぜて、ボトルごと飲む。
帰宅した妻の荷物を持ってあげて、ストーリーを動かすわけでもない会話をして、皿を割らないようにそっとスティックを倒す。

何でもないことを独特の操作でやっている。
これ何だよ、と思っているうちにだんだん馴染んでいく。

DSC00042.jpg

夜のシーンでは子供がソファーでテレビを観ていて、早く寝ろって言っても嫌がる。
何となくテレビを観たら、そこに、明らかに観られることを意識したクオリティのアニメが流れてて、これどうなるんだろと観てたら、その間もちゃんと時間が経過していたので、振り向いたら子供がソファーで寝てた。

「あっ」て思った。
子供向けアニメに見入っちゃって子供の存在を忘れる。

DSC00043.jpg

俺は夕食にインスタント食品を済ませて、妻を褒めて、子供とショッピングモールに出かけてピエロから風船をもらう。
欧米人だから、突然ゲーム中の新聞に出てきた「折り紙殺人鬼」が怖い。

実は死体の脇に折り紙を置いていく殺人鬼が出てきて、そいつと家族が関わろうが関わらなかろうが、正解のルートがあるわけじゃない…そんなストーリーなのは知ってたんだけど、殺人鬼以前に「折り紙」がちょっと怖い。

WHAT!?オリガミ?

紙切れに思いを込めて生き物の形にする?何すかその異文化?
俺は欧米人だから。雑に髭を剃って妻に愛を伝えてショッピングモールでピエロに風船をもらう欧米人だから、オリガミの違和感がすげえ。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

「永遠のPL学園」読みました!

「永遠のPL学園」
甲子園常連校の急な弱体化と、母体であるパーフェクトリバティー教団の関係に迫るルポ。



桑田監督待望論を蹴って、実際に監督になったのは誰なのか、
PL野球部の現状を知って、あえて入学したのはどんな生徒なのか。
謎を追いながら、最後は球児の純粋さにやられる。

PLの教えは、最初は「道具を大切に」とか、普通のことだったのに、どんどん解釈がずれていく。
「道具を大切にしないと鉄拳制裁」
「ボールを1個でもなくせば連帯責任」
先輩に質問禁止。女子を見ること禁止。水を飲むのも禁止で、最終的には1年生部員がトイレの水まで口にする、卒業生曰く「この世の地獄」になる。

問題行動が次々発覚してからは、優秀な生徒は大阪桐蔭に入学するようになる。
最後のPL野球部は、いい設備を持った弱小高でしかない。
かわるがわる練習試合を申し込まれてはメッタ打ちにされ、マスコミに晒され、OBにはなんとか頑張ってほしいとプレッシャーを受け続ける。

それでも、部員たちが胸を張って言う
「OBにいただいたボールを1個もなくさなかったことが自慢」

先輩の指導、暴力がなくなっても、「道具を大切に」の教えを廃部まで守り抜いた!
感動的だけどどこか違和感の残る、宗教の中にもうひとつ別の信仰が育っていく過程というか…、不思議な読後感。

PSVR「スターブラッドアリーナ体験版」VR酔い対策方がわかったかも!

楽しみにしていた「スターブラッドアリーナ」体験版配信。
「スタブラ」はVRゲームで、主観視点で360度ぐるんぐるん自由に回りながらライバル機を撃墜するもの。



VR酔い対策で、視点を固定するゲームが多いなか、これは相当動く。

前にすっとスクロールしただけで気持ちわるくなるゲームもあるのに、完全に上下逆さまで飛行したりする。

スクリーンショット (1)


ゴーグルをつけると、近未来のテレビ番組の参加者になってチュートリアルを受ける。
下には自分の足が見えて、コントローラのスティックを動かすと映像の手も動く。左右にはでかい砲台が装備されていて、自分の視点の動きにあわせて可動する。
メカの操縦に憧れている人なら、この時点でテンションブチ上がり確定。

ただ…上下移動…回転…耐えられないほどじゃないけど、きつい。みんなが楽しんでいたバイオ7も体験版で無理だったし、やっぱり俺は酔う体質なのか。固定画面でお姉さんを鑑賞していろというのか。それはそれでいいが。


そのときは疲れていたこともあって、一旦寝て、再トライ。
ふと思い立って、イスに座ってやってみた。
それまで何年も、テレビの前に万年床か万年ベッドを置いて、ゲームやTVに疲れたら寝る習慣だった。

今度は、普通にオフィスで使ってるようなイスを持ってきて、ゲーム中の自分の足にリアルの自分の足が重なるように高さを合わせた。
スクリーンショット (1)
わかりにくいけど、灰色の膝当てをしている

それまで、ぺたんこ座りで、高さも合ってないし、姿勢が固定されているのに画面では動いているのがダメだったけど、
コロ付きのイスで、実際に少し動くようにする。

すると、チュートリアルで前進するだけで酔ったのに、イスを調整しただけで旋回や上下移動もできる!できるぞ!長時間は無理でも遊べる。


・乗り物系のVRゲー、座る高さを合わせるのが重要説
また、画面内で移動したとき、「コロ付きのイスだから実際の自分もちょっと動いてる」と思うことが、酔いを軽減してる気がした。

肝心のゲーム内容は、上手くなって他のプレイヤーと連携をとって遊べば最高だけど、初心者レベルでは少し慌ただしくて、飛行の快感を味わう前に終わってしまった。作り込みがすごい分、最新のゲームにしてはロードも長いかな。
でも、この体験は次につながる気がするぞ。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

ゲームシステムとストーリーが完璧に調和した「アンフィニッシュド・スワン」

DSC00038.jpg

母は、絵を描くのが好きだけど、完成させるのが苦手な人だった。
家には未完成の絵ばかりがあった。
母が死んだとき、モンローはたくさんの絵の中から、未完成の白鳥の絵を持って施設に入った。

PSプラスで無料配信中の「アンフィニッシュドスワン」。
未完成の白鳥に誘われた少年、モンローになって、主観視点で進行するゲーム。

オープニングが終わると、真っ白な空間に放り出される。
適当なボタンを押すと、黒い絵の具がまかれる。ペンキかな、インクかな?まあ絵の具としとこう。黒い絵の具をまく。
それによって、真っ白な空間に色が付いて、どこが壁でどこが足場かわかってくる。目印になった白鳥の足跡に誘われて、モンローの主観視点で進む。
かなり広いようだ。適当に塗り散らかしながら、足場を見つけては、また違う空間に出る。

DSC00039.jpg

ゲーム画面は、絵の具をまき散らした、描きかけの絵のようになる。
絵を完成させるまで描くのが苦手だった母の面影を追って、
プレイヤーが操る少年もまた画面を汚し、描きかけの絵を残すようにして進んでいく。

ストーリーとシステムが一致してて、これだけでもう、見事!天才的ゲームデザイン!

冒頭こそ真っ白だけど、この展開がずっと続くのはさすがに退屈かと思わせてから雰囲気を変える。敵を倒したりはしないで、軽い謎解きと、物語のページを探す軽い収集要素あり。

DSC00040.jpg

一部で操作しづらい場面もあるけど、白鳥に誘われたモンローは、夢のような幻覚のような絵本のような世界を旅して、最後にちゃんと「こうなりました」で物語が閉じる。

芸術的な空気を残して終わりじゃなくて、きちんとフィニッシュ。
考察の余地も残しながら、見事な着地。


制作は、このゲームのあとに「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」で、新たな主観視点ゲームの可能性を見せてくれるジャイアントスパロウ。
2作品とも、年単位の製作期間をかけた、3時間ほどで終わるゲーム。
あわせてプレイすると、この製作チームが次回作で何を見せてくれるのか、より一層ハードルを上げて待ってしまう。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

NETFLIXでアニメ版「悪魔城ドラキュラ」放送開始!

悪魔城ドラキュラ 予告編

ゲームではPS1のころまでプレイしていた「悪魔城ドラキュラ」海外では「キャッスルヴァニア」
ダークファンタジー系のアニメになって、シーズン1前半がネットフリックスで配信!

原作ではムチを使ったアクションに、サブウエポンでナイフや聖水を加えて、敵はホラー映画系のオールスター軍団。
そのまんま描くには無理のある内容をうまく映像にして、ネット配信の強みであるゴア描写、狂った宗教家たちの表現も過激で楽しい!


物語はドラキュラ側から始まる。
ドラキュラが魔術だけでなく、科学の知識があるところが原作との違いで、
(僕のやってないゲーム版にある設定かもしれない)
ドラキュラは無理解な民衆たちに、魔術だけでなく得体の知れない科学を使うとして恐れられ、唯一愛した人間の妻を火あぶりにされる。
血の涙を流したドラキュラは、妻の愛した人間たちをほろぼそうとするが、そこに代々続く魔物ハンター・ベルモンド家の末裔が現れる…という導入。ドラキュラ側の言い分から始まる。

ちなみに、ニンニクや十字架は迷信のため無効。
「迷信」「魔術」「科学」「伝説」がまざりあっている。
どれがどれで、どの力が本物なのかわからずに、全てを恐れて弾圧しようとする宗教家たちが話に加わり、
原作での「ドラキュラVS悪魔ハンター」の戦いにくわえて、世界観が厚くなっている。


ドラキュラが科学にも精通していたことから、民衆に恐れられるだけでなく、ゲーム版のお約束だった「回転する歯車の上を進むステージ」に説明がついているとか、上手く考えらえてる!

そして何といっても、ムチさばきが見ていて気持ちいい。人間も魔物も容赦なく散らせて、時にはくるっと巻き付けて、物を取ったり、転落した人を引き上げたり。原作ではいくらでも使えたナイフを
「一回投げて、ムチで巻き付けて再利用」するアクション、自然に登場する手斧、聖水。

冷静に考えたら万能すぎるムチなんだけど、子供のころからの教育の成果で
「マリオがキノコ食って巨大化することは当たり前」
と思うように、
「ベルモンド家のムチなら万能で当たり前」
と思ってしまう。

さすがに出てこなかった、壁に埋まった骨付き肉が出てきたら歓喜だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

デジカメから無線LANでパソコンに画像をとりこみたい人の雑記


挙動がおかしかったデジカメを新調!サイバーショットです。最近のコンデジ凄い。
スマホに負けないようにいろいろ頑張ってるんだろうけど、多彩なモードを無視してオート撮影だけですませるのが勿体ない感じ。

今まではデジカメからSDカードを取り出してパソコンにガッチャンと差し込んで、画像を取り込んでた。
これからは無線送信の時代だっつうんで、「プレイメモリーズ」なる無料ソフトをパソコンとPS4にセーット!
デジカメから送信ボタンを押すだけでパソコンに写真を送れて、
画像のデータは全部共有だから、PS4を介してテレビでも見れるという優れもの!

そしたら、写真のデータをウイルスと認識してるのか、全く写真を受け取ってくれず。
いろんな項目のチェックを入れたり消したり。
1時間ぐらい「キイイイイイ!」ってなりながら奮闘。

しかも、パソコンとPS4でデータを共有するのだけは上手くいってるらしくて、
PS4の電源を入れたら、こちらから面倒な設定をしなくても、パソコンで取り込んでた電子書籍のキン肉マンのスクショが、勝手にテレビ画面に次々出てくるの!なんだよこれ!

肝心の、デジカメからの画像取り込みが出来ないのに、スライドショー形式で悪魔超人たちが次々とテレビの大画面に出てくる。操作になれないので、コントローラのタッチパッドにふれたら「シャッ」て音がして素早く正義超人に切り替わるし、新しいデジタル製品買って何やってるんだよ!! 
PSVRを使えば、映画館のスクリーンと同じ感覚でアシュラマンのトレーニング風景を見ることができるぞ!VRってそういうもんじゃない!

その後、なんとか無線での画像取り込みに成功。(ケーブルで繋ぐのに比べて時間はかかる)
PS4PROでDVDを再生するとカタカタ音がするのは異常なのか悩んでたけど、ブルーレイだと静かなのも判明した。古いカメラをオークションで売ったり、様変わりしながら営業を続けている古本屋に持っていったり、
がたついてる毎日ながらもなんとか上手くいってる感じになりました、とさ。


アナログの本もいいのと出会えたし。

ジャケ買いだったけど大正解。染め物の話です、装丁がきれいで、ストーリーよりも言葉の美しさだけでもう…読書っていい!と久しぶりに浸ってる。




YOUTUBEで海外からの絶賛コメントが目立つtricot、ボーカルの振る舞いが絵になる性別国籍不明バンド女王蜂。無料で聞ける環境があるのにCD買った。良かった。


これから台風が来るそうなので、もう少し引きこもりたい。
暑いのは耐えるけど、子供のころから地球温暖化を示す「氷山が崩れる映像」がフラッシュバック。地球の終わり感がちょっと怖いです。
Netflixばかりでテレビをあまり見なくなったけど、たまたま朝のニュースバラエティを見たら、こんなに慌ただしかったかとびっくり。朝からこれ見るのすごい。都市部のサラリーマンは朝からこのニュース見て、猛暑の強冷房の電車に乗って仕事をしていると思うと、台風くらい全然大丈夫。むしろ四国は水不足が毎年問題になるので全然全然大丈夫。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ネトフリで2017年に観るスギちゃん「ワイルドだろ~」

(「お笑いコンテンツリーグ」という番組内に収録)

「発売当時は旬だった」わけでもない。
キャップを捨てたコーラよろしく、このDVDが発売された時点で、スギちゃんの旬はスギていた。

ライブDVDなんだけど、ファンの前で一連のギャグをやっては
「まあ、この流れ、みんな知ってるよね・・・」
と、苦笑いする。暖かい笑いが返ってくる。

この人たち、お笑い芸人のライブを観にいくぞ!ってテンションじゃなくて、
R-1ぐらんぷりで仲間の優勝に号泣し、ブログでは1人づつ生真面目に返事する男を応援するために集まったんだ。

「生暖かい目で見守る」
という言い回しが一時流行ったけど、まさにそれだ。

ギャグのレパートリーが少ないけどあえてやるしかない。それも全部織り込み済みのファンたち。

ブログで絶対行きます!って書いてたのに来なかった人をぼやいたり、キャラの合間に顔を出す「素」がなんとも憎めない。
厳しく言えばぬるい。プロ意識に欠ける。俺だって金払って観たら感想変わるかもしれない。
ただ、今になって無料で鑑賞するスギちゃんは、不思議な味がある。
「暖かい、よい作品でした」と言わせてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「アケアカ 2020年スーパーベースボール」が楽しい

正統派RPGが少ないとか、硬派なアクションが少なくなったとか、よく言われる。
だけど、「2020年スーパーベースボール」のほうが少ない。
馬鹿スポーツゲーが少ない。
「無邪気に思い描いた未来」が少ない。

DSC00018.jpg


PS4で配信された「アケアカ 2020年スーパーベースボール」。
1991年のゲーセンのゲームを移植したもので、アーマーを装備した男女やロボが野球をするゲーム。
ゲーセンが元なので異様にテンポがいい。
ファインプレイで所持金をゲットし、選手をパワーアップできる。
逆に、敵の選手をデッドボールで故障させれば、罰金を支払うかわりに相手を最低ランクの野球ロボに交代させることができる。

DSC00017.jpg

球速が速いし、(250キロとか表示される)フライには落下点に選手がスタンバイしてるから、バンバン攻守が入れ替わる。

さらに「キャラバンモード」も追加。5分間で何点取れるかで競う。
試合開始からリアルに5分なので、少ない球数で打たせて取ることがより重要になる。
最後はわざとデッドボールをよけず、ランナーをためて一発を狙う。

DSC00016.jpg

これぐらいの、軽く遊べるスポーツゲームが少なくなった。
シミュレーター並みに本格派のスポーツゲームは、もう素人には扱えない。
レースゲームで車のカスタマイズはともかく、ちらっと見える運転手の肌の色から設定しないといけないものまである。


僕のスポーツ基礎知識はゲームと漫画で得た。
プロレスのリングの硬さを知らないのに、変にマニアックな知識が入ってたりするのも、TVやゲームの影響だ。

今当たり前のように楽しめているスポーツ中継や芸術作品も、知ったきっかけは他愛もない、歴史に残らないようなゲームや漫画だったりする。
そのことを、大人になると忘れてしまう。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

「ファイナルファンタジー15 エピソードプロンプト」にモヤモヤ


FF15のキャラクターの一人「プロンプト」を操作する追加コンテンツが配信された。
ツイッターでは「バイオハザード:コードベロニカ」みたいとあったけど、俺は「メタルギアソリッド」みたいと思った。ちょっと昔の日本のゲームっぽい。

本編の途中で敵の基地に捕らえられたプロンプトの視点で進んでいく。

FF15をベースにしたシューティング寄りの操作。
今のゲームは、引き金をひいた感覚に似てるから、L2、R2ボタンで銃を撃つ。だいたい世界標準。

だけどFF15の操作性を引き継いでいるから、見た目はオーソドックスなんだけどR1で銃を撃つ。
似た感じのゲーム経験がある人ほど不思議な感じになりそう。

高台に上がると
「ここでっせー!」
という感じにドラム缶にカメラが寄る。撃つと爆発して周囲の敵を一掃。お約束!そこそこ楽しい。

ミニゲームのスノーモービルは、単品のレースゲームとはさすがに比べ物にならないけど、タイムアタック要素もちゃんとある。そこそこ楽しい。

プロンプトはセーブポイントに着くたびにウジウジ独り言いってた。
ちょっと昔の和ゲーっぽいと思ったのは、ゲーム内容もさることながら、「美少年の独り言」シーン。
自分の生まれがどうこう悩んで、最後は「俺は生きていく!」みたいな…そういうの何度目だよ!
そういうのばかりだからJRPGダルい、って言われてたんじゃないの。
その「ダルさ」をぶち壊して、「かったるい話は抜きだ!」って高らかに宣言したのがFF15じゃなかったの。
まさか追加コンテンツでひと昔前の感じに戻るとは。

発売して時間が経っても、まだまだ配信される追加コンテンツ。
だけど、シューターもレースも、こんなに作りこんでいるのに、素直に「超面白い!」って思う人は少数だと思う。
これだけのものを作る力があれば、小粒でいいからスクエニの新作が遊びたかったり…そんなに簡単にいかないか。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

次回は「2020年スーパーベースボール」を絶賛するぞ
↑