若きスタッフがいじめとの戦いを描く『ニンジャピザガール』クリアレビュー!

DSCN0226.jpg

ビルが、傷んだハブラシのようにグロテスクに乱立する近未来。
こんな地形でピザを20分以内に配達できるのは、ティーンエイジ・ニンジャだけだ!
「ニンジャピザガール」
世間はペルソナだゲームショーだと騒がしいが、現時点でのPS4最新作はこれです!

絵を本当にティーンエイジャーが描いて、スタッフは「深いストーリー」を売りにしている。


映像はPS2ぐらいで、操作はシンプルなラン&ジャンプアクション。
操作感覚は見た目から想像していたよりずっといい。
ビルからビルへ跳び移り、妨害する敵ニンジャの突き飛ばし攻撃や、「物陰から突然足をひっかける」攻撃をかわして進んでいく。

ゲームとして意外と(失礼)良くできてるのはいいんだけど、これを何で
「深いストーリー」と宣伝したんだ?
と思ったら、だんだん主人公の女ニンジャが、敵の妨害に悩み始める。

そしてこのメッセージ
DSCN0227.jpg

これ、いじめに悩んでいた海外のオタクが、作品内ではいじめに負けずに生きるんだ、と表明したゲームなのか!?

そういえば、敵の攻撃も
「突き飛ばす」「足をひっかける」「卵かゴミか何かを投げる」
そして倒れたのを見て集団で笑う。
ニンジャの攻撃方法じゃなくて、いじめっ子の攻撃方法だ。

いやがらせで落ち込んだ主人公が、ピザを受け取ったみんなの声援で立ち上がるというストーリー。
DSCN0229.jpg

落ち込むたびに画面が白黒になる演出もくどいし、全体的に「なんか変」だ。
同じ1000円で、もっとクオリティの高い作品はいくらでも転がってる。

だけどこれにはインディーズ作品の粗い魅力がある。

別に奥深いストーリーではない。ありきたりだ。
けど、これを「奥深いストーリーだから見てほしい」と胸を張って言ってる感じが、なんだか愛おしい。

どうしても許しがたいのは、ゲームを進めると聞けるスタッフインタビューが翻訳されていないところ。
興味深い作品なだけに、だいたいでいいから内容が知りたかった。
インタビュー内容によっては、今回のレビューは全く的外れなことを書いているかもしれませんが。

サバクのネズミ団!プレイ日記

前回の日記のあと、砂漠の途中で巨大エイリアンに沈められた一行。
奴を倒すため、最大級のサバクフネに乗り換えた。

WVW69jnyJLIenXF69Y.jpg

でけえ!
移動式ディズニーランドみたいになってっけど、でかさで敵を蹴散らす!

前に戦ったとき、ネズミが銃の前でウロチョロして何もしない現象があった。
あれは弾をリロードしてないのに「そこでなんとかしろ」と命令したのが原因だった。

持ってる弾に応じて(今の段階では一番弱い武器に限られる)リロードしておいて、
新しい武器の材料が落ちてないのでひたすら数で勝負。
マシンガン4基搭載の巨大車両になった。

ネズミのテンションを上げる「サルーン」で音楽を流して行動速度を上げて、
料理とクリニックも完備。
これでさすがに行けるだろ!と巨大エイリアンに再戦。

総勢8匹に増えたネズミ団が撃って撃って撃ちまくる!

「ズガーンッ・・・」
砂が舞い上がった。

ついにやったか?
これからエイリアンが沈んでいく予兆か!?


と思ったら、移動中、ランダムで発生する
「地雷を踏んだ」
というイベントが発生しただけだった。
戦闘中にもあるのかそれ!

倉庫とマシンガンを往復していたネズミがケガで動けなくなるアクシデント。
だがその後も、船体を穴だらけにされながら、かろうじて、本当にかろうじて敵を撃退!
買い集めた弾薬はなくなる寸前。
リペアキットの生産も急ピッチだ。
ボロボロだけど大きな壁を越えた気がする。

『FLIP-FLAP』や、「漂流」を読みました!


まず今月のキンドルセール本!
掘り出し物感のある一冊「FLIP-FLAP」紹介書きました。
キンドルは専用端末を持ってなくても、パソコンやタブレットに表示させて読めます。ぜひ。

アオシマ書店のレビュー欄に飛ぶよー



角幡唯介「漂流」
活字から離れていたけど、久しぶりに大好きな作家のルポをカバンに入れて持ち歩いた。



一カ月の漂流生活から生き延びた漁師がいた。
当時は「奇跡の生還」ともてはやされたんだけど、
その漁師は何年もたって再び海に出、再開1回目で再び漂流し、消息不明になっていた。

海の恐ろしさを知っていた人がなぜ?
という謎を追いかけるうち、
彼の出身の島が、ちょっと変わった気風であることがわかってくる。

北朝鮮拉致説を唱えるのは仲間由紀恵のおじいちゃん。
過去のものと思っていた事件が、バシッと今と繋がる感じに驚いた。

と、題材は魅力的なんだけど途中からちょっとだれてきて…。
冒頭だけ紹介してレビューすることもできるんだけど、
結局は前の「アグルーカの行方」が大大大傑作なのであっちを買ってほしいという結論になった。




13日はPS4で「パックマンCE2」配信なので、そちらにかかりっきりの予定。デッドプールのDVDも観る。

敵襲!『サバクのネズミ団!』プレイ日記3 

敵襲!敵襲!

順調に旅を続けていたネズミ団に、これまでにない敵が襲い掛かる。
WVW69jnjRJAhUzFknU.jpg

これまで本当のピンチに陥ったことがない我々はフネを穴だらけにされ、犠牲者まで出してしまった。
その後すぐにメンバーは増えたけど、今回の犠牲は大きい。

司令官である僕が武器を増やしておくなり、すぐに全員の仕事をキャンセルして迎撃に向かえば被害は最小限ですんだのに…

もし僕が総理だったら、この対応の遅れは相当叩かれる。
「総理!見知らぬ敵への油断がこの結果を招いたのです!」
「フネの修理費、リペアキットのの材料を拾うための時間と燃料はどこから捻出するのです!?」
「ゲーム進行度の割に、まだ一番弱い武器しか持ってない。遅くないですか!?」

すいませんすいません。全て私の責任です。
食事を満足に用意せず、空腹に耐えかねた団員が倉庫の中のチーズをあさって食べる、ブラック労働環境。

きちんとした食事を用意して、植物を配置して疲れをやわらげる環境にした。

敵と戦うときに銃を撃たずに、武器の部屋に誘導しても部屋の前でうろうろしてるだけ…
みたいな状態もあった。
これもネズミの行動パターンを把握してなかった私が悪い。

だが、これだけ無能な司令官に苦しめられたにも関わらず、ベッドでは
WVW69jnjCtsyH4LHob.jpg

「グースカピー」

平然と寝ている団員の姿が!
過去の被害にこだわらず、今日は寝て、明日の風を待つ、それがグースカピーの精神。
グースカピーを見習っていきたい。
犬はワン。猫はニャー。ネズミはグースカピー。

窮鼠噛まれる!「サバクのネズミ団!」プレイ2日目!


砂漠を駆けるネズミたちの前にエイリアン(?)出現!
スクラップからネジを抽出していたネズミと、炉でガラスを作っていたネズミが、急きょ作業をキャンセルして、
WVW69jm_DcoHL97Rd8.jpg

「マジカヨ」
「ウソーン」

2匹で、かわるがわるマシンガンで迎撃&リロード。


サバクフネに穴があき、ケガネズミも出てしまったが、なんとか撃退。
獲得した虫は、加工して布になって、布はその後服やマクラになってネズミ団の生活を潤すのだった。
(マクラをひとつ作ったけど、これでネズミが増えるわけじゃない…?)

穴の開いた船には、リペアキットを作っておけば勝手にネズミたちが使ってくれる。
「シュウリチュー」
ケガをしたネズミは、看護ロボット付きホスピタルで治す。ここだけやけにハイテクだ。

そんな感じで、
1日当たりのプレイ時間が「メタルマックス4」「妖怪ウォッチ」に続く、3DS歴代3位になった「サバクのネズミ団!」
字とペンが大きければ、3DSLLだったらもっといってた。
目の疲れには「アイレッシュ」って回復ソフトがあるけど、回復力が追いつかない。

WVW69jnEL5QeqUH0FU.jpg

チキュージンから、大きなフネを買い取って、とりあえず一通りの施設は整った感じがする!
どこにどの部屋を置くかで悩むところ。
あんまりキチッとしても面白くないし、エンジンルームの隣にベッドルームとかも、気になるだろうからやめてあげたい。
(別にゲームとしては隣り合っても大丈夫だけど)

どんな食事なら効率がいいのか、とか、わかってないところもいっぱいあるけど、シビアなようでも無理しなければ死ぬことはない。
とりあえず運転要員と調理要員で2匹取られてるから、ネズミを増やさないことにはどうにもならん!

3DS「サバクのネズミ団!」プレイ初日


3DSにて800円で配信されたネズミ団。
いかしたセンス。緻密な内容。文字が小さいのは球にキズだけど久々に来たでしょ。名作。

昔から、お店を作るゲームとか、建物を作るゲームはあったよ。
決められたスペースにいろんな施設を配置して、従業員に決められた給料を払って、だんだんコンビニなり遊園地なりを栄えさせていくゲームはあった。
それを、「マッドマックス的世界観の戦車内部」に置き換えてしまうセンス。

社員に給料を払う必要はないけど、砂漠を進み続けるガソリンを補給していかないといけない。
地域によってリッター何円かも変わる。

WVW69jmwWKEjbihg_f.jpg

WVW69jmwWEAV1NWnni.jpg


ネズミたちはかつて「チキュージン」が放置していった戦車を操縦して、はるか彼方の黄金興を目指す。
戦車の中にエンジンルーム、寝床なんかを配置して、街から街へ移動する。
道中でスクラップを拾っては、加工して売ったり組み立てて新たな設備を作っていく。

腹が減ったら勝手にチーズを食うし、ねどこで寝て、ベッドに余裕があれば勝手に増えていく。
細かいこだわりが見えるテキスト。
全く新しいルールじゃないはずなのに新しく感じる。
世界に優しいBGM。たくましいネズミたちの旅が始まる。

3DS「ドランシア・サーガ」クリアレビュー。

フライハイワークスの3DSDLソフト「ドランシア・サーガ」クリア!
WVW69jmVYOs_aMIMVt.jpg

ドット絵で、あえてオールドファンを狙ってるゲームは多いけど、その中でもとびきり上品。
無駄にボリュームを増やしたり昔のゲームネタを持ち込むんじゃなくて、
「500円のDLソフトとして、できる範囲の仕事をキッチリします」
と品のある感じ。

WVW69jmSRLwQZvrpJa.jpg

剣を前に出して歩いている主人公がいるので、左右移動と、Aボタンでジャンプ。ジャンプ中にAで急降下。
敵がわらわらやってくるので、剣の部分で体当たりすればOK。自分に当たるとダメージ。
基本は1プレイ10分前後のスコアアタック感覚で遊べる。

敵は物量で押してくるだけじゃなくて、納得できる範囲のいやらしい攻撃で唸る。

上から岩の破片がパララ…っと落ちて、その後すぐ岩型モンスターが落ちてくるなら対処できるんだけど、このゲームの場合
上から岩の破片がパララ…っと落ちてからの~、2テンポぐらい間を開けて~、岩型モンスターが落ちてくる。
微妙な間にくわえて、左右からモンスター軍団がわんさか来る。
単品で相手するだけなら誰でもできるのに、つい当たるね。つい食らう。
WVW69jmVkmUuM-3dYs.jpg


クリアだけなら簡単だけど、ノーミスで行こうと思ったらかなり難しいバランス。
このへんの調整とBGMがよくて、職人があえて一口サイズのものを、ちゃんとひと手間かけて作った感じがする。

WVW69jmSPd4lWngSTB.jpg

パワーアップ方式は最新のA級タイトルでもおなじみのスキルツリー形式!
「攻撃力アップ」を取ったら、次はその隣の「防御アップ」か「回復」を取れる…。
と、どこから強化するかある程度選べる。

使用可能キャラがどんどん増えていくんだけど、スキルツリーに置いてあるものがそれぞれ違うので、そこがキャラごとの個性になっている。

同社の他のゲームのセーブデータがあれば、ドランシア・サーガにもゲストキャラとして仕えて、さらに音楽と1面背景もそれぞれにアレンジしたものが使える。いい出来でした。

3DS「ひよこまみれ」をなぜか今完全制覇

久しぶりにガッツリ分厚いノンフィクションを読む。癒される!
最近どうも生きてる喜びが不足してると思ったら、読書してなかったせいだ。
多様性が、いろんな人の生き方が頭に入ってきて楽になっていく。電子書籍の価値を認めたうえで紙の本の不便さ愛してます。


ゲームですが、寝る前にダラダラ遊ぶこと30時間(寝落ち時間含む)。
3DS「ひよこまみれ」クリア!(全種類のひよこ解放)

ひよこを画面の奥に打って「コイン落とし」をやる。ただそれだけなんだけど、たまに出てくるレアひよこ、大きくて脇に落っこちそうなひよこをうまいこと狙わないといけない場面がたまにある。
最初はとにかく単調で眠い眠い言ってたけど、終わってみれば憎めないゲームだった。


DSCN0222.jpg

PS4「ドラゴンエイジ:インクイジション」クリア。
ついに完結だ。
制作費何億かかった。何百人のスタッフが関わった。
途方もないスケールのゲームに一旦終焉をむかえた。
関連作まで勉強しないとストーリーが理解できないとの声もあるようだけど、自分にわかる範囲で「なんかスゲええ!!」と思えたのでそれで充分。ありがとう。ありがとう。



新たにスタートしたのはPS4「メトリコ+」
昔の教育テレビを思わせる、シンプルでどこか怖い世界観。言葉が一切ない2D横スクロールアドベンチャー。
DSCN0225.jpg

主人公は基本的にジャンプと弾を打つだけだけど、
画面内の数字や、足場にそれぞれ意味がある。
動き回って、
「この足場はジャンプしたのにあわせて動いているな」
「この敵はこの地点に立つことで出現するな」
と、ひとつひとつのステージ内の法則を理解して、それから突破していく。力押しのきかないゲーム。嫌いじゃないけどちょっと刺激があっても嬉しい。長続きするかは微妙か…

本当は「ノーマンズスカイ」を買いに行ったんだけど、目の前で売り切れた。
貴重な出会いのチャンスをのがしたかもしれん。

夏が過ぎていく

俺を苦しめていた夏が通り過ぎていく!
8月の自分は弱ってました。
何にもやる気がない、あんまり楽しくない、レビュー書くのも、以前みたいに楽しくて伝えたくてしょうがないって感じじゃなくて、ちょっと宿題感覚というか。冷房少し入れると途端にくしゃみ連発するのも去年までは無かった症状。こんなに暑いの苦手じゃなかったんだけど…

9月はなんとか持ち上がってきました。大丈夫!俺はまだ行ける!

まず、以前から紹介したかった、チャンスがあればぜひ俺が、と思っていた「あれよ星屑」4,5巻レビュー!!
アオシマ書店:あれよ星屑にジャンプ
4,5、巻それぞれの冒頭試し読みだけで、明暗が!陰と陽が!場面によってくっきり違うのが分かるから。ぜひ。
1、2、3巻はきつい出来事も多くて紹介が難しかったかったんだけど、4,5で光が見えた。
作者のクマ系男への愛情が伝わる圧倒的ヒゲの描き込み。凄いよ。


3DSの立体視で目のピント機能を鍛える「目力育成ソフト」アイレッシュも購入。

今だけ割り引き価格、毎日プレイすることで項目が増えるゲームなので買うなら早いうちがオススメ。
だったんだけど昨日のニンテンドーダイレクトで面白そうなのが大量に発表されてたな!
「サバクのネズミ団」いいなあ…。
本家からスケールダウンする部分もあるだろうけど「ピクミン」の新作でシリーズデビューしてみるか…。

PS4では今までダウンロード専売で7000円越えだった「ダライアスバースト」が半額以下のセール!
ダウンロードよりモノを持っていたいんだけど…やはり実体のあるものに金を払いたいけど、ああっ、ほらまたダウンロードソフトが増える。


9月もよろしくお願いします。

kindle unlimitedで「奇面組」「燃える!お兄さん」無料。ギャグ漫画の終わりは切ない。


月額1000円で対象本全部読み放題の、
キンドル アンリミテッドに加入して20日ほど経った。

どういう基準で対象作品を決めてるか謎(最近の本はほぼ対象外)なんだけど、たまに昔の漫画や雑誌がまとめて読めて嬉しい。友達の家で「燃える!お兄さん」が置いてあったら、買いはしないけどちょっと読みたいでしょ。



巻末のことばに「新人離れした画力」と紹介されている。同時代の漫画と並べると、確かに凄い。

僕が紹介記事を書いた「バーナード嬢曰く。」も対象。

アオシア書店:「バーナード嬢曰く。」

名前だけは知ってたけど読んだことなかった「すすめ!パイレーツ」「がきデカ」全巻対象。

リアルタイムで知らないので、これが当時どれほど衝撃で、どんな見方をされてたのか分からないけど、ストーリー漫画よりもギャグは耐久性が弱い。
登場人物が若くて「明るいなあ」って感じたり、女子が可愛くて、当時から画力が凄かったんだなあと感心したり。
普通にギャグで笑って読めることはあんまりない。


奇面組の終わり方はさびしい。



「奇面組の最終回」
と聞くと、そうそう「ハイスクール!奇面組」のオチ、あっけないんだよね!と思われるだろうが、
「3年奇面組」「ハイスクール!奇面組」のあとに、シリーズ3作目の「フラッシュ!奇面組」がある。
掲載誌がジャンプからガンガンに変わったのかな。

それが、別に勢いが衰えたような印象もないんだけど未完で連載が止まってる!
フラッシュ!はレビューもほぼ見当たらず。最後の方は、先生が家庭訪問で生徒の家に次々あがりこんでいく話。

何があったのかWikiで調べることぐらいしかできなかったけど、よくわからず。
作者の腰痛があったそうだけど、これっていうひとつの理由があるわけじゃなくて、自然にフェードアウトしていったっぽい。
登場人物たちは大人になることなく、ずっと本の中で青春時代のまま過ごしているような。

あ、読み放題対象じゃないけど「1,2の三四郎」は読んでて元気になった!
ギャグ漫画と紹介されてたけど、スポーツ漫画だよね。
↑